<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

世界最大のマラソン大会「ロンドンマラソン」

e0030586_7364643.jpg

先週末、ロンドンマラソンを観に行ってきました。

ロンドンマラソンは世界中から10万人近くの応募の中から抽選などで選ばれた約3万5千人が参加できるという、世界最大の市民スポーツ大会。
市民のためのスポーツ大会であると同時に、プロのマラソン選手にとっての真剣勝負の場でもあり、過去には日本人では瀬古利彦選手や谷口宏美選手が優勝しています。

さて、このロンドンマラソンでは、例年約50万人ものロンドン市民がコース沿いの沿道でランナー達に声援を送り、また地元のジャズバンドなどが、観客へのエンターテイメントとランナー達への応援を両方兼ねて演奏を行っているとのことです。

今年は、友達が地元ジャズオーケストラでトランペットを演奏するというので、
その応援と、マラソン観戦を両方兼ねて観に行ってきました。

私が観戦していたのはスタート地点から30分程のCanada Waterの辺り。
交差点の道路脇にバンドのブースが設けられ、ここでバンドの演奏が行われます。
e0030586_7371099.jpg

スタート時間が近づくにつれて、沿道の観客の数もどんどん多くなっていき、
いざ選手がこの地点を通過する頃になると、何重もの人垣ができていました。

招待選手(女性)、 車椅子選手、招待選手(男性)、一般選手と
時間差で別々にスタート地点を出発するため、
最初にやってきたのは女性の本命エリート選手たち。

e0030586_7373896.jpg


すごいエネルギーの固まりが一瞬で駆け抜けていって、
あまりのエネルギーに見ているだけで大感動。

e0030586_73842.jpg

次に来たのは車椅子選手のトップグループ。

e0030586_7382115.jpg

次は男性選手のトップグループです。(注:先頭の二人はペースメーカー)

世界一流のマラソン選手の走りなんてテレビでしか見たことが無かったので、
こうやって生で見てみると、全く迫力が違います。
「本物」のオーラとかエネルギーって、何の分野だとしても関係なく、無条件で人に感動を与えるものだな・・と改めて思いました。

2年前に初めてアスコット競馬場で最前列で競馬を見て(キングジョージにハーツクライが出た時です)、目の前数メートルの距離を馬が駆け抜けていった時に、あまりのエネルギーの爆発に感動して思わず涙が出てきてしまった時の感覚を思い出しました。


e0030586_739032.jpg

さて、時間を置いて、一般選手たちがスタートしこの地点に到着。
何せ数万人。どこまでいっても人、人、人・・・。
ひっきりなしに「どどどどどどどどどど・・」と人の波が襲ってきます。

ピエロの格好やピンクパンサーの着ぐるみなどなど、仮装をして走っている人もかなりいました
(あの格好で、よくあんなに速く走れるなーと思う)。 4人位で囚人の仮装をしてロープで全員繋がったまま走っているグループも。

沿道に詰め掛けた観客達は皆、自分の知り合いだけに限らず
「Go! John」「Go! Helen!」などなど、ランニングシャツに書かれた名前を見つける度に、
知っている人だろうと知らない人だろうと、片っ端から名前を叫んで応援しています。
私は何だか恥ずかしくて声を上げて応援はできなかったけど、
あーなんだかこういうのっていいなぁ・・と本当に見ていて温かな気持ちになれました。


しかし、一般選手が来始めて数十分たった頃から、
徐々に雲行きが怪しくなり、
ぽつぽつと雨が・・・。

朝は快晴、昼から大雨。しかも4月半ばだというのにみぞれ交じり!!

ここのところ1週間位、ほぼ毎日続いているこのパターンは、
この日も例外なく襲ってきました。

次第に大降りになってきて、あまりの大雨に、バンドの演奏は中断。
ランナー達はずぶぬれのまま走り続けます。

もう少し見ていたい気持ちもあったのですが、傘を持っていなくて全身びしょびしょになってしまったので、やむなく観戦を諦めて退散してきてしまいました。

ちなみにその後しばらくして天気は回復したので、ランナー達は晴天の中ゴールできたようです。

結局35,044人(応募者は9万人以上。抽選で選ばれるらしいです)の参加者中、なんと34,420人近くものが42,195キロを完走したとのこと(当日夜6時半時点)。

