清水西谷&朝岡さやかプレミアムライブ@広尾シェ・モルチェのお知らせ

清水西谷&朝岡さやかプレミアムライブ@広尾シェ・モルチェのお知らせ_e0030586_19243744.jpg

久しぶりに広尾シェ・モルチェにて、清水西谷&朝岡さやかトリオでのコンサートのお知らせです。今回も、クラシックのトリオ曲や、名曲のトリオアレンジ、3人それぞれのオリジナル曲を織り交ぜてお届けします。

老舗フレンチレストラン、シェモルチェの絶品ランチコースの後に、緑の美しい中庭をバックに、トリオの演奏をお楽しみ下さい♪


※ 
以下のコンサートは、現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を踏まえ、開催延期を決定いたしました。尚、既に予約して下さった方には、会場より返金のご連絡がある予定です。楽しみに予定して下さっていた方々には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解頂けますよう、宜しくお願い致します。


◎日時
2020年3月15日(日) ※延期決定
11:30 開場
12:00 ランチ(フレンチコース料理+1ドリンク)
13:30 プレミアムコンサート

◎場所
レストラン シェ・モルチェ
〒106-0047 東京都港区南麻布4丁目1−29 広尾ガーデン 1F (地下鉄日比谷線広尾駅徒歩1分)

◎出演:
清水泰明(ヴァイオリン/東京交響楽団第二ヴァイオリン首席奏者)
西谷牧人(チェロ/東京交響楽団チェロ首席奏者)
朝岡さやか(ピアノ)

◎チケット料金 : ¥12,000 (フレンチコース料理、1ドリンク、ミュージックチャージ込み)

◎ご予約:
会場に直接お電話またはE-mailで申し込み頂けます。(火曜日定休)
Tel: 03-3442-1851 (レストラン シェ・モルチェ)
E-Mail: bch19585@nifty.com


# by sayaka-blmusic | 2020-02-15 19:24 | コンサート関連

micro:bit(マイクロビット)で初工作!

ScratchやMinecraftのMod自作など、プログラミング遊びが大好き〜な小3長男にサンタさん🎅が持って来てくれた「micro:bit(マイクロビット)」。

micro:bit(マイクロビット)で初工作!_e0030586_10585071.jpg

早速電子工作して完成した「スーパーマリオのイライラ棒」。本に載っていた「きほんのイライラ棒」を自分でアレンジして、長男が工作、配線、プログラミング 、音楽入力を担当。4歳双子の妹達が飾り付けを担当、の兄妹合同作だそうです(笑)


おなじみのマリオのテーマ「ミミッミッドミッソッソッ」から始まり、コースの針金にマリオの輪っかが少しでも触れると電気が通電して「シファッファッファミレド」のマリオゲームオーバー音が鳴り、最後のピーチの板に触れると「ちゃららららら〜」のクリア音楽が流れる仕組み。アルミテープやら針金やら駆使して頑張ってました。

micro:bit(マイクロビット)で初工作!_e0030586_10582598.jpg

個人的には、配線やプログラミングがどうこうより、音楽入力が超めんどくさいMakeCode上で、ちゃんとマリオの音楽をポチポチ自力で入れきっていたところに拍手👏 クリア音の最後の方は高すぎてMakeCode上の音符指定ができなくて苦肉の作でウンウン唸りながら手探りでヘルツ数値指定までしてました(笑)

micro:bit(マイクロビット)で初工作!_e0030586_10582671.jpg

micro:bitは、イギリスのBBCが開発した教育用の小型コンピュータで、単品では2000円位でアマゾンなどでも気軽に購入できます。わずか4x5cmの小さな基盤の中に、温度、照度、加速度などの各種センサーや、個々にプログラミングできる25個のLED、無線やBluetooth機能搭載。アイディア次第で、小学生でも無限の可能性を秘めた工作や発明ができてしまうスグレモノ!イギリスではなんと、11歳〜12歳の子供全員に無償で配布され授業で活用されているそうです😲


