<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

多国籍ハウスシェア

e0030586_92426.jpg


外国人の人たちと一つの家をシェアする、というと日本ではとても珍しいことのように感じますが、ここロンドンでは、海外からの留学生はもちろん、イギリス人でさえ、独身の若い人達は、一軒家やマンションを何人かでシェアして住んでいるパターンが圧倒的に多いです。

理由の一つは、いわゆるワンルームマンションの形態をした物件が、極端に少ないということ。(大抵が2LDK以上のハウスやマンションです)

そして、もう一つは、ロンドン市内の賃貸料がトンでもなく高いということ。

ロンドン中心部で、日本にあるような綺麗なワンルームマンションや1LDKに一人で住もうと思ったら、冗談抜きで、家賃だけで月20万以上してしまいます。



ということで、一般庶民の私はおとなしくフラットシェアorハウスシェアを選択。

(ロンドンでは通常、
ハウスシェア・・・・一軒家やセミデタッチトハウスのシェア、
フラットシェア・・・・日本でいうマンションのシェア、
ルームシェア・・・ハウス・フラットに限らず、一つの部屋を複数人でシェアすること
をそれぞれ指します。)


ロンドンに引っ越して最初の半年は、南ロンドンで日本人4人でのハウスシェアだったのですが、その後は

- スイス人・韓国人・日本人でのフラットシェア (セントラルロンドンにて1年間)

- イギリス人・ハンガリー人・日本人でのハウスシェア (西ロンドンにて9ヵ月間)

と変遷を辿り、日本から帰ってきてから住み始めた今回の物件はなんと

- イタリア人女性 Fちゃん (← お人形さんみたいに可愛い!)
- 韓国人女性 Cちゃん (← とてもしっかり者でこのフラットのまとめ役をしてくれてます)
- 中国人男性 L氏 (← 韓国人Cちゃんの彼氏。香港からの留学生)
- モロッコ人男性 T氏 (← かなりの日本オタクで、のだめカンタービレの大ファン!)
- 日本人女性(私)
- スペイン人男性 A氏 (←シティの一流企業で働くエリート、のはずがどうしてこんなところで学生に混じってフラットシェアを・・?)

という個性豊かな6人編成のフラット。
まるでフラット内オリンピックが開けそうな勢いの多国籍フラットシェア。
金融街シティに近いせいか、私以外はファイナンス関連専攻の大学院生が多いです。

人数多いのは楽しいので、別に嫌ではないのですが、
この人数で、一つのキッチン、バスルーム、トイレなどを共有するのでかなり大変。
でも、夕飯時に、一つのキッチンで、2,3人くらいで、ワイワイ話しながら
それぞれ全く別の国の料理をそれぞれ作ったりしているのも、それはそれで楽しいです。


さて、フラットシェアの場合、
冷蔵庫やキッチンの棚などは、誰が何段目、というように場所が割り当てられて、
それぞれ決まった場所にしまうようになっています。
調味料やお皿などは、他の人に使われたくないもの以外は
基本的に共有の場所に置いて、みんなでシェアして使います。


掃除当番は、たいてい週交代制。

e0030586_9271651.jpg

この写真は、前のフラットでの当番表&共有掲示板。
週ごとに、バスルーム掃除当番、キッチン掃除当番、共有物買い物係当番、
というようにそれぞれ交代で割り当てられていました。

e0030586_9275460.jpg

上の写真は、前のフラットでの共有キッチン。

こうやって見渡してみると、イギリス独特の湯沸しケトルとか、キッチン備え付け縦型洗濯機とか以外は、殆ど日本の台所と一緒です。

海外の人と生活すると、生活習慣とか違って大変なのではという話も聞くけど、今のところ、何人と生活していても、実際拍子抜けするくらい、生活習慣の違いを感じたことはありません。(ヒンズーやイスラム教徒の方達と住んだことないのではっきりとは言い切れませんが・・)

当たり前のことだけど、どの国の人でも、歯みがいて、お風呂入って、ご飯食べて・・・と、家ですることは殆ど一緒。

結局のところ、生活習慣って、何人だからどうとかより、個人差の方が大きい気がするし、はたまた、個人差が文化の差を追い越す位、全世界が欧米化してきているのかな・・とも思います。

(トップの写真は、昨年住んでいたRegent's Park近くのフラット。)
by sayaka-blmusic | 2007-11-28 09:40 | ロンドンでの日常生活

