<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

激寒ロンドンとユダヤ人家庭と防犯ベル

e0030586_10523051.jpg


寒い!寒すぎです。先週積もった雪がようやく溶けかけてきたと思ったらまた雪…。
気温に関しては、18年振りの大雪が降った昨年を上回る寒さなので、今年のロンドンは更に厳しい冬になるんじゃないかとびくびくしています。

さて、そんな激寒の中、先週末土曜の夕方、家の前の通りを歩いていた時のこと。

我が家の3軒隣りの家の前で、二人のユダヤ人男性が、何やら困った様子で話し合いながら、こちらから歩いてくる私の様子をうかがっていました。

ちなみに、ユダヤ人は、独特の黒づくめの洋服に黒いハット、付け髭や付け髪をしているので、遠くからでもすぐに分かります。

私の住むロンドン北部のこの地域は、ロンドン内でも特にユダヤ人の多い地域。駅前通りの商店街は、半分以上がユダヤ系のお店。ユダヤ教で食べることが許されている食品のみを扱うレストランやスーパー(Kosher)、ユダヤの祭事道具を扱うお店、などが並んでいます。

私の家のあるこの通りも、多くがユダヤ人家庭。
週末になると特に見かける、黒づくめユダヤ人の行列には、最初はびっくりしましたが、最近ではむしろ、この辺りに住んでいるユダヤ人の皆さんは信仰深くて真面目、という安心感がすっかり私の頭の中で出来上がってしまってしまいました。事実、この辺りは私が今まで住んできたロンドンの色々な地域の中で、ダントツに治安が良いです。

--------

さて話は戻って、歩道の真ん中で困った様子のユダヤ人男性2人。
「何かお困りですか?」とこちらから聞こうとした瞬間、向こうの方から話しかけてきました。


ユダヤ人男性「あの…、とても申し訳ないのですが、家の防犯ベルの機械を止めてくれませんか? 誤作動してしまって。」


私(ん?防犯ベル? しかし彼らにも直せないものが私に直せるんだろうか?
もしかして日本人だから機械に強いだろうとか思われてしまっている…?)


私「あの…、もちろん喜んでお力になりたいのですが、私あんまり機械に詳しい訳じゃないので、できるかどうか…」


ユダヤ人男性「いや、簡単だから絶対大丈夫。こちらが言う数字を4つ押してもらうだけです」


????? それならなぜ道行く見知らぬ人に頼むのだろう??
とますます疑問に。

するとお兄さん達、私の疑問を察したかのように、

「今日は土曜日なので、私たちユダヤ人は、電気製品に一切触ることができないのです」

そうだ、今日は土曜日だった!!ユダヤ教の安息日だ!
ユダヤ人の生活スタイルの徹底ぶりは、噂には聞いていたけど、本当だったのね!と驚き。

安息日を重んじるユダヤ教では、金曜日の日没から土曜日の日没にかけては、一切の仕事をしてはいけないのはもちろん、電気製品やガスも使ってはいけないのだそうです。しかしさすがに、一切電気やガスを使わないというのは現代生活では無理がある為、現代生活におけるルールでは「土曜日に電気がガスのスイッチを入切してはいけない」ということなっているそうです。そのため、ユダヤ人家庭では、土曜日にスイッチの入切をしなくてもいいように、金曜日の晩から電気はつけっぱなし、ガスコンロは最小の弱火で、1日中つけっぱなしにしておいて、必要な最小限の家事を行えるようにしておくのだそうです。

つまり土曜日に、誤作動してしまった防犯ベルを「切る」という行為は、彼らにとっては宗教上許されないことなので、ユダヤ教徒でない人が通りかかるのを、通りで待っていたようです。


事情が分かり、そういうことであればもちろん喜んで、というと、

「ああ!助かった!では宜しくお願いします。」と早速家の中に案内されました。

初めて踏み入れるユダヤ教徒のご家庭。
案内してくれた青年達の他、ご老人、大人数人、小さい子数人&赤ちゃんの大家族。ユダヤ人は、旧約聖書の「産めよ増やせよ」を忠実に守るため、大家族が多いというのは本当みたいです。