PCでPythonかMakeCodeでプログラミングしたものを一旦USBでmicro:bitにダウンロードした後、別途電池で動かす仕組み。もともと工作もプログラミングもそれぞれ大好きな長男にとって、今までPC上だけだったプログラミングの世界が、micro:bitを通じて初めて実際の世界の工作と組み合わせることができて、本当に嬉しそうでした😄


Lego WeDoやBoostの食いつきは何故かイマイチだった息子ですが、micro:bitは初期から自由に作れるのが楽しいようで、うまくハマった様子。Scratch等プログラミング好きの小学生の、電子工作の入り口に、micro:bitすごーくオススメです!!


# by sayaka-blmusic | 2019-12-30 11:03 | 小学生子育て

映画「ソワレ」初号試写

映画「ソワレ」初号試写_e0030586_15351224.jpg

昨日は、音楽(作編曲&演奏)を担当させて頂いた長編映画「ソワレ」の初号試写でした📽「ソワレ」(監督・外山文治、主演・村上虹郎&芋生悠)は、俳優の豊原功補さんと女優の小泉今日子さんが立ち上げた制作会社の初プロデュース作品で、2020年公開予定です。

映画「ソワレ」初号試写_e0030586_15352092.jpg

映画「ソワレ」初号試写_e0030586_15352424.jpg

写真は、初号試写後の関係者打ち上げにて、アソシエイトプロデューサーの小泉今日子さんと、音楽監督の亀井登志夫さんと3人で。2枚目は外山監督を囲んで。小泉さん、同じ人類のハズなのに、顔の大きさが私の半分以下って、どういうことだ・・笑 小泉さんは打ち合わせや現場にて、スタッフやキャストの皆さんへの分け隔てない心遣いが本当に素晴らしくて、同じ女性として心から憧れると共に感銘を受けました✨


外山監督作品の音楽を担当させて頂いたのは、長編短編合わせてこれが6作目ですが、チェロがメインとなるテーマを書かせて頂いたのはこれが初めて🎻チェリストの西谷牧人さんが素晴らしい演奏をして下さり、またコサエルスタジオの浦本和宏さんがこれまた素晴らしいMixをして下さいました。音楽ひとつとっても、沢山の方々の才能とパフォーマンスが一つになって出来上がった結晶です。


公開は2020年なのでまだ先ですが、是非公開を楽しみにして頂けたら嬉しいです!


# by sayaka-blmusic | 2019-11-15 15:37 | 映画音楽

「海辺の途中」予告編公開!


劇伴音楽を担当させて頂いている短編映画「海辺の途中」、予告編公開🎬となりました!!映画監督外山文治短編作品集vol.4MOOSIC LAB 2019 出品作品です。こちらは全編通してピアノ1本で音楽を付けさせて頂きました。(先日完成した同監督の長編映画「ソワレ」(2020年公開)とはまた別の作品です。)



今作も、外山監督ならではの世界観、そして俳優さん達のそれぞれの演技が心に刺さる、とっても素敵な短編映画なので、是非まずはYouTubeの予告編を観て頂けたら嬉しいです


# by sayaka-blmusic | 2019-11-05 14:39 | 映画音楽

誕生日

11/3に誕生日を迎え、めでたく双子達のちょうど10倍の歳(笑)になりました。ここ数年はめっきり自分の誕生日は気づけばスルーという感じだったのですが、今年は良くも悪くも忘れられないBDに・・😅


誕生日前日に、双子の片方が39度の発熱🔥その数時間後に双子のもう片方も39度🔥🔥あたふたしてる間に、長男がそろばん教室で派手に転び怪我をして救急車で運ばれたとの連絡が🚑 状況が良く分からないので一瞬血の気が引きました・・😱 双子が揃って高熱中だったので私は自宅待機で、夫が一人で、長男が搬送された病院へ🏥


