<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ロンドン「JAPAN祭」レポート

少し時間が経ってしまいましたが、先週末に行ったロンドン「ジャパン祭り」のレポートです。

e0030586_202758.jpg

このJapan 祭りは、在英日本人の会である「JRA(The Japanese Residents Association in the UK)」が中心となって企画し、今年初めて開かれたお祭り。ロンドンで最大のマーケットの一つ「Spitalfields Market(スピタルフィールズマーケット)」を一日貸し切りで行われました。

会場に着いてみると、とにかく凄い人!人! 
お祭りの規模も、人出も想像していた以上でびっくりしました。

e0030586_20153063.jpg


e0030586_20161523.jpg

メインステージで行われていた和太鼓や浴衣のショーには特に凄い人だかり。

屋台コーナーは、ロンドンの人気日本食レストランなどが出店していて、

e0030586_2023779.jpg

焼き鳥やたこ焼き、焼きそばなど縁日の定番メニューはもちろん、

e0030586_2031345.jpg

e0030586_2032992.jpg

お寿司屋ではおすし作成講座なども行われていました。

e0030586_206077.jpg

キティちゃんのグッズはやはり大人気。

e0030586_2065760.jpg

日本の手ぬぐいやせんす、ぞうりなども。


また、様々な日本文化体験コーナーも。

e0030586_20113712.jpg

けん玉体験コーナー。


e0030586_20115851.jpg

折り紙教室のブース。主催はBritish Origami Societyで、教えているのもイギリス人でした!後でウェブサイトを調べてみたら、この団体、なんと創立40周年にもなるイギリス人の折り紙愛好団体なんそうです。


e0030586_20124764.jpg

将棋教室のコーナー。こちらも講師はイギリス人!


e0030586_201317100.jpg

日本酒試飲&販売コーナー。日本酒は「SAKE (サーキーと発音)」として、欧米人の間でも人気です。


e0030586_20143160.jpg

新聞で作ったかぶと。懐かしい!新聞の「更年期かも・・」の文字が若干気になりますが・・・・。


e0030586_2014717.jpg

自分の名前を、カタカナで、習字で書いてもらえるコーナーなどもあったようです。


e0030586_201536.jpg

つい爆笑してしまったのは、メインステージで行われていたプログラムの一つ、パラパラショー! 女子高生や、懐かしの「やまんばメイク」で女子高生に扮した出演者達が、パラパラを踊っていて、お客さんも一緒に踊る「パラパラ体験」コーナーも! 10年ほど時代が錯誤している気がしないでもありませんでしたが(笑)外国人はもちろん、日本人にとっても「懐かしの1980~90年代日本カルチャー」が垣間見れたのは楽しかったです。




いやーーーーーーお祭り全体が物凄い熱気でした。大盛況を明らかに通り越して人が多すぎて、たこ焼き一つ買うのに一時間以上並びそうだったので、結局何も買えずに諦めて帰ってきてしまいました^^;

主催者のブログによると、15000人の人出を予想していたところ、実際の来客数は倍以上(3万人以上!)だったとのこと。

お祭りの場ではあまりの人ごみの中で何も考えられなかったけど、家に帰って冷静に考えてみたら、ロンドンで初めての「日本祭り」で主催者の人出予想をはるかに上回る3万人もの人出があってSpitalfields Marketなんかじゃ収まりきらなかったという事実は、これは凄いことなんじゃないかと、思いました。

通常、ロンドンで開かれる日本人主催によるイベントは、日本人しか集まらなくて内輪で終わってしまうことが往々にしてあるのですが、今回のジャパン祭りは、現地イギリス人やその他の国籍の方々がお客さんの半数以上を占めていました。

そしてもう一つ衝撃だったのが、日本文化を紹介していたのが、必ずしも日本人でなかったという事実。

例えば折り紙教室も、将棋教室も、イギリス人講師! イギリス人が率先して日本の文化を広めているということに、衝撃を受けてしまいました。すごく嬉しいような、くすぐったいような、それでいて我が身を振り返ってみると自分自身は日本文化のことを何にもしらないよなぁ・・・と思ったり。

