地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場


2日目のつづきです。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834180.jpg

9月27日、クルーズ3日目の寄港地はスペイン・バルセロナ。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834168.jpg

港側から撮ったMSCスプレンディダ号。バルセロナの港には、私達の乗っていたスプレンディダ号だけでなく、数多くの大型客船が停泊していました。

バルセロナは港から街の中心部までそんなに離れていないので(徒歩20分位)、エクスカージョンツアーには申し込まず自分たちで街を廻ることに。

ここでの寄港時間は午前中の約5時間のみ。バルセロナは2年前に旅行に行ったことがあり、サグラダファミリアやグエル公園などを含むガウディの建築群などの見所は一通り見て回ったことがあるのですが、その時に唯一見逃してしまって後悔していたのが、メイン通りランブラス通り沿いにあるサンジョセップ市場。前回はわざわざ現地まで行ったものの日曜日で閉まっていて入れず断念したのです。

なので、今回は短い寄港時間中、その市場だけはリベンジ!ということで、下船後まっしぐらにサンジョゼップ市場へ。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834165.jpg

バルセロナのメイン通りの一つランブラス通り。大道芸人が沢山います。イタリアともまたひと味違うこのスペインの陽気さというか明るい雰囲気、すごく好きです。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834299.jpg

そして念願のサンジョセップ市場に到着!
今回はちゃんと開いていました。よかったー。

船に生モノなどは持ち込めないので、買えるものは限られていて殆どないのですが、私も夫も、珍しい食材を見て回ること自体が大ー好きなので、こういうマーケットをぐるぐる見て回っているだけで楽しくて仕方がないです。

このジョセップ市場は「バルセロナの胃袋」とも呼ばれていて、なんと13世紀からの古い歴史を持つそうです。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_18343100.jpg

お肉屋さん。超新鮮な牛タンや豚足なども沢山。イベリコハムの専門店なども。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834363.jpg

お魚屋さん。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834710.jpg

卵屋さん。値段表示が可愛いです(笑)

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834697.jpg

超色鮮やかな果物屋さん。久しぶりにこんなに一気に原色を目にした気がする・・。前回もスペインに来た時に飲んで感動したキウイの生ジュースを買ってその場で飲みました。美味しかったー!

基本的に船に食べ物は持ち込めないため、市場で買ったものといえば、この生ジュースと、あとスパイス屋さんで美味しそうな鷹の爪を一袋買っただけでしたが、それでも十分大満足!

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834745.jpg

その後、市場の一角にある屋台風のレストラン(というかバー)でお昼を食べました。市場にある新鮮な食材を目の前で調理して野菜料理やシーフード料理などを提供してくれるお店です。 この日の朝からなんだか胃の調子がおかしかったのであまり沢山は食べれなかったのですが、それでも特に前菜で食べた各種キノコの炒め物は、シンプルな味付けなのに「キノコがこんなに美味しいなんて!」と感動。やっぱり新鮮な食材の威力はスゴいです。ランブラス通りから市場の中に入ってすぐの角のところにある「Kiosko Universal」という屋台です。バルセロナのサンジョセップ市場に行かれる際には是非おすすめです! 

ーーーーーーーーーー

そして再び船へ乗船。午後は船内でのんびり。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1841476.jpg

上の写真は屋上デッキにある巨大なてんとう虫型の日よけドーム(?) 船内や屋上デッキには、このようなドームやサンベッド、ジャグジーなどフリーのリラックススペースが至るところにあります。ロンドンでは真夏でも寒過ぎて殆ど「外で太陽の下でのんびり」ということが無いので、すごく久しぶりの感覚です。


さてクルーズ3日目に入り、船内生活にもだいぶ慣れてきました。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834881.jpg

こちらは 船内で使用するクルーズカード。最初の乗船の時に一人一枚渡され、客室の鍵、船の中でのID カード、船内で有料サービスを利用した時のキャッシュレスカード、など様々な役割を果たします。船内では、これ一枚さえ持ち歩いていれば、他の貴重品は全てキャビン内の金庫に入れっぱなしにできるのでとても便利で安心です。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_183494.jpg

そしてこちらが、自分たちの部屋に無料で毎日届けられる船内新聞。次の寄港地の情報や、その日の船内エンターテイメントのスケジュール、エクスカージョンの情報などが詳しく載っています。有り難いことに日本人にはちゃんと日本語で届きます!何年イギリスに住んでいたって、やっぱり英語より日本語の方がはるかに読みやすいので、本当に嬉しいです。コスタクルーズなどもそうだと思いますが、大型客船には各国のインフォメーションホステスが乗船していて、この船にも日本人のクルーの方が一人乗船していらっしゃいました。多分日本人乗客は多分合計で10人未満しか乗っていなかったと思うのですが、こんな少人数相手にもきちんと日本語でサービスを受けられるのはとっても有り難いです。

地中海クルーズ3日目 バルセロナ・サンジョセップ市場_e0030586_1834831.jpg

さらに!こちらは有料ですがフロントで申し込むと日本の読売新聞も毎日部屋まで届けてくれます。日本語新聞を読むのはとーーっても久しぶりなので、夫も私も大喜びで隅々まで読んでしまいました。


これから船は丸一日かけてアフリカ大陸北部チュニジアの港町「チュニス」へ向かいます。
by sayaka-blmusic | 2010-10-06 18:55 | 地中海クルーズ2010
<< 地中海クルーズ4日目 チュニジ... 地中海クルーズ2日目 南仏・カシの街 >>