この世で一番怪我しなさそうな習い事のそろばん教室で、一体全体どうやって怪我するんだ〜という感じですが、どうやら水筒につまづいて机の足に前頭をぶつけてしまった模様。かけていた眼鏡はバリバリに・・🥽 幸い頭の打ち所は悪くなかったようで、目の上を5針縫って、その日のうちに自宅に帰ってこれました。


ほっ・・。大事には至らなくて本当に良かったです。

そろばんの先生や、その場に居合わせた他のお子様の保護者の方が適切に対処して下さって本当に感謝です。
関係者のみなさま、本当にご迷惑&ご心配おかけしました・・🙇‍♂️


教訓。子供はどこでいつ怪我するか分からない・・。


幸い、双子の熱も1日で下がり、長男の傷も痛みも小さいようで、昨日は家族皆でのんびり、割れてしまった長男の眼鏡を買い直しに出かけてきました😊


家族ひとりひとりが、笑顔で元気なこと、これに勝る幸せはないなと、改めて実感した誕生日でした。


# by sayaka-blmusic | 2019-11-05 14:35 | ひとりごと

いわき市平下平窪の水害支援


各地で甚大な被害をもたらした台風19号。

8年前、ベビーモスリンプロジェクト発足の頃、いわきの支援連携にて大きな力をお貸しくださった佐々木さんの下平窪ご自宅も、浸水してしまいました。

佐々木さんご自身、いわき市の復興に向けて、ご尽力され続けていらっしゃった方です。8年の時を積み重ねて復興していらっしゃった矢先での、再びの被災・・。どんな思いでいらっしゃるだろうと思うと、言葉がありません・・。

8年前当時も、いわきはじめ被災地との架け橋になって下さった、さら助産院の直井亜紀さんが、水害被害が大きかったいわき市平下平窪エリアへのピンポイントの支援活動を立ち上げられました。8年前に佐々木さんとベビーモスリンを繋いで下さり、いわきで佐々木さんと一緒に支援イベントを開いて下さったったのも直井さんです。

↓直井さんのブログ、こちらです。



水害被害はとにかくお金が必要、とのこと。支援金は全額、いわき市下平窪の被災者の方々へ、お見舞金として届けられるそうです。

今回の台風19号、あまりにも被災されたエリアが多く、支援したくてもどのようにしてよいのか分からず立ち尽くしてしまっている方も多いと思います。私もそうでした。

でも、だからこそ、ピンポイントでの、個人の繋がりの支援も、大きな意味を持つ時ではないかなと思っています。もし私が被災した立場だったら、知り合いの知り合いの知り合いと輪が広がって、その輪からお見舞いが届いたなら、どんなにか励まされることかと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します!

全国の、被災されたみなさまが、1日も早く、元の生活に戻ることができますように・・。


# by sayaka-blmusic | 2019-11-01 12:01

映画レコーディング&ミックス無事終了!

映画レコーディング&ミックス無事終了!_e0030586_12194949.jpg

現在、来年公開予定の外山文治監督の新作長編映画の音楽を担当させて頂いています🎬 一昨日は、スタジオでのレコーディング&ミックス作業。今回、チェロはチェリスト西谷牧人さんに演奏頂きました。


午前9時にスタートしたレコーディング&ミックスが、時計が2回り🕰🕰して翌朝7時に無事終了。疲れた顔1つ見せずに素晴らしいミックスを仕上げて下さった、コサエルスタジオの浦本さんに感謝です・・。写真は朝7時に、徹夜記念、いや無事mix終了記念に、外山監督、プロデューサーの亀井さん、エンジニアの浦本さんと記念撮影📷


同日午後からは別スタジオに移り、映画の最後の音響仕上げとなるMAがいよいよ始まりました。

役者陣、プロデューサー陣、スタッフ陣、多くの人たちの技術や感性によって、1つ1つのパーツに息が吹き込まれ、それが徐々に組み合わされ、重ね合わさり、1つの作品が出来上がっていく・・。その誕生の過程に、スタッフの一員としてこのように関われること、本当に幸せに思います。


# by sayaka-blmusic | 2019-10-26 12:18 | 作曲活動関連

横浜雙葉中学高校でのコンサート無事終了!

