月刊ピアノ連載「朝岡さやかのピアノソラエチュード」全曲試聴&楽譜購入特設ページ公開スタート

月刊ピアノ連載「朝岡さやかのピアノソラエチュード」全曲試聴&楽譜購入特設ページ公開スタート_e0030586_15114896.jpg
ヤマハミュージックメディア刊行「月刊ピアノ」にて、2016年から2020年まで連載させて頂いていた、朝岡さやかの1分間練習曲「ピアノソラ・エチュード」。いよいよ8月号で最終回の第50回を迎えます。今まで愛読して下さっていたみなさま、本当に有難うございました!

最終回に合わせて、この度月刊ピアノ公式ページにて「朝岡さやかのピアノソラエチュード」の特設ページが公開になりました。この4年間で連載させて頂いた、これまでの計50曲、全曲の無料試聴と、1曲ごとの楽譜購入が可能になりました。50曲全曲が、それぞれ「空」にまつわる1分間の練習曲です。「スタッカート」や「アルペジオ」など、一つ一つに習得テクニックのテーマがあります。

それぞれの曲を自分で改めて聴いていると、その曲を作っていた時の状況や、景色など、色々なことを思い出します。思えば、ピアノに向かいながら産まれたメロディは殆ど無く(笑)、子供達を自転車に乗せて幼稚園や保育園の送り迎えをしている道とか、ご飯を作りながら包丁で玉ねぎ刻んでる時とか、子供達と夕暮れの公園で遊んでいる時とか、日常生活のふとした瞬間に降ってきたメロディが殆どだなぁと思います。

第1回の曲を書かせて頂いたのは双子がまだ1歳の頃でしたが、4年経った今では、作った曲を聴きながら「ママ、これ本当に○○のイメージがするね!」など、感想を言ってくれるまでになってくれました。

「エチュード」とか「練習曲」とか聞くと、辛いキツイイメージが真っ先に浮かびますが、日常生活の中でピアノにふと向かう1分間の中で、すーっと心が安らぐような・・。この練習曲が、だれか1人にでも、どれか一曲でも、そんな存在になれたら、これ以上嬉しいことはありません。

50曲もあると、一体どれから聴いてよいのか選ぶのが大変ですが、連載中に反響の大きかった曲や、私自身特に思い入れのある曲に、「おすすめ」マークを付けさせて頂いております。曲選びのご参考にして頂けましたら幸いです。


<月刊ピアノ 朝岡さやかのピアノソラエチュード特設ページ>
https://www.ymm.co.jp/magazine/piano/pianosora.php

 



# by sayaka-blmusic | 2020-07-17 15:25 | メディア掲載情報

箱根登山電車のCM音楽を担当させて頂きました🚃

小田急グループ「箱根登山電車」昨年の台風19号による長期運休からの復旧完了、運転再開を記念するスペシャルムービーCMの、音楽を担当させて頂きました。監督は外山文治さんです。3分間で世界観とドラマを創り上げてしまうのはさすが外山監督。キャスト&スタッフの皆さんも素晴らしく、また地元の方々や復旧工事に携わられた多くの方々も出演されていて、とても温かな映像に仕上がっています。



https://www.youtube.com/watch?v=Nd_2-tNqWSw


音楽は「線路はつづくよどこまでも」を全編モチーフとして作らせて頂きました。100人規模の管弦合奏のバーチャル制作&MIX作業は大変だったけど、とても心に残るお仕事となりました。


コロナの収束を願いながら、また近い将来いつか箱根に行ける日を楽しみにしています。180秒フルバージョンは、YouTubeでも観れますのでぜひご覧頂けたら嬉しいです!


# by sayaka-blmusic | 2020-07-15 09:57 | 作曲活動関連

巣立ち




昨朝、幼稚園に行く双子と一緒に、いつものように玄関のドアを開けてツバメの巣を見上げたら・・。
巣立ち_e0030586_20283364.jpeg

巣が空っぽ!!!つい昨夜まで、すっかり立派に育った5羽の雛(4羽だと思ってたら奥に隠れてて結局5匹だった)が、ぎゅうぎゅう詰めでピーピー鳴いて賑やかだったのに・・・。
 
「え・・。ツバメさん、旅立っちゃった・・。」と一瞬泣きそうになっていると、すずのが「ママ、見てみて!!電線のところにみんないる!!!」と👀

巣立ち_e0030586_20281395.jpeg

なんと、家の目の前の電線に、雛5羽、親2羽、家族全員7羽がずら〜っと1列に並んで、こちらを向いてくれてました。まるで最後の挨拶をしてくれているかのように✨
「わーーー!!!ツバメさんたち、元気に飛んでいってね!また来年、来てね!!」双子と一緒に手を振ってご挨拶。

この後、全匹そろって、旅立っていきました🌤

ーーーーーーーーー
 

実は我が家、今年の3月に、イギリスからの帰国以来8年間過ごした文京区を離れ、静岡の浜松市に家族5人で引っ越してきました。お知らせのタイミングを失ってしまい、殆どのお友達、仕事関係の方々にもご報告できておらず、本当に失礼致しました。

