<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本の古本市@ロンドン日本人学校


昨日、ロンドン西部にある日本人学校にて、
日本の古本セールが行われるということで行ってきました!

日本の本はこちらでは超貴重品。ロンドンの日系本屋で新品の本を買うと定価の2倍以上(例えば「地球の歩き方」は、レートが悪い時には1冊7000円位しました)!日系の古本屋もあるのですが、 商品数がかなり限られているし古本でも日本での定価と同じ位してしまいます。

そんな中、今回の古本市は、日本の本がなーんと1冊20ペンス(30円位)から買えるとのこと!ロンドンでは考えられない値段です。

1ターム(1学期)に1回、土曜日の朝10時から11時半の限られた時間のみというこの貴重な機会をめがけて、物凄い数の日本人が殺到!

e0030586_203231100.jpg

メイン会場は、日本人学校の体育館です。

e0030586_20332591.jpg

小説、新書、旅行書、などなど、あらゆる種類の日本の本が、体育館中に勢揃い。 こんな光景、今までロンドンで見たことないので、もう大興奮です。

e0030586_20555827.jpg

で、大量の日本の本を、夫と二人合わせて合計40冊近く購入! それでも合計9ポンド位。40冊で1500円位って、日本の古本屋だとしてもめちゃめちゃ安いです。感動〜(ToT) 



そして、もう一つ感動したのは、今回のイベントのオーガナイズの素晴らしさ。ボランティアのお父さんお母さん方が何十人もいて、支払いカウンターも全く待たずに済み、どこに何の本が置いてあるかの案内図や値段表も本当に親切。

日本では当たり前のことかもしれないけれど、普段イギリスの超おおざっぱな(笑)イベント運営を見ていると、日本人主催のものは、なーーーーんて親切で行き届いているのだろうと感動してしまいます。

e0030586_2035819.jpg

ところで、今回古本市が行われた日本人学校。今までの私のピアノの生徒さん達の約3分の1はこの日本人学校の生徒さんだったのですが、私自身訪れたのは初めて。とっても綺麗で立派でびっくりしました。
e0030586_20354384.jpg

月曜日から金曜日は日本人学校のクラス、そして土曜日は、普段現地校に行っている日本人生徒などの為の補習クラスが開かれているそうです。

e0030586_20341475.jpg

こちらは講堂。日本の凧や、ひな壇なども飾られていました。

ちなみに、補習校はロンドンだけでも、ここの他に数カ所あり、日本人学校と合わせると、総生徒数は1500人以上、教師の数も100人以上。
また、この他に、日本人のための進学塾や公文教室もロンドン内にいくつもあります。

子供を日本人学校に通わせるか、現地校に通わせながら週末補習校に行かせるか、ピアノの生徒さん達のご両親のお話をお伺いしていると、それぞれ違うメリット、デメリットがあるようですが、

どちらにしても、日本人家族が生活するという点において、ロンドンは物凄く体制が整っていて、恵まれている環境なのかなぁと思います。
by sayaka-blmusic | 2010-02-21 20:57 | ロンドンでの日常生活

ラフマニノフの巨匠、ハワードシェリー先生のレッスン再び


以前、このブログで、ラフマニノフの巨匠、ハワードシェリー先生との出会いのエピソードを書かせて頂きましたが、あれから半年の月日がたち、今回久しぶりに再びレッスンをして頂くことができました。

前の日記にも書いた通り、ハワードシェリー先生は、世界でただ一人ラフマニノフの全てのレパートリー(ピアノソロ曲、コンチェルト、室内楽曲全て含む)を全曲完全録音をしたという、ラフマニノフの巨匠! ずーーっと前から彼のレッスンを受けることは夢だったのですが、様々なハプニングを経て、半年前のブリストル大聖堂でのコンサートの前に、ようやくその夢が叶い、初めてレッスンを受けることができました。(その時の日記はこちら。その1その2その3

その際に、もしまたレッスンが必要になったらいつでも言ってねと仰って下さっていたのですが、実際その後先生は、指揮者としての世界ツアーで各国を飛び回っていたこともあり、なかなかチャンスがありませんでした。

ですが、この3月にラフマニノフのソナタを演奏するリサイタルを予定しているとお伝えすると、世界ツアーから戻ってくる2月に、2回レッスンをして下さると前々から約束して下さっていました。

そして先週の水曜、そして今週の木曜(昨日)と、2回続けてそのレッスンが実現!