実際、海外に住んでみると、欧米人から日本人に対する目線は、一概に好意的とも好意的でないとも言えない、色々な感情が混ざり合った一言でくくりきることの出来ない複雑な感覚だなと思うのですが、彼らにとって、日本という国は先進国の中で自分達と全く違う文化を持っている数少ない国の一つであって未知の部分が多いということは事実。

一方、日本人の欧米に対する目線はどうかというと、全ての人がとは言わないけど、多くの人が持ってしまいがちなのが(そして私にも渡英当時特にひどかったのが)極端な欧米コンプレックスと英語コンプレックス。

日本人として海外に来たはいいけど、日本人として何を発信していいのか分からない。発信の前に、ひとまず現地に溶け込むのに精一杯。

私を含め多くの人がそうなってしまいがちな中、今回の「ジャパン祭り」は、「外国人から見た日本」と「日本人から見た日本」の目線を両方取り入れつつ、日本文化をこれだけ幅広くバランスよく紹介していて、素晴らしいことだと思いました。それはこのお祭りが、平均在住年数10~20年を超える主に永住者を中心にした、いわば「ベテラン在英日本人」の会であるJRAの主催だったからこそこのような絶妙なバランスで実現したのかなと思います。


-----------

ところで私、ふと思ったのですが、
小学校や中学校の授業科目に、「日本文化」という授業が必修で加わったらいいのでは?と思います。「日本史」や「社会」とは全く別のくくりで。

国際社会に出て行っても恥ずかしくない最低限の自国の歴史や文化に対する知識。それこそお寿司の握り方でもいいし、お茶とかお花とか、着物や浴衣の着方とか、同時に最新の日本のカルチャーとか。それらを学んで、体験して、そしてそれを外国人相手と想定してプレゼンしたりする授業。

英語教育ももちろん大切だと思うけど、無理な早期英語教育だけでなく、そんな授業があったなら、日本人が海外に出て行く時の大きな壁が、一つ解消されるのでは・・と思います。

どんなに英語を勉強してから外国に来ても、実際のコミュニケーションの弊害となっているのは、もっと心理的なことだったり、日本人としての「ぶれない芯」の足りなさだったりすると思うので。
by sayaka-blmusic | 2009-09-25 20:24 | ロンドンでの日常生活

ロンドンで美味しい鶏ガララーメンを作る!

昔から自他共に認めるB級グルメ好きの私。ラーメンももちろん大好き!10年前に最初に作った自分のホームページには、「東京ラーメン名店めぐり5段階評価」のコーナーまであり、当時の先輩に「ピアニストはイメージというものが大事なんだからラーメンの紹介コーナーまでやるのはちょっと・・・」とやんわりお叱り(?)を受けたことも・・・。(別にいいと思うんだけどな・・・^^;)

しかしロンドンには日本にあるような美味しいラーメン屋さんは殆どありません。これは自分達で作るしかない!ということで、昨年の冬頃から突如ラーメン作りにはまり出した私と夫。特にロンドンの冬は日が短く、週末も天気が悪い時は外に行くよりも家でラーメン作り~ということで、昨年の冬は週末ごとに夫婦でラーメン作りを繰り返していました。

夏の間は、しばらく作っていなかったのですが、ここのところまた寒くなってきたので、久しぶりにまたラーメン作りを再開。

我が家のラーメンは、基本的に鶏ガラ+和風だしのダブルだしスープです。とんこつラーメンも一度トライしたことがあり、ある日一度、夫が中華街から突然とんこつの山を持ち帰って、「これでだし取ってラーメン作ろうよ~」と言い出したものの、骨をかち割るのに、ハンマー持って駐車場で格闘しなくてはいけなかったのと(道行く人からかなり変な目で見られた・・しかもめちゃくちゃ硬い!)、だしが出るまでに6時間位かかって大変なので、以来、お手軽な鶏ガラメインのスープを基本にしています。

e0030586_0312291.jpg

鶏ガラは、近所のユダヤ系肉屋に売っています。鶏ガラは、英語ではChicken Carcass。直訳するとなんと「鶏の死骸」! 

