アシュケナージのリハーサル

昨日学校に行ったら、教室の前に一枚の張り紙が。

「明日、9:15PMからウラディーミル・アシュケナージが
当校のDuke's Hall(ロイヤルアカデミーの学校内にあるホール)にて
モーツァルトK414のコンチェルトのリハーサルをします。
興味のあるピアノ科の学生は見学ができるので下にsign upして下さい。」


ウラディーミルアシュケナージって、あのピアニストとしても指揮者としても世界的に超超有名な、あのアシュケナージ氏!!

ちなみに、クラシックに全然馴染みのない方のために例えて言うと、
学校の体育館でスティービーワンダーがリハーサルしに来るようなもんです。

タダで間近でリハーサルが見れるなんて、こんな機会絶対ない!なんとしてでも行くっ!と思い即サインアップ。ロイヤルアカデミーに入ってよかったーと今までで一番感じた瞬間かも(T T)


で、今日、行ってきました!!!

時間が遅いせいか、聴きにきている生徒もそんなに多くなかったので、せっかくだからと最前列の真ん中の席に座っちゃいました。約3メートル先にアシュケナージの背中。ここからだと、リハーサルの時のオケへの指示やコミュニケーションもしっかり聞こえるし^^

CDジャケットではダンディなナイスミドル的イメージが強かったのだけど、
実際のアシュケナージはオール白髪のおじいちゃん(後で調べたらもうすぐ70歳になられるそう)。でも、トレードマークの白いハイネックは健在で、やっぱりダンディだった(^^)


アシュケナージは、指揮者兼ピアニストなので、ピアノコンチェルトの際には
指揮者無しで、自分でオーケストラを指揮しながらピアノパートを弾くことで、良く知られています。どうやって指揮をするのかというと、
e0030586_10462175.jpg

このように、ピアノを舞台に対して垂直に置き、観客に完全に背を向けてオーケストラの方を向くような形で演奏&指揮をします。ちなみに上の写真は実際のリハーサル開始前に携帯で撮影した写真。私含め生徒達みんなミーハー根性丸出しで、携帯で写真とりまくってました(笑)



いよいよリハーサル開始。
オーケストラは、ヨーロッパの選抜ユースオーケストラ。ロイヤルアカデミーの生徒も何人か参加しているようです。曲はモーツァルトのピアノコンチェルトK414。そういえば仙台国際音楽コンクールの第一次予選で弾いた思い出の曲です^^

アシュケナージの演奏は、CDは何枚も持っているけど、生で聴くのは初めて。
しかも表情も息遣いも分かるこんなに近くから聴けるなんて・・。

彼の演奏って、なんていうか、音が笑ってる。笑音っていうのかな。
ピアニスティックに完成されているというより、
もっと「人間ぽい」感じで、
喜怒哀楽の感情がそのまま音で伝わってきて、
音そのものが、泣いたり笑ったり怯えたり飛び跳ねたりしている。
生きている音。
生きている音楽。

彼の指揮も、手のみならず体も顔の表情も全て使っていて、
音楽が楽しくってしょうがない、っていうのが溢れるくらいに伝わってくる。
オーケストラのメンバーからも、ふとした瞬間に思わずつられて笑みがこぼれるくらい。


人間的にもすごくあったかくてユーモアたっぷりな人で、
オーケストラに指示する時も、決して高圧的に指示するのではなく、
「僕はここは2音目はpだと思うんだけど、どうだろう。やってみようか。」とか
「ここのピアノパートのパッセージはすごく音が離れてて弾きにくいから、
少し間を置いてもらわないと僕弾けないんだよね・・^^;」
とか、ものすごーく謙虚で優しい。
オーケストラと指揮・ピアニストの壁がすぐになくなり、
全員でひとつの音楽を作り上げていく雰囲気が、自然とできあがっていく。


彼が、ピアノコンチェルトで指揮とピアノを同時にできる理由が分かった気がした。

彼にとっては、ピアノとか指揮とか分けてる意識はなくて、
全ては、「音楽」を奏でている、という意識の中に入っちゃってるんだろうな。
だから、聴いている方も、彼が、ピアノパッセージを終えた瞬間に突然指揮を振り出したり、
またピアノに戻ったりしても、不思議と何の違和感も感じない。

終わった後も、超フレンドリーに、生徒達と普通に雑談したり写真とったりしていたので、
私も思い切って感想を伝えにいったら、
にこーっと笑いながら「ありがとう」と言ってあの少しごつごつした手でぎゅっと握手をしてくれた。


そういえば、
中学校の頃、ピアノを弾くことがなんとなく嫌になってしまった時期があって、
クラシックのCDを聴くことすら嫌だったんだけど、
その頃ですら、唯一好きで、ずっと繰り返し聞いてたのが、
アシュケナージの演奏しているラフマニノフのピアノコンチェルト3番のCDだったな、と、ふと思い出した。


