プッチーニフェスティバル「蝶々夫人」 登川直穂子さん2次審査へ!

e0030586_23331678.jpg


2010年夏、歴史ある第56回プッチーニ・フェスティヴァルが、プッチーニの家のあるルッカ郊外のトーレ・デル・ラーゴで開催されます。毎年、名のある歌手達が歌声を響かせている舞台です。

3月のロンドンやハンガリーのコンサートでジョイントさせて頂き、また来週のローマのコンサートでもご一緒させて頂く予定の、ソプラノ歌手の登川直穂子さんが、このフェスティバルのオペラ「蝶々夫人」のソリスト候補第二次審査に、日本人として唯一、残っていらっしゃいます!

二次審査の一般投票は、インターネット上のYoutubeを通して行われます。
課題曲はオペラ「蝶々夫人」より「ある晴れた日に」。

投票の方法は以下の通りです。

1. 「蝶々夫人」コンクールサイトにアクセス
http://www.youtube.com/user/thatsoperatalent

2. 写真の中から映像を見る候補者を選ぶ。(直穂子さんは、黒のドレスにピンクのボレロを着てらっしゃる方です)

3. 画面右下の「Like it」をクリック。これで投票完了です。

投票時間は、日本時間 6月9日(水)16時半から 6月15日(水)深夜1時半まで、
イタリア時間 6月9日(水)9時半から 6月14日(火)18時半までだそうです。

直穂子さんの「ある晴れた日に」は、ハンガリーやロンドンで生で聴かせて頂いて大感動! 是非プッチーニフェスティバルにて「蝶々夫人(イタリアオペラの中で唯一日本が舞台となっているストーリーです)」を、日本人を代表して、歌って頂けたらなぁと心から願っています。

皆さん、是非投票ご協力宜しくお願いいたします!
by sayaka-blmusic | 2010-06-10 22:57 | Comments(0)
<< リージェンツパーク・バラ園wi... 「アフリカ・ピグミーの森へ」7... >>