市民一般参加の人たちは、10キロ位だけ走って残りはリタイヤすればいいやーという記念参加の人が殆どかと勝手に思い込んでいたので、子供やお年寄りを含め、殆どの人が完走と聞いて、本当に驚きました。

後から聞いたところによると、市民の一般参加の人たちの多くは、それぞれ
「ガンリサーチ団体への寄付」「飢餓対策団体への寄付」など目的をかかげ、
「完走したら募金して下さい」というように友達や知り合い、会社などから寄付を募り、
当日完走して募金が集まったら予め決めておいたボランティア団体に全額寄付する、というのが恒例になっているそうです。

自分の楽しみだけでなく、チャリティとしての目的や、応援してくれている人たちの思いも背負っているため、仮装してようとなんだろうと、思いは皆真剣なんだなぁと思う。
それにしてもこれだけ多くの人たちが42.195キロを完走したというのはスゴすぎる・・・。

「誰でも参加できるなら、せっかくだから私も申し込んで5,6キロだけでも(残りはリタイア)走って雰囲気だけでも楽しめばよかったー!」なんてチラっと思っていたけど、相当甘い考えでした・・。


ということで、ロンドンマラソンはイギリス最大のスポーツイベントであると同時に、
イギリス最大のチャリティイベントで、各ランナーを通じて非営利団体などへ寄付される総寄付金額は、なんと毎年60億円(!)近くにもなるということ。

そしてこれこそが、ロンドンマラソン創設者達が目指した、本当の意味での「市民のイベント」なんだそうです。


あーーーなんだか圧倒されます。
人と人が呼びかけあって、4万人もの人が一斉に走って、それで本当に必要としているところへこれだけのお金が動くって、上手く言えないけど、本当にスゴイことだと思う。




ちなみに後からニュースを調べてみると、この日のロンドンマラソンは

●101歳のランナーが参加し、世界歴代最高年齢完走!(後に94歳と判明しギネス取り消しとなり年齢詐称で今ニュースになっています。
94歳でも十分スゴイと思うのだけど・・・)

●全盲の英国人ランナーが7日間・7大陸・7連続のフルマラソン挑戦のラストとして参加し完走!

●タンザニア北部の村で暮らすマサイの戦士6人が、村に井戸を作るための資金集めのために参加し、
民族衣装に身を包んだ上に盾と槍まで持って走り、そのうち4人は完走!



などなど、日本のニュースにも取り上げられるほど話題満載だったようなのですが、


下調べをしないで行ったため、見所は全部見逃してしまいました。がーん。
by sayaka-blmusic | 2008-04-17 07:43 | ロンドンでの日常生活

素晴らしきホットヨガ効果!

e0030586_532498.jpg


先日のブログに書いた女子サッカーとは別に、基礎体力作りのために一ヵ月前から毎日続けているのがホットヨガです。

もともとヨガってアジアだけで行われているものかと思っていたけれど、
ここロンドンでもかなりの人気。私のフラットでもフラットメイト5人中3人がヨガをやっています。
(うち2人はイタリア人。イタリアとヨガって最も遠いイメージがするけれどイタリア国内でも流行ってるんだそうです。)

e0030586_5324141.jpg

e0030586_5325929.jpg

イギリスでの雑誌にも色々紹介されているようです。

私の場合、ロイヤルアカデミーの友達から、「めちゃめちゃホットヨガいいよーー!」と薦められたのがきっかけだったのですが、ヨガ全く未経験で、ヨガというと瞑想とか怪しげな雰囲気の偏見があった私は、かなりおそるおそるホットヨガスタジオの門を叩いてみました。

ホットヨガ(ここではビクラムヨガ)とは、普通のヨガ(特にハタヨガ)のポーズから厳選された、26のポーズと呼吸法のトレーニングを、室温40度、湿度55%に設定されたスタジオで、90分かけて行うというもの。この環境で行うことによって、体も曲げやすくなり、またヨガの発祥の地インドとも近い環境になる為、最もヨガの本来の効果が発揮されるんだそうです。

実際行ってみると、ヨガ教室というよりむしろスポーツジムのような雰囲気。汗をダラダラ流しながら、初めての90分のヨガレッスンをなんとか終え、外に出てみると、今まで味わったことのない種類の爽快感!体が羽が生えたみたいに軽い!新陳代謝が良くなったのか肌の調子もいいし、その後の体調が明らかにいい。

