ICU高校卒業生からのメッセージ

母校であるICU高校(国際基督教大学高等学校)の、今年度の学校案内パンフレットと、学校ホームページの「卒業生からのメッセージ」にて、インタビューを掲載して頂いています。
 

<卒業生からのメッセージ>

<学校案内冊子2020>
 

帰国生が3分の2という、特殊な環境のICU高校。友達一人一人が最高に個性的で面白くて、いまも変わらずみなそれぞれオリジナルな人生を歩んでいます。この卒業生インタビューを拝見しても本当に様々な分野の方がいらっしゃいます。
 
これからのアフターコロナの世界、グローバルという言葉の含む意味合いもきっと変わっていくだろうけど、ただ国際的だとか英語がどうとか、そんな単純な言葉で片付けられない、新・国際人が、これからもどんどん輩出されていくのだろうなと楽しみにしています。

 
今年はコロナの影響で夏までの学校見学会はオンライン実施とのことですが、お子さんやお知り合いなどで受験を検討中の方、とっても素敵な学校ですので、良かったら是非ご覧下さい。

# by sayaka-blmusic | 2020-06-11 16:27

ツバメさん


コロナで自粛真っ只中の5月はじめ頃、我が家の玄関先に、毎日のように、とある夫婦が様子を伺いに偵察に来ていました。


ん??もしかして???と思っていたら、徐々に玄関先が、ワラや葉っぱなどでやたら散らかるようになり、「やっぱり!」と確信に変わりました。

そう。玄関軒下に、ツバメさんご夫婦の入居決定🏠 


ツバメさん_e0030586_14324270.jpg

それから2週間ほどで立派な巣が完成。こちらもインターネットでフン対策グッズなどを調べて用意万端。


ツバメさん_e0030586_14324292.jpg

そしてここ数日ほど、いよいよ母ツバメが巣に篭るようになってきました。母ツバメって、一日に1個ずつ卵を産んで、7日くらいかけて産み終わった頃から、抱卵を始めるのだそうです。抱卵を始めて2週間ほどで雛誕生とのこと。ということは、あと2週間位でピヨピヨ可愛い雛たちが見れるのかなぁ・・。

私自身が小学校2〜3年生の頃、八王子の実家の玄関の軒下にツバメが巣を作ってくれて、何年か続けて来てくれていました。あの頃、春になると妹とわくわくして毎日巣を眺めては、雛たちが口をぱくぱくさせて餌をもらう様子が可愛くてしょうがなかったのと、海の向こうの遠い国から我が家を目がけて、迷わずに帰ってきてくれることが子供心にとても感動したのを覚えています。

あの感動を、子供達にも体験させてあげられるのは、本当に嬉しい! 


ただ一つだけ疑問に思うことがあって、うちのツバメの巣の周り、抱卵している雌も含め、たいてい3羽が近くにいるんです。夫婦2羽じゃなくて、3羽🐧🐧🐧

これどういうこと??と思ってネットで調べてみたら、ツバメの三角関係って、結構あるそうなんです。で、結局負けた1羽が、ヘルパーとして2羽の子育てのお手伝いをすることもあるのだとか・・(切ない・・)


更に、卵の中には異父兄弟が混じっていたり、翌年には同じ相手ではなくて違う相手と戻ってくるパターンも珍しくないそうで、ツバメの世界って意外に昼ドラも真っ青のドロドロの世界の様子。。。149.png

まあなんにせよ、まずは無事卵がかえって、元気な雛鳥達が産まれることを、玄関のドアの隙間から眺めながら、家族みんなで楽しみにしている今日この頃です。


# by sayaka-blmusic | 2020-06-09 14:43

月刊ピアノ2020年5月号巻頭特集「本番であがらない」を監修させて頂きました

すごーーく久しぶりの更新になってしまいました。
今この記事を読んで下さっている方お一人お一人や、ご家族のみなさまが、
体調お変わりなくお元気でお過ごしのことを心から祈っています。

ここ数ヶ月で、私生活でも大きな変化があってバタバタしていて、同時にコロナのこともあり・・で思考停止していて、ブログまで停止状態になってしまっていました105.png おかげさまで私も家族もみな元気にしています。休校&自粛で子供達3人と1日中家に籠もる生活、なんとかかんとか3人共にとって楽しい方向に持っていけたらと格闘しているものの、なかなか理想通りにはいかず・・。難しいですね💧

こんな状況の中ですが、月刊ピアノの最新号2020年5月号の巻頭特集「本番であがらない!」を監修させて頂き、今週発売となったので、お知らせさせて頂きます。


月刊ピアノ2020年5月号巻頭特集「本番であがらない」を監修させて頂きました_e0030586_08322210.jpg


月刊ピアノ2020年5月号巻頭特集「本番であがらない」を監修させて頂きました_e0030586_08214314.jpg


音大とダブルスクールしていたICUで臨床心理学を専攻していて演奏家の心理状態などについて研究していたことや、ロイヤルアカデミーでメンタルトレーニングのクラスを受けていたことなどから、監修を依頼して頂いた次第です。

この特集の企画自体が始まった当初は、まだコロナもここまでの状況ではなかったのですが、あれよあれよという間にこのような状況になってしまい、「本番であがらない!」どころか、プロもアマチュアも、コンサートも発表会も軒並み中止の状況に・・149.png

でもでも!今回の巻頭特集、緊張のメカニズムのお話から、具体的なイメトレ方法、現役ピアニストのみなさんのそれぞれの体験談まで、本当に大充実の内容なんです。いつの日か、コロナが収束した時に、また皆がコンサートや発表会で音楽を楽しめる日が1日も早くやってくることを願いながらの発売日となりました145.png 