今回のコンサートで私自身初挑戦のラフマニノフのソナタ第2番を携えて、
半年振りにドキドキしながら先生の家へ。

世界ツアーから帰ったばかりでお疲れのところ、またもや本当に親切に出迎えて下さり、半年前のレッスンのことやその時お渡ししたアレンジの楽譜のことをはじめ、私の夫の仕事のことなどまでしっかり覚えていて下さり、感激!



そしてレッスン本編開始。

半年前に初めて、彼のレッスンを受けた時は、先生のレッスンを受けているという感動自体があまりにも大きくて、冷静になっている余裕はなかったのだけど、今回レッスンの途中に、ふと先生の姿と、後ろに飾ってあるラフマニノフの写真が重なった時に、

もしかして先生、ラフマニノフ本人に似ているんじゃないかな…、

と思いました。
  
ラフマニノフ並に大きな手。そしてその大きな手で一番大事にしているのは、何よりも和声(ハーモニー)の繊細な移り変わり。

ハワードシェリー先生のアプローチは、兎にも角にも、まずハーモニーの移り変わりを完璧に理解し、そこからメロディーの歌い方もフレーズの作り方も逆算的に割り出して行くアプローチ。

恐ろしく緻密に、そして複雑にハーモニーを展開させていくラフマニノフの作曲方法と全く同じアプローチです。

もちろん姿も性格も(ラフマニノフはハワード先生みたいにフレンドリーではなく物凄く気難しかったらしい)全く違うけれども、きっと根本的な音楽との向き合い方が一緒で、だからこそ先生は、ラフマニノフの音楽が分かってしまうんだろうな、そして、だからこそ誰も成し遂げられなかった全曲録音の偉業を達成されたのだろうな、と思いました。

--------------------------

超一流の音楽家の放つエネルギーとオーラは、やはり並大抵ではなくて、こうやって間近で1対1でレッスンを受けていると、ふとこちらが気を抜くと気絶してしまうんじゃないかという位の強いエネルギーの波動を感じます。

よく一流の演奏家が必ずしも一流の先生ではないというけれども、彼の教え方は指導者としても本当に素晴らしい。私に最も足りない点を、本当に的確に分かり易く指摘して下さる。

限られた時間で、できるだけのことを教えようとして下さっているのが物凄く伝わってきて、精一杯それに答えようとするのだけど、
 
自分に出来る限りのエネルギーをなんとか出し切っても出し切っても、まだまだ彼の要求しているところには届かない。

だめだ…、もうエネルギー切れかも…。 

情けないのだけど一瞬本当に体力と集中力が持たないかと思いました。

でも、この先、またいつこんな機会があるか分からない。
吸収できることは隅から隅まで吸収したい!
と思って、ここ数ヶ月、一度も使っていなかった体内エネルギー貯蓄庫からも緊急総動員!