ホットヨガ、特にホットヨガの中でも本家本元であり、世界最大ホットヨガチェーンであるこのビクラムヨガは、コロンビア大学やUCLA等でも医学的な見地から効果が検証されているらしく、新陳代謝アップ、免疫力向上などの他、消化器系・循環器系・関節系・皮膚・神経系などのあらゆる病気に効果があることが実証されているとのことです。

ヨガのインストラクターによると、なるべく24時間以内にまたトレーニングを行った方が効果があるとのこと。24時間以内というと毎日・・・。
でも、これは騙されたと思って毎日行ってみて、一体自分の体がどう変化するか見てみてもいいかも!と思い立った私。

ここのヨガスタジオは、1日6回のクラスがあり週7日毎日営業。
便利な1ヵ月フリーパス制度(最初の1ヵ月は特にリーズナブル)もあり、かなり自分の都合に合わせて通い続けることができます。

日中はピアノの練習やレッスン・仕事などでバタバタしていてなかなか一定の時間が取れないので、早朝6時45分からのクラスに毎日行って見ることにしました。

----------------------------------------------------------------------------------

ということで毎朝通い始めてからちょうど一ヶ月になるホットヨガクラスのレポートです。(前置きが長すぎてすみません・・)

ビクラムヨガは世界最大のヨガチェーンでロンドン内だけでもいくつかスタジオがあります。ここもその一つ。
e0030586_5334498.jpg

鏡張りの部屋。かなり広めで、最大で65人の生徒が一度にレッスンを受けられます。早朝6時台のクラスにも、仕事前にヨガに寄ってから仕事に行く・・というビジネスマンやOLで合計30人以上の人がいます。またプロのバレリーナやダンサー、トライアスロンの選手などもトレーニングの一貫として来ているらしいです。

e0030586_534679.jpg

上の写真はクラスが始まる前の様子です。
男女比は3対7くらい。 インストラクターはインド人・・・ではなく、普通にイギリス人です。


一回のクラスは90分。インストラクターの指示に従って、毎回同じ順番で26の決まったポーズと呼吸法を行います。

e0030586_5332595.jpg
こんな風に、1.5リットルのミネラルウォーターのボトルを、各自ヨガマットの横に置いて、5ポーズ位ごとの「水休憩」で大量の発汗による脱水状態を防ぐために水分補給します。

ホットヨガのクラスでは、90分で平均500ミリリットルの汗をかくんだそうです。
確かに500ミリリットル出てるわーーと実感できるくらい、実際滝のように汗をかきます。汗と一緒に毒素が全部出て行く感じ・・・。


ヨガというと体が硬いとできないというイメージがありますが、
実際


e0030586_5372580.jpg



こんなポーズや




e0030586_5374161.jpg


こんなポーズを






いきなりさせられる訳ではなく、

それぞれのポーズに初心者~上級者~達人まで段階があり、初心者は足をあげずに掴むだけ、中級者は足をあげる、上級者は上げて伸ばしてさらにひじを下ろす・・・などなど、それぞれのペースにあわせてできるので、他人と比較してどうこうというより、昨日までの自分に挑戦!という感じです。昨日よりも1センチ、明日は更に1センチ、と少しずつ体も曲がるようになってくる変化が自分でも分かるので嬉しくなります。


肝心の効果はというと、1ヶ月ほぼ毎朝、合計30回近くのレッスンに通い続けた結果・・・、


1.呼吸が深くなった!

道を歩いていても、自然と深いところからゆっくりとした腹式呼吸をしている自分に気がつきます。24時間365日し続けている「呼吸」の方法が正しい方法に変わるというのはあらゆる健康面で良い影響がある、とはフラットメイトのヨガ好きイタリア人Fabの弁。


2.体調が全面的に明らかによくなった

上にも挙げた呼吸法の変化と、デトックス効果で毒素が全部出ていくこと、またそれぞれのポーズが持つ内蔵へのマッサージ効果にもよるもののようです。肝臓に良いポーズ、胃に効くポーズ、マニアックなところではすい臓に効くポーズ、などなど色々あるみたいです。


3.筋肉が(少し)ついた!