もしかしたら、
私はあなたの「笑音」に助けられて、今ここにいるのかもしれないな、と思いながら、
色々なThank youの気持ちを込めて、彼の手を握り返した。
# by sayaka-blmusic | 2005-11-24 10:51 | ロイヤルアカデミー学校生活

世界で一番愛らしいお城


e0030586_20122982.jpg

「世界で一番愛らしい古城」と呼ばれるリーズ城に、日帰りで行って来ました。

「リーズ城」といっても、ロンドン北部のLeedsにあるわけではなく、ロンドンから南東に50kmほど行ったケント州にあります。ロンドン中心部にあるVictoria駅から電車で1時間、更にマイクロバスのようなミニCoachに乗り換えて30分ほどで到着。

お城の中も見学することができ、女王の部屋や、応接間、女王の浴室なども見れて、それだけでもラブリーさ満点なのだけど、リーズ城が「世界で一番愛らしい」と言われる所以は、何よりお城の周りのまるで絵本のような景色。湖の中にぽっかり浮かんだように見えるリーズ城、その湖には数え切れないほどの白鳥や水鳥たち、また小道にはクジャクなども放し飼いされていて、歩いていると「ぽてぽてぽて」と寄ってきます。
e0030586_20151762.jpg

このようなカラフルなクジャクの他に、珍しい全身真っ白な白クジャクもいました。

お城のまわりには、庭園、ぶどう畑、などの他、不思議の国のアリスに出てくるような巨大迷路(生垣で作られている)があります。ゴールは中心の高台の上なので、ここから生垣の中でうろうろ迷っている人達を見物できます。この迷路、意外に難易度が高く、方向感覚ゼロの私は、いつまでたっても一人で同じところをうろうろしていると、同じく一人でうろうろしているおじさんと突き当たりで遭遇。息子とはぐれてしまったとのこと。しばらくそのおじさんと一緒に彷徨っていたんだけどそのおじさんも途中で見失ってしまい、結局、中央の高台から色々な人達がジェスチャーで順路を示してくれて、やっとゴールに辿りつくことができました・・・。
この迷路の地下は、洞穴になっていて、貝細工の壁画に囲まれた泉などがあり、ミステリアスな空間が広がっています。

地上に出ると、もう日が落ち始めていました。
一番上の写真は帰り道に最後に撮った一枚。
夕焼けの中、終わりかけの紅葉と一緒に浮かび上がるリーズ城は更に幻想的で
絵本の最後の1ページを名残惜しく閉じる気分で
リーズ城を後にしました。


ロンドンから気軽に足を伸ばせるリーズ城。
イギリスに旅行に行く際には、是非おすすめのスポットです。
# by sayaka-blmusic | 2005-11-14 20:18 | イギリス国内旅行日記

中央区交響楽団の皆さんへ

e0030586_11303962.jpg

渡英直前の今年6月に、第一生命ホールにてラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を協演させて頂いた中央区交響楽団の皆さんから、素敵なフォトアルバムが届きました!この場を借りて、御礼をお伝えできればと思います。

_____________________________

中央区交響楽団の皆さんへ

お久しぶりです。松本さやかです。
今年6月の演奏会では、本当にお世話になりました。

フォトアルバム、昨日届きました。
とってもとっても、嬉しかったです!!
写真に貼り付けられていた皆さんお一人お一人からのメッセージを読みながら、
色々なことを思い出して、
くすっと笑いそうになったり、涙ぐみそうになりながら、ページをめくらせて頂きました。

本番2ヶ月位前から、何度もオケ合わせをさせて頂いたり、
練習の後皆さんと飲みにいったり宴会芸(?)を教えて頂いたり、
とってもあたたかなアットホームな雰囲気で迎え入れて下さり、
2ヶ月間本当に楽しかったです。

ピアノというのはやはりどうしても、
普段一人っきりでピアノに向かって練習する時間が長いため、
正直、さびしくてしょうがなくなることも多く、
小さい頃から、「みんなで何かをする」ということや
「大勢で一緒に音楽を作り上げる」ということに
異常なくらい憧れていたような気がします。

なので、今回、皆さんと一緒に2ヶ月間練習できたこと、
一緒に過ごさせて頂けたこと、
そしてあの本番の日、舞台の上で何十人もが一体となって、
大好きなラフマニノフの第二番を演奏できたことが、
私にとってどんなに幸せな時間であり、かけがえのない経験だったかわかりません。


あの6月19日のコンサートが、渡英前の最後のコンサートだったのですが、
7月からここロンドンに来て、ロイヤルアカデミーでの新たな学びを始めて、
音楽面でも生活面でも、色々な意味で今までの自分の価値観が覆され
新しく自分の音楽を少しずつ再構築しようとしているところです。