家の中は更にけたたましく、誤作動した防犯ベルが鳴り響いていました。
鳴り止まない大音響を怖がってしまって、赤ちゃんは大泣き。小さな子供達も「いつ鳴り止むの??」とぐずって、家の中はパニック状態。

更に家の奥に進み、防犯ベルの解除装置のある、倉庫の中に案内されました。倉庫部屋は真っ暗で、とても機械の画面を読める状態じゃなかったので、懐中電灯はありませんかと聞こうとした瞬間、そうだそれも付けられないんだったと気づき、自分自身の持ってた携帯電話の明かりを照らし、なんとか防犯ベルの解除操作を完了。

すると家中に鳴り響いていた防犯ベルの音も止み、
ユダヤ人大家族の皆さんも、一同安堵の表情。
赤ちゃんも泣き止みました。

「いやぁあああ本当に助かりました!!ありがとう!!!」と
ご家族のみなさんに、大げさな位感謝されてしまいました。
うーむ私、数字ボタン4つ押しただけでこんなに感謝されてしまっていいんだろうか^^;

ユダヤ人の信仰深さというかストイックさを垣間見た経験でした。
防犯ベルがいくらうるさかろうが、赤ちゃんが泣こうが何があろうが、電気・ガスのスイッチをいじっちゃいけないという教え一つにも、ここまで忠実に従うというのはある意味尊敬です…。厳格な教徒は、たとえ家でガス漏れに気づいても、それが土曜日であったら、自分では閉めちゃいけないのだとか。で、そういう場合はどうするかというと、やはり今回のように外に出て誰かユダヤ教徒以外の人に頼むのだそうです。

あれ、待てよ、その場合、彼らにとって「土曜日に電気やガスを止める」という「罪である行為」をした私たちって、たとえ彼らから頼んだこととはいえ、彼らからすると「悪いこと」をした人なんだろうか、「良いこと」をした人なんだろうか…????分からなくなってきました(笑)


ちなみに、この辺りはユダヤ人の多い地域、と書きましたが、この地域は日本人も多く住んでいるために、昔から「J.J. Town(Japanese-Jewish Town)」と呼ばれているらしいです。

ユダヤ人と日本人は見た目も生活習慣も全く違うし、歴史的バックグランドの違いに関しては、とてもここで一言で書ききれるような簡単な問題ではないことはもちろんですが、ロンドンに住むユダヤ人とロンドンに住む日本人を限定して考えてみると、自分たちの生活スタイルやコミュニティを大切にしながも、他の人種の生活をあえて干渉したりするわけではなく、淡々と平和に暮らしている、という意味では、メンタリティ的には意外に相性の合う部分が多いのかもしれないなぁと思います。
by sayaka-blmusic | 2009-12-22 10:56 | ロンドンでの日常生活

ピグミーの音楽と生活 – ピグミー研究者の服部さんとお会いして -

e0030586_8594893.jpg


先日、ピグミー研究者の服部志帆さんとお会いして、ピグミーの生活や音楽についてお話を伺うという貴重な体験をさせて頂きました。(写真右が服部さん。ピグミーの子供達が写っている画面と一緒に撮ったのですが残念ながら反射しちゃいました…)

服部さんは、京都大学大学院でピグミーの研究をされている地域研究博士で、現在ロンドン大学に客員研究員として1年間イギリスにいらしています。

ピグミーというと「彼らの歌が素晴らしい!」というイメージだけは、私自身、昔から強く持っていました。というのも、UNESCO所有のピグミーの歌の音源をサンプリングしてハウスミュージックと融合させた「Deep Forest」というグループの音楽が、昔から大好きで、音楽の印象だけは強烈にあったのですが、その他に知っていたことといえば、「成人男性でも平均身長が150センチに満たない位のアフリカの森林に住む民族」ということ位で、ピグミー自体がどんな文化を持ちどんな生活をしているかは何一つ知らなかったので興味津々!

