<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ロシア語勉強その後


以前日記に「ロシア語始めました!」というエントリーを書いてから約1ヶ月。

ロシア人の友達ナターシャとの交換レッスン(私が彼女にピアノを教えて、彼女が私にロシア語を教える)も、それ以来順調に毎週続き、先日5回目のレッスンとなりました。

キリル文字の各発音の仕方は何とか全部完了し、続いて筆記体の書き方が一通り終わり(キリル文字の筆記体は活字体と全く違う形が多いので、初期の段階から習得が必須なんだそうです)、簡単なあいさつと自己紹介、活用のいらない単純な文や質問の作り方までなんとか終わりました。英語でいうと、This is a pen. とか、I am a boyとか、Is she a teacher? とか、その辺りのところまでやっとこさ辿り着いたところです。

ここまでやってきて思ったことは、

とにかくロシア語、超〜〜楽しい!!!

英語の勉強でも、高校&大学時代に合計2年間勉強し(そして全て忘れ)たドイツ語でも、こんな楽しさを感じたことはありませんでした。

ロシア語自体に不思議な魅力があるからなのか、ナターシャの教え方がものすごく上手だからなのか、初めて自分から能動的に興味を持った言語だからなのか、
多分その全部なのだろうなと思います。

まだロシア語の一番の難しい部分である複雑な格変化(なんど一つの単語につき語尾変化が最大で36変化らしい・・)にまつわる部分に至っていないので、こんな悠長なことを言っているのかもしれませんが(^-^;)、このワクワクと楽しさをキープしつつ、頑張っていきたいなと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、ロシア語を勉強し始めたのは、敬愛するラフマニノフのことをもっと知りたいから、というのがきっかけだったのですが、ロシア語の「音」と、ラフマニノフの音楽の共通点が、早くもいくつか見つかった気がします。

一つ目は、ロシア語の「硬音」「軟音」の概念。

ロシア語の発音&綴りの仕組みでは、
母音が 硬母音字,軟母音字と2系列あります。

例えば日本語では、

「M」という子音に
「A」「I」「U」「E」「O」 (あいうえお)の5つの母音を組み合わせて、
「MA」「MI」「MU」「ME」「MO」の5つの音を作ることができます。

ロシア語の場合、組み合わせる母音が、硬母音字の
а、 э、 о、 у、 ы
の5つ(ほぼ「あ、え、お、う、い」に該当)の他に、軟母音字の
я、 е、 ё、 ю、 и
があり、日本語でいうと、単体だと「や、え、よ、ゆ、い」で、子音と結びついた時には、小さな「ゃ、ぇ、ょ、ゅ、ぃ、」 にあたる感じです。

なので、例えば
「M」と硬母音「a」を合わせると「Ma (ま)」
「M」と軟母音「я」を合わせると「Mя (みゃ)」 

このようなセットの仕方は、規則的な子音と母音の組み合わせで読みに親しんでいて、しかも「ぴゃ」「にゃ」「きょ」などの軟音も日本語の中にもともと持っている私たち日本人にとっては、すごく分かりやすいなぁと思います(もちろん実際の音は日本語の発音とはかなり違いますが・・)。ちなみに、面白いことに日本語の「い」は「あいうえお」の中で一つだけ例外的に実は軟母音(舌の横奥が上顎にぴったりつく)なので、硬母音の「い」の方は「い」の口で「う」と言うような発音になります。

で、硬音、軟音、という考え方ってすごく面白いなぁと思ったのと同じように、
ラフマニノフの曲でも、「ここは硬音だ」、「ここは軟音化してる」だ、と思うような箇所が多々ある気がしました。まるで「にゃ」とか「ぴゃ」とかの柔わらかい音を持つ音符や、逆に、「パ」「ク」とか「ツ」など、混じり気の無い、クリアな硬音で終わるフレーズなどなど。

ロシア語って、本当に音楽みたいだなぁと思います。
以下のサイトで、ロシア語ネイティブによるツルゲーノフの朗読が一部聞けるので、ぜひ聞いてみて下さい。ロシア語のひびき、美しすぎて悶絶です。
http://www.coelang.tufs.ac.jp/modules/ru/pmod/practical/index.html

ラフマニノフに限らず、作曲家の音楽と、作曲家の母国語には、すごく共通するところが多い気がします。例えばドビュッシーの音楽はフワシュワしていてフランス語っぽいし。

——————

二つ目に思ったこと。

ロシア語は、やたらめったら単語が長い!
そのかわり、英語のように不規則に読み方が変化しないので、 音さえ覚えてしまえば、ほぼ発音通りに綴ればよいという良い点もあるのですが、それにしても長い!!