横浜雙葉中学高校でのコンサート無事終了!_e0030586_12142756.jpg

昨日は横浜雙葉中学高校の音楽鑑賞会。清水西谷&朝岡さやかトリオの演奏で、全校生徒1200人近くの皆さんに聴いて頂きました。

横浜雙葉中学高校でのコンサート無事終了!_e0030586_12142795.jpg

前半はモーツァルトからショスタコまで、時代も国も異なるクラシックのトリオ曲4曲。歴史男子清水さんの歴史解説付きです☝️


後半は私たち3人それぞれのオリジナルトリオ曲。途中の質問コーナーでは、私たちも思わず唸って感心してしまうような鋭い質問も飛び出し、終始大盛り上がりでした。


横浜雙葉中学高校でのコンサート無事終了!_e0030586_12142779.jpg

コンサート後、舞台上で生徒会長や代表の生徒さん達が、心のこもった感想と共に花束を下さったこと、担当して下さった音楽の先生が涙ぐみながら握手して下さったこと、音大受験を目指している生徒さん達が楽屋に来てお話下さったこと・・全てがあたたかく、心に残る一日でした😊




# by sayaka-blmusic | 2019-10-25 12:10 | コンサート関連

茶の蔵「かねも」でのコンサート無事終了!

茶の蔵「かねも」でのコンサート無事終了!_e0030586_14355014.jpg

茶の蔵「かねも」でのコンサート無事終了!_e0030586_14355056.jpg

静岡県掛川市での清水西谷&朝岡さやかトリオコンサート、無事終了しました!1872年創業の茶の蔵「かねも」にて、1898年製のベーゼンドルファー290(バックハウスが現在のベーゼンドルファーインペリアルの試作品として、バックハウスがベーゼンドルファー社と共同で作った幻のピアノ)で演奏させて頂くという、ピアニストにとっても夢のようなコンサートでした。同時開催の織展の、宮井喜久子さんによる織物作品をバックに、3人で演奏させて頂きました。

茶の蔵「かねも」でのコンサート無事終了!_e0030586_14355029.jpg

ここで演奏させて頂くのは3回目ですが、今回のコンサートは、前半がクラシックのピアノ三重奏曲の名曲を集めたプログラム、そして後半がいつものように3人それぞれのオリジナル曲によるプログラム、というように前後半ガラッと雰囲気を変えてみました。クラシックは、モーツァルト、ブラームス、ドビュッシー、ショスタコのトリオより、それぞれ1つの楽章ずつを演奏。特に、ブラームスが亡くなった翌年に、同じくウィーンの土地で作られたピアノで、まさにブラームスを演奏させて頂くというのは、不思議なご縁を感じてしまいました。


主催の皆さま、聴きにいらして頂いた皆さま、本当に有難うございました!


# by sayaka-blmusic | 2019-09-16 14:37 | コンサート関連

双子のお姫様ごっこの行方・・

最近「なりきりごっこ遊び」がブームの4歳双子。
 
今日は、美女と野獣の「ベル」と「シンデレラ」になりきってました。
 
「ほら、ベルおきなさい〜」
「はーいシンデレラ」


と、何やら二人で一緒に住んでる設定のようだったので、
 

「え?ベルとシンデレラが一緒に住んでるの?野獣さんとかはどうしたの?」


と聞くと、
 

「野獣さんと王子さまは、どっかにいっちゃったの。それで、さびしいから、ふたりで一緒にくらしてるの。」


とのこと。


「野獣さんかえってこないわ〜」
「わたしの王子さまもかえってこないわ」
「しょうがないから、いっしょにごはんつくりましょう」


と語り合いながら、シュールな設定のごっこ遊びで盛り上がっていました・・。


親としては、現実化しそうなのが心配で怖い〜〜。ひーーー。


# by sayaka-blmusic | 2019-09-08 21:50 | 双子育児

「わらべうたプロジェクト」レコーディング

「わらべうたプロジェクト」レコーディング_e0030586_11075215.jpg
昨日は、1日スタジオに篭ってレコーディング。
新しい作品が産み出されていく現場は、本当にエキサイティングでワクワクします。

