真夜中の警報

夜中12時、いつものように部屋でメールチェックをしていると、突然部屋の電気が消えて真っ暗に。あれっと思って廊下に出るとどうやら家中まっくら。
ブレーカーが落ちちゃったのかしら、うううガレージに行くの寒いしやだな、と思った瞬間、

ウィンウィンウィンウィンウィンウィン

すごい音でサイレンが家中に響き渡りはじめた。

ぎゃああ何これ何これと半分パニックになっていると
今度はジリりりりりりと家の外の警報(学校の非常ベルみたいな音です)が、これまた爆音でなりはじめた。

家の中ではサイレン、
家の外では、近所に異常を知らせる為の警報、
二種類の警報が同時に鳴り響いてる状態。

近所のおじさんが何事かと出て来たので、事情を話し
音の出所らしい倉庫内のセキュリティ装置を一緒に見てもらう。
しかしおじさんも止め方がわからない。


というかうちにセキュリティ装置がついていたこと自体初めて知ったし。
ガス漏れか、不法侵入か、原因が全くわからないまま、なり続ける警報。
しかも何で同時に電気まで落ちたんだろう。気味が悪い・・。

うちの隣の家が管理人ご夫婦の家。
夜中で悪いのだけど、状況が状況なのでとりあえずインターホンで呼んで事情を話す。
ジャマイカ系イギリス人のこの管理人ご夫婦、とても親切で、何かあるとすぐ飛んできてくれる優しい方達。

で管理人のデボンがすぐに来てくれて色々装置をいじってみてくれるが、彼もやはり止め方がわからず。
団地内は統一して同じ装置がついてるので彼の家にも同じのがあるが、長年使ったことがないので全く使い方がわからないとのこと。

無情にもなり続けるサイレンと非常ベル。
ただでさえ原因がわからず不安なのに
更に体中の神経を逆撫でするような音で、泣きそうになってくる。

よく見てみると装置の横にセキュリティサービス会社の電話番号が。
ここにかけてみればいいですかね、と提案すると、
そうだね、とデポンが私の携帯でかけてみる。
が、つながらない。

デボン「うーん、夜中だからね。」

日本のセコムは24時間対応です!(T T) 
と叫びたくなるがここはイギリス・・。

私 「明日の朝にはつながるでしょうかね・・」

デボン「うーん、この時期だから多分休暇中じゃないかね。」

日本のセコムは365日無休対応です!(T T)
と泣き叫びたくなるがここはイギリス・・・・。


デボン「ちょっと待ってて、すぐ戻る。」

うううありがとうデボン、
あなただけが頼りです。


数分たって戻って来てくれたデボン。
なんと持って現れたのは、
ニッパー!
は、破壊するんですか??!!
デポン、早くも最終手段に入ったらしい。

セキュリティ装置の蓋を外してぱかっと開け、
ありったけの配線をぶちぶちと切る。

すると、
なんとか家の中のサイレンは止まった。
しかし家の外の非常ベルは鳴り続けたまま。。

デボン「おかしいな、中のを切ったら外のベルも止まると思ったのに」

いえ、あの。。デボン、この中の装置って外のベルをスタートするシグナルと止めるシグナル両方を送ってたんだと思うんだけど。。
つまりこれ破壊しちゃったら、外の装置を止める方法がなくなって、そっちも破壊するしかないと思うのだけど。。

デポンもはっとそれに気づいたらしく、
ちょっと待ってね、とまた言い残すと、
今度ははしごを持って登場。
外のサイレンは一階と二階の間にあるので
はしごじゃないと届かないのです。

そしてデボン、はしごに登り、ダイナミックに非常ベルも破壊。


2時間にわたる格闘は終わりを告げ、
ようやくしずかなな夜が戻ってきました・・・。

デボンいわく、
「たぶんね、単に壊れてて誤作動したんだと思うよー。」

誤作動。。

考えて見たら、
外部に危険を知らせる為の警報なのにも関わらず
何事かと出て来たのは最初のおじさんたった1人。
そして団地内、きっと誰も使い方も止め方も意味も知らず。
セキュリティ会社は定時終了、休暇あり。
でもって、たまに誤作動で鳴り響く。
ニッパーにて破壊可能。


そんなセキュリティ装置。

って何か意味があるんでしょうか・・。


この国で生きてくのは自己責任なのねとつくづく感じた夜でした・・・。
by sayaka-blmusic | 2005-12-31 10:18 | 事件&ハプニング
<< ロンドンの年明けカウントダウン... イギリスのクリスマス&イギリス... >>