<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

双子用抱っこひも「ウィーゴツイン」

e0030586_11564983.jpg

ドイツ発の双子用抱っこひも「ウィーゴツイン」。みのむしみたいに二人が前に並んでぶらさがるタイプです。


上から見るとこんな感じ。
e0030586_11564958.jpg



開くとこんな感じです。中パウチで支えた後に、更に外パウチで囲む二重になっています。
e0030586_12404721.jpg



新生児どころか体重1600グラムからOKというタイプ。
低体重児で生まれることの多い双子にとっては有難い仕様です。

おかげで、我が家でも、NICU退院直後から、お兄ちゃんの幼稚園行事や、双子を連れてどうしても一人でタクシー乗らなくてはいけない時などに重宝しましたが、現在生後5ヶ月、体重もそれぞれ6キロを超え合計体重13キロ近く。そろそろこの抱き方では重さが限界になってきました。。。


さてこの「ウィーゴツイン」、ドイツの「weego」というメーカーのものなのですが、新生児から使える双子用抱っこヒモとしては、現在(2015年)の時点で世界で唯一のものらしいです。(6ヶ月から使えるものとしてはベラミの「ふたりだっこ」があります。)

以下、検索でこのブログにたどり着いて今後購入を考えていらっしゃる方にご参考までに・・。


双子用だっこひも「ウィーゴ(weego)ツインベビーキャリア」レビュー


良かった点
◎二重構造でかなりしっかりホールドしてくれます。NICU退院直後のふにゃふにゃの状態でも安心でした。
◎内部のスナップボタンで、サイズ調整できるようになっているので、かなり小さい新生児の赤ちゃんでもぴったりにフィットさせることができます。
◎みのむしが二つくっついているみたいで可愛い
◎どうしても双子を一人でタクシーに乗せなければいけない時にこれしか方法が無く、重宝した。
◎幼稚園行事など、ベビーカーで入れない場所に双子を連れて参加することが可能


良くなかった点
△自分一人で双子を装着するのはかなり大変。特に、一人目を装着したあとの二人目が難しい。家でじっくり時間をかけてセットするなら良いが、出先でパッと急いで抱っこしたりするのには向かないかも。
△双子ゆえに倍のスピードで重くなっていくので、6ヶ月位で限界が来る。説明書にも、5〜6ヶ月位までとの記載あり。


5〜6ヶ月までの期間限定、それ以降は災害時の避難用に、と割り切れば、
状況によってとっても重宝するアイテムだと思います。
二人を同時に抱っこする代替方法としては、スリング2個使いや、おんぶ&抱っこなどもありますが、新生児期は、これが一番安定するのではないかと思います(^o^)

メーカーの公式サイトはこちらです。
ウィーゴベビーキャリア「ウィーゴツイン」 
http://www.weegobabycarrier.jp/SHOP/50339/50342/list.html
by sayaka-blmusic | 2015-08-23 18:27 | 双子育児0歳 | Comments(0)

月刊ピアノ連載第13回

e0030586_1114437.jpg

e0030586_1114449.jpg

月刊ピアノでの姉妹コラボ連載「ピアノ・ウェルネス メンタル編」今回で13回目となりました。

8月20日発売9月号のテーマは「赤ちゃんが心地よく感じるのはどんな音楽?」(文章・朝岡さやか イラスト・佐久間あすか)です。

今回は、我が家の双子ことすずちゃんも、イラストで登場しています(笑)

書店や楽器店などで是非ご覧頂ければ幸いです。
by sayaka-blmusic | 2015-08-21 11:17 | メディア掲載情報 | Comments(0)

楽譜浄書基礎コース修了!

e0030586_157434.jpg

ICS(国際コンピュータ楽譜センター)の楽譜浄書の基礎コース、前期後期無事終了!作曲やピアノの仕事と直接的には関係がないけれど、今後の作曲の仕事に少しでも役立てば・・と思って、妊娠中から通信コースで初めていたのですが、実際本当に勉強になりました。

楽譜浄書とは、手書きなどの楽譜を、出版譜仕様に美しく整える作業のことです。今までFinale(楽譜作成ソフト)は自己流でいじっているだけだったけど、これを機会にイチから学べて本当に良かったです。強弱記号やスラーなどの位置はもちろんのこと、符尾や連桁(8分音符や16分音符をつなぐ横棒)の角度や長さにも、こんなに細かいルールがあるとは、驚きでした。物心ついた時から当たり前に接していた「楽譜」にこんなに奥深い世界があること、初めて知りました。

私が受講した基礎コースでは、ピアノ譜はもちろんのこと、合唱譜や管合奏譜の作成の実践も含まれていて、浄書のプロを目指す人の他にも、私のようにピアニストや作曲家、音楽の先生などで、それぞれの仕事に役立てる為にこの浄書コースを受講する人たちも多くいるそうです。

今回受講してみて、浄書が音大の授業で全専攻で必修になったらいいのに・・と心から思いました。楽譜を「作る」側に立ってみて初めて分かることが沢山。浄書の勉強を始めてから、初見でピアノの楽譜を見て演奏する時にも、びっくりするくらい隅々まで強弱記号や演奏指示が目に飛び込んでくるようになりました。作曲に関しても、今まで即興で直接Logicに打ち込みながら作るのがメインだったのですが、同時にFinaleにも楽譜として別途入力して視覚化しながら作ると、完成図がイメージしやすかったり、和声的に不自然な場所を発見できたり、「木を見つつ森を見つつ」のようなことがしやすかったりと、今までとはまた違う感覚で作曲できるようになったのも良かったです。

それに何より、このFinaleでポチポチ入れていく作業が、私はやたら好きみたいで、入力作業していると不思議なほど心が落ち着く・・。写経が心の安定に繋がるのと同じような感覚かもしれません。双子が寝ている間にポチポチ音符やら休符やらを打ち込むのは、束の間の安らぎのひとときです。

今回は基礎コース前期後期のみの受講ということで、まだまだ浄書の世界の入り口を覗いただけですが、時間に余裕ができたら応用コースも受講して、フルオケのスコアも作れるようになりたいなと思っています。ちなみに、ICSは、カリキュラムや教材、先生の添削指導など、何から何まで物凄く良かったので、浄書のスクールを探している方、ICSは本当にオススメです。通信コースがあるので私のように子育て中でも可能です。ICS国際コンピューター楽譜センター→http://www.ics-j.com/

修了記念に、取り敢えずまずは手書き譜で山になっているこれまでの自分のオリジナル曲を、一つ一つFinaleに入力してみようと思っています♫
by sayaka-blmusic | 2015-08-11 23:05 | Comments(0)