<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イギリス出産体験記その1 出産後〜翌日退院まで 前編

あれよあれよという間に、出産から3週間!
夫の育児休暇も終わってしまい、日中は颯太と二人きりの生活がいよいよ始まりましたが、お陰さまで颯太も私もとっても元気にしています。

少し落ち着いてきたので、忘れないうちに、イギリス出産体験記を書かせて頂こうと思います。今後イギリス(特にNHS)で出産される方などのご参考になれば幸いです。

破水〜陣痛開始〜出産までは、こちらの日記をご覧下さい。

この日記では、 出産直後〜翌日の退院(イギリスでは通常初産で翌日に退院!経産婦ではなんと6時間後から退院!!)までの記録を綴らせて頂こうと思います。



<出産直後のカンガルーケアと授乳、そしてシャワー?!>

ということで、なんだかんだと色々ありましたが、
ロンドン北部の某NHS(国立病院)にて、何とか無事に1月6日午前10時12分、男の子を出産!

産まれた直後に、すぐに赤ちゃんをダイレクトにお腹の上に載せてくれます。日本でもカンガルーケアということで広まっている、赤ちゃんとお母さんの一番最初のスキンシップ。

その後10分位の間、へその緒のカットしたり(夫が切らせてもらいました)、赤ちゃんの体重を計ったり、基本的な検査などなど。全て同じ部屋の中で行われます。

e0030586_7105683.jpg

へその緒の処置中の颯太。


その後、またすぐに赤ちゃんを手渡してもらえます。

e0030586_710567.jpg

出産を担当して下さった助産婦さん&見習いの助産婦さんと。 数十分前まで拷問のような苦しみの中にいたとは思えない位ケロっとした顔してますが、産んだ瞬間に陣痛の痛みって本当に消失しちゃうもんなんです。不思議です。

ちなみにバースプランに「研修生が見学などに立ち会っても良いか」というのを記入する欄があり、母親学級の時にMidwifeが「研修生立ち会いOKにしておいたほうが、彼らは優しいし一生懸命だし、何か会った時に人手が増えるし、いいわよ〜」と言っていたのでYesにしておいたのですが、Yesにしておいて本当に良かったです。

実際の出産時には、この他に、緊急で招集された産婦人科のお医者さん2人とベテラン助産婦さんの合計5人が立ち会っていて、そのベテラン軍は出産中もスゴい剣幕でかなーり怖かったのですが(頼もしかったし、彼らがいなかったらこの子は無事産まれてなかったのでもちろん感謝なのですが・・)、この若い助産婦さん二人は優しかった〜。


そして、再び赤ちゃんを渡してもらうとすぐに助産師さんから、

「ハイっ!おっぱい飲ませてね!」 との指示。

ええええ〜!飲ませてって言われても・・絶対出ないです!!

と思ったのですが、
産まれてから30分以内に初乳を吸わせることは重要らしく、その後も24時間以内になるべく頻回に吸わせることが、その後母乳がスムーズに出ることに繋がるんだそうです。

産まれてすぐでも、哺乳類の本能なのか、赤ちゃん、ちゃんと吸おうとするんですね〜!感動!

そして私自身これまでの人生で全—く母乳など出る気配のなかった貧乳から、ちゃんと透明な初乳が!人体の神秘です!!

「出ても出ていなくても、なるべく沢山吸わせて」と言われ、赤ちゃんって産まれた時からアゴの筋肉強いんだなぁと感動しながら、取りあえずずっと吸わせていました。

そしてしばらくおっぱいを吸わせた後、助産婦さんから今度は

「はいっ!じゃぁ、シャワー浴びてきて〜!」

出たーー!噂の出産後即自力シャワー!!