そのピグミーをご専門に研究されていて、実際ピグミーの村にも住み込んでいらっしゃったという服部さん。実際お会いして直接お話を伺い、しかもピグミーの実際の歌声のCDも聴かせて頂けるということで、一ヶ月近く前からとっても楽しみにしていました。

実際お会いした服部さんは、とても女性らしく柔らかな物腰の方で、とてもピグミーの中で一緒に野生生活していた姿が想像できないほど。でも言葉の節々に芯の強さを感じさせるとても素敵な女性で、ああ、こんな風な日本人女性が、世界に出て行って現地で素晴らしい研究していらっしゃるって、すごく素敵だな、素晴らしいなぁ…と思いました。


彼女が住み込み調査をしていたのは、カメルーンの森林に住むピグミーの一つ、「バカ族」。まるで冗談みたいな名前ですが、「バカ」とは現地では「人間」という意味なのだそうです。

彼女が現地で撮影した写真の数々をPCで見せて頂きながら、ピグミーの家、食べ物、生活道具、生活の様子などなど、本当に興味深いお話を沢山聴かせて頂きました。

今でも狩猟採集による生活をしているピグミーは、移動生活を基本とし、一つの場所で一通り狩りを終えると、次の場所に皆でお引っ越し、というキャンプ生活。

棒と葉っぱで出来た家は非常にシンプルで、家財道具は、寝床と、簡単な調理道具などのみ。家は寝るためのみにあるようなもので、食事も皆で外で食べるし、1日のほとんどは外で過ごすそうです。ほとんど物や財産らしきものを持たずに生活しているものの、基本的に飢えへの恐怖はなく、森がある限り自分たちは大丈夫、森が守ってくれる、自分たちを生かしてくれる、という絶対的な森への信頼があるのだそうです。

モノばかり増えて行って、なのに不安ばかりが募る私たち…。
あまりにも対照的で、PC画面の写真にうつる彼らの澄んだ目を見ながら、色々なことを考えてしまいました。

ところで、ピグミーは、洋服や道具などは、基本的に皆で共有。なので、前の日にあるおじさんが着ていたTシャツを、次の日には違うおじさんが着てたり…、なんてことは日常茶飯事なので、洋服をたよりに人が覚えられないので、ただでさえ皆似ている顔なので、最初名前を覚えるのが大変だったそうです。


と、ここまでお話を聞いて、ふと疑問が。

「服部さん、一体ピグミーと何語でコミュニケーションされてたんですか?」

すると、驚きの答えが!
服部さん、現地のバカ族が話す「バカ語」を、日本にいる間に勉強して習得し、後は現地で毎日かたっぱしから「これは何ていうんですか?」と聞きながら、体当たりで覚えていったんだそうです。凄すぎる…。

更に、服部さんが初めてピグミーの村を訪れた日には、付き添いなどは無く、たった一人で彼らと初対面。彼らに「研究のために」と説明しても、当然彼らは「研究」とは何のことやらさっぱり分からないので、とにかく、
「あなたたちのことを、知りたいのです!」
ということを必死に伝えたのだそうです。

服部さんの思いは彼らに通じ、初めて出会ったその日から、彼らは彼女をグループの一員として温かく迎え入れ、その日からすぐに、一緒に生活を始めたのだそうです。

バカ族の懐の広さ、深さもスゴイけど、その中にたった一人で飛び込んでいって、合計で2年半もの間、彼らの中に溶け込んで共に生活をし、しかも生活しただけじゃなくて、素晴らしい研究結果まで出されている服部さん、心から尊敬です…。

私自身ロンドンに住み始めたばかりの頃、女の子一人で異国の地で大変でしょうと色々な方に心配して頂いたり、私自身、文化の違いが大変、言葉の違いが大変とか思っていたけれども、服部さんのそれと比べたら、なんて甘っちょろかったんだろうと思います。

----------------

さて、色々な興味深い話を聞かせて頂きながら、楽しみにしていたピグミーが実際に歌っているCDも聴かせて頂きました!