すると、エンドルフィンだかアドレナリンだかが大放出されたのか、
レッスンの後半は、もはや半分トランス状態になっていて、

ああ、このままずっとここでこうやってレッスン受けていたい…、と心から思っていました。


世界で一番好きなラフマニノフの音楽。

そして、そのラフマニノフの音楽を、
恐らく世界で一番ラフマニノフと向き合ってきた先生から、
直接伝授して頂いている…。

私にとってこんな幸せな時間はありませんでした。



そして無事レッスン終了。

最後のレッスン(昨日)は、1時間の予定のところ、ぶっ続けでなんと約3時間も見て下さり、終わる頃には、意識喪失寸前でふらふらふらふら…。

でも、こんなに幸せな疲れは久しぶりでした。音楽と本当に真剣に向き合うって、本来これだけのエネルギーが必要なものなんだ、と気づかされた思いでした。

終わった後は、素敵な奥様までご紹介して下さり(奥様もピアニスト)、写真を撮って頂いたり、色々お話させて頂きました。


--------------------------


そういえば以前、日本に完全帰国するかイギリスに戻るか夫と話し合っていた時に、

「さやかはイギリスに残る場合に、一番したいことは何?」

と聞かれた時に、真っ先に答えたのが

「ハワードシェリー先生に、ラフマニノフのレッスンを受けたい!」

ということでした。

その時は、まだ具体的にレッスンを受けることが決まっていた訳でもなく、
雲をつかむような夢のような話でした。

あの時、アカデミー玄関で、タクシーに乗り込む先生を捕まえて、勇気を出して思いきってレッスンをお願いしたのがきっかけで始まった一連のレッスン。

こうやって、まさか本当に何回もレッスンを受けさせて頂けるようになるなんて、本当に夢みたいだけれども、

でも、レッスンを受ける夢が叶ったー!とこれで終わりにしては
決していけないんだと思う。


次のステップは、

先生があれだけのエネルギーで、惜しみなく教えて下さった様々なエッセンスを、
しっかり自分のものに吸収して、
本番で、自分のラフマニノフとして表現しきること。


今までラフマニノフのソナタを知らなかった方や、
聴いたことあるけどよくわからん曲、という印象を持っている方々のうちの、
たった一人でも、
何て素敵な曲なんだろう!と思って頂けるような演奏ができたら、
こんな嬉しいことはないです。

--------------------------

P.S
3月6日のピカデリーサーカスでのコンサート、是非一人でも多くの方にいらして頂けたら、本当に嬉しいです。コンサートのチケットは、今週の水曜日までウェブサイト上での前売りチケット予約受付中です。それ以降は、基本的に当日券での扱いとなります。
詳細はこちら http://www.borderlessmusic.com/ticket
by sayaka-blmusic | 2010-02-20 08:17 | ラフマニノフについて

復活! & 次回のコンサート



復———ーー活!!


おかげさまで、前回の日記の牡蠣の食中毒からはほぼ回復し、昨日から普通の食事も少しずつ食べれるようになりました。数日間絶食に近い状態で体の中がリセットされたおかげで、今はかえって食中毒前よりも体調が良い気が(^-^;)

というのも、いつまでも倒れてもいられなーーい!のです。
久しぶりのロンドンでのコンサートまでちょうどあと一ヶ月。

この半年間、作曲プロジェクトの方や作曲の勉強などに専念する為にコンサート活動はお休みしていた為、コンサート自体、昨年6月のブリストル大聖堂以来、ロンドンでのコンサートとなると約1年半ぶりになります。

今回は、イタリアでオペラ歌手として活躍されているソプラノ歌手の登川直穂子さんとのジョイントです。彼女のソロが半分、私のピアノソロが半分、というプログラムになります。

以下、コンサート詳細です。

------------------------------

Evening Concert EVENING CONCERT AT ST. JAMES'S CHURCH for Piano and Voice

日時:Saturday, 6th March 2010
開演時間:6.30 pm開演 (休憩含めて約2時間)
会場:セントジェームズチャーチ、ピカデリーサーカス(ジャパンセンターと同
じ並びにあるチャーチです。ピカデリーサーカス駅から徒歩3分)
Address: 197 Piccadilly, London, W1J 9L

出演: ピアノ:松本さやか  ソプラノ:登川直穂子(伴奏Stefano Grassoni)

チケット:大人£10 (学生・60歳以上 £8)
プログラム詳細、チケット予約など:
http://www.borderlessmusic.com/ticket/
(上記ウェブサイト内でオンライン予約ができます)


ーーー当日演奏予定曲目ーーー

◎松本さやか(ピアノソロ)

