イギリス版オレオレ詐欺

先ほど、ピアノのレッスンの合間に、自宅の電話が鳴りました。
ディスプレイを見てみると 「INTERNATIONAL」。国際電話の着信です。

東京の実家からの電話かなぁと思って出てみると、低い男の人の声で、かなりインド訛りの強い英語。

相手「Mrs ○○さん(私の結婚後の本名)と話したいのですが」

私「はぁ・・、私ですが」

相手「あなたが3年前に起こした車の事故のことについて、代理で電話をしているものです」

私「はいっ???? 私、3年前にロンドンで車なんて持っていませんけど」

と言うと、相手は少し言葉に詰まった後、

相手「あっ違いました。今年でした、今年今年。」

私「(??!!! 何故3年前からいきなり今年に変わる??!) ・・今年の何月何日の何時でしょう??」 

相手「Specific date(具体的な日にち)は分からないのですが・・」 と歯切れの悪い答え。

事故のことで連絡してきているのに、肝心の事故の日にちが分からないなんて、
んな馬鹿な、と思い、この時点でほぼ詐欺と確信。

「ところで、あなたどこからかけているんですか? 電話にはしっかり国外って表示されていますけど。」

と尋ねると、おじさん、南西ロンドンのなんたらかんたらオフィスからかけていると言い張る。さらに、あなたの住所は○○○○ですよね? と、私の家の正確な住所まで言ってきた!!

ぞぞぞぞ。なんで、私の住所まで知っているんだこの人??

私「あのーーーー、そもそも私、免許は持っていますがほとんどロンドンでは運転しないのですが」 というと、

相手「それでは、あなたのご主人や家族があなたの車を運転していた時ですね」 と向こうも引き下がらない。

私「私も夫も、今年に入ってからは殆ど車使っていないし、あり得ません」 と言うと、

相手「しらばっくれていると、裁判所ざたになりますよ」 と脅してきました。

脅されようと何だろうと、事故を起こしていないのは確かだし、
向こうの話もコロコロ変わって整合性ゼロなので、

私「とにかく、車の事故起こした覚えはありませんし、そんなに大事なことなら、
電話じゃなくて文書で郵送で送って下さい。」

というと、向こうも 「う・・・」 と言葉に詰まり、
「えええと、こちらの記録をまた見返してみます」 とモゴモゴ言いながら相手は電話を切りました。


うーーん、なんて突っ込みどころ満載の詐欺なんだ。
日本の手の込んだ振り込め詐欺に比べると、あまりに詰めが甘すぎ。

結局、お金がどうこうとかいう話に行く前に、電話を切ったので、果たして相手が何を要求しようとしていたのか分かりませんが、後でネットで調べてみたら、同じくイギリスで2ヶ月ほど前に、全く同じ手口の内容の電話を受け取った人の投稿記事を見つけました。やはりインド訛りの英語で、「あなた3年前に事故起こしましたね?」という話から始まったそうです。

ほかにも、懸賞に当たったとか、保険金がどうとか、いろいろな手口の電話詐欺があるようで、英語では「Telephone Scam」というのだそうです。

それにしても、詐欺とは分かっていても、
電話番号や住所、本名まで知られていて、
しかも勝手に交通事故を起こしたことにされているのは、
気分も悪いし、かなーーり気味が悪いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに私、6年位前、日本でかなり悪質で手の込んだ振り込め詐欺に家族で引っかかりそうになった苦い経験があります。

その時は、弁護士役やら警察官役、私にそっくりの声の泣きじゃくる女の子の役、被害者役など、ぞろぞろ色々な人が電話口に次々登場し、電話の奥ではパトカーの音なども聞こえているという、それはそれは手の込んだものでした。

実際に振り込む寸前で、親が私本人と連絡が取れ詐欺だと判明したから良かったのですが、それも詐欺一味が私の家族と連絡を取っている間、親が私本人と連絡が取れないように、私の携帯電話には2時間位連続で無言電話をかけ続けて回線を塞ぐという徹底ぶりでした。この時はたまたま私が仕事用の携帯も持っていて親がその電話にかけてきてくれたので連絡が取れました。恐らく10人以上位で手を組み詐欺を行う、いわゆる「劇団型振り込め詐欺」だったのだと思います。


程度は違えど、世界中で同じような手口で同じような詐欺が横行しているのは、本当に悲しいとしかいいようがありません。 詐欺を行っている人たち自身も、家族を養う為にとか生きていく為にとか、色々事情があるのかもしれないけど、他の人をおとしめたり騙したりすることで得たお金では、きっと結果的に誰も幸せになれないと思う。 誰かがこんなことをしなくても皆が幸せに暮らせるような世の中に少しでも近づいたらいいなぁと願うばかりです。
by sayaka-blmusic | 2010-04-08 06:54 | 事件&ハプニング
<< アイスランドの火山噴火に思うこと ロシア語始めました! >>