ピグミーが実際に歌う音楽。
始まった瞬間からノックアウトです…。
これが人間が歌っているとは、やっぱりどうしても信じられない。

基本的に完全即興らしいのですが、人間の声とは到底思えないような、まるで鳥のような歌声。そしてピグミーのスゴイのは、これに次々と他の人がハモリで加わり、即興でポリフォニー(多声音楽)の合唱をしてしまうこと!

服部さんによると、ピグミーの住む森では、このような歌が、毎日当たり前のように森中あちこちから聞こえてくるそうです。1、2歳という、物心が付く前から、自然と歌い、踊り始めるのだとか。なので、5歳前後の子供達同士でも、集まると自然とポリフォニーの即興を始めるのだそうです。

実際に5歳位のピグミーの子供達の即興での歌の録音を聞かせてもらったのですが、どんなスパルタ音楽教育を施したって、5歳でこんな風には普通ずえっったいに無理って位の天才的な歌とリズム感…。

なんでも、何千年も前の古代から、ピグミーは歌と踊りの天才として、知られていたのだそうです。

ちなみに、ピグミーの村では「リーダー」を決めず、上下関係も無い、完全な平等社会で、むしろ「出る釘は打たれる」という暗黙の了解があって、皆周りを見ながら合わせるというメンタリティが自然とあるのだそうです。

「調和」=「ハーモニー」

クラシックのアンサンブル等でも誰か一人が自分だけ目立とうとした途端にハーモニーが崩れることは多々あります。

彼らが即興による天才的なハーモニーを奏でているのは、もしかしたらこの完全なる平等社会から来るところもあるのかもしれません。


------------


先進国では、いつの間にか音楽が単なる自己顕示の為の手段になってしまっていることが往々にしてある気がします。最近、色々な民族音楽に接していて、そもそも音楽って何なんだろう、何のために人類に与えられたんだろうということを、ふと思わされました。

ピグミーのそれは、まるで生きて息をすることがそのまま歌になっているような、そんな音楽。

人間の根本的エネルギーを呼び覚ますような、彼らの素晴らしい歌声や音楽を、とても真似することはできないけれども、その音楽にこんなにも魂を揺さぶられるということは、私たちの体のどこかにも、もしかしたら彼らと同じものが眠っているからなのかな…と思います。


ピグミーの歌は以下のホームページで聞くことができます。
http://www.baka.co.uk/baka/
トップページの他、「Songs」のタブをクリックすると、更に歌や踊りの映像などを見ることができます。

更に、このバカ族の歌にインスピレーションを受けて、彼らの音楽を取り入れながら音楽を作り続けているイギリス人とアフリカ人の混合グループ「Baka Beyond」というアーティストのCDは、日本やイギリスのアマゾンでも買えるようです。

先進国による森林破壊などが進む今、
彼らの音楽やいのちの源である森が守られ、彼らがこれからも平和に過ごしていくことができることを、心から祈るばかりです。
by sayaka-blmusic | 2009-12-12 09:08 | ロンドンでの日常生活

チベット僧の音楽&ダンス体験



前回の「アフガン音楽を聞く夕べ」に続いて、今回もロンドン西部アクトンにある「Asian Music Centre」主催のイベントに行ってきました。

今回のイベントは、「チベット僧の音楽」とテーマにしたワークショップ。チベット仏教や、チベット僧の生活や音楽については、私自身何も知識がないので、全くゼロの知識のままワクワクして向かいました。

e0030586_8351638.jpg

ワークショップで、実際に歌や演奏、踊りを披露して下さったのは、はるばるチベットの僧院から来た、本物のラマ僧の方々!!

チベット仏教といっても、やはり「仏教」の一種なので、お経の部分は、日本のお経とも少し共通するところがあるような感じがしたのだけど、やはりなんといっても違うのは、日本のお経と比べて、圧倒的に「音楽」であること!