- ラフマニノフ作曲:ピアノソナタ第2番 全楽章 (1931年改訂版)
- 松本さやか作曲:「夕桜」「晩夏」「MIKOSHI Illusion」「ロンド」
- ラフマニノフ作曲/松本さやか編曲:ピアノコンチェルト第2番ピアノソロ
バージョン ほか


◎登川直穂子(ソプラノ)& Stefano Grassoni (ピアノ伴奏)

- ドニゼッティ「アンナ・ボレーナ」より
- ベルディ 「アイーダ」より‘勝ちて帰れ'「運命の力」より‘神よ、平和を与えたまえ'
- 滝廉太郎 「花」 中田章「早春賦」
- プッチーニ「蝶々夫人」より「ある晴れた日に」
-「トゥーランドット」より「氷のような姫君の心も」  ほか

-------------------------------


◎聴きどころその1

登川さんのソプラノの曲目は、オペラ「蝶々夫人」や「トゥーランドット」から皆様も良くご存知の名曲アリア、またイギリスにちなんで、「アンナ・ボレーナ」(ヘンリー8世の奥さんの一人、アンブリーンの悲劇を題材にしたオペラ)からも2曲歌われます。イタリア・ローマを中心に活躍されている登川さんの、日本人離れした素晴らしい迫力と繊細な感情表現を兼ね揃えた歌声、必聴です。


◎聴きどころその2

私自身のピアノソロ、今回のメインディッシュは、約1年半かけて用意したラフマニノフのソナタ第2番です。このソナタは、ラフマニノフのピアノソロ曲の中でも最大の大曲(そして難曲、しかし名曲!)の一つなので、大切に大切に用意したくて、これまでのラフマニノフコンサートなどでは演奏してこなかったのですが、今回満を持しての(?!)初披露です!


◎聴きどころその3

昨年レコーディングしたオリジナル曲の中から数曲を、コンサートでは初披露させて頂きます。偶然にも、今回のコンサート会場のピアノは、レコーディングで使用させて頂いたのと同じ、Fazioli(イタリアのピアノメーカー)のフルコン。自分の作った曲たちが、イギリスのチャーチの中でどのように響くのか、自分自身でもとっても楽しみです。


イギリス在住の方で、もしご興味のある方がいらっしゃいましたら、
是非いらして頂けたら嬉しいです!

コンサート詳細・オンライン予約などはこちらです。
http://www.borderlessmusic.com/ticket/

P.S
このコンサートの後、3月13日にハンガリーのブタペスト、6月にイタリアのローマにて、上記と似たプログラムでのコンサートがありますので、お近くにお住まいの方がいらっしゃいましたらいらして頂けたら嬉しいです。そちらの詳細はまた別に追ってアップさせて頂きます。
by sayaka-blmusic | 2010-02-07 22:17 | コンサート関連

またやってしまった…。



(ToT)  


またやってしまいました…。

生牡蠣による食中毒。

半年前に一度、熱と関節痛でインフルエンザかと思って病院へ行ったら、牡蠣の食中毒だったという件(その時の日記)があって以来、生牡蠣は食べないようにしていたのですが、

つい先日、
とーーーーってもおいしそうな生牡蠣を目の前にしてしまった私。


うーーん、二回連続であたるなんて、そんな確率は低いだろうし(根拠無し)、
むしろ前回ので抗体ついているかもしれないし(根拠無し)
前回は真夏だったけど、今回は冬だし(根拠無し)、
きっと2、3個なら大丈夫!!