いつか、ひとまわり成長した演奏で、皆さんとお会いできる日を、
そして一緒にまた音楽を奏でられる日を、
心から楽しみにしています。

本当にありがとうございました!
12月のコンサートのご成功も、ロンドンからお祈りしています。


楽団員お一人お一人に、精一杯の感謝をこめて。

2005年11月11日 松本さやか
# by sayaka-blmusic | 2005-11-11 11:55

Gilead先生のレッスン

月曜朝10時。いつものようにエルトン先生のレッスン室へ向かうと、誰だか知らない男の人がレッスン室で練習している。こういうことは音大ではよくあることなので、「すみませーん、ここレッスンで使うんでどいて下さーい」と言ってどいてもらおうとドアノブに手をかけた瞬間、ふとよく見るとその男の方、生徒にしては少し、いやかなり若くない年齢のような気が。

そういえば昨日エルトン先生が私の携帯の留守電に
「ソーリーさやか、用事があってアカデミーにしばらく来れないので、”なんとか”先生のレッスンを受けてねー」
と言っていた気がするけど、てっきり来週のことだと勘違いしてた。
もう一度留守電を聞き返してみると、土曜日に「next week」と言ってるので、これはどうやら今日のことだったみたい。だけど留守電を何度聞いても「なんとか」先生のお名前の部分が聞き取れずじまい(汗)

とりあえず、今部屋の中でピアノを弾いていらっしゃる先生が今日のレッスンの先生だということは分かったものの、結局、その先生が一体どこのどなただか全く分からないまま挨拶をしてレッスン開始・・。

レッスンの曲は、この間Satz先生にも見てもらって今日は仕上げでエルトン先生に見てもらおうと思っていたエロイカバリエーション。

そしたら、
レッスンむっちゃくちゃ面白かったんです!!!

なんだかノリノリの先生で、先生ご自身も英語が母国語ではないらしくGerman-Englishの辞書を引きながら、私もつたない英語を駆使しながらの危ういコミュニケーションだったんだけど、各パッセージをオーケストラの楽器や奏法に置き換えてみたり、ここはこう試してみようか、など色々話し合いながらのレッスンで、本当に楽しかった。しかも楽しいと同時に物凄く論理的で、それぞれの案の和声的な理由付けをきちんと説明してくれる。まさにExcitingという言葉がぴったりくるようなレッスンでした。Satz先生に見てもらって大分方向性が見えてきたエロイカが、更に一皮向けた気がしました。

レッスンが終わって、先生からお聞きした公式ウェブサイト等を後で見てみたら、なんとクールシュベール音楽祭はじめ、桐朋音大や世界各国のマスタークラスでも招聘されている、フライブルグ音楽院教授のGilead氏だったんですね・・・。
あやうく、そんな先生に向かって何も知らずに「すみませーんどいてくださーい」とか言っちゃうとこだったわけです私・・・・(汗)
それにしても偉ぶったところの全くない、本当にフレンドリーな楽しい先生で、また機会があったら是非レッスンを受けてみたいなと思う。


ところで、アカデミーに来てから2ヶ月の間に、エルトン先生、Stott先生、Satz先生、Gilead先生、と計4人のレッスンを受けることができて、来週はRoscoe氏という先生のレッスンを受ける予定なのだけど、規定の学費内でこんなに色々な先生のレッスンが受けられるなんて、日本では考えられないこと。まず来日教授の特別レッスンを受けるには、私のいた大学の場合は、学費の他に別途レッスン代が必要だったし、第一、月に何度も受けられる機会なんてない。そもそも、「自分以外のレッスンは受けちゃダメ」という先生も多いみたいで、なかなか自由に色々な先生のレッスンを受けてみるということは、日本の音大では難しいのが現状です。それが、エルトン先生は生徒を外に出すのを拒むどころか、「せっかくフランスの作曲家の曲やっているなら、フランスものが得意なピアニストのStott先生のレッスン受けてみたら?」とか、「Satz先生は素晴らしい先生だから是非受けてみなさい」などなど、どんどんすすめて下さるので、本当に有難いし感謝です。マスタークラスのように観客つきだったり、日本での来日教授のレッスンのように通訳付きだったりするのではなく、泣いても笑っても、言葉が通じようが通じなかろうが、部屋の中1対1の体当たり状態で、なんとかコミュニケートしながら音楽を共に作っていく、という作業を何人もの先生とできるというのは、これ以上ない位貴重な経験させて頂いてるな、と思います。

私の個人的な考えでは、高校くらいまでは、一人の先生にじっくりつくのもとても大事なことだと思うのだけど、20歳位を過ぎて、色々な先生の意見を自分の中で統合したり選択しながら自分の音楽を再構築していくことができる年齢を超えたら、それ以降は、できるだけ多くの先生の意見をもらうということは、とても刺激になるものだと思う。