「あがれる」状況があるって、本当はそれだけで幸せなことなんだな・・と実感してしまいました・・。

この状況なので、書店にて多くの方々の手にとって頂くことは叶いませんが、Amazonほかオンラインでも購入できるので、ご興味のある方はぜひ読んで頂けたら嬉しいです。

監修させて頂いた巻頭特集とは別に、毎月恒例の「朝岡さやかの1分間練習曲」も連載中です。今月号は「小人たちの森〜リディアン音階のための〜」で、3種類のリディアン音階のみを使った可愛らしい雰囲気の練習曲になっています。こちらもぜひ弾いて見て頂けたら嬉しいです。







# by sayaka-blmusic | 2020-04-23 07:48 | メディア掲載情報

清水西谷&朝岡さやかプレミアムライブ@広尾シェ・モルチェのお知らせ<開催延期>

清水西谷&朝岡さやかプレミアムライブ@広尾シェ・モルチェのお知らせ<開催延期>_e0030586_19243744.jpg

久しぶりに広尾シェ・モルチェにて、清水西谷&朝岡さやかトリオでのコンサートのお知らせです。今回も、クラシックのトリオ曲や、名曲のトリオアレンジ、3人それぞれのオリジナル曲を織り交ぜてお届けします。

老舗フレンチレストラン、シェモルチェの絶品ランチコースの後に、緑の美しい中庭をバックに、トリオの演奏をお楽しみ下さい♪


※ 
以下のコンサートは、現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を踏まえ、開催延期を決定いたしました。尚、既に予約して下さった方には、会場より返金のご連絡がある予定です。楽しみに予定して下さっていた方々には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解頂けますよう、宜しくお願い致します。


◎日時
2020年3月15日(日) ※延期決定
11:30 開場
12:00 ランチ(フレンチコース料理+1ドリンク)
13:30 プレミアムコンサート

◎場所
レストラン シェ・モルチェ
〒106-0047 東京都港区南麻布4丁目1−29 広尾ガーデン 1F (地下鉄日比谷線広尾駅徒歩1分)

◎出演:
清水泰明(ヴァイオリン/東京交響楽団第二ヴァイオリン首席奏者)
西谷牧人(チェロ/東京交響楽団チェロ首席奏者)
朝岡さやか(ピアノ)

◎チケット料金 : ¥12,000 (フレンチコース料理、1ドリンク、ミュージックチャージ込み)

◎ご予約:
会場に直接お電話またはE-mailで申し込み頂けます。(火曜日定休)
Tel: 03-3442-1851 (レストラン シェ・モルチェ)
E-Mail: bch19585@nifty.com


# by sayaka-blmusic | 2020-02-15 19:24 | コンサート関連

micro:bit(マイクロビット)で初工作!

ScratchやMinecraftのMod自作など、プログラミング遊びが大好き〜な小3長男にサンタさん🎅が持って来てくれた「micro:bit(マイクロビット)」。

micro:bit(マイクロビット)で初工作!_e0030586_10585071.jpg

早速電子工作して完成した「スーパーマリオのイライラ棒」。本に載っていた「きほんのイライラ棒」を自分でアレンジして、長男が工作、配線、プログラミング 、音楽入力を担当。4歳双子の妹達が飾り付けを担当、の兄妹合同作だそうです(笑)


おなじみのマリオのテーマ「ミミッミッドミッソッソッ」から始まり、コースの針金にマリオの輪っかが少しでも触れると電気が通電して「シファッファッファミレド」のマリオゲームオーバー音が鳴り、最後のピーチの板に触れると「ちゃららららら〜」のクリア音楽が流れる仕組み。アルミテープやら針金やら駆使して頑張ってました。

micro:bit(マイクロビット)で初工作!_e0030586_10582598.jpg

個人的には、配線やプログラミングがどうこうより、音楽入力が超めんどくさいMakeCode上で、ちゃんとマリオの音楽をポチポチ自力で入れきっていたところに拍手👏 クリア音の最後の方は高すぎてMakeCode上の音符指定ができなくて苦肉の作でウンウン唸りながら手探りでヘルツ数値指定までしてました(笑)

micro:bit(マイクロビット)で初工作!_e0030586_10582671.jpg

micro:bitは、イギリスのBBCが開発した教育用の小型コンピュータで、単品では2000円位でアマゾンなどでも気軽に購入できます。わずか4x5cmの小さな基盤の中に、温度、照度、加速度などの各種センサーや、個々にプログラミングできる25個のLED、無線やBluetooth機能搭載。アイディア次第で、小学生でも無限の可能性を秘めた工作や発明ができてしまうスグレモノ!イギリスではなんと、11歳〜12歳の子供全員に無償で配布され授業で活用されているそうです😲


PCでPythonかMakeCodeでプログラミングしたものを一旦USBでmicro:bitにダウンロードした後、別途電池で動かす仕組み。もともと工作もプログラミングもそれぞれ大好きな長男にとって、今までPC上だけだったプログラミングの世界が、micro:bitを通じて初めて実際の世界の工作と組み合わせることができて、本当に嬉しそうでした😄


Lego WeDoやBoostの食いつきは何故かイマイチだった息子ですが、micro:bitは初期から自由に作れるのが楽しいようで、うまくハマった様子。Scratch等プログラミング好きの小学生の、電子工作の入り口に、micro:bitすごーくオススメです!!


# by sayaka-blmusic | 2019-12-30 11:03 | 小学生子育て