ノッティングヒルカーニバル

ノッティングヒルカーニバルに行ってきた。

期間中、ノッティングヒル周辺の駅やバス停が封鎖されて歩行者天国状態になり、その中を各国(主にカリビアン)のダンスパレードが練り歩く、ヨーロッパの中でも最も大きなカーニバルの一つだそうだ。レゲエからテクノまで、世界各国の音楽が大音響で流れ、道端でみんな踊りまくってるらしい。うーん、面白そうかも・・しかも1年に2日間だけの貴重な機会!ということでフラットメイトと3人で、初めて行ってみることにした。

で。

行ってみたところ、私の見た限りでは

「ジャマイカ祭り」

でした・・・。

どこもかしこも、ジャマイカのハタ、ハタ、ハタ・・・。
ジャマイカのダンス、ジャマイカ人、ジャマイカのレゲエミュージック、ジャマイカの料理、etc..

個人的に、知り合いのジャマイカ人の方々は、とってもとっても良い人達が多いので、ジャマイカ自体は好きだからいいんだけど、
いやー、それにしてもこれはジャマイカの建国記念日か何かなのかと思うよー。
もちろん、ジャマイカ以外の人達のパレードやダンスもたくさんあったんだけど、やっぱりカリビアンや南米系が多かった。プチ・リオのカーニバルみたいな感じです。

あと、各国料理(主にカリビアン)が屋台で食べれるのは良かった!カリビアンのラムカレーを食べたんだけど、美味しかったです。ご飯がね、日本のお赤飯にすごく似てて、びっくりした。タイ米みたいなパラパラしたお米でなく、日本米のようなモチモチしたお米に、あずきの大きいのみたいなお豆が入ってて、ご飯も赤く染まってるの。そこの店だけではなく、他のカリビアン料理の店でもそのご飯が使われていたから、カリビアンのカレーで使う独特のご飯の食べ方なのかもしれない。ほんと、お赤飯そっくりだった。

メインの道路に言ってみると、すっごい人だかり&どんちゃん騒ぎ。お酒片手に、道のど真ん中で踊る踊る・・。しかも子供から大人までホイッスルやホーンを吹き鳴らし、異様ーーーなほどのハイテンションでした。ジャマイカ人もアフリカ人も、イギリス人も、みーーーんな。(ちなみにアジア人は殆ど見なかった・・・)
軽くカルチャーショックというか、あーやっぱりロンドンって移民の街なんだなーと再実感。

そんなことを考えながら人ごみの中を歩いているうちに、あちらこちらから甘焦げくさいような異臭がしてくることに気付いた。あまりにも気持ち悪いにおい。フラットメイトに聞くと、これがマリファナの匂いなんだそうだ。マリファナ吸ってる人の体全体から漂ってくるので、そういう人が近く通るだけですごい匂いがするから、人ごみを歩いていると5分間あたりに4回位はただよってくる。人の多い所ほど、マリファナの匂い地獄状態。

う・・・。耐えられん。。

ということで、予定よりずっと早く、20:00位には退散してきました。
ちなみに一晩中踊ってる人達もたくさんいるそうな。


ところで、もう一つ唖然としたのは、ロンドンの警察たち!!!
テロの後ということもあってか、異常なほど、警備の警察がぞろぞろ大量投入されてたんだけど、

どうみても、殆どの警官が仕事してない!!

なぜか必ず2,3人ずつ固まって、
そこかしこで笑いながら井戸端会議。
道を聞いても半分位の確率で間違って教えるし、

更には、なんと、カーニバルが通る時に
自分の携帯で写メール撮って喜んでる警官も・・・。

挙句の果てに、
自分の白バイに、若い女の子乗せてあげてる警官発見。
下は証拠写真。オレンジの服着てる女の子が白バイ乗ってます。

ノッティングヒルカーニバル_e0030586_7383688.jpg


・・・・・。ちょっと何かしただけで、すぐ「不祥事!」と騒がれる
日本の警察官が、不憫でなりません・・。

ちなみにどの位大量投入されているかというと、
このくらいです。

ノッティングヒルカーニバル_e0030586_7391070.jpg

黄色いの全部ポリス・・・。

ちゃんと警備してるならともかく、この状況みる限りでは、税金の無駄遣いのような気がしないでもない気が・・・。

まあ、量だけだったとしても、こんだけポリスがいることで、安心できる面も確かにあるし、
実際それで犯罪抑制になってる部分も大きいんだろうけど・・。



ところで、去年の今頃は、高円寺の阿波踊り見に行ってました。
あれぞ、ザ・ジャパニーズカーニバルだよね。
かっこよすぎ。阿波踊りって、究極のミニマルミュージック(最小限の単位の音やリズムをループさせて繰り返してトランス状態を呼び込む音楽)だと思うのです。
音楽も、踊りも、国際的なああいうカーニバルで出しても絶対恥ずかしくないくらい、超かっこいいと思うのね。

是非是非、国際フェスティバルやカーニバルで「阿波踊り」出演してほしいわーー。

レゲエやヒップホップに慣れた欧米人・南米人には絶対斬新だと思うし、
きっとマリファナなんかより、ずっとトランス状態になれると思うのです。



P.S
ちなみに肝心のカーニバルの写真は、逆光で殆ど写っていませんでした。がーーん・・・。
by sayaka-blmusic | 2005-08-30 07:29 | ロンドンの不思議
<< ありがとう ロンドン地下鉄ミステリーツアー >>