各地で「いのちの授業」の講演をされたり、ベビーマッサージクラスを行っていらっしゃる助産師・直井亜紀さんとのわらべうたプロジェクト。2011年の震災時、誰よりも真っ先にベビーモスリンプロジェクトにご協力をし始めて下さり東北支援を連携させて頂いたご縁が、8年の時を経て、素敵なコラボレーションに繋がりました。

私はアルバム全曲の編曲とピアノ演奏などを担当させて頂く予定です。私自身も子育て真っ最中である今の時期に、赤ちゃん達やそのママ達のためのCDプロジェクトにこうして参加させて頂けること、とても嬉しく思っています。詳細はまた後日、お伝えできればと思います!

# by sayaka-blmusic | 2019-09-07 11:08 | 作曲活動関連

母校ICU高校でのSGH講演会


昨日、私の母校であるICU高校(国際基督教大学高等学校)のSGH(Super Global High School)講演会にて、講演させて頂いてきました。今回はピアノの演奏ではなく、お話オンリーの、1時間の講演。なぜ音楽学校ではなくICU高校を選んだのか、その後、桐朋音大とICU大学をダブルスクールした理由やその時の生活について、イギリス留学生活や、その後作曲を始めたきっかけや現在の活動について、などなど・・。

対象はICU高校の現在の2年生学年全員の皆さん。「現在進路に迷っている生徒達にとって、とても刺激になると思うので、是非何でも自由にお話して下さい」との先生のお言葉に甘えて、本当にありのままをお話させて頂きました(笑)。 終了後も、個別に沢山の生徒さんが真剣な眼差しで質問や相談にいらして下さり、可能性に溢れた生徒さん達と接する中で、逆にパワーを頂いてしまいました。

ICU高校は、隣接するICU大学ともまた雰囲気が異なり、生徒の3分の2が帰国子女という、とても特殊な環境の高校です。中学まで八王子の山の中から殆ど出ずに育った私は、ICU高校では少数派の一般生として入学。入学していきなり「ずっとカナダに住んでました」「アルゼンチンの中学校出身です」「小さい頃からシンガポールで育ちました」「ヒマラヤ山脈の近くに住んでました」などなど、欧米だけに限らず世界中から集まった友達の中にポンと入り、それはもう、カルチャーショックなんてものではない衝撃だったのを覚えています。

ですが、その後高校3年間で得られた経験の数々は、大げさでなく私の人生の原点、そして今でもエネルギー源となっています。

母校ICU高校でのSGH講演会_e0030586_12303127.jpg
校舎は改装されて見違えるように綺麗になってしまったけど、渡り廊下から見えるこの景色は20年前のままでした。講演終了後、現在は副校長先生になられた当時の倫理の先生に、学校を案内して頂きながら、当時のことを振り返り、改めて、この高校の生徒の一員だったことを、心から誇りに思い胸がいっぱいになりました。



# by sayaka-blmusic | 2019-09-03 12:32 | コンサート関連

新座コンサート無事終了!

新座コンサート無事終了!_e0030586_09273222.jpg

清水西谷&朝岡さやかトリオプレミアムコンサート@新座市民会館、無事終了✨楽しかったー!