と悪魔のささやきに負けて、3つの生牡蠣を食べてしまった私。

牡蠣によるウィルスの潜伏期間は平均で約48時間らしいのですが、
前回と同じく、不気味なほどぴったり48時間を経て発症。

発熱と関節痛と、極度の吐き気と、胃のさしこみ痛。
私の場合、腸にはあまり来ないのですが、その分胃が激痛。

がーーーーーーーん、バカだ私、またやってしまった…。

と落ち込んでいるヒマもなく、その晩は、一晩中吐きっぱなし(汚くてゴメンナサイ)。気持ち悪さと胃の痛さで七転八倒して一睡もできず…。ぎゃーーーー、これ、前回よりヒドイ。

翌日は、胃痛は少しマシになったものの、熱は下がらず、気持ち悪くてとても起き上がることができず、古くなった寿司ネタのマグロのごとく、うつぶせに「へた」っとベッドに張り付いたままの一日。


で、さらに一夜明けて今日。
熱はようやく下がり、こうやって少しPCに向かったり、少し食べ物も口にできるようになってきました…。


自業自得のこととはいえ、この二日間、生徒さん方のレッスンや、友達との約束のキャンセル、などなど沢山の方々にご迷惑をおかけしてしまった結果に。ああああ私のバカバカバカ…。これがコンサート直前だったら…と思うと更にぞっとします。体調管理と食べ物管理がしっかりできなかったらプロとして失格。大反省です。


———————————

牡蠣に一度あたるとあたりやすくなる体質になるという噂は本当でした。身を持って実感。しかも、前回より個数は少ないのに症状はエスカレート 泣。 

今度こそ懲りました。
大好きだったけど、今後の人生から生牡蠣はさようならです…。


P.S
Wikiによると、牡蠣によるノロウイルス感染は、一般的にO型の人がかかり易く、一番かかりにくいのはB型らしいです。 ちなみに私、見事にO型…。
by sayaka-blmusic | 2010-02-04 22:15 | ロンドンでの日常生活

ロイヤルアカデミー、プチリニューアル??!

卒業以来、なかなか立ち寄る機会がなくなってしまった母校、ロイヤルアカデミーオブミュージック。

この間、今現在アカデミーに在校中の友達から、

「最近、アカデミーの玄関、リニューアルしてて、すごいよ!
ドバイのホテルの入り口みたいになってるよ!!!」

との噂を聞きびっくり。

何せ、私が居た頃のアカデミーの正面玄関は、(え??ここ、本当に正面玄関?裏口じゃ…?)と思う位の古ーーーい玄関だったので、全く想像が付かず。

昨日、ちょうど用事で近くを通りかかったので、
その「ドバイのホテルの玄関」を一目見るべく、立ち寄りました。


すると、


e0030586_8361311.jpg



!!!


e0030586_8365984.jpg


確かに!!!!

入り口だけ素晴らしくギンギラギンになっている!!



そして、一歩中に入ってふと横を見ると、

e0030586_8384638.jpg


相変わらず超ボロボロのレトロな木製エレベーター(イギリスではLift)。

これ、何度かこのブログにも登場しましたが、
イギリスですら今時珍しい古———いタイプの木製です。

e0030586_839191.jpg


こんな風に、手動でぎーーーっとドアを開けて中に入ります。
アカデミーに入学した当初、初めてこのドアを見た時は、完全に倉庫か何かだと思ったので、突然中から人がわさわさ出て来た時は腰抜かしそうになりました。

一週間に最低一回は何らかの故障が起きて止まっている、悪名高きボロボロエレベーター。入り口のキンキラキンの前に、このエレベーターをリニューアルした方がいい気が…。最新のものと、最古のものが共存する空間、ある意味とってもロンドンらしいです。



ところで、最近、ロンドンへの日本人音楽留学生の数が全般的に減って来てしまっているのだそうです。学費の安い(もしくは無料の)ドイツなどの音大に比べ、イギリスの音大はかなり学費が高いことなども一つの理由だけれども、それに加えて「のだめ効果」で、フランスの音楽院が大人気なんだとか。

世界各国からの人々がひしめく「小地球」ロンドンならでは色々な刺激、ヨーロッパで唯一の英語圏、ヨーロッパ各都市どこでも行きやすい、など沢山のメリットもあるので、是非これから再び、ロンドンへの音楽留学生も増えて欲しいなぁと思います。
by sayaka-blmusic | 2010-02-02 08:46 | ロイヤルアカデミー学校生活