UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!

あすか滞在中の二人でのコンサート第一弾、無事終了しました!

UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033582.jpg

この日の本番は、UKEGS 2010 (UK and Eire Glaucoma Sciety)という、イギリス・アイルランド眼科緑内障学会のレセプションパーティ内でのリサイタル。UKとアイルランド全土から緑内障専門の眼科医が一同に集まる、年に一度の学会です。今年は、夫が勤務しているロンドンのMoorfield Eye Hospitalが学会を主催している繋がりで、今回のリサイタルのお話を頂きました。あすかとジョイントでの30分のミニリサイタルです。

ということで、リサイタルを聴いて下さっているお客様全員が一人残らず眼科医という、ある意味初めての新鮮な状況での本番です(^-^;)

UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033459.jpg


会場は、ビッグベンの横にあるウェストミンスター寺院に付属するChurch House Conference Centre内。

UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033590.jpg


UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033286.jpg

リサイタルの行われたこの部屋は、なーーんと、第二次世界大戦後に、初めて国連の安全保障理事会の第一回会合が行われた部屋だそうです!


UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033379.jpg

リサイタル開始前に記念写真一枚。お揃いのドレスを着るのは、小学校以来20年振り位です。


この日のプログラムは以下の通り。

1.ラフマニノフ パガニーニラプソディ18変奏  by さやか
2.ラフマニノフ ピアノコンチェルト2番1楽章 ピアノソロバージョン 松本さやか編曲  by さやか

3.ビートルズ イエスタデー 松本あすか編曲 by あすか
4.エルガー 威風堂々 連弾編曲バージョン by あすか&さやか

5.松本さやか作曲「Open Eyes」(Special Composition for UKEGS2010)  by さやか
6.モンティ チャルダッシュ 鍵盤ハーモニカ&ピアノ  by あすか&さやか


最初のソロ2曲はラフマニノフ。出産予定日が1月3日なので、この日はちょうど予定日の一ヶ月前ということで、赤ちゃんと一緒の臨月ラフマニノフです(?!) 

UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033296.jpg

いつも、コンサートの一曲目というと、かなり緊張して硬い状態から始まってしまうのですが、この日はとってもとっても不思議なことに、なぜだか全く緊張の感覚が湧いてきませんでした。

人間って、自分より大切な存在ができると、不思議と「自分自身がどう思われるか」って今までより気にならなくなるのかもなぁと、ふと思いました。

ちなみに、巨大なお腹でラフマニノフを演奏したりするのって、手が交差するところとか、お腹が邪魔になって弾きにくいかも・・と以前は心配していたのですが、意外に全然大丈夫なものでした(笑) むしろ、下半身に重心が安定して、お腹が大きくなるにつれてかえっていい音が出るようになったかも・・(^^;)

ラフマニノフのこの2曲は、今まで何十回とコンサートで演奏してきたけれども、今回は今までに無いくらい、なんだかすごく温かい広々とした気持ちで演奏することができて、本当にお腹の赤ちゃんが助けてくれたからだなぁと思います。


UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_013510.jpg

そしてその後、あすかのソロ、イギリスにちなんで、ビートルズの「イエスタデー」のあすか編曲バージョンです。こうやって同じドレスで写真並べてみると、私たちの弾き姿ってやっぱり似ているかも・・(笑)

そしてイギリスの作曲家エルガー「威風堂々」(Pomp and Circumstance No.1)の連弾! 

UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033399.jpg

イギリス人にとってはプロムス最終日などで毎年おなじみの曲で、「第二の国歌」とも言われている位愛されている曲です。案の定、お客様もとっても喜んで下さって大盛り上がり!

5曲目は、私のオリジナル曲「Open Eyes」。眼科学会なので、せっかくだから目にちなんだ曲ということで、「Open Eyes」というタイトル案を主催者の方から頂き、そのタイトルのイメージで作曲した曲です。この曲は、後日ブログ上にも音源公開させて頂こうと思っています。

最後は、おなじみMontiの「チャルダシュ」を、あすかの鍵盤ハーモニカと私のピアノで演奏。

そして30分間のミニリサイタル、無事終了。終わった瞬間、約100人のお客様が、総立ちで立上がって拍手して下さり、本当に本当に嬉しかったです。


UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033473.jpg

リサイタル終了後、ほっとしたところ。夫も交えて3人で。



UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033784.jpg

今回の学会主催者のGarway-Heath博士達と一緒に。

今回、こんなにも素敵な歴史的な会場で、
温かいお客様達の前で貴重な演奏の機会を頂けたことに本当に感謝です。

そしてお腹の中でいい子にしてくれていたどころか、
演奏中もずっと私のことを助けてくれた赤ちゃんに、何より感謝。


UKEGSでのあすかとのリサイタル、無事終了!_e0030586_033388.jpg

帰り道、会場のすぐそばのビッグベンの前には、クリスマスツリーが飾られていました。もうあと3週間でクリスマス、そしてお正月、そしてその頃にはもうこのお腹の子が産まれているかもと思うと、本当にあっという間だなぁと思います・・。

あと一週間後の12日に、もう一度あすかと一緒に最後の本番があります。それまで無理せず体調を整えて、頑張って臨みたいと思います。


→ この日のあすかの日記はこちら
by sayaka-blmusic | 2010-12-05 00:06 | コンサート関連
<< イギリスNHS母親学級(Ant... 妹あすかロンドン到着! そして... >>