例えば、「24番目」という単語は、

двадцатьчетвёртое

1単語だけで18文字もあり、それこそ (;´д`)こういう顔したくなる感じです。

まあ、世界で一番長い単語は、とあるタンパク質の名前(英語)で189819 文字あるらしいので、それに比べたらかわいいもんですが、そんな特別な単語でなくて、日常生活に使うような単語でも、一単語が15〜20文字近くあるようなものも多くて、今後どんどん覚えられるのか、かなり不安です。

一説によると、ロシア語は単語が長いほど美しいという価値観があるんだとか。

ラフマニノフを初め、ロシア人の作曲家の書く曲は、曲のメロディの一つ一つのフレーズがとっても長いことも多いですが、そんなとこも、ロシア音楽とロシア語で共通しているのかなと思います。

——————

ところで、ナターシャはレッスン中は英語で説明してくれるのですが、私にくれるテキストや説明の紙は全て、ロシア語で解説してあるロシア語テキストなので、彼女が帰ってしまった後は、時々「?????」と一人で混乱に陥ることがあります。

分かりやすくロシア語が解説してあるウェブサイトはないかなぁと探していたところ、東京外国語大学が無料で公開している多言語モジュールを発見。

東外大言語モジュール
http://www.coelang.tufs.ac.jp/modules/index.html

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、 朝鮮語、モンゴル語、インドネシア語、フィリピノ語、タイ語、ラオス語、ベトナム語、カンボジア語、ヒンディー語、アラビア語、トルコ語、日本語、

となーーーんと19カ国語を網羅!! 

各言語とも、初心者でもステップごとに自分で学習できるようになっていて、音声ももちろんついていますし、動画での会話シミュレーション機能なども、大充実。しかも日本語での丁寧な説明付きです!これらが全て無料とは驚き。

世界中の多言語を独学で勉強してみたい方、是非おすすめのウェブサイトです!
(しかし、ラオス語とかカンボジア語などのマニアックな言語もあるのに、何故イタリア語だけないのかが謎)
by sayaka-blmusic | 2010-04-29 06:14 | ひとりごと | Comments(11)

アフリカンナイト!

e0030586_904892.jpg


先週末の土日、高校時代のクラスメイト、エミと、ご主人であるヤスオさんが住むカンタベリーへ一泊二日で行ってきました。

以前このブログでも書かせて頂いた、アフリカの狩猟採集民族ピグミーを研究されている京都大学研究員の服部志帆さんとは、半年前に出会って以来親しくさせて頂いているのですが、その服部さんと、エミ&ヤスオさん夫婦に共通のお友達(アイさん)がいることが発覚。それならば是非みんなで集まろう!ということに。そこに、ヤスオさんの大学院のクラスメイトであるアフリカ出身のクラスメイト3人も加わり、日本人勢も、アフリカ関連の研究者が多い為、場はすっかりアフリカンナイト!!


ピグミーの音楽に魅せられ、彼らの文化保護などの研究しているコンゴ人のビリー、環境保全の研究をしているエチオピア人のファシルと、カメルーン人のフレッド。皆さん超がつくほどフレンドリーで、きさくなお兄さん、おじさんたちに見えますが、祖国では元々政府機関等に勤めていて国費などで留学しているいわばエリートさん達。恐らく彼らのような人たちが、将来アフリカのそれぞれの国でこれからの環境政策などを引っ張っていくのだろうなぁと思います。

e0030586_91358.jpg

ビリーが持ってきたピグミーの笛を試すエチオピア人のファシル。ちなみに、志帆さん情報によると、エチオピア人は、控えめで気を使う性格の人が多く、日本人にメンタリティが似ている方が多いそうです。ファシルもまさにそんな感じでした。同じアフリカ出身者同士でも、国や民族が違うとかなり習慣が違うし、特に狩猟採集民族であるピグミーの生活は、エチオピア人の彼にとっては全くの異文化のようです。