7人位の合唱形式で唱えて(歌って)くれたお経は、ところどころ多声部になっていたり、フーガのように対位法的になっていたり、ラッパや打楽器、ベルなどが入ったりします。

お経のようでお経でない。歌のようでいて、歌でもない。不思議な音楽でした。

中でも驚いてしまったのが、この巨大な長———いラッパの、轟音!
e0030586_8365253.jpg

ぶおおおおおおおおおん!!と狭い部屋の中で最初に鳴り響いた瞬間は、そのあまりの迫力と、独特の音色に驚いて、鳥肌がたってしまいました。

音程は口元のみで変えるみたいなのですが、ちゃんと低い音と高い音が出し分けたり音程をつけることができる楽器みたいです。

ぶおおおおおお、ぽーーーー。
ぶおおおおおお、ぽーーーー。

と、低い音と高い音を、順番に出すのですが、これがなぜか決まって毎回、低いシ♭と一オクターブ上のド、という長9度の関係。この少し不自然な響きが、かえって神聖さをかもしだしていて不思議な感じでした。

e0030586_8371572.jpg

こちらは打楽器奏者。ドラのようなドラムを、木の棒(背中マッサージ棒に見えるのは私だけでしょうか…)で鳴らしつつ、手元ではお皿を二枚合わせたようなシンバルを叩きます。一人二役です。


音楽の後は、続いてダンスを披露して下さいました。
e0030586_8373147.jpg

打楽器と管楽器に合わせて踊る僧。
拍子があるかと思ったら、突然なくなったりと、これまた不思議なリズムと拍子。
あえていえば、日本の能に近い感じもしたけれども、能のような「ぴん」と張りつめた緊張感はなくて、かなり脱力して踊る感じのダンスでした。

ちなみに踊りの意味も、衣装の意味も、邪悪を追い払う意味なのだとか。

へええええ…と思って見ていたら、突然
「それでは、皆さんも一緒に踊ってみましょう!」ということに!

そして観客全員で(といっても10人弱)、2列になって、チベット僧直伝の踊り講座。いやーまさか、チベット僧の踊りまで習えるとは思っていませんでした(笑)貴重な体験です。

踊りを教える時のかけ声で「チ、二、スム、シー」と言っていたのですが、これはチベット語の「いちにーさんしー」にあたるものらしいです。日本語に限りなく似ているのでびっくり。ちなみにチベット語は、日本語とほぼ文法が同じらしいです。顔立ちもよく似ているし、やはり同じルーツなのだなぁと実感。


ダンスの次に行われたのは、チベット僧のディベート(問答)のシミュレーション。
e0030586_838082.jpg

修行の一つとして行われるものだとのことです。手をぱーーんと打ち鳴らしながら、議論の声が飛び交うのですが、静かに真面目に行われるものというより、周りもヤジを飛ばしたり、笑ったり、一緒に参戦したりと、まるで白熱したスポーツの試合のような盛り上がり。
e0030586_8381573.jpg

白熱すると、こんな感じで一人の僧を皆でよってたかって質問攻めにしたりも。

チベット語なので何言っているかさっぱり分からないのですが、それでも見ているだけでエキサイティングでした。


ワークショップが終わった後、好きな楽器を体験させてもらえるということになり、私は一番興味のあった巨大ラッパへまっしぐら!
e0030586_8383476.jpg

ふーーっと息を入れてみたものの全然音がでなくて隣の本物の僧侶さんに笑われてしまっている図…。

その後、思いっきりおなかから息を吹き入れたら、なんとか音は出たものの、中途半端な音が出るだけで、とても彼らのような太くて幻想的な音は出ませんでした。チベット僧は最低15年から20年の修行を積まなくてはいけないそうなのですが、きっとこのラッパも修行が必要なのですね…^^;

