わんわん

e0030586_0481855.jpg


私が18歳の時から、実家で飼っている雑種犬、アリス。

忘れもしない14年前のある日、
突然母が「犬が飼いたい!」と思い立ち、
思い立ったら即行動、の母は、父に断りも無く(笑)
その場で近所の動物病院に問い合わせの電話をかけると、

「最近産まれた子犬がいるのだけど、ちょうど貰い手が決まってしまいました」との返事。

がっくりしていたところ、数日後その動物病院から、

「決まっていた貰い手の方が、実際会ってみたらキャンセルになりました」

との連絡。

(会ってみたらキャンセルになった犬って、一体どんなに可愛くない犬なんだ・・)

と家族一同びくびくしながら動物に病院に皆で行くと、
そこには信じられない位可愛い、手のひらにのるようなサイズの子犬ちゃんが!
そっと抱き上げると、怯えたような目で、ぷるぷるぷるぷる震えていました。


その日からそのまま、その子犬ちゃんは、松本家の大事な一員となり、
「アリス」と命名され、今に至ります。


そんなアリスも、気づけばもう14歳。
人間でいえば72歳にあたるとのことで、かなりのおばあちゃんなのですが、
私達がイギリスから帰ってくるのを、元気で待っていてくれました。

ーーーーーーーーーーーーーー

先週末、久しぶりに実家に泊まりに行った時に、
颯太、はじめての言葉を発しました。



「わんわん」



偶然かと思ったら、その後、アリスの側を通りかかる度に、

「わんわん。わんわん。」と一生懸命アリスに話しかけていました。

産まれて初めての言葉。
「ママ」よりも、「パパ」よりも先に、「わんわん」 (笑)

e0030586_0481886.jpg


ふたりで何お話しているのかな・・・。
by sayaka-blmusic | 2012-03-29 00:53 | 1歳児子育て中
<< 浜松まつり、初凧の糸目付け くっく >>