ハンガリー・ブダペスト<コンサート本番編>

ロンドンでのコンサートに続き、ハンガリー・ブダペストでのコンサートが無事終わり、一昨日の夜ロンドンに戻ってきました。

ウィーンに2泊3日し、ソプラノの登川直穂子さんとリハーサル、そしてブダペストにバスで移動して(ウィーンから3時間位)ブダペストで2泊3日、という合計4泊5日の慌しいスケジュールでしたが、感動と発見の連続で大充実の5日間でした!

食事編、温泉編、と色々書きたいことは沢山あるのですが、まずは肝心のコンサート編からです。

--------------------------------------------

<ハンガリー・ブダペスト>コンサート本番編

コンサートはハンガリー滞在最終日前夜の3月13日(土)に行われました。 

会場はブダペスト市内にあるNador Terem。

ハンガリー・ブダペスト<コンサート本番編>_e0030586_8202381.jpg

素敵な建物だなぁ、普段は何に使われているのかしらと思って主催者の方に尋ねてみたら、この建物自体は盲学校なのだそうです。教室などの他、寮なども完備されているのだとか。

ハンガリー・ブダペスト<コンサート本番編>_e0030586_8222474.jpg

そしてコンサートが行われたのはこの盲学校内にあるホール。なんとパイプオルガンもあり、ピアノの音もホールの響きも素晴らしく、昼間はステンドグラスの光が差し込み内装もとっても美しいです。音楽学校ではないのに、学校内にこんなに素晴らしいホールがあるなんて驚きです。

さて、午後からのリハーサルを経て、夜19時から本番スタート。
前半最初の曲は、ロンドンコンサートと同じく直穂子さんの歌でドニゼッティ「アンナ・ボレーナ」から3曲。

ハンガリー・ブダペスト<コンサート本番編>_e0030586_8204481.jpg

ロンドンでのコンサートは直穂子さんの専属伴奏ピアニストであるStefano氏が伴奏をしていたのですが、今回彼はハンガリーのコンサートには来れないため、私が直穂子さんの伴奏も担当させて頂きました。

ハンガリー・ブダペスト<コンサート本番編>_e0030586_82162.jpg

続いて私のソロは、リストの「ラ・カンパネラ」。リストの生まれ故郷のハンガリーのお客様の前で弾くのは緊張だったのですが(外国人が日本でお琴の演奏をするようなもの??) なんとか無事終わってよかったです。

そして、その後再び直穂子さんの「アイーダ」で、前半終了。

後半は、直穂子さんの18番のプッチーニから、「蝶々夫人」「トゥーランドット」「トスカ」など。特に蝶々夫人は、本場イタリアでも蝶々夫人役でオペラデビューされているだけあって絶品。お客様涙ぐんでました。

私のピアノソロは、おなじみラフマニノフから、「ひとりラフマニノフ」シリーズを一気に3曲ということで、パガニーニ18バリエーションと、交響曲2番と、協奏曲2番の、それぞれピアノソロバージョン。

後半は、二人とも、それぞれ一番愛するプッチーニとラフマニノフの曲ということで、
テンションも気合も知らぬ間に倍増!

そしてアンコール2曲は「ジャンニスキッキ」と「トゥナイト」でコンサートは無事終了しました。


さて、地元ハンガリーの聴衆の方々、3連休の真っ只中ということもあって、お客様は少なめだったのですが、そんな中いらして下さった方々は、ものすごーくコアな音楽好きな方が多く、ある意味レアな演目であるアンナボレーナの曲にも合わせて口ずさんでいた方がいらっしゃった程。とても温かい雰囲気の中、演奏させて頂くことができました。終わった後も皆さん「とっても楽しめた!」と声をかけて下さってとっても嬉しかったです。

ハンガリー・ブダペスト<コンサート本番編>_e0030586_8212619.jpg

今回のコンサートを企画・準備して下さったハンガリー人のイルディゴさんと一緒に記念撮影。


ところで私、今まで、ソプラノ歌手の方々の単発の伴奏や、日本歌曲歌手の方とのリサイタルなどはさせて頂いてきたのですが、今回のように、これだけ多くの曲の本格的なオペラ伴奏をするのは初めて。なので2月中は、ひーーひーーー言いながらオペラDVDやYouTubeを見漁って勉強する日々だったのですが、いつの間にかすっかりオペラ音楽のとりこになってしまいました。いやーーー面白過ぎですオペラの世界!もっともっと勉強したい!

そして、オペラ歌手である直穂子さんから音楽的に学ばせて頂くことが本当に多く、リハーサルでも本番でも本当に勉強になりました。普段ピアノだけを弾いていると、ついメロディは歌であるということを忘れがちになってしまうので、彼女から学んだ呼吸法や身体の使い方など、ラフマニノフの演奏や自分のオリジナル曲を弾く時の演奏法にも今後とっても応用できそうです。

ちなみに、次回の直穂子さんのリサイタルはケンブリッジ大学にて5月25日に行われる予定で、私も伴奏で出演させていただく予定です。

また、6月19日にはローマにて、この間のロンドンコンサートと同じく「ジョイントリサイタル」という形で、直穂子さんのソロ半分、私のソロ半分のコンサートをさせて頂く予定です。詳細はまた追ってお知らせさせていただきます。


次は少し時間を巻き戻って、ハンガリーの前に2日間訪れた「ウィーン編」です。
by sayaka-blmusic | 2010-03-17 01:13 | コンサート関連
<< オーストリア・ウィーン<観光編> ロンドンコンサート無事終了!次... >>