インフルエンザ・・・そしてやっと復活

インフルエンザ・・・そしてやっと復活_e0030586_19284894.jpg


一週間まるまるダウンしていたのですが、昨日辺りからやっと復活しました!

前回の雪だるまの日記を書いた翌日のこと、
依然として残っていた雪などの影響で、レッスンのキャンセルが多かったため、
昼過ぎからジムでいつもより長めに運動。この時点までは全く元気。

帰って来て自分のピアノの練習をしていると、なんとなく頭がぼーーっとするような・・。
そのうちにブルっと寒気。ん?これは風邪?と思ううちにみるみる具合が悪くなり
急いで夕飯を食べてベッドに倒れこむようにして就寝。

夜中、ひざと腰をハンマーで思いっきり叩かれ続けているような痛みで目が覚める。
ものすんごい関節痛。起き上がろうと思っても、痛さと体のだるさで起き上がれない。
これ絶対熱がある気が・・と思って熱を測ってみると、案の定39度。
普段滅多に風邪をひかないので、3年ぶりくらいの高熱です。

熱の辛さもだけど、それよりも体中の関節が痛すぎて、一晩中ほとんど眠れずそのまま朝に。しかも朝になっても熱は下がらず(泣) 電車に乗って病院に行ける状態でもないので、眼科医になる前に、昔内科医もしていたことのある夫に家庭内診察(?)してもらうと、明らかにインフルエンザの症状でしょうとのこと。 (ちなみに夫も殆ど同じ時期に発症・・・。夫婦共倒れ状態でした。)

取り急ぎ、この先数日のレッスンや予定のキャンセルの連絡をして、再びベッドへ。



そしてひたすら寝込むこと3日間。



3日間経って熱も下がり、ようやく復活したかと思って、
1,2時間ほど用事で外に出て戻ってきたら、こんどは声がなんだか変。
その夜から今度は咳がとまらなくなり、翌朝は声がガマガエル状態に・・。

うえーん熱がせっかく下がったと思ったら、今度は気管支の炎症(泣)


しかもこんな時に限って、家のボイラーが故障。
ヨーロッパのヒーティングシステムは、基本的にお湯を使ったセントラルヒーティングな為
ボイラーが故障すると、シャワーなどのお湯が使えなくなるだけでなく、いもづる式に家の暖房機能も止まります。

大家さんの計らいで、イギリスにしては奇跡的な早さで、
その日のうちに修理の人が来て直して頂けたので良かったのですが、
半日以上、冷えきった家で過ごした為か、咳は更に悪化し、
翌日はガマガエル声さえ出ず、声が全くでない状態に (ToT)
ささやき声で口をぱくぱく動かしながら、家の中でなんとかコミュニケーションをとっていました。


ということで、大雪にインフルエンザにボイラー故障と、滅多に来ない災難が一気に来てしまった一週間でしたが、昨日位から体調も復活し、声もだんだん出るようになってきて、普通の生活が戻ってきました。うちの周りでは、雪もすっかり溶けきっています。


ところで、風邪で寝込んでいる間、大活躍だったのが

インフルエンザ・・・そしてやっと復活_e0030586_1929372.jpg


日本製の土鍋!

やっぱり土鍋で食べると、体も心も癒されます・・・。
多少鍋の具が日本のお鍋と違っても、土鍋だとしっかり鍋気分を味わえるというメリットも。

風邪の体があったまるし、作るのカンタンだし・・ということで
かき鍋、みそ鍋、鶏鍋、坦々鍋・・と、風邪の一週間は連続でひたすら鍋でした。土鍋様様です。ちなみにおすすめの具は、韓国のおもちのスライス!

Bell Livingという、North Ealing駅前にある日本人向けリサイクルショップで買ったものです。私が買った時点で、まだ土鍋は他にも残っていたし、カセットコンロも各種売っていたので、ロンドン内在住の日本人の方で、日本の鍋が恋しい方、おすすめです!

日本人向けリサイクルショップ「ベルリビング」のホームページ
http://www.bell-living.co.uk/


インフルエンザは、まだまだイギリスでも日本でも大流行中のようなので、
どうか皆様お気をつけ下さい。


P.S
一番上の写真は、家の前の通りの街路樹(手入れで丸刈りにされてしまった後)なのですが、どっからどう見ても巨大な生姜に見えるので、勝手にGinger Treeと呼んでいます。
by sayaka-blmusic | 2009-02-11 19:33 | ロンドンでの日常生活
<< 13日の金曜日 ロンドン塔 閉館の儀 雪だるま >>