ストレッチだけでなく肩足立ちの色々なポーズや腹筋・背筋・大腿筋を鍛えるポーズなどもある為、筋トレ効果もかなりあるみたいです。こんなところにも筋肉さん、いたのねー、どこに隠れてたの?? (・・脂肪?)、と筋肉との感動の出会いが。


4.肌の調子がよくなった。 

これもデトックス効果のお陰だと思いますが、顔だけじゃなくて腿の裏とかお腹とか、普段意識しないところまでつるつるすべすべになります。


5.暑さ寒さへの適応能力があがった。
自律神経の働きを整える効果があるそうなので多分それによるものだと思います。


6.体力・集中力など色々な面で、持久力が上がった。
電車で立ちっぱなしなどでも疲れにくくなった。あと夕方以降になると体が疲れてだるく重くなってくる感じもだいぶなくなりました。


7.ストレス解消
ビクラムヨガのサイトでも、一番の効果として精神面での安定が挙げられています。もやもやとした不安や気が重いことがある時にも、90分ヨガに集中すると、汗や毒素と一緒に心の毒素も全部出ていく感じで、ニュートラルで落ち着いた気持ちになり、心のエネルギーも満タンになっていく気分になれます。


8.体重と体脂肪が・・・

ホットヨガを始めてからの一ヶ月で、体重は4キロ、体脂肪は5%以上落ちました。ご飯食べる量は変わっていないのに・・。まさに「究極の有酸素運動+ストレッチ+筋トレ」という感じなので、痩せない訳はないのだけど、それにしても恐るべき効果・・。


9.冷え性がよくなった!顔色(血行)がよくなった!肩が凝らなくなった! その他色々色々・・。


そして最後は、意外にもピアノに大きな効果がありました。
前に国際コンクールで知り合った某有名若手ピアニストが、呼吸法の習得がピアノ演奏に凄く役だったという話をしていたのを今頃になって思い出しました。うーんもっと前からヨガやってればよかったーー。

例えば、ヨガでそれぞれのポーズをとる時、えいっと無理に力を加えるのではなく、体の支点を意識して、ゆっくりと息を吐きながらポーズに移行する。どんな無理なポーズをとっていても絶対に呼吸を止めず余計な部分まで力まず、自然にお腹から呼吸をする、などなどピアノ演奏において注意すべき点と全く共通しています。現にヨガを始めて以来、ピアノを弾く際にも最も大事なことの一つである「地球と一本で繋がっているような体の支えの感覚」を、とても意識しやすくなりました。


体調も体質も体格も、おまけにピアノまで変えてしまうホットヨガ。うーむ東洋の健康法ってやっぱり偉大です。

毎朝6時起きでヨガなんて無理かなと思ってたけど、いざ始めてみると毎朝体の方がヨガを欲して勝手に起きてしまうから不思議。ホットヨガ、おすすめです。二ヶ月目も頑張って行き続けてみます!




このブログの著者朝岡さやか、オフィシャルHPはこちら↓

e0030586_1210834.jpg
ピアニスト朝岡さやかオフィシャルサイト
http://sayakaasaoka.com

by sayaka-blmusic | 2008-04-14 06:03 | ロンドンでの日常生活

次回コンサートのお知らせ またまたラフマニノフづくしです!

e0030586_2337098.jpg

次回コンサートのお知らせです。
昨年のラフマニノフ「音の絵」Op.39 全曲プログラムに続いて、今回はラフマニノフのプレリュード集を中心としたプログラムです。

松本さやかラフマニノフリサイタル 第3弾
Preludes + (プレリューズ・プラス)


2008年5月7日(水)13時10分~14時
ST.JAMES CHURCH (PICCADILLY CIRCUS) 会場のウェブサイトはこちら
地図はこちら
入場料:無料 (事前予約不要) チャーチへの自由寄付あり

曲目
ラフマニノフ プレリュード集より
ラフマニノフ "FLOWER PIECES" Lilacs(リラの花) & Daisies(ひなぎく)
ラフマニノフ 交響曲第二番より第三楽章 
 ピアノソロ編曲バージョン(in Piano Transcription by Sayaka Matsumoto)



主催・ANGLO JAPANESE SOCIETY OF WESSEX, 日本航空(JAL)

場所はロンドン繁華街中心部のピカデリーサーカス駅から徒歩2分。
ジャパンセンターのすぐ隣辺りにある大きなチャーチです。
チャーチとしては珍しく、イタリアのピアノブランド「Fazioli」のフルコンサートグランドピアノがあり、コンサート会場としても頻繁に使われているチャーチです。

プログラムは最近すっかりどっぷりはまり中のプレリュード集から厳選した6曲と、
「花」をモチーフにした曲としてライラック、デイジーズ、
そして先日のブログでもご紹介した「交響曲第二番 ピアノソロ編曲版by松本さやか」を初公開!!