例えば、今回のエロイカバリエーションも、1ヶ月の間に計3人の先生にレッスンしてもらったことになるので、時々同じパッセージについて、ある先生は「スタッカートで弾いたら?」という提案、もう一人は「ノンレガート」、もう一人は「いやいや絶対ここはレガートでしょ」などなど、アドバイスがぱっくりと3通りに分かれることもよくある。けれども、「どう弾け」という結果のみの部分を鵜呑みにするのではなく、その背後にある「なぜそういう風に弾いた方が効果的なのか」という部分を、それぞれの先生からできるだけ汲み取って理解しようとした時、結果的に、自分なりに一番納得できる結論が、おのずから出てくる気がする。

そしてそれは、単に(1+1+1)÷3で算出した解答ではない、全く新しいオリジナルな答えに、なるのではないかな、と思う。
# by sayaka-blmusic | 2005-11-09 09:17 | ロイヤルアカデミー学校生活

誕生日

e0030586_910956.jpg

少し前の話なのですが、11月3日で26歳になりました。

ロンドンで迎える初めての誕生日は、フラットメイトの皆とその友達で、家の中でお誕生日パーティー。友達皆からお祝いしてもらうお誕生日パーティなんて多分幼稚園以来くらい。嬉しくって涙でそうでした(T-T)

最近チーズ中毒状態(?)の私のために、フラットメイトがなんとチーズ料理6品を作ってくれました。モッツァレラチーズとトマトとバジルのカプレーゼ、チーズカツ、チーズとほうれんそうのラビオリ、チーズとポテトのミートソースグラタン、チーズと鰹節の醤油漬、チーズケーキ・・・という完全チーズづくし。全部おいしくて、何よりこんな風にお祝いしてもらえるのがホント嬉しくて感動・・。


ロンドンに来てもうすぐ4ヶ月。
人には、直感的に自分に合う街と合わない街があると思うけど、
私にとってロンドンは明らかに、「合う街」だな、と思う。
なんていうか、いるだけでしっくりくるというか落ち着く場所。
どんなに交通機関が不便でも、天気が悪くても、
物価がバカ高くても、
私はやっぱりこの街が好きだな。

でも、こんな風に、今幸せにここで誕生日を迎えられるのも、
日本で応援してくれている家族や、兄弟や、支えてくれてた友達がいてこそだな、と思う。

ロンドンに来てから今日の日に至るまで、
こっちで新しく知り合った友達との出会いや、、
日本の友達や家族とメール等で交わした言葉の一つ一つを思い出して、

色々な人や色々なことに、感謝の気持ちでいっぱいになった誕生日でした。


上の写真は午後3時半のロンドンの夕焼け。
ウィンタータイムに入って、だいぶ日没が早くなってきました。
# by sayaka-blmusic | 2005-11-08 18:06 | ロンドンでの日常生活

イギリスの花火大会

e0030586_10222153.jpg

日本では花火といえば、夏。7月~8月のお盆の時期にかけてがシーズンになりますが、それがイギリスでは、どういうわけか11月が花火のシーズンとなります。
噂によると、こっちで夏に花火をやらないのは、夏は日照時間が長すぎていつまでたっても暗くならないからだとか。(確かに22時頃まで明るい)

特に11月5日のガイ・フォークスデーという記念日の前後は、連日これでもかというくらいロンドン中で日暮れから夜中まで花火が行われています。家の周りでもパンパン打ちあがっているので、最初聞いた時は発砲事件かなんかだと思った・・。

ロンドンの花火大会の中ではBattersea Parkで行われるものが一番大規模だということで、フラットメイト2人と、その友達のビルマ人と、計4人で見に行って来ました。

花火は東洋が本場なんだと勝手に思い込んでいたので、正直あまり期待しないで行ったのですが、これが! むちゃくちゃ感動でした・・・。

何万人と入りそうな広大な芝生広場が会場。
そのすぐ真正面で、UKポップやロック、クラシックなどの音楽にあわせてリズミカルに打ち上げられる花火。
多分規模からしたら日本の花火大会の方がずっと大きいんだろうしお金をかけているんだろうけど、なにせすぐ目の前から打ち上げているので、真上の視界全部に花火が広がって、まるで花火の中心に自分が吸い込まれていく感覚。

音楽とも、ほぼ時間差なくぴったりとあってて、ほんとセンスがよくてかっこいい。こういう「花火と音楽のコラボレーション」って、日本の花火大会でも最近はよくあるんだと思うけど、音楽との組み合わせ方や色の組み合わせとかが、日本のものとはやっぱり少し雰囲気が違う気がした。耳も目も全て引き込まれてしまって圧倒されているうちに、あっという間に時間が過ぎていきました。