日本では普通出産後6時間で初回歩行が許可され、24時間後にようやくシャワー許可です。それがこの国では出産直後にシャワー指示・・。

噂には聞いていたのでびっくりはしませんでしたが、実際これ、ひとりじゃ無理です(泣)陣痛自体は消えたとはいえ、腰も足も、やっと立てるくらいのフラフラだし。

母などに手伝ってもらって、やっとの思いでシャワー完了。

ふらふら戻ってきて椅子に座ると、再び助産婦さんから

「赤ちゃんになるべくおっぱい飲ませてね〜」

との指示があり、またおっぱいをあげていると、朝食サービスが来ました。

「トースト食べる? 紅茶とコーヒーどっちがいい?」

この国は出産直後でも「トーストと紅茶」らしい・・。さすがイギリス・・。 日本人でいうところの「おにぎりと麦茶」の感覚なのだと思います。こんなヘロヘロ状態でモソモソのトースト(しかもバターもジャムも無し)なんか食べれないよ〜と思ったものの、やたらお腹が空いていたので、トーストでも何でもいいやと思い、トーストと紅茶をオーダー。まぁ全て無料サービスなので文句は言えません(^-^;)




<Postnatal Ward(産後病棟)へ強制移動・・>

しばらくすると別の助産婦さんが入ってきて今度は、

「この部屋、次の人が来ちゃうから、すぐに荷物を片付けてまとめて、向こうの大部屋に移動して〜!」

ぎゃぁぁぁ・・やっとお茶飲みながらゆっくりできると思ったのに・・。

もう、あの、ゆっくり休むとか、そういうヒマ一切無しです(笑)

夫や母などが同伴してくれていたから何とかなったものの、もし立ち会い無しで一人きりだった場合、出産直後にひとりでシャワー、赤ちゃん連れて移動・・。イギリス人女性達はこれを一人でこなしてしまうんだろうか・・タフ過ぎです! 

荷物をまとめて、届いたばかりのトーストと紅茶を持って、一同、フロアの反対側にある産後病棟)の大部屋に移動。なんと慌ただしい(笑)

e0030586_7105446.jpg

私はさすがに立って歩くのは無理なので、颯太を抱いたまま車椅子での移動。

e0030586_7105434.jpg

産後病棟の大部屋は、4つのベッドの合部屋で、カーテンで仕切られています。ここに颯太と一泊だけ入院することになります。

この国のNHSでは、よっぽど問題が無い限りは、赤ちゃんは「新生児室」には入りません。日本でも、母子同室の場合は、出産当日から赤ちゃんと一緒の部屋にいれるところもありますが、それともちょっとニュアンスが違って、もっと放置的というかなんというか・・。

産まれて体重などを計った後は、「ハイ、これ今日からあなたのものよ〜」っていう感じで、そのままポンと赤ちゃんを手渡され、それっきり・・という感じです(笑)



<検査は回診スタイル>


Postnatal Ward(産後病棟)に移動したら、少しゆっくりできるかなと思ったのですが、すぐに色々な検査が始まりました。

新生児室がないかわりに、お医者さんや助産婦さん、検査技師さんなどが、次々と入れ替わりに、自分のベッドのところまで来て、血圧を計ったり、熱を計ったり、母体の検査や赤ちゃんの検査をしてくれるという「回診スタイル」です。

例えば新生児聴覚検査(OAE&AABR)なども、寝ている私と颯太の横に検査技師さんが検査器具を持って来てくれて、 1対1でこれから行う検査のことを詳しく説明してくれ、私が同意した上で、私の目の前で検査し、結果もその場で説明してくれます。

日本だと、赤ちゃんが別室に連れて行かれて、自分の見ていないところで検査が行われて、後で結果だけを聞くというところも多いと思いますが、このように、お医者さんや技師さんの方からベッドに来てくれて、全て目の前で行ってくれるというのは、とても安心感がありました。

種々の検査だけに限らず、その他にも、例えばビタミンKの投与の有無や投与方法などなど、新生児に何かする時には、主導権はあくまでも病院ではなく母親側にあり、全て母親側に同意を求めてから行う、というのがこの国のスタイルのようです。

そんなこんなで、嵐のように慌ただしく過ぎ去っていった出産第1日目。

付き添いの家族などの面会は、朝10時〜夜20時までのみなので、20時以降はいよいよ、颯太とふたりきりの初めての夜です。どうなることやら・・。

後編に続きます!
by sayaka-blmusic | 2011-01-29 07:20 | イギリス妊娠出産育児 | Comments(6)

生後2週間たちました(^—^)