ピグミーについて、アフリカの自然保護について、などなど、色々なトピックを、皆で話し合っていたのですが、今まで日本人や白人がこのようなトピックについて語るのを聞いたことはあっても、当事者であるアフリカの人たちの生の意見に触れたことは無かったので、とっても新鮮でした。

この世の中で、変わっていくべきものと守るべきもの。
そもそも変化とはなにか、などなど、 色々考えさせられることばかり。ピグミー研究者同士である、服部さんとビリーによるバカ語(ピグミーの部族の一つであるバカの言語)での会話、というとても貴重なものを聞くことができたり、最後には白熱したビリーのプレゼンも加わって、皆ふと気づけば夜中の1時半!!今まで触れたことのない文化や価値観にも触れることができ、本当にエキサイティングな一夜でした。


それにしても、
人と人とのつながりって、本当に素晴らしいなぁと思います。

知り合いの知り合いの知り合いは、ほぼ日本人の人口と同じ位になり、知り合いの知り合いを6人介すと、ほぼ世界の人口と等しくなるそうです。

10年以上前に初めて出会った高校のクラスメイトであるエミ、旦那様のヤスオさん、ロンドンで知り合った志帆さんとの出会い、そしてその出会いが更に広がり今回知り合うことができたアイさんや、コンゴ人エチオピア人カメルーン人の皆さんとの出会いに本当に感謝だし、この出会いが今後何かに繋がったり、ここからまた更に世界のどこかの誰かとの出会いに結びついて行ったなら、本当に本当に素敵だなぁと思います。
by sayaka-blmusic | 2010-04-17 09:02 | ロンドンでの日常生活 | Comments(0)

アイスランドの火山噴火に思うこと

アイスランドの火山噴火により、火山灰によるエンジン故障の危険があるため、
ヨーロッパ各地では昨日から飛行機の全面運行休止。
今日になり、スコットランドなど一部では運転を再開したものの、イギリスでは今の時点でまだ復帰のめどはたっていないようです。しかも、噴火活動はまだ収まっていないので、たとえ一度再開してもまた同じように空港閉鎖になる可能性も残っています。

ロンドンでは、灰が降ってきているとかは今のところ全くないのですが、それより影響が大きいのはなんと行っても飛行機関連。我が家でも、夫が昨日から飛行機でオランダに出張予定だったのが、飛行機の便キャンセルにより断念。更に、半日先に現地入りしていた夫の同僚のかたは、逆にロンドンに帰ってこれなくなるという事態に。

それなら陸路でユーロスターだ!という案は、UK中の人たちが同じことを考えているので、案の定ユーロスターは数日先まで即完売。予約サイトはパンク、問い合わせ電話窓口もパンク、発着駅のSt.Pancrasも「とりあえず駅に行けばなんとかなるかも!」と思った人たちで溢れ返り、ウェブサイトでは「チケットを確実に持っている人以外は駅に来ないで下さい!!」と警告が出るほど。 もーーしっちゃかめっちゃかです。

その他、日本から遊びに来ていたご両親が帰れなくなった方、お友達が遊びにくるはずが来れなくなった方などなど、身近な範囲だけでもかなりの数の方が影響を受けていて、いかに私たちにとって飛行機が身近になりそれに頼っていたかを改めて実感させられました。

我が家のイギリス人大家さん(70代)も、明日から旅行していたコスタリカ旅行も危うくなってきてしまい、「私の知っている限り、飛行機の歴史始まって以来の事態だわ・・。」と肩を落としていました。

あまりにも飛行機が便利で安く(電車より安いです)、ヨーロッパ各国までの移動が簡単なので、イギリスが島国だということをすっかり忘れそうになっていましたが、こういうことがあると、やっぱり島国ってメリットだけでなくかなりのリスクもあるなと思います。

イギリスは大陸間との移動にユーロスターがあるからまだ良いけれども、
もしこれが日本だったら、空の便を閉鎖されたら、とりあえず皆船で大陸まで移動・・??!!! 
どう考えてもイギリス以上に大混乱になる気が・・。


