インフル疑惑、は晴れたものの・・・・

インフル疑惑、は晴れたものの・・・・_e0030586_5243193.jpg


ロンドンに戻ってきて早10日、
時差ボケも殆ど治って元通りの日常生活が戻ってきた矢先の昨日、


朝起きると物凄い頭痛と気持ち悪さ。


何だコレは・・・と思いつつ、頭痛薬のEVEを飲んで、
何とか午前中の生徒さんのレッスンを終える。

昼頃に一度回復したものの、夕方辺りからぞくぞくっと寒気に襲われて、
同時に腰を中心とした関節痛が。
熱は急に上がってきて、一時間近くの間に35度台から一気に38度近くに。

この熱の上がり方といい、関節の痛さといい、
これは今年の2月にインフルエンザにかかった時と全く同じ!

うわーーーとうとう来たか新型インフルエンザ!


もしもインフルエンザなら、明日からの生徒さんのレッスン等、
色々変更しなくてはいけないので、まずは病院に・・と思って
かかりつけの日系病院、Hendonにあるロンドン医療センターに連絡。

電話予約の時点で、インフルエンザの疑いがある場合には病院には来ないでくれと言われるかと思いきや、現在はそういう対応は無いようで、普通に診察してもらえることになりました。

とはいっても、診察までの間は一応隔離室のようなところへ。
隔離室内でも、あまりの腰の痛さと気持ち悪さに耐えられなくて室内のベッドに横になる。

そして診察が始まり、まずは早速インフルエンザの簡易検査をしてもらうと、
インフルエンザ反応は無し。


とりあえず、ほっとする。


かといって、喉も腫れてなくて咳もないので、普通の風邪っぽくもない。
一方で、この強い腰の痛みと、気持ち悪さと熱。

「いったい何だろうね・・」と診察しながら先生も首をかしげる。


先生は、「腰の痛みと熱と吐き気、というと、腎盂腎炎かもしれませんね。念の為、血液検査と尿検査をしておきましょう。明日には結果が分かるので、もう一度きて下さい。タミフルじゃなくて抗生剤の方を出しておきます。あと、明日来た時にも、念の為もう一度インフルエンザの検査をしますね」



そして血などを抜かれた後に、取り合えず一度帰宅。

夫からは、
「腎盂腎炎だとそのまま入院の可能性もあるから、
明日病院行く時、取り合えず泊まる道具持って行った方がいいよ~」
と脅かされ(?)る。

う、入院はいやだ~~~、インフルエンザで一週間外出禁止もイヤだ~~~、
病気でも、インフルエンザでもなくて、第三の結果であってほしい!



そして翌朝、かなり緊張しながら結果を聞きに病院へ。


すると先生、

「検査の結果、悪い数値は全く無かったので、腎盂腎炎では無さそうです。
ただ、白血球の値が若干高いので、確かに何かのウィルスと戦った気配はあるのですが・・・、もしかして・・・・」





もしかして?







「もしかして生牡蠣とか食べました?」





!!!!


た、食べました~~~~~~!!!!




そう! 私、具合が悪くなる2日前、
前に一度行った牡蠣の街ウィスタブルに、夫と二人でまた行って、
真夏だというのに生牡蠣を二人で1ダース、食べてきてしまったのです・・。
(何せ安いし美味しいので・・。なんと巨大生牡蠣が1ダース(12個)で5ポンド!)


「でも、私おなかは大丈夫だったし、一緒に食べた夫はピンピンしてますが・・・。」


「個人差があるのですが、生牡蠣って、人によって2日後位にこういう症状が出てくることがよくあるんです。
お腹こわさなくても、ウイルスで、熱とか関節痛とか出てくることがあるんですよー」


なるほど・・・、超納得。


ということで、犯人判明です。
今まで一度も牡蠣にあたったことはないのに、しかも牡蠣大好きなのに、ショック・・・。

でも、取り合えず病気やインフルエンザじゃなくて、本当によかったです。




今の状態はというと、
抗生剤のお陰で、だいぶ良くなって来たものの、未だにフラフラして
RPGでいうと、

「ゆうしゃはどくにおかされた」

状態のまま、活動しているような感じで、なんとも気持ち悪いです。うううう。



それにしても、牡蠣の食中毒は、お腹に限らず、
熱や関節痛のようにインフルエンザそっくりの症状になることもあるとは・・・。

皆様も真夏の生牡蠣にはお気をつけて下さい~~~~~。
by sayaka-blmusic | 2009-08-27 05:24 | ロンドンでの日常生活
<< 野菜・果物狩りへ (Pick ... レコーディング無事終了! その2  >>