カテゴリ:小学生子育て( 3 )

micro:bit(マイクロビット)で初工作!

ScratchやMinecraftのMod自作など、プログラミング遊びが大好き〜な小3長男にサンタさん🎅が持って来てくれた「micro:bit(マイクロビット)」。

micro:bit(マイクロビット)で初工作!_e0030586_10585071.jpg

早速電子工作して完成した「スーパーマリオのイライラ棒」。本に載っていた「きほんのイライラ棒」を自分でアレンジして、長男が工作、配線、プログラミング 、音楽入力を担当。4歳双子の妹達が飾り付けを担当、の兄妹合同作だそうです(笑)


おなじみのマリオのテーマ「ミミッミッドミッソッソッ」から始まり、コースの針金にマリオの輪っかが少しでも触れると電気が通電して「シファッファッファミレド」のマリオゲームオーバー音が鳴り、最後のピーチの板に触れると「ちゃららららら〜」のクリア音楽が流れる仕組み。アルミテープやら針金やら駆使して頑張ってました。

micro:bit(マイクロビット)で初工作!_e0030586_10582598.jpg

個人的には、配線やプログラミングがどうこうより、音楽入力が超めんどくさいMakeCode上で、ちゃんとマリオの音楽をポチポチ自力で入れきっていたところに拍手👏 クリア音の最後の方は高すぎてMakeCode上の音符指定ができなくて苦肉の作でウンウン唸りながら手探りでヘルツ数値指定までしてました(笑)

micro:bit(マイクロビット)で初工作!_e0030586_10582671.jpg

micro:bitは、イギリスのBBCが開発した教育用の小型コンピュータで、単品では2000円位でアマゾンなどでも気軽に購入できます。わずか4x5cmの小さな基盤の中に、温度、照度、加速度などの各種センサーや、個々にプログラミングできる25個のLED、無線やBluetooth機能搭載。アイディア次第で、小学生でも無限の可能性を秘めた工作や発明ができてしまうスグレモノ!イギリスではなんと、11歳〜12歳の子供全員に無償で配布され授業で活用されているそうです😲


PCでPythonかMakeCodeでプログラミングしたものを一旦USBでmicro:bitにダウンロードした後、別途電池で動かす仕組み。もともと工作もプログラミングもそれぞれ大好きな長男にとって、今までPC上だけだったプログラミングの世界が、micro:bitを通じて初めて実際の世界の工作と組み合わせることができて、本当に嬉しそうでした😄


Lego WeDoやBoostの食いつきは何故かイマイチだった息子ですが、micro:bitは初期から自由に作れるのが楽しいようで、うまくハマった様子。Scratch等プログラミング好きの小学生の、電子工作の入り口に、micro:bitすごーくオススメです!!


by sayaka-blmusic | 2019-12-30 11:03 | 小学生子育て

大腸菌の絵本?!

大腸菌の絵本?!_e0030586_12471993.jpg

 

「あ、そういえば、大腸菌の絵本を、図書館で予約してほしいんだけど。」


と、寝る寸前に突然つぶやく小1の長男。


「え?!大腸菌の絵本?そんなの、本当にあるの???」


思わず聞き返す私。長男いわく、学校で「麻疹ウイルスのはっしー」という絵本を読んで凄く面白かったから同じシリーズの他の本も読みたいのだけど、今クラスではこのシリーズが大人気でなかなか学校では借りられないとのこと。
 

近所の図書館で検索してみると、本当にありました!!「腸管出血大腸菌O157のベロ」。ついでに同じシリーズの他の本も借りてきて、家で私も読んで見ると、なるほど確かにこれは大人が読んでも面白い。クラスで流行るだけのことはあります。
 

単に「病気になるから手をよく洗いましょうね〜」みたいなオチではなくて、例えば「みずぼうそうウイルスのみず丸」では、ウイルスと免疫システムの戦いが忍者みずまる軍団と免疫軍団の戦いで表現され、ウイルスが一度撤退し、子供の体の知覚神経節に隠れて、何十年間も様子を伺い、免疫軍団が弱っているタイミングで、一気に反逆し帯状疱疹を引き起こすプロセスまで、見事にわかりやすく描かれています。
 

ちなみに、忍者みず丸くんの呪文は「ぶつ、ぶつ、ぶつ・・」。笑
 

「ノロウイルスのノウちゃん」と「インフルエンザのフルくん」も可愛いし(いや、実際かかったら全然可愛くはないのだけど)、これから感染症が益々流行る季節に、親子で読むのにおすすめのシリーズです。


by sayaka-blmusic | 2017-12-20 12:51 | 小学生子育て

「1ねん1くみシリーズ」(小学校低学年向け)

「1ねん1くみシリーズ」(小学校低学年向け)_e0030586_16023577.jpg


故・後藤竜二さんの「1ねん1くみシリーズ」。小学校1年生の息子と一緒に5月ごろから読み始めてすっかり夢中になり、夏休みに全19冊を読破。シリーズ最終話の「1ねん1くみ1ばんサイコー」では、私もボロボロ泣いてしまいました。


一言でいえば「金八先生・小学一年生版」。子供ならではの繊細な心情の変化が、先生、親、友達とのやりとりを通して温かくユーモラスに描かれています。息子にとっても、「給食当番」「水泳の授業」「転校生」など、普段学校で起こる日常的な出来事が題材になっているため身近に感じるらしく、とても感情移入して読んでいます。ところどころに登場する先生やお母さんとのやりとりが私的にツボに入りまくって、読み聞かせしていると、涙で途中が読めなくなってしまうこともしばしば。自分が小学生だった頃の、言葉にできなかった「あの感覚」も、あちこちで呼び起こされます。


人気の「かいけつゾロリシリーズ」も大好きな息子ですが、「1ねん1くみシリーズ」も本当におすすめ。基本的には読み切り型なので、どの刊から読み始めても大丈夫なのですが、やはり最初は第1話の「1ねん 1くみ1ばんワル」から入って、最終話の「1ねん1くみ1ばんサイコー」は最後までとっておくのがオススメです(^o^)/ 小学校低学年向け。読み聞かせにも、子供が自分で読むのにも、どちらも◎です。


by sayaka-blmusic | 2017-09-02 16:02 | 小学生子育て