野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)

イギリスは先週末3連休でした。 牡蠣ウイルスからは完全復帰し、この週末こそは体に良いものを・・ということで(?)、ロンドンから日帰りで野菜・果物狩りに行ってきました。

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19272970.jpg


イギリスには、Pick Your Own(PYO)Farmと呼ばれる、家族連れや観光客など一般Visitorが、その時に旬の作物を、採りたいだけ採って、量り売りで買うことができるスタイルの農場がいくつもあります。

今回行ったのは、ロンドン南西のSurrey州にあるGarsonsという農場。 ロンドン北部の私の自宅からだと、車で50分位でした。 田舎のおじいさんがのんびり経営しているような感じかと思いきや、駐車場数百台分やレストラン、ファームショップなどなども備える一大娯楽施設。ちょっとしたテーマパークのような感じでした。とはいっても、1871年創業とのことで、かなり老舗のようです。

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_1928720.jpg

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_1928238.jpg

上の図のように、敷地内がそれぞれの区画ごとに様々な異なる野菜や果物が植えられています。畑の総面積100エーカー以上(東京ドーム10個分位)、作物の種類は40種類以上だそうです。それぞれの区画で好きなだけ(買いたいだけ)採って、区画ごとの売店で計量してもらってお金を払うシステム。 入場料のようなものは一切ありません。


まずは入り口に一番近いきゅうり畑へ!
野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19284473.jpg

ここでドキドキしながら最初の収穫、きゅうり2本。もちろんもっと採とうと思えばいくらでもあるのですが、そんなに大量に持って帰っても食べきれないので、食べれる分だけの収穫です。


次にズッキーニ畑。
イギリスでは、フランス語の呼び方の「Courgette」という名前で呼ばれています。

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19293335.jpg

大きくなったお化けズッキーニ状態のものは、「Marrow」という別の名前の野菜だそうです。ちなみに上の写真で私が持っているのはかなり大きいのでMarrow。

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19291565.jpg

ズッキーニって、こんな風に地面を這い蹲るように生っているんですねーー! 意外。
きゅうりに似ているけれど、実はかぼちゃの仲間なんだそうです。



さて次は問題です。

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19301399.jpg

一見キャベツに見えるこの野菜、一体なんでしょう??


野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_0295676.jpg

答えはカリフラワー!

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19305476.jpg

カリフラワーって、こんな風に巨大なキャベツのような葉に何重にも包まれて、一番奥に真っ白なキレイな姿でちょこんと鎮座しているんです。その姿はまさに「姫」! キャベツと同じ原種に由来するらしく、もぎ取る時には茎からキャベツそっくりの香りがしました。

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19312922.jpg

こちらはサヤエンドウ。


野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19321332.jpg

一見かぼちゃの墓場のように見えますが、ちゃんと全部生きてます。 
まさにハロウィーンで出てきそうなかぼちゃの畑。

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19323818.jpg

次はとうもろこし畑へ。

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_1933223.jpg

一面のとうもろこし畑。一見誰もいないように見えますが、実は中に人がいっぱいいます。ドラマで犯人逃走中に隠れる場所にとうもろこし畑がよく使われる理由が納得。

とうもろこしは沢山採りました。実が既に黄色くなっているものは、採ったまま生で実をかじっても甘くて美味しかったです。


野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_1935335.jpg

こちらはプラム畑。今がまさに旬。完熟プラムが一面にぶら下がっていました。



野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_1936234.jpg

次は楽しみにしていたいちご畑のエリアへ。

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19362699.jpg

あまりに美味しそうで、つい皆採りながらパクパクつまみぐい(笑) ちなみに二つ上の写真の奥にある民家とこの畑との間に塀などは無く、閉園間近になっておもむろに民家からおばさんが出てきて、無断でいちごを数個もぎとって帰っていきました(笑) きっと毎日いちご食べ放題なんだろうなぁ・・・^^;


野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19494476.jpg

最後にほうれんそう畑へ。 ビニール袋いっぱいに摘んでも、わずか49ペンスでした。


野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19372247.jpg

こちらは併設されているファームショップ。自分達で採りそびれた野菜なども買うことができ、ここでは育っていない野菜、地元産のチーズなんかも売っています。


野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)_e0030586_19374691.jpg

これが今日の収穫物。山盛りのいちごとプラム、カリフラワー、ズッキーニ3本、きゅうり2本、とうもろこし5本、ほうれんそう一袋分、で合計8ポンド位でした。 値段的にはスーパーよりちょっと安いかな、という位ですが、こうやって自分でもぎとらせてもらってしまうと、何だか「野菜のいのちの代金」という感じがしてしまって、どうにも安すぎる感覚がしてしまいます。



この日の夕食は、自宅にて、採れたて野菜のグリルや焼きとうもろこしなどなど、野菜三昧!
ついさっきまで大地と繋がって呼吸して生きていた野菜を、もぎとって、こうやって食べていると、(「ガラスの仮面」にも出てきたけれど)、「食べる」ということは、まさに「生命をいただく」ことなんだなぁ・・と実感しました。 

自分の体の中に、色々な生命のエネルギーをもらって、日々生きている。
当たり前のことなのに、なかなか気づけないけど、本当に感謝だなぁ・・と思います。

それにしても、あんな風に地面にゴロゴロ転がっているズッキーニとか、お姫様みたいなカリフラワーを目の当たりにするとこれから八百屋さんに行った時に、目線が変わりそうです(^-^)


-----------------------

ロンドンからの家族連れ日帰りドライブに最適!大人も子供も楽しめます。
ロンドン近郊のPick Your Own農場(Pick Your Own Farm)一覧はこちら
http://www.pickyourownfarms.org.uk/London_area_pyo.php

今回行った農場 「Garsons」はウェブサイトこちら
http://www.garsons.co.uk/
by sayaka-blmusic | 2009-09-01 20:08 | ロンドンでの日常生活
<< 今度はトマト・玉ねぎ狩り(Pi... インフル疑惑、は晴れたものの・・・・ >>