日本の、
ぼーん、たーまやーー。
ぼーーん、かーーぎやーーーー。
っていうあれも、
風情があってそれはそれで好きだなーと思うんだけどね^^

ところで、一緒に行ったフラットメイトの友達のビルマ人は
花火自体を見るのが生まれて初めてだったみたい。
ビルマは政府によって花火が禁止されているらしく、
「ビルマのお母さんや家族の皆に見せてあげるんだー」と
花火大会の間中、必死にビデオや写真を撮っていたそうな・・。
泣ける話です;;
# by sayaka-blmusic | 2005-11-08 10:28 | ロンドンでの日常生活

SATZ先生の特別レッスン

先日の日記でも書かせていただいたSATZ先生の特別レッスンを受けてきました!
人間味&音楽性溢れるレッスンで本当に良かったです。

レッスンの曲はオーディションの時と同じベートーベンのエロイカバリエーション。
15のバリエーションとフーガから成るこの30分ほどの大曲は、それぞれのバリエーションのつながりや関係性を構築していくのが本当に難しい。それぞれのバリエーションのキャラクターを出すことばかりに気を取られてしまうと、バラバラ事件になってしまい、全体として脈絡のない音楽ができあがってしまう。

この曲は、英雄の交響曲でも有名なあのテーマが、まず単音で現れ、次にデュオ(二重奏)、トリオ(三重奏)、カルテット(四重奏)と徐々に声部が増えていき、段々とオーケストラの響きに近づいていく。SATZ先生いわく、同じ四声部でも、私のではいきなりオーケストラっぽくなってしまうとのこと。同じピアノでも、室内楽のアンサンブルのような響きで聴かせるのと、オーケストラのような厚い響きで聴かせるのとでは、まったく印象が違う。たしかに 、ここまでをアンサンブルのよう響きで聞かせたほうが、その次のバリエーションのオーケストラダイナミっぽいダイナミックさがより際立つ。

同じ一つ のバリエーションでもその前後のバリエーションのちょっとしたキャラクターの出し方の違いやテンポの違いで、全く印象が違ってくる。同じ20度の部屋でも、その前に10度の部屋にいたのと30度の部屋にいた時では、温度の感じ方ががらりと違ってしまうのと同じ原理 です。

SATZ先生との1時間半のレッスンは、レッスンというより、まるで映画やドラマの脚本を一緒に作っていくような感じで、本当に面白かったです。次回のSATZ先生のVISITINGの時まで、今回学んだことをできる限り他の曲でも応用していけたらと思います。
# by sayaka-blmusic | 2005-11-05 22:51 | ロイヤルアカデミー学校生活

アイシテル

e0030586_10451996.jpg

道行く人誰にでもフレンドリ~なアメリカ西海岸やラテン系の国とは対照的に、
割と他人には無関心で距離を置きがちなここイギリスでも、
たまに電車やバスなどで隣になった人と、ひょんなことから世間話になったりすることがあります。

今日は、Elephant&Castleの駅でベンチに座ってバスを待ってると、
隣に東欧系っぽいカップルが。
座るところがないようなので、横につめようと少し反対側に動いたら、
そのお目めぱっちりの可愛いーお姉さんが、私の腕を「とんとん」とたたき、
私の目をじーーっと見つめて、悲しそうに

「Are you scared ? (こわいの??)」

いいええーーそんなめっそうもない、
お2人が座る場所なかったみたいなので詰めただけですっ!
と慌てて答えると、
お姉さん、とたんにほっとした表情になり、
「どこ出身?」「日本ってどんな感じ?」などなど色々と話しかけてくれた。

どうやら本当に人懐っこいお姉さんみたい。

お姉さんは、ルーマニア出身で、今はロンドンに旦那さんと住んでいるらしい。
少し大きくなったおなかを見せてくれて、
「もうすぐね、子供が産まれるの、彼(一緒にいる男の人)が父親でね、
彼ナイスでしょー。 赤ちゃんは男の子か女の子かまだ分からないんだけど女の子なような気がするの。
彼に似るかなー私に似るかなー^^」
などなど、一向に来ないバスを一緒に待ちながら、
色々身の上話をしてくれた上に、ご親切にお菓子までくれた。


別れる時に、
日本では「I love you」ってなんていうの?と聞かれ、「アイシテル」だと教えてあげると、
お姉さん、また私の目を大きな瞳でまっすぐに見つめながら、

   「サヤカ、アイシテル」

って、笑顔で言ってくれて、
旦那さんと一緒に仲良く幸せそうに去ってった。

見知らぬ人に「アイシテル」って言われたのなんて生まれて初めてだけど、
(というか見知らぬ人じゃなくても「アイシテル」は言われたことないかも 笑)
あんなにニコニコしてまっすぐな目で言われると、不思議にほわーっと幸せな気持ちになるな。

なんだか心温まるひとときでした。

写真は、今日出張レッスン帰りに通りかかったNightsbridgeのハロッズのイルミネーション。
今日はハロウィーンだったので、大人も子供も仮装している人達をちらほら見かけました。
# by sayaka-blmusic | 2005-11-01 10:48 | ロンドンでの日常生活

オーディション合格!