レジで買おうとしたら、ユダヤ人の店員さんに「骨だけだけど、本当にいいのか?」と確かめられました(笑)普段はどのように使うのですか?と聞いてみたところ、やっぱりスープのダシだそうです。

小さいサイズのものですが、4匹分入って1.3ポンド。安いです。今回は沢山作って保存しておこうということで、12匹分買いました。

e0030586_0315841.jpg

丸ごとだとこんな姿ですが、スープを抽出しやすくするために、はさみでひたすらぶつ切りに。もくもくとはさみで12匹分のガラを無言で切り続ける二人・・・。

余分な油や灰汁を取るために、一度茹でこぼしてから、

e0030586_033961.jpg

ネギの青い部分やしょうが、にんにくなどと一緒に巨大なべで、2,3時間位火にかけてだしを取ります。


一方で、和風だしの準備。

e0030586_0334324.jpg

「だしマニア」の夫が日本から持ってきたかつおぶしの塊と、実家から持ってきたかつおぶし削り器。

この鰹節と、昆布・にぼし・海老の頭で和風海鮮だしを取ります。各だしを入れたり引き上げるタイミング少しで、全く味が変わってしまうので、和風だしの味調節は、だしの味に私より敏感な舌を持つ夫担当。鍋に張り付きながら、「ん、まだかつおが強い。あ、にぼしの風味これでOK」とチェックしながら味を調節。海老の頭は今回初めて加えたのですが、スープに甘みが加わって大正解!



そして出来上がったのが、

e0030586_0344188.jpg

鶏ガラスープと、

e0030586_035697.jpg

和風海鮮だしスープ。


この二種類のスープを、味のバランスを見ながら合わせて、醤油、塩こしょう、などで味を調節して(入れすぎるとだしの味が壊れる)、最後に隠し味でゆずをほんの少し入れたら、スープの完成!


一方で、チャーシューと味玉を作っておきます。

e0030586_0355983.jpg


e0030586_0352968.jpg

豚バラブロックは普通にロンドンのスーパーでも売っていて、チャーシューはよく夫が作ってくれます。

e0030586_0362528.jpg

他の具として、メンマ・・・・は滅多に売ってないので、代わりに中国の「腐竹」という湯葉のようなものを、お湯で戻した後に醤油やお砂糖で軽く煮て、メンマもどきを作っています。腐竹自体にくせがない味なので、特に美味しくも不味くもありませんが、メンマと似た見た目にはなります(笑)

麺・・・・までイチから作っていたら休日まるまる潰れてしまうので、これだけは手抜きです(笑) 近所の韓国食材屋に売っている中国の生麺を使っています。

e0030586_0372837.jpg

最後に、ねぎとにんにくと鷹の爪をサラダ油で熱して、焦がしネギの香味油を作ります。



作っておいたチャーシューと味玉、もやしや海苔を乗せ、香味油を少しかけたら



e0030586_0382196.jpg

完成~~~~~~~~~~!!


この半年で何度も何度も思考錯誤を繰り返した末、今回が一番おいしくできました! 

今夜は余った鶏がらスープで炊き込みご飯♪ 明日はチャーシュー丼♪ と、その後しばらくラクができるのも、ラーメン作りの良いところです(笑)

ロンドン在住の皆様、鶏がらラーメンを作りたくなった時は、ユダヤ系肉屋へ~~~!!




<おまけ宣伝>
↓もし宜しければこちらも聴いてみて頂けたら嬉しいです(^ー^)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログの筆者、ピアニスト朝岡さやか 
2012年9月26日オリジナルピアノソロCD発売

Amazon.co.jp「Morning Star 暁」

e0030586_2131391.jpg


「太陽」をテーマにした8曲です。
是非聴いてみて頂けたら嬉しいです。
→こちらから無料試聴できます

ーーーーーーーーーーーーーーーー
by sayaka-blmusic | 2009-09-15 00:42 | ロンドンでの日常生活

今度はトマト・玉ねぎ狩り(Pick Your Own Farm 第二弾)

前回の野菜狩りの日記を見て下さったピアノの生徒さんが、
「Pick Your Own Farmなら、もっとロンドンに近いところにも一つありますよ~~」
と耳寄り情報を教えて下さったので、
先週末の土曜日は、早速そちらのファームに行ってきました。

Enfieldにある「Parkdside Farm」は、ロンドンの我が家から車で30分以内の距離。
午前中に生徒さんのレッスンを済ませ、午後に用事を済ませ・・夕方から野菜狩り・・という半々日スケジュールでも気軽に行ってくることができました。



ということで2週続けて週末の野菜狩りです(笑)

e0030586_22245971.jpg


e0030586_22252951.jpg

今回のファームは、前回のような大規模な施設でなく、農協の販売店ような雰囲気。
小規模ながら、畑は綺麗に整備されていて、
しかも前回のファームには無かった「トマト」「玉ねぎ」「ブラックベリー」などがあるとのこと!


