<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

短編映画「わさび」ワールドプレミア上映

e0030586_1114992.jpg

外山文治監督による短編映画「わさび」が現在ブリュッセルで開催されているブリュッセル国際映画祭にてワールド・プレミア上映されました。

主演はNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロイン・芳根京子さん。共演に杉本凌士さん、下條アトムさん、富田靖子さん。

私は劇中曲全曲の音楽(作曲・演奏)を担当させて頂きました。今回は全編通してピアノ1本のみの音楽に挑戦しています。

現在ベルギーの外山監督によると、ブリュッセルでのお客様の反応も非常に好評だったとのこと、良かったです!

公式ツイッターはこちらです。是非登録宜しく御願い致します。
短編映画『わさび』公式アカウント https://twitter.com/wasabi_film
by sayaka-blmusic | 2016-11-23 11:03 | 映画音楽 | Comments(0)

《月刊ピアノ連載》朝岡さやかのピアノソラエチュード第6番「木漏れ日」



月刊ピアノ12月号掲載、朝岡さやかの1分間練習曲「ピアノソラエチュード」第6番『木漏れ日〜右手の3連符のアルペジオのための〜』です。参考演奏はゆっくり目と速めの2種類のテンポで収録しています。

3連符のピアノ練習曲というと、チェルニーやハノンで苦労された思い出がある方も多いかと思います。そんな3連符を少しでも明るい気持ちで練習できるエチュードをと思い、今回の1分間練習曲では、小春日和の「木漏れ日」をイメージして作曲しました。

月刊ピアノは全国の書店、楽器店、アマゾンなどで入手可です。初心者〜上級者まで弾いて頂ける内容になっておりますので、是非多くの方々に弾いてみて頂けたら嬉しいです!
by sayaka-blmusic | 2016-11-21 11:38 | メディア掲載情報 | Comments(0)

バークリーオンライン修了証が届きました

e0030586_6262645.jpg

バークリー音楽院から、「Rehermonization techniques(和声学の一種)」のコースの修了証が無事届きました。

旅行中にポストに届いていたので雨に濡れてシワシワになってしまっていたのが残念。乾燥させたらますますシワシワに(涙)

まるで長距離マラソンを走り続けるような、本当にキツい、だけどめちゃくちゃ濃くて充実した12週間でした。週に1度どころか、ほぼ毎日提出物がある週もあり、とにかく振り落とされずに付いていくのに必死でした。12週終わってみたら、5人いたクラスメイトは3人になっていました・・。

でも、Tonicizationの種々のテクニックや、モード上でのリハーモナイゼーションなどなど、自分の知識の中で足りなかった部分がはっきりと分かって補うことができ、とても意義ある12週間だったと思います。ちなみに、今回のコースのシラバスはこちら。ご興味のある方、参考にされてみて下さい。https://online.berklee.edu/courses/reharmonization-techniques#!syllabus

バークリーオンラインは基礎的なクラス〜かなりマニアックな上級コースまで、140以上の細分化されたコースがあり、初心者から既にプロとして活動している音楽家の方々まで、幅広くオススメです。バークリー音楽院の現役教授・講師陣から直接指導を受けることができます。

私も、民族音楽系や、映画音楽系のクラスなど、まだまだ他にも取りたい授業が沢山!!!でも、一旦始めると12週間降りられないジェットコースターみたいなものなので、体調と時期を見計らってまたチャレンジしたいと思います。


バークリーのコースが一段落し、今は個人レッスンにて、管弦楽法(オーケストレーション)と対位法をイチから叩き込んでもらっているところです。何歳になっても勉強するのに遅すぎることはない、どんなにゆっくりのペースでもじりじり這いつくばって行けば、きっと少しずつ前に進んでいるはず・・。そう信じて、少しずつ少しずつ頑張っていけたらと思っています。


バークリーオンライン(Berklee Online)公式ページ
https://online.berklee.edu/

バークリーオンライン受講中の体験記はこちら
http://sayalondon.exblog.jp/24616248/
by sayaka-blmusic | 2016-11-18 06:28 | 作曲活動関連 | Comments(0)

乳幼児連れ沖縄旅行にオススメ!ルネッサンスリゾート宿泊記 baby

e0030586_158558.jpg

先週一週間、沖縄の恩納村に行ってきました。

5人家族になってから初めての本格的な家族旅行!何ヶ月も前から家族みんなで楽しみにしていました。1歳半双子を連れての旅行は想像を超える大変さでしたが、滞在先が乳幼児連れに物凄ーく優しいホテルで(ToT)、お陰様で沢山の楽しい思い出を作ってくることができました。

e0030586_1511485.jpg

ルネッサンスリゾートオキナワ、食事も遊びも全てリゾート内で完結できるので、乳幼児連れの沖縄旅行にめちゃめちゃおすすめです。実際宿泊客も半分以上が乳幼児連れでした。

e0030586_15334172.jpg

部屋のバルコニーから見える海。毎日「きれーー!」と言っていたら、最終日までにはことすずちゃんも海を見るたびに指を指して「きれーー!きれーー!」と言うようになりました。たぶん、海自体が「きれー」という名前なんだと勘違いして覚えた模様。


e0030586_15115368.jpg

初日「だけ」晴れました(笑) 朝のヨットセーリングにて、夫&颯太。
e0030586_1585610.jpg

颯太はずっとこのグルグルが気に入ってずっと回していました。

e0030586_1585766.jpg

初めてのシュノーケリング体験。パパと一緒に頑張りました!