イギリスの空気に包まれて

ロンドンから北に22マイル離れたHertfordshire州にある「Brocket Hall」にて
リサイタルをさせて頂きました。


今回のコンサートは、
8月4日のWelwynでのコンサートを企画して下さった方の一人であるイギリス人のJanさんが、ここのゴルフクラブのキャプテンに就任されることになり、
就任祝いの、チャリティコンサートということで(The Isabel Hospiceへのチャリティ)
私のリサイタルを企画して下さった、といういきさつです。

e0030586_2115080.jpg


ヨーロッパ有数の名門ゴルフクラブであるBrocket Hallは、
広大に広がるゴルフコースも、ため息が出るほどの美しさ。

e0030586_27640.jpg

池の向こう側に聳え立つ建物が、コンサートの行われたBrocket Hallです。

もともとこの地にBrocket Hallが建てられたのはなんと1239年とのこと。
その後、現在の建物は、イギリスの数々のお城やマナーハウスの建築を手がけたイギリス人建築家James Paine氏によって、1760年に再建築されたそうです。

e0030586_273929.jpg

かのビクトリア女王をはじめとして、王室や皇族の方たちの憩いの地として親しまれてきたこの地は、敷地内どこに行っても、歴史と自然が溶け合うイギリスらしい空気に溢れています。
この間イギリスに戻ってきた時に感じた、あの無条件にホーッとしてしまうような、このイギリス独特の空気は、きっと何百年も前からこの国に流れ続けているものなのだろうな・・と改めて思わされました。


e0030586_28833.jpg

e0030586_282632.jpg


Brocket Hallの建物内も、一瞬足を踏み入れるのを躊躇してしまうほどの煌びやかさと上品さ。

e0030586_2174440.jpg


最初に入った瞬間、美しさのあまり眩暈がしてしまったメインホール。
壁と天井一面を埋め尽くす絵画とシャンデリア。
このメインホールは、昔は王室の狩猟のための宿泊所として使用されていたそうです。
今回のコンサートは、こちらのメインホールで行わせて頂きました。
(写真はリハーサル中)

こんなにもイギリスの文化と歴史が根付いている場所で、
日本人である私がリサイタルをさせて頂けるなんて、身に余る光栄以外の何物でもないです・・・・。


コンサートはシャンパンレセプションの後、
20時からスタート。


e0030586_2101335.jpg


プログラムは、
日本のリサイタル「Mistral」でも演奏したドビュッシーやリストなどの曲に加え、
シェイクスピアの「真夏の夜の夢」が題材となっているドビュッシーの「妖精パックの踊り」や、
日本文化の紹介も兼ねて、「かごめかごめ変奏曲」や、
イギリスのクリスマスキャロル「The Holly & the Ivy」などなど、
曲間のトークも含めて合計約1時間のプログラム。

後半の最初には、ロンドンで活動中のソプラノ歌手上原政美さんにゲスト出演して頂いて、
2曲歌って頂きました。

後半のソロは、
もはや最近私のコンサートの定番パターンとなりつつある、ラフマニノフのオンパレード。
アンコールは、妹のあすかアレンジバージョンの「Amazing Grace」を演奏させて頂きました。


8月4日の時といい、日本でのコンサートの時といい、
私はいつも、本当に温かいお客様に恵まれているな・・と心から感じます。

お客様からの温かいエネルギー、音楽そのもののエネルギー、
そして今日は特に、何百年もの間この地に流れ続ける「イギリス」のエネルギーを
ただただ両手一杯に受け入れて演奏をしていると、
何だか自分自身が演奏しているのでは全くないような、
まるで目に見えない大きな力に弾かせて頂いているような、不思議な感覚になります。


とびっきり暖かいお客様と、こんなにも素晴らしいホールで、
大好きな作曲家の音楽を共有する時間を持てたこと、
本当に幸せに思います。


コンサート終了後は、
8月4日のリサイタルを行ったRosegardenさんのお宅(というか邸宅!)にて、関係者の打ち上げ。なんと打ち上げメンバーだけで30人近くの方々が集まり、夜1時位まで、沢山の方とのおしゃべりを楽しませて頂きました。

e0030586_214194.jpg


写真は打ち上げの時にJanさんに頂いた、シャンパンのコルク。
イギリスでは、このようにお祝いに空けたシャンパンのコルクに、
50ペンスなどのコインを差し込んで
メインゲストに「幸福のお守り」としてプレゼントする風習があるとのことです。


