ロンドンに渋谷出現!

約一ヶ月ほど前の11月2日、ロンドンのど真ん中、Oxford Streetに、
日本の渋谷駅前にある 「あるもの」が導入されました。


それは…



ロンドンに渋谷出現!_e0030586_8475616.jpg


スクランブル交差点!!
本当に、日本の渋谷駅前のスクランブル交差点をモデルに作られたのだそうです。

この交差点が作られたOxford Circus駅前は元々、ナイキショップやTop Shop、H&M、ベネトン、などなどの人気ショップに囲まれた、ロンドン随一のショッピングエリア。同時にミュージカルのシアターや、色々な会社も集まっている為、地元民も観光客も、平日休日問わず殺到する地域。特にこの交差点は、ガードレールから歩道に人が溢れ出るんじゃないかというくらいの異常な混雑具合でした。なんでも多い時は1時間に3万人以上の往来があるのだとか。

当然、車やバスの往来も多く、これまでは、横断歩道で向こう側に渡るのも一苦労。対角線側に渡ろうと思ったら、この苦労を二回しなくてはいけないわけで、考えるだけでげっそり…。多くの人たちは、我慢できずに車の間を縫って信号無視する始末。混むし危険だし、そりゃあもう最悪の交差点だったわけです。

そんな中、ボリスジョンソン市長が、渋谷のスクランブル交差点を見て
「これだーー!これをお手本にしよう!」
と、混雑解消と安全化のために立ち上げたのが今回のプロジェクト。

総工費7億円近く! 半年以上の工事期間を経て、ようやく先月開通したとのことです。何にそんなにお金かかるんだろう…線引き直して信号機直せば済みそうなのに…と思ったら、交差点周辺の500メートルに渡って、歩道や街頭なども一斉に新しくしたんだそうです。ちなみに新しい歩道は、捨てられたガムを取りやすくするための特殊加工が施してあるのだとか!

ちなみにイギリス英語では「X-crossing」。実際行ってみると、確かに、これまでとは考えられない位横断がスムーズになり、駅周辺の混雑も解消されてました。

ロンドンに渋谷出現!_e0030586_8495874.jpg


信号が青になり、一斉に色々な方向へ渡り始める人たち。
開通から1ヶ月ほどたつのにも関わらず、未だ珍しさもあってか、交差点を写真撮影する人もちらほら(私もその一人…)

ロンドンに渋谷出現!_e0030586_849520.jpg

日本の交差点のようなシマシマ模様がないせいか、すごく広いスペースに見えます。


さて、開通式の様子は以下のリンクでBBCの動画ニュースで見ることができます。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/8338736.stm

市長がドラを打っている横で、「祭」のはっぴを来た人たちが。おそらく、日本の渋谷スクランブル交差点にならったということにあやかってのことと思います。

インタビューでは、大はしゃぎで「Amazing!」と渡る人や、「Strange…」とつぶやきながら渡るおじさん(笑)などなど、ロンドンの人たちの色々な反応を見ることができます。
by sayaka-blmusic | 2009-12-03 08:55 | ロンドンでの日常生活
<< チベット僧の音楽&ダンス体験 ロンドンの隠れ音楽スポット「楽... >>