1月6日の出産からあっという間に2週間経ち、生後14日目になりました。

日本から手伝いに来てくれていた母は、出産4日後にはもう日本に帰らなくてはいけなかったので、5日目からは夫婦二人で初めての育児に奮闘する毎日の始まり。

よく先輩ママさん達から「赤ちゃんの育児は24時間営業でトイレや御飯にいく時間もないよ〜」と聞いてはいたものの、出産前は正直(それはいくらなんでも大袈裟でしょ)と思ってしまっていたのですが、実際経験すると、本当にそうなんだなぁと実感。

泣く→おっぱいをあげる→ゲップさせる→ゲップ出ない→ゲップが出ないのが気持ち悪くて泣く→やっとゲップする→今度はウンチでないのが気持ち悪くて泣く→ウンチする→おむつが気持ち悪くて泣く→おむつ替える→おむつ替えが嫌で泣く→ そしてまた「おっぱいをあげる」に戻る・・。

という永久ループを24時間延々と繰り返している感じです(笑)

上のループの最中に、うまく寝付いたと思っても、ベッドに置いた途端に「ふ、ふぎゃー」と泣き出してしまい、また「1・おっぱいをあげる」に戻る・・となってしまい、気づけば一睡もできないまま夜が明けてしまうこともしばしば・・。

でも赤ちゃんが寝ている間に好きなことができる時間があるでしょ、新生児は一日の80パーセント寝ているっていうし・・と思っていたのですが、実際赤ちゃんはものすごーく細切れに寝るのと、赤ちゃんがちょっとでも寝ている隙に、なんとか自分も少しでも寝て睡眠補給・・と思うので、もう私自身も昼も夜もなくてグチャグチャの生活リズムになっています(^—^;)

でも、生後1ヶ月くらいたつと昼と夜の区別や、授乳リズムが整ってくるということなので、あと2週間位したらきっと多少ラクになってくるのかなぁと思います。
現に、生後2週間たった今は、私の体力もだいぶ回復してきたこともあって、夜中の授乳も出産直後より少しラクになってきた気がします。今日は珍しく続けて2、3時間ずつのペースで寝てくれているので、今こうやってブログを書く時間もあるし♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

後々ブログ記事でまた詳しく書こうと思っていますが、イギリスの父親育児休暇制度は本当に充実していて、職種やポストや国籍に関係なく、申請さえすれば誰でも平等に2週間の父親育児休暇が取れ、しかもその間の給料は国から全額保障!実際、殆どの人がこの制度を利用しているとのことです。夫もこの休暇を取ってくれているので、この2週間は夫が毎日の3食の食事の支度や(しかも牛スネのワイン煮込みだの鶏の白湯スープや、レバーのシチュー、自家製チャーシューだの、私が普段作らないような手の込んだ物まで沢山・・(ToT) )、その他の家事全般なども全部引き受けてくれていたので、本当———に助かりました(泣)。 夫にも、イギリスの制度にも大感謝です。

お陰様でこの2週間、私はひたすら「おっぱい製造工場」に徹することができた訳ですが、寝ても覚めても「2〜3時間おきに、おっぱいおっぱいおっぱいおっぱい」と気になっているからか、授乳の合間にふとうたた寝する時に見る夢が

「大学のゼミの先生と面接中に、いつの間にか3時間たっていたことに気づき、『スミマセン!おっぱいの時間なんで!』と部屋を飛び出て行く夢」

だとか

「中学校の教室で期末試験を受けている最中、ふと時計をみたら3時間たっていて、テストの最中に手をあげて『スミマセン!おっぱいの時間なんで!』と教室を飛び出て行く夢」

とか、そんな夢ばっかり見ています(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、新生児の顔って、どんどん変わるから不思議。


出生直後(生後10分位?)の颯太。タオルでぐるぐる巻き〜。
e0030586_5163333.jpg




生後5日目。
e0030586_5163445.jpg





生後10日目。
e0030586_5163551.jpg




おっぱいを沢山飲んでくれるのはいいのですが、マッハの勢いで肥大化してきて、ここ2〜3日では、さっそく2重あご発生&ほっぺたがおまんじゅう状態になってきています(笑)


なんだかんだいっても、夜泣きがどんなに大変でも、
世にも平和そうにスヤスヤ眠る息子の顔を見てると
「この世に産まれてきてくれてありがとう!」という気持ちでいっぱいになるから不思議です。

夫の育児休暇が終わってしまう来週からが本当の正念場の始まり。頑張ります!
by sayaka-blmusic | 2011-01-20 05:18 | イギリス妊娠出産育児 | Comments(8)

無事産まれました

2011年1月6日、イギリス時間午前10時12分、
ロンドン北部のNHSの病院にて、無事元気な男の子を出産し、
出産翌日の1月7日、母子ともに健康で、退院してきました。
(イギリスでは通常、出産翌日の退院です!)