**********************

次回のロンドンでのリサイタルは12月12日(水)です。
セントポール大聖堂の近くのSt Martin withing Ludgate Hillにて、昼13時頃スタート予定です。詳細は追って掲載させて頂きます。
by sayaka-blmusic | 2007-11-26 02:36 | コンサート関連

無事ロンドンに戻ってきました

先週、無事ロンドンに戻ってきました。


日本滞在最後の3日間は、楽しみにしていた家族との温泉旅行。

家族全員で、岩手の新鉛温泉に行った後、
11月3日は、あすかが日光でFM栃木の公開録音の予定が入っていたので、
公開録音ライブの見学ついでに、皆で鬼怒川温泉へ移動。

日光東照宮ライトアップや、宇都宮餃子祭りもたまたま行われていて
ベストタイミングでした。

ちなみにこの日はちょうど私の誕生日だったのですが、
バースデーパーティは家族5人水入らず、
温泉の畳部屋で、私の大好物の宇都宮餃子パーティ&トランプ大会でした。


思えば、日本へ帰国した翌日に一人で渋谷まで食べに走った「桂花ラーメン」に始まり、
焼き肉、おすし、海鮮鍋、日本酒、砂肝の焼き鳥、しそ入りつくね、明太子、宇都宮餃子etc...と「日本に帰ったら食べたいものリスト」をかたっぱしから攻略(?)しつくした一ヶ月でした。
うーー体重計に乗るのがコワイ。



今回日本に帰って、
久しぶりにコンサートで沢山のお客様に聴いて頂けたり
家族や友達、大事な方達に会うことができて嬉しかったのはもちろんのこと、
2年振りに日本とイギリスを行き来したら、
日本とイギリス両方の良いところが、それぞれ実感できた気がします。

ご飯やお風呂はもちろんだけど、
東京の街中で、補助輪付きの子供用自転車で子供が一人で走っているのを見て、
ああ、日本って本当に安全な国なんだな・・としみじみ思いました。

イギリスの場合、郊外や田舎はともかくとして、
少なくともロンドンでは、子供が一人で自転車にのって友達のところに遊びにいくなんて、
危なすぎてありえないことだと思うし、実際、補助輪付きの子供用自転車なんて街中では一度も見たことがない。

あとはコンビニ。今回帰国して最初にampmに入った時は本気で失神しそうになりました。
素晴らしい品ぞろえ、美しいディスプレイ、完璧な空調、そして店員さんの応対のなんて親切なこと!極めつけが24時間営業!
ロンドンでは二ュースエージェントという日本の二昔前のタバコ屋か駄菓子屋みたいなものはあるけど、コンビニとは天と地くらいの差があります。

他にも、公共設備の清潔さや便利さ、
電車の時間の正確さ、
などなど日本の良さを再実感したことを挙げたらキリがない。

いやーーニッポンってやっぱり天国・・・。
この便利さと安全さと居心地の良さに、丸一ヶ月浸かってしまった後で、
イギリスに戻ったら何を感じるんだろう・・・・と不安だったのですが、



イギリスに戻ってきた翌日、ロンドンの街を一人でてくてく歩いてたら、

やっぱりこの街の静かなエネルギーはすごい・・・と改めて感じました。



25日のMistralのコンサートのトークの中でもお話しましたが、
一説によると、ロンドン中心部における白人イギリス人率はほんの50パーセント以下。

サリー服のインド人、黒ずくめのイスラム女性、アフリカやカリブ諸島、アラブ各国からの移民など、様々な国からの移民や留学生が混在するロンドンでは、街を歩く人達の目の色も髪の色もアイデンティティも、それぞれ全く違う。 

自分と他人を比べて落ち込むこともばからしくなってしまうくらい、
「一人ひとりが、全く違う」
というところから全てがスタートしている気がします。

そんな小宇宙のような街を一人で歩いてると、
一個人としてこの地球上で生きている実感、
その自由さと責任を、全身で感じます。



それに、日本で起こりうるうる出来事が1から50までだとしたら、
ここでは-100から+100まで存在する感じ。
そう、スケールが大きいんです。

唖然とするくらい最低なことも、息を飲む程最高なことも、両方体験できてしまう。

それだけ刺激の強い街なのに、
なぜか皆、肩の力が抜けてリラックスして過ごしてる。

ロンドンに帰っていきなり、おなじみの地下鉄遅延や公共サービスの悪さに巻き込まれながらも、心地よいあきらめというか、ふーっと力が抜けて、ほっとする感覚にもなってしまいました。