e0030586_1585863.jpg

ルネッサンスでは、キッ○ニアのように、何種類かのお仕事体験ができます。この日はホテルのパティシエ体験。オフシーズンで人も少なかったため、ルネッサンスの本当のパティシエさんから、なんとマンツーマンで指導してもらえました!

e0030586_1585854.jpg

ルネッサンスオキナワのパティシエお仕事体験。出来上がったケーキと一緒に記念撮影^^

e0030586_1585811.jpg

二日目は風が強くて海遊びできなかったので、リゾート内の動物さんやお魚さんたちと遊びました。ケヅメリクガメのお世話体験では、亀さんにえさをあげたり、お風呂に入れてあげて甲羅を磨いたり。ことすずちゃんも大興奮でした。
e0030586_15151447.jpg

意外に重い〜〜。

e0030586_15182924.jpg

最終日はイルカ教室に参加したり、シーサーの置き物も作りました。

ーーーーーーーーーーーーー

上記のアクティビティーはぜーんぶルネッサンス内で行えるものでした。
他にもまだまだ4泊5日じゃ遊びきれないような色々なアクティビティが沢山!

ホテル敷地内にイルカや動物の飼育施設もあり、ミニ水族館、ミニ動物園、プール、ビーチ、温泉、ついでにお仕事体験テーマパークまで全部ついてくるような感じ。3連泊以上(クラブザビー適用)だとリゾート内主要アクティビティ無料、ランチも無料で付いてくるし、全てリゾート内で完結できるのは、双子連れで身動き取れない我が家にはホントぴったりでした。

こういったオールインクルーシブ型の旅行はいくつか行ったことがあるのですが、ここはその中でも、キッズアクティビティの充実度や、食事、コスパ、快適度、乳幼児連れへのサービス面など、どれを取っても花マルでした。

リゾート敷地内のレストランはどこも、乳幼児用の椅子やお皿のサービスはもちろんのこと、汚れたエプロンを「洗ってきましょうか?」とすぐに洗ってくれたり、1歳用に別途ふりかけご飯やうどんを用意してくれたりと、痒いところに手が届くサービス。ビーチ近くには、幼児が膝くらいまで足を付けてぴちゃぴちゃしながら熱帯魚さん達と戯れることのできる安全なミニビーチエリアもありました。

ルネッサンスリゾートオキナワ、小さいお子様のいるご家庭の沖縄旅行に本当におすすめです!

ルネッサンスリゾートオキナワ公式ページ
http://renaissance-okinawa.com/

by sayaka-blmusic | 2016-11-16 07:36 | 子連れおでかけスポット | Comments(0)

双子のアイデンティティ baby

e0030586_14245695.jpg

普通、赤ちゃんは1歳前後から自分の名前を呼ばれると反応するようになるといいます。

ですが我が家の双子ことすずは、1歳半位になってパパやママを呼んだり色々な物の名前を言えるようになってきても、

私「ママはどこー?」
こと&すず→ママを指差す

私「パパはどこー?」
こと&すず→パパを指差す

私「お兄ちゃんはどこー?」
こと&すず→お兄ちゃんを指差す

私「ことのちゃんはどこー?」
ことの→すずのを指差す
すずの→ことのを指差す

私「すずのちゃんはどこー?」
ことの→すずのを指差す
すずの→ことのを指差す

というように、自分たちの名前の区別だけが最後まで付いていない状態でした。お腹の中からずっと一緒だった二人。「わたしはわたし」「あなたもわたし」のように、アイデンティティが半分一緒になっていたのかもしれません。

それが、ここ数週間、急にお互いの区別が付くようになってきたようで、自分の名前を呼ばれると自分を指差し、相方の名前が呼ばれると相手を指差すようになってきました。まだことのは正答率半分くらいですが(笑)すずのはほぼ分かってきた様子。

産まれてから1年7ヶ月たってようやく、
「目の前にいる自分とそっくりな女の子は、自分ではなくて別の女の子なんだ」ということが分かってきたのかもしれません。

しかし、相方を「他者」と認識するようになった途端に始まったのは「やきもち」の感情らしく(笑)ことのを抱っこするとすずのが拗ねる・・というように、1日中トラブルが勃発し、常になだめたり仲裁したりしている状態です(^^;)

双子のアイデンティティの発達。独特なのだろうなぁと思います。

e0030586_1424563.jpg

写真は最近のことすず。いつもすずのと手を繋ぎたくてしょうがないことの(右)と、一人で自由に動きたいすずの(左)。ことのは、しょっちゅうすずのに手を振り払われてフラれ、泣き崩れています(笑)
by sayaka-blmusic | 2016-11-01 14:26 | 双子育児1歳 | Comments(0)