引っ越し自体は、夫の仕事の関係によるもので、今年の1月には決まっていたのですが、年度末に合わせた3月の引っ越しだったので、結果的にコロナのタイミングと見事に重なることに。当初、東京から来たということで小学校も幼稚園も自粛している間に、結局静岡でも一斉休校スタート。なので6月まで子供達もお友達を一人も作ることができず、新生活を始めた実感もなく、自分達の居場所が良く分からないままの日々でした。

そんな中、5月の初めに我が家の軒下に来てくれたツバメさん達。ツバメさん達にとってもきっと新しいこの土地で、双子どころか五つ子(!!)を産んで、せっせせっせと毎日エサを運びながら必死に子育てしているツバメさん夫婦や、ぐんぐん成長していく雛達を見ていたら、子供達も私も、本当に励まされました。
 

初めての地方暮らし。引っ越しを決心するときは、何晩も悩んだり、子供達も泣いたり、大変だったけれど、今は浜松の自然に囲まれて、家族みな元気に過ごしています😊

巣立ち_e0030586_20291302.jpeg

# by sayaka-blmusic | 2020-06-27 20:30

「あかちゃんのうた」CDもうすぐ発売!

「あかちゃんのうた」CDもうすぐ発売!_e0030586_09582574.jpeg
昨年からプロジェクトが進んでいた「さら助産院」発案の「あかちゃんのうた〜手あそびとわらべうた〜」のCDが、いよいよ来月発売となります✨ 収録曲は、「にぎりぱっちり」「ちょちちょちあわわ」などのわらべうたの他、「おかあさん」「ゆりかごの唄」などの童謡、そしてトトロの「さんぽ」や、「こんにちは赤ちゃん」などまで、盛り沢山の23曲。

各地で「いのちの授業」の講演をされたり、ベビーマッサージクラスを行っていらっしゃる助産師・直井亜紀さんが発案、歌を担当されています。プロデュースは亀井登志夫さん、ゲストシンガーは木村美保さん。私は全曲の編曲と演奏を担当させて頂いています。

今回の編曲は、ピアノによるものや、各種民族打楽器だけの伴奏、オーケストレーションしたものなど色々。「ぶらんこ」「サッちゃん」などの童謡は、私自身が小さい頃、母によく歌ってもらった懐かしの中田義直版(童謡といえばこれ!の昔からの鉄板)を元にオーケストレーションさせて頂きました。

赤ちゃんや子供達が喜ぶというだけでなく、CDを聴いてお母さん達やお父さん達がほっと一息落ち着くような、そして思わず一緒に口ずさむようなCDにしたい・・そんな直井さんの思いを受けて、優しいサウンドになるようなアレンジを心がけました。

編曲の仕事している最中に、うちの双子たちも横に来て一緒に歌ってくれたり、「ママ、今のピアノで弾いてみて〜」とせがんでくれたり・・。自分自身子育て中のこのタイミングにこのお仕事をさせて頂いたこと、本当に幸せでした。

実は助産師の直井亜紀さんとの出会いは、2011年にまで遡ります。東日本大震災時、誰よりも真っ先にベビーモスリンプロジェクトにご協力をし始めて下さり、イギリスと埼玉とで連絡を取り合わせて頂きながら一緒に東北支援を連携させて頂いたご縁が、8年の時を経て、素敵なコラボレーションに繋がりました。

7月5日発売予定。Amazonにて予約が開始されました。出産祝いや子育て中の方へのプレゼントにも是非おすすめです! 


# by sayaka-blmusic | 2020-06-23 09:59 | 作曲活動関連

ツバメの雛産まれました!

ツバメの雛産まれました!_e0030586_09425535.jpeg

前回ツバメの投稿をさせて頂いた3日後くらいの朝、玄関のドアの横(巣の真下)に、小さな卵のカケラ🥚が落ちているのを発見!!

(え??!もしかして雛が産まれた?!!)と期待するも、雛の姿も声も全く聞こえず、良からぬ不安が頭をよぎる。。。 翌朝、心配しながら巣を見上げると、小さなクチバシが巣からちょこんと出ているのを発見!

「良かった〜!無事産まれてたね!」と子供達と大はしゃぎ。後から調べたところによると、産まれたばかりの雛は目もあけないし声も発しないそうなんです。産まれてすぐに産声あげる人間の赤ちゃんとは違うのね・・😅

その後、順調に1〜2日に1匹ずつ、可愛いクチバシが増えていき、1週間で合計4羽が誕生。梅雨の大雨にも負けず、今ではピーピー大合唱でとても賑やかな巣になりました。

ツバメの雛産まれました!_e0030586_09454996.jpeg

ちなみに、卵のカケラ🥚は最初の1個以来、ひとつも落ちていません。一説によると、ツバメって、最初の1個の卵のカケラだけ大家さんにプレゼントして、残りは遠くに捨てに行くそうなのですが、我が家の場合、まさにそれが当てはまっているみたいです。動物って本当に不思議・・✨

(例の三角関係の3匹目のツバメですが、雛が誕生した頃から、めっきり見なくなりました・・。結局ヘルパーにはならずに傷心のままどこかに去っていたようです・・🐧🍂)

# by sayaka-blmusic | 2020-06-17 09:47