人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「後家安とその妹」鑑賞

「後家安とその妹」鑑賞_e0030586_06530967.jpg
「後家安とその妹」鑑賞_e0030586_06542571.jpg

新宿紀伊国屋ホールにて「後家安とその妹」の舞台を鑑賞してきました。面白かったーーーー!!

幻の落語(三遊亭圓朝の「鶴殺疾刃庖刀」と、古今亭志ん生の「後家安とその妹」)を原作として、豊原功補さんが企画・脚本・演出、小泉今日子さんがプロデュースを手がけていらっしゃいます。

複雑な人間模様から成る原作が見事に分かりやすくまとめられ、セリフも、役者の動きも、舞台美術も、一切の無駄がなく、どの一瞬を切り取っても美しい・・そんな素晴らしい舞台でした。

豊原功補さん、毎熊克哉さん、芋生悠をはじめとした役者の皆さんの演技も本当に素晴らしかった! この作品って、ヒロインのお藤の「色気」や「毒気」がどれだけ観客をも魅了するかが作品の一つの肝になっていると思うのですが、芋生さんが登場した瞬間から、思わず息を飲んでまさに魅了されてしまいました。「ああ、これは確かに大名も惑わされてしまうなぁ・・」と・・笑

登場人物達のセリフの端々に、心に突き刺さる深い言葉が散りばめられていて、1日たった今でも心に残っています。

6月4日まで同ホールで上演されているので、お時間のある方は是非!おすすめです。
by sayaka-blmusic | 2019-05-28 06:54
<< 清水西谷&朝岡さやかディナーシ... お引越し&冷蔵庫事件! >>