イギリスNHS母親学級(Antenatal Class)

先週金曜日のコンサートが無事終わり、次回の演奏本番は来週の日曜日(12日)。

その間、妹あすかは、バルセロナ在住のお友達(ピアニスト西本夏生さん)を訪ねにスペインへ♪

しかーし、出発予定の12月4日に、見事に航空管制官の一斉ストライキが重なり、スペインの空域閉鎖&フライトキャンセル! スペイン政府は35年振りの非常事態宣言!! 

このまま行けないかも・・と心配したのですが、翌日の5日無事封鎖解除され、バルセロナに旅立っていきました。今回あすかは、スペイン訪問もとっても楽しみにしていたので、一日遅れとはいえ、無事行けてヨカッタ〜。


ーーーーーーーーーーーー

さて、私の方は、あすかがいない間に病院の検診などなど。
昨日は、NHSの母親学級の最終日でした。

イギリス国立病院(NHS)が無料で行っている母親学級は、地域ごとに担当のMidwife(助産婦)によって、地元の保健所のようなところで行われます。

イギリスNHS母親学級(Antenatal Class)_e0030586_372569.jpg


30週を過ぎた辺りから、毎週1回2時間、全部で4回のコースです。母親学級は、イギリスでは「Antenatal Class(直訳すると産前学級)」と呼ばれています。


これまでの内容は以下の通り。

第一回。出産全般についての説明、陣痛が始まってからの連絡方法や、病院への持ち物などの具体的説明

第二回。出産方法のオプション(自然分娩、無痛分娩、水中出産、帝王切開などなど)についての詳しい説明。イギリスでは無痛分娩が多数派なので、特に無痛分娩の説明に時間を割いていました。

第三回。母乳育児について。搾乳の仕方、乳腺炎などのトラブルの対応など。

第四回。赤ちゃんのお世話全般について。おむつの変え方やお風呂の入れ方、寝かせ方。新生児黄疸について。などなど


私の地域の母親学級は、以前の日記にも登場した、私の担当Midwife、Orliが講義も担当。彼女は、説明の仕方などがスーーパーーー上手で、2時間の講義もとっても充実していて毎回あっという間。

内容も、全体的なことと実践的な詳細を両方丁寧にカバーしていて、例えば、陣痛が何分間隔になったらこの電話番号に電話して、車で病院に着いた場合には、ここに駐車して、駐車券は取りあえずどのようにして・・などなど。お陰で細かい不安がだいぶ解消されました。もちろん、日本の母親学級は、こんなもんでなく、更にものすごーくきめ細やかなのかもしれないけれど、イギリスでこの丁寧さは私にとっては衝撃でした。

でも、同じNHSの母親学級でも、地域によっては、Midwifeを交えて皆でただの雑談をして2時間終わり・・というところもあるみたいなので(^-^;) 私はOrliの担当クラスにあたって本当にラッキーだったのかもしれません。NHSのサービスって、つくづく「当たり外れが大きい」の一言に付きます・・。


以下の写真は、第3回の時の「母乳育児」がテーマの回。

イギリスNHS母親学級(Antenatal Class)_e0030586_37253.jpg


イギリスでは、よほどの事情がない限りは、国をあげて完全母乳育児を推奨しているらしく、授乳指導のクラスはもちろん、母乳育児やトラブルをサポートする無料ボランティア団体なども沢山あるそうです。

出産前に一応万が一に備えて哺乳瓶や粉ミルクも買っておいた方が良いかと質問したところ、

「哺乳瓶が家にあるとつい頼りたくなっちゃう誘惑にかられるから、万が一のために買っておくのもダメよ。訪問助産婦からミルクを足す指示が出るまではボトルは買わずに、母乳のみでトライして!」とのこと・・。

そして、一人一人赤ちゃん人形が渡され、授乳の時の赤ちゃんの抱き方や姿勢などを助産婦さんの見本を見ながら練習。

で、私に渡された赤ちゃん人形はこちら。
イギリスNHS母親学級(Antenatal Class)_e0030586_372546.jpg


なんだかガン飛ばされているような気が・・。

イギリスNHS母親学級(Antenatal Class)_e0030586_37266.jpg

リアルといえば超リアルだけど、お人形だからといって美化されすぎていないところが、「これからヒトを世話するんだ!」と気をひきしめさせてくれます(笑)



母親学級の参加メンバーは 皆この近所に住んでいる32週〜37週位の妊婦という共通点はあるものの、年齢も国籍もバラバラ。なんと10人中私を含め8人が、ポーランド人、中国人、ハンガリー人などの、非イギリス人。さすがコスモポリタンの街、ロンドン。

妊娠出産に100〜300万円かかるプライベート(私立)病院だったら、富裕層のイギリス人など、ある程度層が決まってくるのかもしれませんが、無料の国立病院では、本当に国籍も層も色々です。

ということで、無事終わった4回のNHS母親学級。最終日には、10人中2人が既にもう産まれていて欠席となり、もうすぐ自分の番なんだなぁと実感してしまいました。


明日は、あすかがスペインからロンドンに戻ってくる予定です。今度は無事トラブルなく戻ってこれますように・・(^-^)
by sayaka-blmusic | 2010-12-08 03:14 | イギリス妊娠出産育児
<< 出産前最後の演奏(というか持久... UKEGSでのあすかとのリサイ... >>