飛行機という移動手段を手に入れ、
世界が狭くなった! 飛行機さえあればいつでもどこにでも世界中行ける!!
という錯覚に陥ってしまっていた私たちだけど、

どんなに科学技術が発展しても、
大自然の力を前には、こんなにもどうすることもできないのだな・・と、改めて思わされています。

しかもこんな時にタイムリーにも、本日東京では4月中旬なのに雪という異常気象とのこと。
人間は決して自然より偉い存在ではないということを忘れないようにと、地球があちこちからメッセージを送っているような気がしてなりません。
by sayaka-blmusic | 2010-04-17 06:51 | 事件&ハプニング | Comments(2)

イギリス版オレオレ詐欺

先ほど、ピアノのレッスンの合間に、自宅の電話が鳴りました。
ディスプレイを見てみると 「INTERNATIONAL」。国際電話の着信です。

東京の実家からの電話かなぁと思って出てみると、低い男の人の声で、かなりインド訛りの強い英語。

相手「Mrs ○○さん(私の結婚後の本名)と話したいのですが」

私「はぁ・・、私ですが」

相手「あなたが3年前に起こした車の事故のことについて、代理で電話をしているものです」

私「はいっ???? 私、3年前にロンドンで車なんて持っていませんけど」

と言うと、相手は少し言葉に詰まった後、

相手「あっ違いました。今年でした、今年今年。」

私「(??!!! 何故3年前からいきなり今年に変わる??!) ・・今年の何月何日の何時でしょう??」 

相手「Specific date(具体的な日にち)は分からないのですが・・」 と歯切れの悪い答え。

事故のことで連絡してきているのに、肝心の事故の日にちが分からないなんて、
んな馬鹿な、と思い、この時点でほぼ詐欺と確信。

「ところで、あなたどこからかけているんですか? 電話にはしっかり国外って表示されていますけど。」

と尋ねると、おじさん、南西ロンドンのなんたらかんたらオフィスからかけていると言い張る。さらに、あなたの住所は○○○○ですよね? と、私の家の正確な住所まで言ってきた!!

ぞぞぞぞ。なんで、私の住所まで知っているんだこの人??

私「あのーーーー、そもそも私、免許は持っていますがほとんどロンドンでは運転しないのですが」 というと、

相手「それでは、あなたのご主人や家族があなたの車を運転していた時ですね」 と向こうも引き下がらない。

私「私も夫も、今年に入ってからは殆ど車使っていないし、あり得ません」 と言うと、

相手「しらばっくれていると、裁判所ざたになりますよ」 と脅してきました。

脅されようと何だろうと、事故を起こしていないのは確かだし、
向こうの話もコロコロ変わって整合性ゼロなので、

私「とにかく、車の事故起こした覚えはありませんし、そんなに大事なことなら、
電話じゃなくて文書で郵送で送って下さい。」

というと、向こうも 「う・・・」 と言葉に詰まり、
「えええと、こちらの記録をまた見返してみます」 とモゴモゴ言いながら相手は電話を切りました。


うーーん、なんて突っ込みどころ満載の詐欺なんだ。
日本の手の込んだ振り込め詐欺に比べると、あまりに詰めが甘すぎ。

結局、お金がどうこうとかいう話に行く前に、電話を切ったので、果たして相手が何を要求しようとしていたのか分かりませんが、後でネットで調べてみたら、同じくイギリスで2ヶ月ほど前に、全く同じ手口の内容の電話を受け取った人の投稿記事を見つけました。やはりインド訛りの英語で、「あなた3年前に事故起こしましたね?」という話から始まったそうです。

ほかにも、懸賞に当たったとか、保険金がどうとか、いろいろな手口の電話詐欺があるようで、英語では「Telephone Scam」というのだそうです。

それにしても、詐欺とは分かっていても、
電話番号や住所、本名まで知られていて、
しかも勝手に交通事故を起こしたことにされているのは、
気分も悪いし、かなーーり気味が悪いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに私、6年位前、日本でかなり悪質で手の込んだ振り込め詐欺に家族で引っかかりそうになった苦い経験があります。