ロイヤルアカデミーでは、年に数回、Visiting ProfessorであるピアニストのAlexancer Satz氏が来て、マスタークラス&レッスンを行ってくれます。年度始めに年間通してSatz氏がレッスンを行う生徒を、Satz氏自身がオーディションで数人選び、選ばれた生徒は、普段自分がついてる先生(私の場合、エルトン先生)とは別に、Satz氏の特別レッスンを1年間受けることができます。

今日がそのオーディションだったのですが、暗譜したてほやほやのベートーベンのエロイカバリエーションをどうにかこうにか弾き(汗)、7人の枠に合格させて頂きました! 明日が早速第一回目のレッスン。とっても音楽的に素晴らしい先生らしいので、レッスンが本当に楽しみ。

与えて頂いた機会に精一杯感謝して、色々なこと全身で吸収してこれたらと思っています!このブログ内でもレッスンの様子など報告させて頂きます!
# by sayaka-blmusic | 2005-11-01 10:36 | ロイヤルアカデミー学校生活

サマータイム終了

e0030586_124618.jpg


10月30日、サマータイム終了の日でした。今日を境に来年春まで、日本との時差も8時間から9時間になります。

02:00amになった瞬間に、ロンドン中の時計の針が01:00amに戻される。サマータイム制のない日本で育った私には時計の針を戻すなんて初めての経験なので、すごく不思議な感じ。

例えば、今日、夜中の1時30分は二回存在したわけなんです。2重に時間が存在するこの1時間の間に犯罪とか起きたら、どうやって記録&報道するんだろう・・。1時15分が、1時45分のあとにもう一回あるという変な事態が起きるわけで・・。うーーん、ややこしい。

日本でもサマータイム導入の動きがあるそうだけど、絶対かえって大変なことになる気がする。
私は、携帯の時計と、部屋の時計と、パソコンの時計を直すだけで終わったけど、駅とか会社とか国は、時間に関連する全てのもの直すわけでしょ。それに対応するシステム作るだけで、会社もすごい経費使うだろうし、国も税金使うだろうし。2000年問題でもあれだけ大騒ぎしたのに、それに比較にならない位の莫大な費用かかる気がするんだけどなぁ・・。

でもこの何もかもがいい加減な国イギリスで、今日を境に、駅の時計とか街中での全ての時計が1時間戻ってるとは考えられないです(第一、街にある時計の半分以上がもともと狂ってるか止まってる)。
しばらくの間は手元にある自分の時計を信用して行動していた方が無難かも・・。

ふと思ったんだけど、あの有名なロンドンのビックベンの時計って、誰が時間直してるんだろう・・??


追記)どうやらビッグベンは、冬時間に切り替わる時には、夜中1時から1時間時計が停止するそうです。
# by sayaka-blmusic | 2005-10-31 01:06 | ロンドンの不思議

オイスターカードやっと到着!

e0030586_1928027.gif
前から申請していた学生用オイスターカードが、今日やっと届きました!
これで、ロンドン到着4ヶ月目にして、ようやく地下鉄やバスの定期券が学割料金になります(T_T)

オイスターカードは、日本でいう「SUICA」のようなもので、これ一枚で、ロンドンの地下鉄、バス、列車、の定期券として使えるほか、切符購入や清算の際にも使える優れもの。SUICAのように、自動改札部分に「ぴ」と乗せるだけでOKです。
ロンドン地下鉄も、“Faster, Smarter, Easier, Oyster” というキャッチフレーズでオイスターへの切り替えを推奨中。

LONDONは、上の図のように、中心部から外に向かってドーナツ型状にZone1,2,3,4,5,6と分かれていきます。我が家の最寄り駅Elephant&CastleはZone1の南のはじっこ、ロイヤルアカデミーのあるBaker St.はZone1の北のはじ。日本人の生徒さんが多いアクトンは西のZone3、フィンチリーは北のZone4になります。

ロンドンの定期券(トラベルカード)で便利なのは、日本のように、出発地から目的地までの区間限定でなく、Zoneごとに自分で指定して買うので、指定したZONE内は自由に乗り降りすることができるということ。私は出張レッスンでロンドン内はじからはじまで毎日動き回るので、ZONE1~4まで学割定期券で買ってしまえば、ほぼロンドン内はバスでも電車でも乗りたい放題状態になり、かなりお得になります。

