人気ブログランキング | 話題のタグを見る

あすかロンドン到着! 練習&「天使にラブソングを」ミュージカル版

先週木曜(6月4日)に、無事あすかがロンドンに到着しました!

本番3、4日前ギリギリでロンドン入りしていた前回&前々回と比べると、今回はだいぶ余裕を持ったスケジュール。更に、前回は家にピアノがなかったので、ロンドン内の有料ピアノスタジオで、限られた時間のリハーサル練習しかできなかったので、ピアノ&電子ピアノとはいえど、今回はじっくり二人で家で合わせ練習ができるというのは本当に良かったです。

あすかロンドン到着! 練習&「天使にラブソングを」ミュージカル版_e0030586_19333753.jpg

半球型の部屋のライトの底面に、ちょうど2台のピアノが写っていたので記念撮影!
手前側がRolandの電子ピアノ、奥に写っているのがベビーサイズの小さなグランドピアノです。ちなみに2人で練習する時は、平等に交代で生ピアノと電子ピアノを担当。片方が電子ピアノだと、テンポを整えるためにリズムマシーン入りの練習や、本番の大聖堂に合わせて残響を変えての練習なんかもできるので、かえって便利です。

ところで、前のブログにも書いた「遠隔練習」は相当効果がありました!
いつもはあすかがロンドン入りするまで、相手のテンポ感も間合いの取り方も分からず、着いてからの練習でお互いに探っていく・・という感じだったのですが、今回はお互い自分のパートの音源をmp3で送りあってiPodで遠隔練習してたおかげで、最初の合わせから今までよりかなりスムーズに!本当にインターネット& iPod様々です。

-----------------------------------------------------

金曜・土曜とリハーサル練習を重ねて、取り合えずだいぶ形になってきたので、土曜日の夜は中間お疲れ様会も兼ねて、あすか、私、夫の三人で「Sister Act」のミュージカルへ。

このミュージカルは映画でおなじみ「天使にラブソングを」がミュージカル版になったもの。映画版で主演したウーピーゴールドバーグもプロデューサーとして制作を担当し、映画版とは一新したキャスト&音楽で生まれ変わっています。

この映画、私も妹も小さい頃から大好きで、色々思い出もある映画だったので、つい最近ロンドンで公演が始まったと聞いて、これは絶対に行かなきゃ!と二人とも楽しみにしていました。

あすかロンドン到着! 練習&「天使にラブソングを」ミュージカル版_e0030586_19343998.jpg

会場はOxford Circus駅前にあるLondon Palladium。


(以下、多少ネタバレあり)

さて、ミュージカルの内容ですが、ミューカル版でも、大きなあらすじは映画「天使にラブソングを」と同じ。
主役のDeloris役はじめキャストの歌や演技、舞台美術、演出など全て素晴らしかったのですが、特に素晴らしかったのが、なんといっても音楽!!!

テーマ曲、その他の曲など、全て映画版にはない全く新しいオリジナル曲なのにも関わらず、原作の映画のイメージは引き継いでいて、なおかつ更にポップにミュージカル仕様にエネルギー満載。本当に素晴らしかったです。

恐らく、あの会場にいた人たちの多くは、映画版のファンで「I will follow him」が聴きたくて来た、という人が多かったと思うのですが、映画版の曲は一曲も登場しなかったのにも関わらず、終わったあと、「I will follow himが聴けなくて残念だった・・・」と思ったお客さん殆どいなかったのではないかな、と思います。
 
で、家に帰ってからネットで調べてみたら、このミュージカルの全ての音楽を作曲していたのは、あの「美女と野獣」や「アラジン」「リトルマーメイド」などのディズニー映画の音楽を担当し(つまりあの「A Whole New World」を作曲した方!)、過去にアカデミー作曲賞、ゴールデングローブ作曲賞などなどを総ナメにしてきた大作曲家、「アラン・メンケン」氏でした!! どおりで・・・・。

元々、テーマ曲で有名になったといっても大袈裟ではない「天使にラブソングを」。 ミュージカルに来るお客さんもそのイメージを期待して来る人が多い中、その音楽を全く使えずに新しい曲で勝負というのは、作曲家にとって大きなプレッシャーであり挑戦だったと思うのですが、それを見事に乗り越え、お客さんの期待を遥かに超える素晴らしい音楽を作り挙げた彼は、本当に凄いと思います。

テーマ曲の「Take me to Heaven」ももちろん良かったし、例えば「3人のギャング達による歌」のようなちょっとした挿入歌に至るまで、初めて耳にするメロディなのにも、つい一緒に口ずさみたくなるような名曲揃い。

あと、教皇の前での本番を翌日に控えたシスター達が、緊張と不安でDelorisに相談するシーンで、「Bless the stage, Bless each note, Bless the lyric…(そんな時は、ステージに感謝するの、一つ一つの音に感謝して、歌詞に感謝するの)」 と歌うシーンでは、ブリストルでの公演を控えて緊張と不安もある自分達と重ねてしまって、じーんと来てしまいました。

Sister Act the Musicalは、プレビュー期間を終えてまだ開幕したばかり。ロンドンに住んでいる方、ロンドンに旅行でいらっしゃる方、ぜひぜひおすすめです!


Sister Act the Musical (天使にラブソングを ミュージカル版)
http://www.sisteractthemusical.com/
by sayaka-blmusic | 2009-06-09 19:38 | ロンドンでの日常生活
<< 日本食パーティ第2弾! <完結編> ラフマ... >>