早速向かったのがミニトマト畑。
e0030586_22262260.jpg

赤くなりかけのミニトマトって、緑やオレンジ、黄色、様々な色合いでカラフルなキャンディみたい。
とっても可愛いです。

e0030586_22313376.jpg

完熟ミニトマトはこんなに鮮やかな色。山のように収穫してきました。


e0030586_22264489.jpg

玉ねぎ畑。
一見荒野に見えますが、ちゃんとこの中に大量の玉ねぎが埋まっているんです。

e0030586_22271224.jpg

うっかりすると踏みつけてしまいそうな感じです。


あと、今回大ヒットだったのは、ブラックベリー。
e0030586_22273484.jpg

スーパーで売っている高いブラックベリーより断然甘くて美味しかった!


他にも前回と同じとうもろこしやズッキーニ、ほうれん草などなど、
先週採った分は、先週一週間かけてほぼ食べきってしまったので、またどっさりと再収穫。
これでまた、今週一週間分の野菜を確保です(笑)


e0030586_22281429.jpg

帰ってきたら、採ってきたばかりのトマトやズッキーニ、玉ねぎ、かぼちゃなどを
オリーブオイルやガーリック、ハーブなど一緒に全部一気にまとめて野菜のオーブン焼きに。
アーティストコーチ青木理恵先生から教えて頂いたレシピです。
採れたて野菜から、ジューシーな甘みがたっぷり染み出ていて美味しかったです!


日本にも、もし都心から車で30分位で行ける郊外に、
何種類もの新鮮な野菜を自分で収穫できて、こんな風に採った分だけ格安で買えるような農場があったら、絶対ヒットするだろうなぁ・・・と思います。


---------------

ロンドンから車で北へ30分。
Parkside Farm Pick Your Ownのウェブサイトはこちら
http://www.parksidefarmpyo.co.uk/
by sayaka-blmusic | 2009-09-08 22:33 | ロンドンでの日常生活

野菜・果物狩りへ (Pick Your Own 農場)

イギリスは先週末3連休でした。 牡蠣ウイルスからは完全復帰し、この週末こそは体に良いものを・・ということで(?)、ロンドンから日帰りで野菜・果物狩りに行ってきました。

e0030586_19272970.jpg


イギリスには、Pick Your Own(PYO)Farmと呼ばれる、家族連れや観光客など一般Visitorが、その時に旬の作物を、採りたいだけ採って、量り売りで買うことができるスタイルの農場がいくつもあります。

今回行ったのは、ロンドン南西のSurrey州にあるGarsonsという農場。 ロンドン北部の私の自宅からだと、車で50分位でした。 田舎のおじいさんがのんびり経営しているような感じかと思いきや、駐車場数百台分やレストラン、ファームショップなどなども備える一大娯楽施設。ちょっとしたテーマパークのような感じでした。とはいっても、1871年創業とのことで、かなり老舗のようです。

e0030586_1928720.jpg

e0030586_1928238.jpg

上の図のように、敷地内がそれぞれの区画ごとに様々な異なる野菜や果物が植えられています。畑の総面積100エーカー以上(東京ドーム10個分位)、作物の種類は40種類以上だそうです。それぞれの区画で好きなだけ(買いたいだけ)採って、区画ごとの売店で計量してもらってお金を払うシステム。 入場料のようなものは一切ありません。


まずは入り口に一番近いきゅうり畑へ!
e0030586_19284473.jpg

ここでドキドキしながら最初の収穫、きゅうり2本。もちろんもっと採とうと思えばいくらでもあるのですが、そんなに大量に持って帰っても食べきれないので、食べれる分だけの収穫です。