ちなみにロンドンの地下鉄の料金は、恐ろしく高いです。Zone1は初乗り料金で2.2ポンド。隣の駅まで行くのに約440円かかることになります・・・。

追記) 2006年1月から初乗りが3ポンドに値上がりするそうです。約600円・・ありえない・・・。
# by sayaka-blmusic | 2005-10-27 19:54

初めてのパリ&ユーロスター

e0030586_22561669.jpg
パリに住むバイオリニストの友達Nちゃんと室内楽の打ち合わせ等の為に、週末2泊3日でパリに行ってきました。飛行機ではなく、陸路のユーロスターで行ってみることに。家の近くのロンドンWaterloo駅から、3時間弱で行けるので、時間的にも料金面でも、東京-大阪間くらいの気軽さで行くことができます。

e0030586_22334171.jpg
ユーロスターのHPで予約した予約番号を、London Waterloo駅のチェックインの機械に入力すると自動的にチケットが出てくる。チェックインも、パスポートコントロールも空港と比べるととても簡単なもの。


e0030586_22341673.jpg写真はユーロスター車内。エコノミーの安い席だったのですが結構広めの快適な椅子で、爆睡している間にあっという間にパリに着いてしまいました。ドーバー海峡の下を時速300キロで走っているはずなのですが、実際トンネルの中にいる時は窓の外は真っ暗なので海の下だということは全く実感できません^^;



e0030586_22364173.jpg

パリの街並みは、同じヨーロッパといえどロンドンとはだいぶ雰囲気が違うなという印象を受けました。たとえば、建物のバルコニーが、全て唐草模様。これがロンドンの重々しさとは対照的に、軽やかでお洒落ーな雰囲気をかもし出している一つの要因かも。


e0030586_2238121.jpgあと、道ばたにあるゴミ箱が、ロンドンとか東京にある黒のボックス型ではなく、写真のように、緑の袋を直接吊り下げてある形で統一されていました。これだと回収もラクだろうし、見た目も重っ苦しくなくて可愛い。



e0030586_22535936.jpg
1日目はノートルダム寺院や凱旋門、シャンゼリゼ通り、オペラ座など、主要名所を一通り案内してもらいました。左の写真は夜のセーヌ川。




e0030586_22544956.jpg
「オペラ座の怪人」で有名なパリオペラ座。ちなみにここの地下鉄駅名も「Opera」です。





e0030586_2255302.jpgパリの市庁舎。夜はライトアップされていてとても綺麗です。








2日目は、現在パリで開催中のロンティボー国際音楽コンクール(バイオリン部門)に行って
一次予選を少し聴いてくることができました。

e0030586_22453913.jpg
これが会場のRadio Franceのホール。チョンミュンフンがここのオケの指揮者をやっているらしく、外の横断歩道を普通に一人でてくてく歩いていて驚きました・・。



ちなみにこのコンクール、メインスポンサーはフジサンケイグループなんですね。
今までロンティボーはヨーロッパのコンクールというイメージが強かったけど、意外にも、日本人にも馴染みが深いコンクールのようです。今回のバイオリン部門出場者も40人中15人が日本人。10代の若手ホープも何人も出場しているみたいなので、是非頑張ってほしいです!



e0030586_22474126.jpg話は変わりますが、フランスはやっぱり食べ物がおいしかった・・・(T T) レストランの料理やデザートはもちろん、カフェで食べるサンドイッチも、スーパーで何気なく買うお菓子やパンとかも、何もかもが美味しい。ロンドンで外食すると8割の確率で外れるので、食の国フランスの偉大さを実感しました・・。写真は洋ナシとクリームのデザート。そういえばラ・フランスというだけあって、洋ナシを使ったお菓子やデザートが多い気がしました。



e0030586_22504150.jpgフランスといえばチーズ大国!なんと400種類以上のチーズがあるそうです。
最近カレーでも何にでもチーズをこれでもかというほど削っていれる位チーズにはまりまくってる私には、チーズだらけのパリのスーパーマーケットはパラダイスそのもの。
本当に色々な種類があるので、フラットメイトへのお土産という名目で、ほぼ自分のために(笑) 各種チーズをどっさり買い込んで帰ってきました。(写真はパリのブルーチーズ)
# by sayaka-blmusic | 2005-10-24 23:15 | イギリス国外旅行日記

ビルマのスープ

e0030586_22204143.jpg

この写真は何かというと、よくうちに遊びに来る、フラットメイトの友達(ビルマ人)が、最近よく作ってくれるビルマのスープ。初めて食べた時は、ちょっとクセがあるかなーと思ったのだけど、だんだんこの独特の食感や味に馴染んできて、今ではすっかりはまってます。
味は、日本のしょうが粥を、もう少しこってりさせた感じ。

e0030586_22213082.jpg

これが、メインの材料になるオレンジ色のWhole Red Lentils。穀物というか豆の一種だそうです。そのままぽりぽり食べると、生のキャベツに似た味がします。これをお湯でぐつぐつ煮て、刻んだしょうがとジャガイモを投入。一方、薄く切った玉ねぎ一個分をフライパンで少し焦げ目がつくまで強めで炒めて、お鍋に加え、最後は塩で味を整えて出来上がり、だそうです。