その時は、弁護士役やら警察官役、私にそっくりの声の泣きじゃくる女の子の役、被害者役など、ぞろぞろ色々な人が電話口に次々登場し、電話の奥ではパトカーの音なども聞こえているという、それはそれは手の込んだものでした。

実際に振り込む寸前で、親が私本人と連絡が取れ詐欺だと判明したから良かったのですが、それも詐欺一味が私の家族と連絡を取っている間、親が私本人と連絡が取れないように、私の携帯電話には2時間位連続で無言電話をかけ続けて回線を塞ぐという徹底ぶりでした。この時はたまたま私が仕事用の携帯も持っていて親がその電話にかけてきてくれたので連絡が取れました。恐らく10人以上位で手を組み詐欺を行う、いわゆる「劇団型振り込め詐欺」だったのだと思います。


程度は違えど、世界中で同じような手口で同じような詐欺が横行しているのは、本当に悲しいとしかいいようがありません。 詐欺を行っている人たち自身も、家族を養う為にとか生きていく為にとか、色々事情があるのかもしれないけど、他の人をおとしめたり騙したりすることで得たお金では、きっと結果的に誰も幸せになれないと思う。 誰かがこんなことをしなくても皆が幸せに暮らせるような世の中に少しでも近づいたらいいなぁと願うばかりです。
by sayaka-blmusic | 2010-04-08 06:54 | 事件&ハプニング | Comments(6)

ロシア語始めました!


ロシア語を習い始めました!

敬愛する作曲家、ラフマニノフの母国語ということで、
ラフマニノフのことをもっと知るためにも、ロシア語を勉強したいなぁと前々から思っていたのですが、長い間きっかけがありませんでした。

そんな中、ひょんなところからきっかけが。

それは、去年在籍していた作曲コースで出会ったロシア人の友達Natasha。
(この時の日記はこちら

彼女はロシアでバリバリのクラシック教育を受けていたのだけど、ロシアで宮崎駿の映画を見て衝撃を受け、久石穣に憧れて、映画音楽を勉強する為にロンドンに来た、ということでした。

一方私は、ロシア人であるラフマニノフに憧れて、しかし何故かロシアでなくロンドンへ。

お互い、不思議な繋がり(?)に意気投合して、作曲コースが終わった時、連絡先は交換していたのですが、それっきり、特に連絡は取り合っていませんでした。

そして1ヶ月程前に、ある日突然彼女からメールが来ました。

元気ー?という近況報告のメールかと思ったら、
なんと、私にピアノを習いたい!というレッスン依頼のメール。

現在彼女は、クラシックピアノは長らくお休みをしていて、学校のコースではジャズピアノと作曲を勉強しているけれども、もう一度クラシックもちゃんと勉強したくなったので、レッスンを受けたいとのことでした。

彼女は、ラフマニノフが幼年期を過ごしたサンクトペテルブルグ出身。しかも、レッスンを受けたいと挙げてきた曲は、コテコテのロシア音楽の、Anton Rubinstein(サンクト音楽院の創設者)の曲。

ロシアでピアノの英才教育を受けていたという彼女に、ロシアの作曲家の曲を、私教えられるんだろうかと若干不安に思いつつ、せっかくの機会なので、お引き受けさせて頂くことに。

そしてふと、そういえば彼女はアルバイトでロシア語をロンドンのビジネスマンなどに教えていると話していたことを思い出しました。

それなら、私が彼女にピアノを教えて、変わりに私が彼女からロシア語を教えてもらう、という「交換レッスン」形式はどうかと提案すると、彼女も大賛成!私のロンドン&ブダペストのコンサートが一段落したら開始しようと約束していました。


------------

ということで、先日その第一回目の交換レッスンでした。

まず、彼女のピアノのレッスンからスタート。
弾いてくれたのは、ロシア人作曲家アントン・ルビンシュタインの小曲。


うーーーん、さすがロシアの血!

あんまり人種で演奏を区別したくはないけれども、
ロシア人の演奏を聞くと、やっぱりいつもそう思ってしまいます。

「のだめ」でいうと、「ターニャ」みたいな感じ。
とにかく感情表現が深い!濃い! 奥底から湧き上がるエネルギーというか。

テクニック的なことは、ブランクが長いこともあって、今後リハビリ的なトレーニングが必要だけど、ロシア的なメロディの歌いあげ方などは、むしろ私の方が学ぶことが多いなぁと思ってしまいました。

あと、面白かったのが、彼女が、
「指の練習の為に小さい頃使っていた指の教本で練習しているの」
と持ってきてくれたのが、なんと

チェルニー!!