1月5日早朝の破水から始まり、その約28時間後の出産でした。
破水後すぐに病院に行くと、まだ子宮口が1センチしか開いていないので、一度家に戻って陣痛待機して下さいとの指示。

「Enjoy your freedom〜(今のうちに自由を満喫しておきなさ〜い♪)」

 と助産婦さんに言われ、あっさり追い返されてしまいました。
(日本では破水すると即入院なのですが、こちらでは平気で帰されてしまいます)

でも、恐らく今日中に本格的な陣痛開始〜分娩となるでしょうとのこと。

そしてその日の夕方から始まった10分おき位の陣痛が、まず前半の7〜8時間かけてどんどん間隔が狭く強くなり、夜中になって1〜2分間隔(通常では赤ちゃんが出て来る直前の陣痛間隔)になり、這いつくばるようにして再度病院に行くと、なんとまだ子宮口は2センチしか開いていないということが判明し目の前が真っ暗に・・。

子宮口は10センチまで開かないと出産できないので、まだまだあと8センチ開かなくてはいけません。なのに陣痛だけはもう既に1分おきにひっきりなし・・と出産直前のピーク近くの状態。

もともとの私の子宮の向きや高さの関係で、子宮口がかなり開きにくい方でしょうと前から言われていたのですが、案の定、全くその通りでした・・。

NHSでは子宮口が5センチ位開いていないと病院では受け入れないことになっているそうで、この状態でも更に家に返されそうになったのですが、モニターを付けた結果、あまりに頻繁に強い陣痛が来ているので、取り合えずそのまま病院にStayして良いことになりました。


先に破水をしていたため、左手には抗生物質の点滴、右側には胎児心拍のモニターをつけ、寝返りも打てない張り付け状態のまま陣痛に耐えながら、これまでの8時間に加えて、そこから更に8時間。

子宮口を開きやすくするのと、少しでも痛みを抑えて体力を温存するために、ペチジン(pethidine モルヒネ系の注射)を打たれたものの、鎮痛効果の割に副作用ばかりが大きくて、吐くし意識は朦朧・・・。(正直、陣痛が1〜2分おきになってからの後半戦8時間は、あまりの苦しさとペチジンの副作用で、殆ど記憶がぶっとんでます・・。)

その間ずっと、陣痛が来る度に呻きながら、右手は母、左手は夫の手を、爪の後がつく位、きつく握り続けていたことだけ覚えています。

水中出産や無痛分娩の選択肢は、先に破水してしまっていることと、子宮口が開くタイミングの問題などから、当然却下となってしまいました。

ようやく子宮口が全開大(10センチ)に開いた最後の最後の段階で体力が尽きて、有効な陣痛が来なくなってしまい、緊急で産婦人科医2人+スタッフが追加で招集され、最後は5人がかりで赤ちゃんを引っ張り出してくれた・・という感じでした。  

最後のありったけの力のいきみと共に赤ちゃんが一気に出てきて、
助産婦さん達が取り上げた後、そのまま直接私のお腹に乗せてくれました。

「おぎゃー!」という元気な泣き声というより、
「ふにゃーーー、ふにゃーー」というネコちゃんみたいな可愛い産声で、
私の胸の上で泣いている声が聞こえた瞬間、
涙が一気に溢れてきて止まらなくなりました。



出産前、私が頭に描いていた理想の出産、

「イギリスならでは水中出産で、ジェフネルソンのピアノをBGMにかけながら、習ったマタニティヨガで陣痛を逃し、陣痛の合間には家から持って行ったおにぎりで体力を付け、赤ちゃんのことを思いながら平和な気持ちで出産を迎える・・・」

なーんて、勝手に描いていたバースプランとは結局ほど遠い、
私にとっては壮絶な経験になってしまいましたが、

初産では陣痛開始から16時間というのはこれでも全然平均の範囲内らしく(いやーー世の中の全てのお母さん達を尊敬です・・)、こんなもんじゃなくもっともっと大変なお産は沢山あるし、