個人的には思い入れたっぷりのプログラムで、
大好きでしょうがない曲を集めてしまった感じです。

上の写真は、コンサートが行われるチャーチの内部です。この日はハープシコードのコンサートが行われていました(写真はコンサート後です)。 駅からも近く、とても広いステキなチャーチなので、もしこれをお読みのロンドン在住の方でご都合がつく方がいらっしゃいましたら、是非お友達をお誘い合わせの上いらして頂けたら嬉しいです。
by sayaka-blmusic | 2008-04-11 23:43 | ラフマニノフについて

ロンドン、今頃になって雪です

e0030586_23431020.jpg

もう4月だというのに、昨日、一昨日と連続で雪でした。

上の写真は一昨日の朝。
視界を遮るかのごとく、大粒の雪がかなりの勢いで吹雪のごとく降り荒れていて、一面真っ白。

昨日も、一昨日ほどではないけれど、ひょうとあられが混ざったようなものが降っていて、
空気も芯から凍えるような底冷えの寒さ。

ロンドンは普段は決して雪が多い地域というわけではなく、私が渡英してからの2年半を考えても片手で数えるくらいしか降っていません。特に今年の冬は殆ど雪は降らなかったのに、3月末頃から急にまた寒くなり、イースターの週末(3月24日)、そして今回の週末と、雪やあられが続いています。

風が吹いたら遅刻して~雨が降ったらお休みで~のハメハメハ大王状態のロンドン地下鉄は
当然、少しの雪でも簡単に電車や地下鉄のダイヤも乱れまくります。
まあ、雪じゃなくても普段から
「濡れた葉っぱが線路にあるため、電車が止まっています」だの
「スタッフの数が足りないため電車が遅れています」だの
「電車が足りません」 (??!) だの
日本では有り得ない意味不明の遅延理由が堂々と駅構内のアナウンスで流れているのですが・・。

ところでロンドン育ちのイギリス人の友達の話によると、
ロンドンでは一年に数回パラパラと雪が舞うことはあるにせよ、日本のようにしっかり雪が積もることは滅多に無いため、ロンドンだけで育った子は、スキー場などにでも旅行に行かない限り、雪だるまやかまくらは作ったことのない子が殆どだそうです。

一昨日はロンドンにしては珍しく、かなりしっかり降ったので、その友達の4歳の息子は「クリスマスだーー!!!」と言ってはしゃぎまわっていたらしいけれど、多分ほとんど絵本やクリスマスのイラスト等だけでしか、ちゃんと積もった雪は見たことがないんだろうなぁと思う。


10日前からサマータイムに入り、あと2ヶ月ちょっとで夏至。
夜8時を過ぎても明るい位、日が長くなっているのに、一方でこの雪。
変な感じです・・・・。
by sayaka-blmusic | 2008-04-08 23:55 | ロンドンの不思議

女子サッカー!

e0030586_0475012.jpg


ピアノとは全く関連がないのですが、練習のリフレッシュも兼ねて、ロンドンの日本人女子サッカーチームに所属させて頂いています。週1回の練習に1月から参加させてもらっていて現在ちょうど4か月目です。

サッ カーは手を(殆ど)使わない球技、ということで、小学校の頃から唯一手の怪我を気にせずに思いっきりできる球技だったので、放課後はよく男の子達に混じっ てボールを蹴って走ってました。ずっとちゃんとやってみたいという気持ちはあったものの、中学高校などでの運動部の所属とピアノの両立は難しいので諦め、 結局大学の選択授業でサッカーを取っていた他は今まで殆ど機会がありませんでした。

そんな中、ロンドンに日本人の女子サッカーチームが存在し、毎週1回リージェンツパークで練習していて、しかも初心者も歓迎、という噂を入手!ロンドンで最も古い日本人サッカーチーム「ロンジャパ(London Japanese Football Club)」の女子部として2007年夏から創設された新しいチームです。週一回・半日だけの練習ならピアノとも両立できるかも、と思い、思い切って初めての練習に行ってみたのが今年の1月。実際行ってみると、中高で女子サッカーやフットサルをやっていた人から、私のように殆ど未経験からスタートした人まで色々。

チームメンバーも、留学生、カメラマン、ダンサーなどの専門職の方、ロンドンの現地企業で働いている方、駐在員の奥様、日本人学校の先生などまで本当に幅広いし年齢層も10代~40代と様々。こんなに色々な職業や年代の人と出会えるのも、ロンドンの日本人社会ならではだなぁと思います。