ちなみに、こんな長い笛どうやって持ち運ぶんだろう…と思ったら、
e0030586_838499.jpg

こんな風に縮んでコンパクトになるようです。


下の写真は、日本のでんでん太鼓にそっくりな打楽器。これもお経と共に使われていました。
e0030586_839879.jpg

でんでん太鼓は、元は雅楽で使われる「振鼓」が元らしいので、やはり大元の由来は同じなのかも。

下の写真は、一見、仏壇の前にあるチーンとならす鈴に見えますが、これも実はれっきとした楽器。
e0030586_8392616.jpg

打ち鳴らすのではなく、上の写真の用に、棒でふちをぐるぐるとこすって音を出すと、「ぅうわああああああん」と、宇宙的な響きが広がります。

-------------

ということで、本当に貴重な経験をさせて頂いた「チベット僧の音楽」のワークショップ。

これまで聞いたこともない音楽、響きを聞くと、今までの人生で一度も刺激されなかった脳みその部分が、突然刺激されて呼び覚まされるようで、本当にドキドキする体験です。

この間のアフガン音楽を聞いた時にも感じたけれども、自分が今まで「音楽」だと思ってきたものは、世界に存在する音楽の、ほんの一部でしかなかったことを痛感させられます。

世界にはまだまだ、私の想像も及ばないような、素敵な素敵な音楽があるのだと思うと、この先の人生でどんな響きに出会えるのか、本当に楽しみです。
by sayaka-blmusic | 2009-12-09 08:43 | ロンドン音楽事情

ロンドンに渋谷出現!

約一ヶ月ほど前の11月2日、ロンドンのど真ん中、Oxford Streetに、
日本の渋谷駅前にある 「あるもの」が導入されました。


それは…



e0030586_8475616.jpg


スクランブル交差点!!
本当に、日本の渋谷駅前のスクランブル交差点をモデルに作られたのだそうです。

この交差点が作られたOxford Circus駅前は元々、ナイキショップやTop Shop、H&M、ベネトン、などなどの人気ショップに囲まれた、ロンドン随一のショッピングエリア。同時にミュージカルのシアターや、色々な会社も集まっている為、地元民も観光客も、平日休日問わず殺到する地域。特にこの交差点は、ガードレールから歩道に人が溢れ出るんじゃないかというくらいの異常な混雑具合でした。なんでも多い時は1時間に3万人以上の往来があるのだとか。

当然、車やバスの往来も多く、これまでは、横断歩道で向こう側に渡るのも一苦労。対角線側に渡ろうと思ったら、この苦労を二回しなくてはいけないわけで、考えるだけでげっそり…。多くの人たちは、我慢できずに車の間を縫って信号無視する始末。混むし危険だし、そりゃあもう最悪の交差点だったわけです。

そんな中、ボリスジョンソン市長が、渋谷のスクランブル交差点を見て
「これだーー!これをお手本にしよう!」
と、混雑解消と安全化のために立ち上げたのが今回のプロジェクト。

総工費7億円近く! 半年以上の工事期間を経て、ようやく先月開通したとのことです。何にそんなにお金かかるんだろう…線引き直して信号機直せば済みそうなのに…と思ったら、交差点周辺の500メートルに渡って、歩道や街頭なども一斉に新しくしたんだそうです。ちなみに新しい歩道は、捨てられたガムを取りやすくするための特殊加工が施してあるのだとか!

ちなみにイギリス英語では「X-crossing」。実際行ってみると、確かに、これまでとは考えられない位横断がスムーズになり、駅周辺の混雑も解消されてました。

e0030586_8495874.jpg


信号が青になり、一斉に色々な方向へ渡り始める人たち。
開通から1ヶ月ほどたつのにも関わらず、未だ珍しさもあってか、交差点を写真撮影する人もちらほら(私もその一人…)

e0030586_849520.jpg

日本の交差点のようなシマシマ模様がないせいか、すごく広いスペースに見えます。


さて、開通式の様子は以下のリンクでBBCの動画ニュースで見ることができます。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/8338736.stm

市長がドラを打っている横で、「祭」のはっぴを来た人たちが。おそらく、日本の渋谷スクランブル交差点にならったということにあやかってのことと思います。

インタビューでは、大はしゃぎで「Amazing!」と渡る人や、「Strange…」とつぶやきながら渡るおじさん(笑)などなど、ロンドンの人たちの色々な反応を見ることができます。
by sayaka-blmusic | 2009-12-03 08:55 | ロンドンでの日常生活