新年!雪人間作成記

ロンドンは、年明け早々またもや大雪。

1月5日にUK全土で大雪が降ったのですが、降った当日と翌日は、殆どの学校は閉鎖、地下鉄ダイヤも乱れ、私の地域はゴミ収集も無し。公共サービス大打撃です。そんな中、普段は評判の悪いロイヤルメール(郵便サービス)だけは、なぜかむしろ絶好調で、普段より郵便が迅速にスムーズに届きます。やっぱり謎です、ロンドン。

新年!雪人間作成記_e0030586_17563551.jpg

上の写真は家の前の通り。車も道も雪に埋もれてしまっています。これが日本だったら大したことない雪ですが、通常雪の積もりにくいロンドンにとっては大雪。

外の気温も、日中もほぼ常に0度前後かマイナス。なんでも、約30年振りの大寒波だそうです。

こんな中でも、八百屋さんは軒先に果物や野菜を並べています。にんじんを2本買おうとしたら、拍子木の如くカチカチ音がする位かっきんこっきん。店のおじさんに「これ完全に凍っちゃってるんですけど大丈夫ですかね…」と聞くと、「ははは!大丈夫!今やイギリス中の果物と野菜が凍ってるよ!」と、おじさん。

--------

今回大雪が降って初めての週末の朝、久しぶりの晴天。
こんもり積もった雪と、さんさんと降り注ぐ太陽を見ていたら、なんだか居てもたっていられなくなり、

「そうだ雪だるまを作ろう!!」

と思い立った私。

家の前に可愛い雪だるまがあったら、レッスンに来た小さい生徒さん達も喜ぶし!

東京の中では雪国地域(?)に入る、八王子の山奥で育ったせいか、いまだに、雪を見ると雪だるまやかまくらをどうしても作りたい衝動にかられてしまいます。


で、せっかくなので、欧米式の3段雪だるまを作ろうと決心。

欧米の雪だるまが3段なのは、一段目は頭、二段目は胴体、三段目は足だからなんだそうです。日本の雪だるまは基本が「だるま」なのに対して、欧米の雪だるまはスノー"マン"なので、あくまでもヒトなのです。

3段式の雪だるまって、どんな感じだっけ…と思って、ネットで写真を探していると、ネット上の記事で、「完璧な雪だるまの作り方」を発見!

なんでも、アメリカのブルーフィールド大学工学部の研究室が、長年かかって開発(?)したのだそう。いやーー世の中色々な研究をする方がいるものです。

日本語の記事 http://www.tv-asahi.co.jp/ss/60/news/top.html
英語の記事 http://216.116.225.82/stories/2003/03/03/biz_367750.shtml


これによると、「完璧な雪だるま」は、球体の直径が、足90センチ、胴体60センチ、頭30センチ。胴体部分の上から3分の1のところに長さ75センチの棒を刺して手を作り、古い手袋を着させる。そして石などで目や口を作り、そして 新鮮なにんじんを用意して鼻を作る。「ニンジンは雪だるまにとって、不可欠な物なので注意する」なのだそうです。

おおおお、要は、足:胴体:頭が、3:2:1の割合で、この通りに作れば「完璧な雪だるま」ができるのね!! ちょうど昨日買った凍ったニンジンも余ってるし。

ということで、このレシピ(?)を参考に、夫も巻き込んで早速雪だるま作成開始!

しかし、イギリスの雪は、湿気が少ないせいかサラサラすぎて、全く固まらない。日本でやるような、小さな玉を雪の上で転がしながらゴロゴロ大きな玉を作っていく…というのが全くできない!

あれこれ試行錯誤した結果、家の中からケトルでお水を持って来て、時々水を振りかけて湿らせながら作ったら、なんとか少しずつ固まってきたものの、巨大な玉を作るのはやはりこの方法では難しいので、予定より少し小型サイズの雪だるまを作ることに。



その結果、完成したのが、こちら!


新年!雪人間作成記_e0030586_17592436.jpg




かわいくない…。


全然かわいくない…。なぜだ…。



夫に言わせると、私の
「全く美的センスのない」目と鼻の配置その他が原因らしいのですが、私はそれよりも、彼が勝手に付けた意味不明のツノが原因な気が。雪だるまにツノなんてあったっけ…。

新年!雪人間作成記_e0030586_18212578.jpg

せっかくなので一緒に記念撮影。私との大きさ比を見ても分かる通り、「完璧なスノーマン」よりもかなり小さめのスノーマンになってしまいました…。


とはいっても自分の作ったものは愛着が沸くもので、1晩たった今朝も、つい無事が気になって様子を見に行ってしまいました。今のところ目も鼻も無事! 今日からまたしばらく雪が降るそうなので、映画のスノーマンみたいに急に溶けちゃうことはしばらくなさそうです。


-------------------------------------

ということで、大変遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます!
更新頻度にバラツキのあるブログですが、今年もマイペースでゆっくりブログを続けていこうと思っていますので、どうか宜しくお願い致します。

今年は久しぶりに、3月6日(土)にロンドンのピカデリーサーカスでコンサートを予定しています。ラフマニノフのソナタ第2番ほか、自分自身のオリジナル曲も初公開予定です。こちらのサイトから既に予約受付も開始していますが、詳細はまたこのブログでもアップさせて頂きます!

それでは、2010年が、今この文章を読んで下さっている方お一人お一人にとって、幸せいっぱいの温かい1年になりますように、心からお祈りしています!
by sayaka-blmusic | 2010-01-10 18:03 | ロンドンでの日常生活
<< 今日発売のムジカノーヴァ2月号に 激寒ロンドンとユダヤ人家庭と防犯ベル >>