以来、基本的に毎週末練習に通い始め、4ヶ月目に入って、基本的な動き方なども少しずつ覚えてきました。元浦和レッズのユースでプレイしていた男性コーチを中心に、本家のロンジャパ男子部から毎回何人かコーチ補佐が来てくれます。毎回練習テーマがきちんと決まっていて、サイドキックだけの練習、ショートコーナーだけの特訓、スローイン、インサイドキックの特訓、などなど基礎の基礎からステップバイステップで丁寧に教えてもらえるので、毎回ただなんとなく体を動かしに行くというのではなく、きちんと何かを学んで得てこれる実感があり本当にやりがいがあるし、チームメンバーも皆真剣です。


さて、このチームは、練習だけでなく、現地のイギリス人チーム等と時々練習試合も行っています。普段は同じくリージェンツパークで練習している他国籍混合チームと練習試合をやることが多く、実力はだいたい互角くらいで勝ったり負けたり、なのですが、今回の試合の相手はセミプロリーグでも良い成績を残しているという本格的なチームとの初対戦。


対戦相手は今ヒースロー問題で渦中の航空会社ブリティッシュエアウェイズの女子チーム。1軍、2軍とあって1軍はイギリスのリーグ戦でもかなりいいところまで行っているとのこと。この日来たのは1軍と2軍の混合チーム。

e0030586_0465399.jpg


いかにもスチュワーデス風な華奢なレディ達が来るのかと思ったら、そのような人は数人のみで、半数以上は物凄い筋肉と体格の弾丸レディ達・・。あの勢いで突っ込まれたら私たちみんな吹っ飛びそうです・・・。

試合前に既にすっかりびびりながらも、気を取り直してアップした後、いざ出陣。
私のポジションは右のウィングハーフ。
といっても役割は試合を重ねながら現在覚え中なので、必死にコーチの指示に従って動き回るものの、初のフルサイズコート&90分フルタイムの試合に (普段の練習試合は小さいサイズで20分ハーフくらいなのです・・)終わる頃にはボロ雑巾のようになって走ってました・・・。

相手チームはというと、
疲れる様子など微塵も見せず、怒号の雄たけびを上げながら
美しいパスやシュートを次々と決め、
「ほおおおおおお」と敵ながら感動している間に、


結果はなんと!!


15 vs  0

サッカーの試合でも2桁っていくものなのですね・・・。
うーむここまで見事に惨敗するとぐうの音も出ません。

上手いチームと練習試合をすると本当に勉強になるなーと思いました。ポジショニング、マークの仕方などなど普段の練習でコーチから言われていることがいかに大事かも痛感。

e0030586_0473681.jpg

試合後の記念撮影。
ぼろ負けながらこの笑顔です。 強豪相手にも自分達なりに力を出し切った充実感!

ピアノって基本的に個人技なので、小さい頃から部屋に一人で閉じこもって練習している時間が圧倒的に多く、サッカーやバスケットボールなどのような「チームプレイ」にずっと長い間憧れていた気がします。今回このチームの練習に週一回だけれども参加させて頂くようになってある意味その夢が叶って、なんていうか本当に純粋に嬉しいし、楽しいです。

サッカーの練習が行われているリージェンツパークからロイヤルアカデミーまでは徒歩数分の距離なので、サッカーの練習後にそのままジャージ姿で大きなスポーツバッグを背負ったままロイヤルアカデミーに練習などに行くことが結構あります。ロイヤルアカデミー内でこの格好はかなり浮いていて守衛さんに変な目で見られることもあるのですが(笑)、全身を思いっきり動かして発散した後の練習は、何だかつきものが落ちたような感じで、かなり爽快に清々しい気分で練習できます(笑)。

5、6月のコンサートが近づいてくると、やはりサッカーの方の練習や試合には行けなくなってしまうけれども、時間がある限りは続けていきたいと思っています。

e0030586_0485939.jpg


上の写真はユニフォームにも付いているチームのエンブレム。LJLとは「London Japanese Ladies Football Club」の略です。 メンバー皆の意見を元に本職デザイナーでもあるコーチがデザインしたもので、チームみんなの思いが込められたエンブレムです。
by sayaka-blmusic | 2008-04-03 00:54 | ロンドンでの日常生活