<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アジアの子供達にクラシックコンサートを届けるUUUオーケストラプロジェクト

e0030586_12302154.png

アジアの子供達にクラシックコンサートを届ける「UUUオーケストラプロジェクト」。

来年行われるフィリピンのセブ島・ミンダナオ島の演奏ツアーでは、私もプロコフィエフのピアノ協奏曲のソリストとして参加させて頂く予定になっています。

このプロジェクトにて、ただいま、フィリピンツアーのオーケストラに参加して下さる弦楽器奏者の方々を、大募集中とのことです!!

<UUUオーケストラプロジェクト>
http://seven-spirit.or.jp/uuu2014/index.html

<2014年プロジェクト詳細はこちら>
http://seven-spirit.or.jp/uuu2014/project/index.html

セブ島のストリートチルドレンなどの音楽教育活動にも貢献しているこのプロジェクト、フィリピンの子供達に音楽で笑顔を届けたい皆さん、プロ・アマチュア問わず是非ご応募下さい!!!

一人でも沢山のみなさまと、私も演奏ツアーでご一緒できるのを楽しみにしています!


UUUオーケストラプロジェクト、Youtubeでの動画紹介はこちら!


by sayaka-blmusic | 2013-05-24 12:32 | コンサート関連 | Comments(0)

万能子育て布ベビーモスリン、気仙沼ピースジャムさんからの直販いよいよ開始!

e0030586_1619463.jpg

ロンドンママ&気仙沼ママのコラボ商品のベビーモスリン、いよいよ気仙沼ピースジャムさんからの直販がスタートしました!

1個からの購入も可能になりましたので、ご出産祝い、ご自身の子育て用品などにも幅広くご活用下さい!!

e0030586_1619871.jpg

気仙沼ママ達の縫製の様子です。 ご購入頂く毎に、縫製工賃が気仙沼のお母さん方に支払われます。


ベビーモスリンはイギリスでは「モスリンスクエア」と呼ばれ、イギリスでは昔から子育ての必須道具「万能子育て布」として、赤ちゃんの口拭きなどに使われています。

ちなみに速乾性、吸水性に大変優れているので、子育て以外の用途でも、キッチンのお皿拭きなどにも最適でおススメです(^ー^)

本日スタート!ベビーモスリンの直販ページ(ピースジャムwebショップ)はこちらから・・。
http://peacejam-shop.ocnk.net/product/36
(1個からも購入可能です!)

e0030586_16203838.jpg

ベビーモスリンプロジェクトの公式ページはこちら
http://babymuslin.org

発端は、ロンドンの仲間達と一緒に、震災後に物資支援としてスタートしたこのプロジェクト、
あれから2年経ち、ロンドンママ x 気仙沼ピースジャムの皆さんとで、手を繋いで一緒に進むことができた「雇用支援」の第二ステージ、これからも皆で頑張って、少しでも東北のママ達や日本全国のママ達の笑顔に繋がればと祈っています。沢山の皆様のご協力をお待ちしております!
by sayaka-blmusic | 2013-05-14 16:24 | モスリンスクエアプロジェクト | Comments(0)

今年も浜松の大凧揚げ行って来ました!

昨年、颯太の初凧を揚げさせて頂いた浜松祭り。

初凧とは、江戸時代から伝わる端午の節句に合わせて初子の誕生を祝い大凧を町内ごとに揚げるという伝統で、静岡県浜松祭りで毎年行われています。(昨年の凧揚げのブログで更に詳しく凧揚げの様子を書いています 。)

今年のGWの浜松祭りでは、昨年初凧として揚げた颯太の凧が、家紋と名前を切り取り町内凧に生まれかわって再び揚げて下さるとのことで、義両親と颯太と一緒に凧揚げ会場へ!

e0030586_1462626.jpg

おじいちゃんおばあちゃんと手を繋いで凧揚げ会場へ。昨年ぶかぶかだった法被も、いつのまにか丁度良いサイズになっていました。


e0030586_1781578.jpg

会場ではもう既に沢山の大凧が揚がり始めていました。


e0030586_1462727.jpg

日本三大砂丘の一つ、遠州浜沿いの中田島砂丘が凧揚げ会場です。浜松市170以上の町内から、初凧を揚げる赤ちゃんやその家族、その他沢山の人々が全国から駆けつけ、この日一日だけでも約24万人の人出だったそうです。

e0030586_1462788.jpg

昨年、息子の初凧として大空を舞った凧が、今年は東田町の町内凧として会場に到着です。1辺が3.5m以上ある10帖の大凧。運んでいる間にも風を受けたら飛んで行ってしまうので、水平にして慎重に凧揚げ場所まで運ばれます。

e0030586_1462890.jpg

風が若干強すぎるとのことで、急きょ凧のそりを強くする作業が行われました。皆さんさすが何十年も凧を揚げていらっしゃるベテランで物凄い手際の良さです。


そしていよいよ・・。


e0030586_1462869.jpg

今年も無事に大空に揚がりましたーーーーー!!!!!


e0030586_1462965.jpg

ちなみに上の写真が昨年の凧の様子。


e0030586_1462990.jpg

そしてこちらが今年の凧。
家紋と名前の部分が張り替えられ町内凧として生まれかわっています(^ー^)


e0030586_1463091.jpg

新幹線のおもちゃを持って、会場の野原を走くりまわっていた颯太も、凧が揚がると・・


e0030586_1463028.jpg

「おっきなたこ、あがったよーーー!」
ハッピを着てても凧揚げ会場でも、新幹線のおもちゃは手離さない息子・・。


e0030586_1463147.jpg

e0030586_1463146.jpg

万歳———! 万歳———!


e0030586_1463235.jpg

これだけの大凧を地上で支える力は並大抵ではありません。地上では町内大勢の方達が、皆で協力して支えています。これまた素晴らしいチームワーク!!!
e0030586_1463222.jpg


e0030586_1463324.jpg

東田組の皆さんの抜群のテクニックのお陰で無事に地上に到着。大きな傷もなく、これなら来年も揚げられそうとのことです(^—^)

e0030586_1463329.jpg

周りでは、浜松中の170を超える町の組がそれぞれ、今年0歳又は1歳を迎える赤ちゃん達の誕生を祝って初凧を揚げ、万歳三唱をしていました。

その様子を見ながら、昨年の凧揚げことを思い出したり、つい一年前、ここの場所でよちよち歩きをしていたら颯太が、今年は元気良く野原を走り回っていて・・と思うと感慨深くて、どういう訳か昨年以上に涙が出てしまいました。昨年は、初めてのことでで感慨に浸る余裕もなく、無事に揚がるかどうかの緊張で私自身目一杯だったのかも。


産まれた赤ちゃんの健康と未来を、町内皆で祈りを込めながら協力して大凧を揚げる、浜松の素敵な伝統。町民だけでなく、その親戚や参加する全ての人々に感動を与えてくれるこの風習、いつまでも続いて行ってほしいなと思います。


今年、初凧を揚げた、浜松中の赤ちゃん達も、どうかこれからもすくすく元気に育っていきますように・・・。

→ 昨年の浜松祭り初凧揚げのブログはこちら
by sayaka-blmusic | 2013-05-09 14:09 | 浜松 | Comments(5)