次にズッキーニ畑。
イギリスでは、フランス語の呼び方の「Courgette」という名前で呼ばれています。

e0030586_19293335.jpg

大きくなったお化けズッキーニ状態のものは、「Marrow」という別の名前の野菜だそうです。ちなみに上の写真で私が持っているのはかなり大きいのでMarrow。

e0030586_19291565.jpg

ズッキーニって、こんな風に地面を這い蹲るように生っているんですねーー! 意外。
きゅうりに似ているけれど、実はかぼちゃの仲間なんだそうです。



さて次は問題です。

e0030586_19301399.jpg

一見キャベツに見えるこの野菜、一体なんでしょう??


e0030586_0295676.jpg

答えはカリフラワー!

e0030586_19305476.jpg

カリフラワーって、こんな風に巨大なキャベツのような葉に何重にも包まれて、一番奥に真っ白なキレイな姿でちょこんと鎮座しているんです。その姿はまさに「姫」! キャベツと同じ原種に由来するらしく、もぎ取る時には茎からキャベツそっくりの香りがしました。

e0030586_19312922.jpg

こちらはサヤエンドウ。


e0030586_19321332.jpg

一見かぼちゃの墓場のように見えますが、ちゃんと全部生きてます。 
まさにハロウィーンで出てきそうなかぼちゃの畑。

e0030586_19323818.jpg

次はとうもろこし畑へ。

e0030586_1933223.jpg

一面のとうもろこし畑。一見誰もいないように見えますが、実は中に人がいっぱいいます。ドラマで犯人逃走中に隠れる場所にとうもろこし畑がよく使われる理由が納得。

とうもろこしは沢山採りました。実が既に黄色くなっているものは、採ったまま生で実をかじっても甘くて美味しかったです。


e0030586_1935335.jpg

こちらはプラム畑。今がまさに旬。完熟プラムが一面にぶら下がっていました。



e0030586_1936234.jpg

次は楽しみにしていたいちご畑のエリアへ。

e0030586_19362699.jpg

あまりに美味しそうで、つい皆採りながらパクパクつまみぐい(笑) ちなみに二つ上の写真の奥にある民家とこの畑との間に塀などは無く、閉園間近になっておもむろに民家からおばさんが出てきて、無断でいちごを数個もぎとって帰っていきました(笑) きっと毎日いちご食べ放題なんだろうなぁ・・・^^;


e0030586_19494476.jpg

最後にほうれんそう畑へ。 ビニール袋いっぱいに摘んでも、わずか49ペンスでした。


e0030586_19372247.jpg

こちらは併設されているファームショップ。自分達で採りそびれた野菜なども買うことができ、ここでは育っていない野菜、地元産のチーズなんかも売っています。


e0030586_19374691.jpg

これが今日の収穫物。山盛りのいちごとプラム、カリフラワー、ズッキーニ3本、きゅうり2本、とうもろこし5本、ほうれんそう一袋分、で合計8ポンド位でした。 値段的にはスーパーよりちょっと安いかな、という位ですが、こうやって自分でもぎとらせてもらってしまうと、何だか「野菜のいのちの代金」という感じがしてしまって、どうにも安すぎる感覚がしてしまいます。



この日の夕食は、自宅にて、採れたて野菜のグリルや焼きとうもろこしなどなど、野菜三昧!
ついさっきまで大地と繋がって呼吸して生きていた野菜を、もぎとって、こうやって食べていると、(「ガラスの仮面」にも出てきたけれど)、「食べる」ということは、まさに「生命をいただく」ことなんだなぁ・・と実感しました。 

自分の体の中に、色々な生命のエネルギーをもらって、日々生きている。
当たり前のことなのに、なかなか気づけないけど、本当に感謝だなぁ・・と思います。

それにしても、あんな風に地面にゴロゴロ転がっているズッキーニとか、お姫様みたいなカリフラワーを目の当たりにするとこれから八百屋さんに行った時に、目線が変わりそうです(^-^)


-----------------------

ロンドンからの家族連れ日帰りドライブに最適!大人も子供も楽しめます。
ロンドン近郊のPick Your Own農場(Pick Your Own Farm)一覧はこちら
http://www.pickyourownfarms.org.uk/London_area_pyo.php

今回行った農場 「Garsons」はウェブサイトこちら
http://www.garsons.co.uk/
by sayaka-blmusic | 2009-09-01 20:08 | ロンドンでの日常生活