人気ブログランキング | 話題のタグを見る

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_2014033.jpg

イタリア南西部に位置する島、サルディーニャ島。上の地図のAの部分で、コルシカ島と並んでイタリアとスペインの間にあります。

イタリア領ですが自治州となっています。太古の昔から様々な文化の影響を受けたために独自の文化が築かれていて、島全体に遺跡などの世界遺産も点在。食べ物も、
いわゆる一般的なイタリアンとはひと味違う、ちょっと変わった独特の食文化が発展してきたそうで、カラスミやウニを使った料理など、日本人にとっては堪らないシーフード料理でも有名。

しかも地中海に囲まれた島ということでビーチの景観も抜群ということもあり、いまや世界中のセレブに人気の高級リゾート。海沿いのホテルはハイシーズンは目の飛び出るような値段! でも、いつかは行きたい憧れの島です。

サルディーニャ旅行には行けずとも、代わりにロンドン西部のウィンブルドンに、「サルディーニャ食材屋さん」があるという情報をピアノの生徒さんより頂いて、先週末の土曜日、初めて行ってきました♪


サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_20132899.jpg

ロンドンのウィンブルドンにあるサルディーニャ食材店「Vallebona」。
店頭での販売は基本的には行っていなくて、普段はオンライン販売やロンドン内のイタリアンレストランなどへの卸売をメインに行っていらっしゃるとのことですが、毎週土曜日は一般向けに試食販売会もされています。

そしてこの日はまさにその試食販売会の日!
サルディーニャご出身のご主人と、日本人の奥様が経営していらっしゃるので、日本語で丁寧な説明を伺うこともできました。

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_20132425.jpg

外から見ると巨大な倉庫ですが、インターホンを押して中に一歩入ると、キレイにレイアウトしたお洒落なサルディーニャ食材販売スペースが広がっています。

珍しいサルディーニャ独特のパスタや、 数えきれない位の種類の生ハムやサラミが並んでいて、チーズやワインと共に試食させて頂くことができます。カラスミの薫製やウニも売っていました。

横には温度管理のされているチーズルームがあり、各種チーズがずらーーっと並んでいます。こちらも試食させて頂きながら選ぶことができます。

生ハムやブルーチーズ、ワインなど、大好物なのに妊娠中食べちゃいけないものばかりをずら〜っと目の前にしながら我慢するのは半ば拷問に近かったですが(^-^;) 食べても大丈夫な範囲のものを少しずつ食べるだけでも、おいしすぎて十分幸せ〜な気分に。気分だけはすっかりサルディーニャです。

サルディーニャ食材というとすごく高級そうなイメージがありますが、ここでの販売価格は本当に良心的なお値段で、ついつい色々買い込んでしまいました。

その中からこの日買ったものをいくつかご紹介。

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_20132497.jpg

こちらはトリュフ入りのはちみつ。チーズにちょっとつけて食べると、ふわーっと風味が広がります。

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_20132639.jpg

いちじく(Fig)のジャム。こちらもチーズと最高に相性がいいです。

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_20132915.jpg

サルディーニャ産のトマト缶!
トマト缶って、メーカーや産地によってかなり味が変わるし、しかも料理の味を決定的に左右してしまうものでもあるから、サルディーニャ産のものは一体どんな味なのか興味津々。なんとスーパーで買うトマト缶よりも安かったので、10缶くらいまとめ買いしてしまいました。

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_20132670.jpg

こちらはサルディーニャの伝統的なつぶつぶパスタ「フレーグラ」。

このパスタは、魚介のスープなどにそのままパラパラ入れるとおいしいとお聞きし、せっかくだから今日さっそく作って食べたい!と思い、帰りがけにEast Dulwich の魚屋さん(Fishmonger)「Moxon’s」に寄って、新鮮なイカ、エビ、ほたてなどの魚介類を買って帰りました。

魚介のスープっていっても、何系のどういう味のスープが合うんだろう・・。せっかくだから今日買ったサルディーニャ産トマト缶を使ってトマト味の魚介スープかなぁ・・。

で、家に帰って、まずはセロリ、たまねぎ、ガーリックなどで作ったソフリットを作成。最近洋食系スープやシチューには必ずソフリットを作って入れるようにしているのですが、断然おいしくなるのでハマっています。出来上がったソフリットに、 魚介、サフラン、白ワイン、サルディーニャ産のトマト缶を合わせて、トマト味ブイヤベース(?)みたいなスープを作り、どきどきしながら、今日買ったつぶつぶパスタを投入。

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_20132721.jpg

一見小石みたいに見えますが、小麦のいい香りがほわーっと漂って来るので立派にパスタです。

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_20132771.jpg

一体全体どのくらい入れれば良いのだ・・と思いつつ、取りあえず2人分合わせて100グラム位を投入。普通のパスタと違って、一回ゆでてからではなく、スープの旨味を丸ごと吸収させるために、そのままスープに投入して良いそうです。上の写真は入れてすぐの時点なのでまだかなりの小粒です。

すると10分ほどで魚介のスープをぐーーーんっと吸い取って、一回り大きなサイズに。ミニタピオカみたいな感じです。すごい吸収率!!

で、出来上がった、自己流の(笑)サルディーニャ風魚介のパスタ。

サルディーニャ食材とつぶつぶパスタ_e0030586_20133192.jpg


パスタとも違う、リゾットともクスクスとも違う、独特のつぶつぶした舌触り。そしてこのつぶつぶをかみしめると、魚介のうまみが中からじゅわーーーー。初めての感覚です。おいしいーーー(ToT) 

ということでサルディーニャのつぶつぶパスタ初体験。感動のうちに幕を閉じました。使ったトマト缶も想像より更に美味しかったし、一緒に食べたチーズも最高。サルディーニャばんざーーい! (あーーーーワインが思い切り飲みたい・・・)

ということで、このサルディーニャ食材屋さん、本当におすすめです。
旅行でサルディーニャに行かずとも、ロンドンにいながら自宅でサルディーニャ気分を味わえるなんて幸せすぎ・・。このサルディーニャ食材屋さん、オンラインで買うこともできるようです。プレゼント用の詰め合わせなども買うことができます。

ロンドン・ウィンブルドンのサルディーニャ食材店「Vallebona」のサイト

http://www.vallebona.co.uk/

土曜日の試食販売会「Saturday Tasting」の詳細はこちら

http://www.vallebona.co.uk/page.asp?id=clubsatday


そして日本でも、サルディーニャ料理のレストランが少しずつ増えてきているみたいです。いくつかネットでチェックしてみましたが、どこもおいしそう〜!上記のようなつぶつぶパスタ「フレーグラ」ももちろん食べれるみたいです。

東京都内のサルディーニャ料理レストラン一覧はこちら
http://e-food.jp/cgi-bin/restfind/view.cgi?sb=itsa
by sayaka-blmusic | 2010-09-24 20:23 | ロンドンでの日常生活
<< 地中海クルーズ1日目「イタリア... アーセナル・エミレーツスタジア... >>