アロママッサージ

ロイヤルアカデミーでは、週に1回金曜日に、学校専属のマッサージ師の人が来ています。予約をすると、授業やレッスンの合間に、英国式アロママッサージが30分たったの5ポンドで受けられるとのこと。日本でもマッサージは大大好きでよく行っていたので、早速予約して行ってみました。

部屋(といってもレッスン室の一室)に入ると、マッサージ師は40代くらいの優しそうなイギリス人女性。体調やアレルギー、具合の悪いところなどを一通り聞かれ、専攻楽器を確認される。

上半身脱いでうつぶせになると、とってもいい香りのアロマクリームで、背中、腰、肩、腕、手、指、さらには何故か顔とか耳とかまで30分じっくりマッサージしてくれました。ピアノ専攻ということでなのか、負担がかかりやすい腰、手、指を重点的に揉んでくれる。
力加減は、強すぎも弱すぎくもなく、ちょうど良い感じ。たまに特に痛いところがあると、優しく少しずつもみほぐしてくれる。

アロマオイルの効能か、体がぼーっとあったかくなってくる。時々気功のような感じで、手のひらで「気」を送ってくれたりする。効いているのかはよくわからなかったけど・・;

終わると、「どう?特に手とか、軽くなった?」 「はい、随分」 
やっぱりピアノ専攻だからということで指や腕に重点をおいてやってくれていたみたいだ。
「あなた、頭痛もちでしょ。水たくさん飲んだ方がいいわよー」
なんで、わかったんだろう、言ってないのに・・・。ツボとかの押し加減でわかるのかしら。すごい・・。

バイオリンでもピアノでも、楽器を同じ姿勢で何時間も引き続けているのは、意外に体に負担がかかる。本番前に手の筋や方などを痛めてしまう人も多い。音楽家の体をよくわかっている学校専属のマッサージ師さんが来ていて、好きな時に受けられるというのは、音大生にとって強い味方だなー、と思います。
by sayaka-blmusic | 2005-09-24 07:22 | ロイヤルアカデミー学校生活
<< チャーリーとチョコレート工場 Deep Forest (ディ... >>