母子ともに無事元気に退院できて、
かけがえの無い宝物となった我が子と、
妊娠中も出産の場でも何から何まで支えてくれた夫と、
日本からこの一週間サポートに来てくれて全面的に助けてくれた母と一緒に、
こうやって今ゆっくり平和に家で過ごせていることを思うと、
十分「安産」だったのだと思います。

本当に感謝です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


赤ちゃんの名前は「颯太」(そうた)と命名しました。

「颯」の字は、「立」つ「風」ということで、夫の大好きなウィンドサーフィンを表す字であるとともに、私自身の「さやか」の名前の由来となった「爽やか」という字とあわせると「颯爽」となる、ということで、妊娠当初からずっと二人でこの字を付けたいねと言っていた字でした。


e0030586_542414.jpg

生後3日目の颯太です。
今のところ私の面影は微塵もなく(笑)夫のミニバージョンみたいな感じです。



妊娠期間中、メールやコメントなどで励まして下さっていた皆様、
無事の出産を祈っていて下さった皆様、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


出産〜入院の間に経験した、
イギリスNHSならでは!の仰天裏話も、たーーくさんありますので、
しばらく休んで身体が復活したら、
またご報告させて頂きたいと思います。
by sayaka-blmusic | 2011-01-09 06:50 | イギリス妊娠出産育児 | Comments(31)

新年! & 予定日2日前

Happy New Year!!!

年明けの瞬間は、自宅で陣痛待機(?)をしながら、
のんびりとBBCの花火中継を見ていました。

ロンドンの年明けといえば、テムズ河の花火。

e0030586_21332829.jpg

カウントダウンで0時0分になった瞬間に、ビッグベンをバックに数十分に渡って花火が打ち上がる、毎年恒例のイベントです。

e0030586_2134271.jpg

テムズ河沿いの大観覧車ロンドンアイのゴンドラの一つ一つからも花火が発射されます。ちなみにこちらの花火は、日本の花火のような芸術性は微塵もなく、とにかく「打って打って打ちまくれ〜〜」みたいな感じです・・(笑)

ここ以外にもカウントダウン前後からロンドン中あちこちで花火が打ち上げられているので、夜中23時〜1時頃にかけては、自宅の窓の外でも常に花火の爆音が聞こえている状態。

新年を迎える少し前に紅白などのお祭りイベントは終わらせ「ほたるのひかり」を歌った後に、除夜の鐘で静かーに新年を迎える日本。

一方、イギリスでは、新年になった瞬間に花火でにぎやかにお祝い、そして花火が一通り終わった後に「ほたるのひかり」を歌う、というように、なんとも対照的な年明けです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、いよいよ出産予定日2日前となりました。お腹の大きさも、これ以上は皮がつっぱって大きくなれないよ〜という感じで、代わりに少し下に下がってきました。

現在の体調はというと、クリスマスあたりから前駆陣痛が始まって、いっときは8分間隔の規則正しい強い張りが数時間続いて、「これはいよいよ本陣痛に繋がるかも!!」と思ったのですが、いつの間にか遠ざかり、

お医者さんからは「安産のためにはなるべく動いた方がいいですよ〜」と言われたので、

昨日の大晦日には、安産&陣痛促進に良いと言われている

ー 大掃除(特に床磨き)
ー 階段を登ったり降りたり
ー スクワット
ー 焼き肉を食べる

など、ぜーーーーんぶ試したのですが、

現在は、張りの気配すら全く無くなってしまいました・・・(笑)

出産直前は胎動が少なくなると言われているけれども、未だに赤ちゃんはのんきにボコボコお腹蹴ったりしゃっくりしたりしているので、もうちょっと先かなぁと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


改めまして、
明けましておめでとうございます。

2010年は大変お世話になりました。
実生活でお世話になった方々、ブログを通してコメントやメールを下さった方々、時折ブログを読んで下さっている方々、皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。

2011年が皆様おひとりおひとりにとって、更に素敵な一年となりますよう、
心からお祈りしています (^ー^)
by sayaka-blmusic | 2011-01-01 21:46 | ひとりごと | Comments(8)