2006年 06月 27日 ( 1 )

QUEENミュージカル 「WE WILL ROCK YOU」

QUEENミュージカル 「WE WILL ROCK YOU」_e0030586_5445874.jpg

先週金曜日に、モーツァルトの校内コンサートも終わり、
無事アカデミーでの本番を全て終了。
先週末は、自分へのごほうびも兼ねて、ミュージカルに行ってきました。

今回観たのは、2002年のロンドン初演以来世界中で大ヒットしている、
全編全曲QUEENのロック・ミュージカル「WE WILL ROCK YOU」。
会場はTottenham Court RoadのDominion Theatre。

正直私、今までこの「WE WILL ROCK YOU」のミュージカルって、
ミュージカルというよりQUEENの単なるカバーライブみたいな感じだろうと勝手に勘違いしていたのです。
なのでミュージカル大大大好きな私にもイマイチ興味がわかず、
しかも自宅から徒歩圏内の劇場でやっているにも関わらず、
いつもフレディーマーキュリーの金色の像を横目に通り過ぎるだけだったのですが、

実はこのミュージカル、
なんと近未来の世界を舞台にしたコメディらしい!!という噂を聞き、
QUEENの歌と近未来コメディという意味不明のギャップに、俄然魅力を感じてしまった私。

行くと決めたらまずは格安チケットを探すために、Leicester Square駅周辺のチケットショップへ。ウェストエンドの中心であるこの駅はミュージカルのチケット安売りショップが乱立していて、当日のショーでも通常の約半額(大抵のミュージカルなら20ポンド前後からある)でチケットを買うことができます。(ただし高い席しか扱っていない業者もいるので、数件尋ね歩いて値段比較をした方がいいかも)

無事チケットを購入し、
Dominion Theatreへ。
ロック爆発のミュージカルなのにも関わらず、
客層の幅は意外に広く、若者から中年世代、白髪の夫婦までいる。
公演開始から5年目にも関わらず会場はほぼ満席!


(以下、あらすじ内容ネタバレ有)
時は2046年、コンピュータによって世界を支配しようとする
グローバルソフト社のCEOキラークイーンによって世界が統治され、
人々は画一的な考えを持ち、音楽といえばコンピュータで作られた音楽を聴くのみ。
自発的に音楽を作ることは禁止され、楽器を持つことも許されない世の中。
歌を歌ったり、音楽にまつわる活動をしようとしたりすると即行で秘密警察によって逮捕され、洗脳されてしまう。
そんな中で、若者ガリレオとスカラムーシュ、そして密かに地下活動をしているボヘミアン達が立ち上がろうとする。しかし秘密警察にアジトが見つかり取り押さえられかけたところを、ガリレオとスカラムーシュは逃げ切り、伝説の楽器を求めて、ヒッピーのポップと共に楽器の隠し場所へ向かう。
しかしそこは既に廃墟に・・・。
伝説の楽器は手に入らないかも・・と失望しかける3人。
しかし、「楽器はなくても音楽は奏でられる!!」とガリレオが自分自身の体を使って刻み始めたリズム、
それこそが「WE WILL ROCK YOU」の曲。
そのパワーによって廃墟の門が突然崩れ、中から伝説のギターが現れる。
伝説のギターを手にとって再び歌い始める3人。
このエネルギーによって、キラークイーンによる人々の洗脳が溶け、
世界はロックの魂を取り戻していく!

というような単純明快なストーリーなんですが、
現代時事ネタもうまく盛り込んだコメディに仕上がっていて劇としても本当に面白かったし、
何よりやっぱり全編通して散りばめられたQUEENの名曲の数々が
それぞれぴったりのシーンで挿入されていて、これがもう最高でした。

しかも俳優さんたち一人ひとりの歌が素晴らしすぎ!!
特に主役ガリレオ役のPeter Johanssonがめちゃくちゃ上手かった。
コンピュータで世界を統治しようとするキラー・クイーン役のMazz Murrayもすさまじい迫力だったし、あと生バンドの皆さんの演奏も本当に良かったです。

最後は観客全員で、手拍子&足踏み付の「WE WILL ROCK YOU」!
そして「WE ARE THE CHAMPION」の大合唱。


何ていうか、物凄いパワーに圧倒されて帰ってきました。

うーん、このミュージカル、QUEENの歌をそこまで詳しく知らない私でもこれだけ楽しめるってことは、QUEENファンの人達にとっては、ほんとたまらないだろうな、と思う。


で、なーんんと!
タイムリーなことに、
今日のネット芸能スポースニュースによると、
日本でも2006年11月16日から「WE WILL ROCK YOU」が公演されるとのこと。
歌舞伎町のコマ劇場らしいです。
http://www.wwry.jp/index2.html
(昨年2005年の日本公演が大成功だったので今年もまたやることになった模様。
ちなみに今年はフレディマーキュリーの生誕60年、没後15年にあたるそうです)


ちなみにロンドンでは7月から、
あの「ザ・ロッキー・ホラー・ショー」のミュージカルが再演されるらしい!!!
もうーー楽しみでしょうがないです。
昔あれの映画版が大好きで妹あすかと一緒に繰り返し見てたなー。
あのB級っぷりが大好き。

ロンドン一年目はあまりの忙しさ(とお金の無さ)に、
殆どミュージカルには行けなかったので、
今年こそは、ロンドンにいる間に一つでも多くの作品を観てみたいです。
by sayaka-blmusic | 2006-06-27 06:01 | ロンドン音楽事情