日本では大定番の練習曲です。
イギリスではあまり見ない気がしたのですが、ロシアでは、やはり日本と同じように、小さい頃の指の練習のためには避けて通れない道なのだとか。

e0030586_1545183.jpg

ちなみにこちらがロシア版のチェルニー教本。


もともと「表現したい」という強い思いやエネルギーが彼女の中にあって、その上でそれを表現するためにテクニックが必要、ということが彼女の中ではっきりしているためか、私のアドバイスも、まるでスポンジで吸いとるかのように凄い勢いでどんどん吸収していってくれて、教えている私にとっても凄くエキサイティングなレッスン時間でした。


---------------

1時間ほどのピアノレッスンが終わり、
少し休憩をしてから、後半は彼女が私にロシア語のレッスン。

完全に初心者なので、、
まずはアルファベットからスタート。

33個あるアルファベットの、発音の仕方を一つずつ確認していきます。

ロシア語の文字「キリル文字」は、英語と似ているものも一部あるけれども、半分ほどは全く別の文字で一瞬戸惑うけれども、ひらがなと同じように、基本的に子音と母音の組み合わせから成り、英語のような不規則な読み方も少ないので、読み方さえ覚えてしまえば、あとはほぼ文字通りに発音できるのだそうです。

33個のアルファベットは、主に次の3種類に分かれるそうです。

1. 英語のアルファベットにもあって、読み方も似ているもの

2. 英語のアルファベットにあるけど、読み方がまったく違うもの

3. 英語のアルファベットにない文字。


例えば、上記の「2」の例としては
「P」という文字は、英語のように「プ」という発音はせず、 
ララララと巻き舌をする時の「ラ」の発音だったりします。

「H」は「ハ」でなく「ナニヌネノ」のような「N」の発音。
なので、アンナさんは「AHHa」になります。

などなど。


うーん紛らわしい。。。



そして、「3」の「英語のアルファベットにない文字」に関しては

e0030586_1552383.jpg
何だこれ、虫の羽根? というものや、
(ズィの発音)



e0030586_15531970.jpg
えっと、顔文字に使う記号??  ( ̄Д ̄;) (゚д゚) (;´Д`) ←こういうの
(Dの発音)


というものもあったりして、既に混乱。

結局、一回目のレッスンでは、アルファベット18個までしか行きませんでした。
ここまでだけでもぜーぜーはーーはーーー。

うううう、アルファベットと似ているキリル文字でもこんなに大変なのに、
ハングル文字とか、アラビア文字勉強している人を尊敬。
欧米人が日本語のひらがな、かたかな、漢字を全てをマスターするのって、
一体どれだけの労力が必要なんだろう・・と思ってしまいました。

しかし、最初のレッスンで習った知識を組み合わせたら、
ラフマニノフの原語表記

e0030586_15535816.jpg


が読めるようになっていることに気づきました!

うおおおおお、これだけでも感動(ToT)


今後、まずアルファベットを全て克服することが第一目標。
その後、単語や、36種類もの格活用があるという恐ろしく複雑な文法が待ち構えていますが、取り合えず、挫折するまで頑張ってみます (^-^;)


この日、彼女のピアノと、ロシア語に少し触れただけで、何故かものすごい強いインスピレーションが降ってきて、彼女が帰った後、新しい曲が一曲出来上がりました。せっかくなので、曲名は彼女の名前を頂いて「Natasha」と命名。ちなみに、ラフマニノフが生涯大切にした奥さんの名前と一緒(Natalia → 愛称Natasha)

何だか、私ばかり彼女から沢山ものを貰っているような気がして不安だけど、
ちゃんと彼女にとっても「交換レッスン」で得たものが少しでもあったならいいなぁと思います。

次回の交換レッスンは早速来週の予定。第二回目も楽しみです!
by sayaka-blmusic | 2010-04-01 15:47 | ロンドンでの日常生活 | Comments(14)