材料費も安くあがるので、ビルマではもともと軍用食として食べられていたものらしいです。

イギリスは、自国の料理は発達していないものの、移民や留学生がわんさかいるので、
世界中のローカル料理が食べれるという意外な(?)メリットがあったりします。
# by sayaka-blmusic | 2005-10-21 22:19 | ロンドンの不思議

Birthday Party

e0030586_813723.jpg

友達Barryの息子Kaiyukiくんの1歳のバースデーパーティに行ってきました!

Barryの奥さんは日本人なので、息子さんはちょっとだけ日本らしい「kaiyuki」くんという名前。日本では滅多に聞かない名前だけど、とても素敵な名前だなーと思う。

e0030586_8232941.jpg
パパにもママにも少しずつ似てて、めちゃくちゃ可愛いkaiyukiくん。もう一人で歩いてどこにでも行けます。




e0030586_814855.jpg

他にも子連れのゲストの方がたくさんいたので、なんと20人中8人が子供という、賑やか&微笑ましいパーティでした。
写真はBarryの弟と、お付き(?)の美少女双子姉妹。


e0030586_8154596.jpg

ろうそくを吹き消す瞬間は、万国共通の「Happy Birthday」の歌を皆で歌ってお祝い。
さすがに1歳のkaiyukiくんには吹き消せないので、代わりにママのmarikoさんがふーーーっ。

Barryのお母さんがジャマイカ料理を作ってくれたんだけど、前のノッティングヒルカーニバルの時に見かけた、あの日本のお赤飯に似た赤いご飯、やっぱりありました!ジャマイカの伝統的なご飯料理だそうです。

ちなみに、余談ですが、Elephant & Castleの近くに住んでると話したら、周りの人達から「Crazy!」だと言われてしまいました・・・。
どうやらやっぱりBrixtonと並んで、ロンドンで一番治安が悪い地域の一つだそうな・・;
でも今のところ危ない目にあったことはないし、私の住んでいるCamberwell Greenの辺りは特に、並木道とか公園も多くて、意外に綺麗な地域なんだけどなー。

後半は、即興のラップ&ボイスパーカッションで盛り上がったり、
大音響のレゲエミュージックに合わせてダンス大会が始まったり、
カリビアンの明るいノリはやっぱり最高。
とっても楽しくて、あたたかなひとときでした。

Barry、Marikoさん、ありがとう!
kaiyukiくん、これからもすくすく育ってね!
# by sayaka-blmusic | 2005-10-17 08:12 | ロンドンでの日常生活

音楽家のためのメンタルトレーニング

e0030586_4193483.jpg

「音楽家のためのメンタルトレーニング(Mental Training for Musicians)」という授業を受けてきました。ロイヤルアカデミーの中でも初めて開講される授業だそうで、希望者のみが登録して受けられる特別ワークショップ。

私はICUでは臨床心理学を専攻していて、卒業論文テーマは「音楽家にとってのメンタルプロブレム」だったのですが、結局「問題」を研究しただけで、「だったらどうすれば良いのか」という解決方法やトレーニング方法までは見つけ出すことができなかったので、この授業はまさに私が知りたかったテーマそのもの!! というかこれぞ私が、音楽と心理学の学びを結びつけて、将来いつの日か日本でやりたい!と夢見てることでもあります。

Owen Murray氏というロイヤルアカデミーのアコーディオンの教授と、心理学者でありPTSD研究の専門家である奥さんInger Murray氏による共同ワークショップ。

感想は・・・。
面白すぎて鳥肌が立ちました。

緊張のメカニズムや、プレッシャーの基本的なメカニズムを、心理学的&脳科学的に説明してくれて、今後のコンサート本番などにも即役に立ちそうなTipsも満載。

ここでもたくさん紹介したい事項があるのですが、妹と運営中のサイト「Borderless Music」で近々発行予定のメールマガジンの方で、色々ご紹介しようと思っています。

授業はまだ第一回目なので、第二回目以降もとても楽しみ。

プロスポーツ選手のメンタルトレーニングは日本でも徐々に取り入られてきて、ベイスターズのように専属のサイコロジストと契約している球団もあるようです。ただ、音楽の面では、「音楽療法」のように、「音楽」で癒す、という方向の心理学的アプローチは広まっているものの、「音楽家」に対する心理学的アプローチはまだまだ少ない気がするので、このような授業はとっても貴重な経験だと思います。
# by sayaka-blmusic | 2005-10-13 04:18 | ロイヤルアカデミー学校生活