新座市の西武台高等学校吹奏楽部🎺の皆さんとのコラボコンサートでした!
新座コンサート無事終了!_e0030586_09192750.jpg

終了後、西武台高校吹奏楽部の皆さんと記念撮影!こんな風に集合写真を撮るのは一体何年ぶりだろう・・懐かしすぎる。


高校生の皆様からはハツラツとした元気なパワーを沢山頂き、コンサート後半では吹奏楽部の皆さんから私たちへの質問コーナーも。吹奏楽部員のKさんには、ブラームスピアノ三重奏曲の譜めくりもお手伝いして頂き、完璧にこなして下さいました✨

新座コンサート無事終了!_e0030586_09192728.jpg

終了後、清水西谷&プロデューサーの亀井さんと楽屋前で。ちなみにこの日、チェロの西谷さんは髪の毛まっきんきん👱‍♂️、バイオリンの清水さんは日焼けで真っ黒👤という出で立ち。「チラシと全く違う風貌でスミマセン・・」というトークからコンサートが幕開けしました(笑)

コンサートにいらして下さった皆様、西武台高等学校吹奏楽部の皆さん、先生方、関係者の皆様、本当に有難うございました!


# by sayaka-blmusic | 2019-08-25 09:21 | コンサート関連

「清水西谷」×「朝岡さやか」掛川コンサートのお知らせ

「清水西谷」×「朝岡さやか」掛川コンサートのお知らせ_e0030586_11484048.jpg
「清水西谷」×「朝岡さやか」掛川コンサートのお知らせ_e0030586_11484387.jpg

静岡県掛川の創業1872年の「茶の蔵かねも」にて、再び清水西谷&朝岡さやかトリオでのコンサートのお知らせです😄今回は、クラシックのトリオ曲(ショスタコやドビュッシーのピアノ三重奏曲など)と、3人のオリジナル曲、両方をお楽しみいただけるプログラムになる予定。また、同時に会場でベビーモスリンの販売もして下さるとのこと。本当に感謝です❣️

お茶の香り🍵に包まれてベーゼンドルファーの音色が響き渡る、とてもステキなホールですお近くの方、ぜひいらして頂けたら嬉しいです!

--------------------------------------
茶の蔵かねも クラシックコンサートシリーズ
「清水西谷&朝岡さやか 〜三美一体の響宴〜」
 (同時開催 宮井喜久子織展)

2019年9月14日(土)
開場13:00  開演14:00 (約2時間)

場所:茶の蔵かねもティーカルチャーホール
静岡県掛川市掛川70 Tel: 0537-22-3145
JR掛川駅より徒歩10分、東名掛川ICより車で5分

出演者:清水泰明(ヴァイオリン)、西谷牧人(チェロ)、朝岡さやか(ピアノ)


料金:一般前売¥3000 一般当日¥3500 大学生以下¥1,000


<チケットお問い合わせ>
若いアーティストを育てる演奏会実行委員会
電話:0537-21-1893(高橋)
電話:090-4450-8150(坂井)
M&ARTS
電話:090-2774-3782(松田)


# by sayaka-blmusic | 2019-07-22 11:48 | コンサート関連

【個人レッスン再開します!!】(超長文です)

最初にお断りしておきますが、超長文です。

ご興味のない方はスルーして下さい〜 m(_ _)m

ーーーーーーーーーーーーーーーー


引っ越して1ヶ月以上が経ち、少し落ち着いてきたので・・。



この度、レッスンの生徒募集をおよそ数年振りに再開することになりました。双子出産前に産休に入って以来、音大受験生や一部の紹介の方々のみレッスンを続けさせて頂いていたのですが、幼児の導入や基礎指導含め、本格的にレッスンを再開するのは本当に久しぶりになります。

 

そして、レッスンをお休みさせて頂いていた間に、ずっと構想を練っていたことに向けて、今回初めて実現の一歩を踏み出そうと思っています。それは、ピアノ導入期から「弾く」と「創る」を両方体験しながら、その相互作用を体感していくピアノ教室。
 

私自身、イギリスでロイヤルアカデミー卒業後、クラシックの演奏活動をしながら、同時に「オリジナルを作ること」の魅力に目覚め、ロンドン時代から即興演奏や作曲を学び続け、日本帰国後は、クラシック平行して、オリジナル曲や映画・CM音楽の作曲活動等も行なってきました。
 

作曲をするようになって、それまでの自分のクラシック演奏にも大きな変化が現れました。「作る」側も体験したことで、はじめて気づいた多くのこと・・。音大時代に、ただ紙の上で音楽理論や和声学を習っていた頃には、和声進行、楽曲の形式、メロディやモチーフの成り立ち等、頭で理解するだけで全く体に入ってこなかったのに、「作る」経験をすることによって、クラシックの楽曲の楽譜の見え方も嘘のようにガラリも変わりました。自分にとっての人生の中で、音楽というもの自体が、何倍も豊かになった気がします。
  

結局私自身その後、芸大の作曲の先生や、ハリウッドの先生に付いたり、バークリー音楽院の通信コースを受講しながら、和声学や対位法をもう一度学び直しているのですが、これがもう楽しくてしょうがない。音大時代あんなに和声の授業が嫌いだったのが嘘みたいにスルスル頭にも体にも入って行きました。これは、先に「創る」経験をしたからこそだったのだと思っています。
 

この経験を通して得たものを、ぜひ導入期、初級中級上級関わらず、一人でも多くの方に伝えられればと思っています。そして、子供達に「弾く」「創る」両方の喜びや相互作用を経験してもらうことをライフワークの一つにできればと思ったのがきっかけです。
 

今回新たにスタートする「Studioぴあのそら」では、クラシックの専門的な習得は変わらず目標としながら、同時に創作(作曲)や即興演奏も体験しつつ、より深く、そして広い視野で音楽を学び、発表会では、幼児含め全員が、クラシックと自分のオリジナル曲の両方を演奏することを目指します。
 

これまでにも、ヤマハやペースメソッドはじめ、いくつかのメソッドが、同じように「創る」経験も大事にしながら音楽経験を積んでいくカリキュラムを既に実現しています。また、元々作曲科を卒業した訳ではない自分が子供達に「作曲」を体験させるということに、躊躇がなかった訳ではありません。ですが、先人のメソッドの良いところを取り入れつつ、「創る」と「弾く」の相互作用の素晴らしさを自ら実感した自分自身の経験から、今の時代の日本生きる子供達に、ぴったりのカリキュラムが作れればと、今独自のカリキュラムを構築しているところです。
 

子供にいきなり複雑な和声学や音楽理論などを次々教えたり、ただ定型の型にはめ込んで作らせるのではなく、まずはなるべく自由創作を大事にするアプローチです。自由創作とはいっても、ただめちゃくちゃに創らせ続けるのではなく、段階を踏んで様々な方法で課題を出し、子供が自ら作ってみる中で疑問に思ったことや行き詰まったことを元に、その先の学びへの興味を引き出していきます。そしてただ作って終わるのではなく、そこで得た気づきを、その子自身のクラシックの演奏にも還元するところまでを目指しています。
 

現在、ちょうど、ことすず(4歳双子)子育て中ということもあり、3〜5歳と触れ合うのも楽しくてしょうがないので、導入期のレッスンも絶賛受付中です。導入教材も、ぴあのそらオリジナルで今回新たに作ったものをご用意しています。
 

繰り返しになりますが、コンセプトの柱は、「作曲家」を育てるためのスクールではなく、メインはあくまでも「演奏」のためのレッスンです。ですが、弾くことだけに終始するのではなく、音楽の中に隠れている様々なことに「気付く」ための「創作体験」。
 

まだまだ実験段階のカリキュラムですが、ぜひ多くの方に体験して頂ければと思っています。東京近郊のお知り合いなどでご興味のありそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介頂ければ嬉しいです!
 

ー自ら「作って」みて初めて「気付く」ことがあるー
創造性を伸ばすピアノ教室 Studioぴあのそら 
ホームページはこちらです↓ http://www.pianosora.com




# by sayaka-blmusic | 2019-06-25 19:52 | レッスン