不便、ってある意味、貴重なことかもしれません。
まあ、ロンドンは余りに度を越した「不便」も多いのだけれども(笑)


ホント、不思議と静かなエネルギーに満ちた街です。





一週間たって、やっと時差ボケも直ってきました。
また新たな気持ちで、11月、12月のコンサートに向けて頑張ろうと思います。



***************************************************

11月、12月のイギリスでのコンサートの予定は以下の通りです。
詳細はまた追ってお知らせいたします。


● 2007/11/23 Sayaka Matsumoto Piano Recital
松本さやかピアノリサイタル in Brocket Hall
Brocket Hall, Welwyn , U.K
19:30 Start


● 2007/12/12 Sayaka Matsumoto Presents "A Concert for The Christmas Season" 
松本さやかクリスマスコンサート
St Martin within Ludgate Hill, London, U.K
13:00 Start
by sayaka-blmusic | 2007-11-11 22:51 | ロンドンでの日常生活

全公演無事終了しました!

e0030586_1044548.jpg

(30日渋谷JZBratでのライブ後、会場にてあすかと一緒に)

10月30日、31日のコンサートが終わり、
これで日本での4回のコンサートが無事終了しました。

チケットはおかげさまで全ての日が完売となり、
この4日間で本当に多くの方に聴いて頂くことができました。
いらして頂いた皆様、本当に本当にありがとうございました!


大きなコンサートがこんなにも短期間で続くことは
普段あまりないことなので、体力や気力が最後のコンサートまでもつかどうか不安だったのですが、一回一回のコンサートで、お客様からまた新たなエネルギーや励ましを頂き、
そのエネルギーのお陰で、毎回次のコンサートも頑張れた気がします。
コンサートにいらして頂いた皆様はもちろん、
メールなどで励まして頂いたり、ロンドンから応援メッセージを頂いた方々、
本当にありがとうございました。




以下、後半2回のコンサートのご報告です。

10月30日 渋谷セルリアンタワーJZBratでのライブは
松本あすか「Piano Groovin'」へのゲスト出演。

私自身「ライブハウス」での演奏は生まれて初めてだったのですが、
こんなにも楽しく居心地の良いものだとは思いもしませんでした。
クラシックのコンサートホールの「ピン」とした緊張感も、あれはあれで好きなのですが、
今回のように、お客様にワインやお食事を楽しんで頂きながらリラックスして頂いている中で演奏すると、私自身も、いつもと違うリラックス感や、逆にワクワク感も生まれてきたりして、
ホールでのコンサートとはまた違う、会場との一体感や興奮を感じることができました。
弾いている間も楽しくてしょうがなくて、コンサート後、ある方に、

「さやかちゃん、笑いをこらえながら弾いていたでしょ。
あすかちゃんが大笑いしながら弾くのはしょっちゅう見るけど(笑)
さやかちゃんがあそこまで楽しそうな表情で弾くの初めてみた」と言われてしまいました・・。
本人自覚なかったのですが、ほんとその位、弾いていて楽しかったです。


ピアノ2人、ドラム、チェロ、という異色の組み合わせによるライブだったのですが、
ゲストには、HAREMのドラマーのTOSHIさん、
そしてチェリストは、東京都交響楽団首席チェロ奏者であり、
サイトウキネンオーケストラなどでもご活躍中の古川展生氏に出演して頂きました。

プログラムは、
あすかのクラシック曲アレンジシリーズの他、
たとえばカプースチンのピアノ&ドラムバージョンや、
「いとしのレイラ」やELPの「タルカス」の、ピアノ&ドラム&チェロバージョンなどなど・・。


私自身はピアノソロで、リストのカンパネラと、ラフマニノフのピアノ協奏曲2番を演奏させて頂いた他、あすかとの連弾でラヴェルのラ・ヴァルスを演奏させて頂きました。

この日の会場のお客様は、普段クラシックを主に聴く方と、ジャズやロックなどの方がなじみがある方、半々くらいずつ。
ひとつのコンサートで、「いとしのレイラ」と「ラ・ヴァルス」が続けてプログラムに入っている演奏会なんて聞いたことないので、
果たしてどんなことになってしまうかと、若干不安だったのですが・・


音楽の力ってやっぱりすごいです。

どんなジャンルでも、名曲は名曲だし、
音楽そのものの力が、コンサートのプログラムの全てを、会場の全てを、ひとつに繋げてしまう。お客様からも、音楽のジャンルが突然ガラっと変わっても、変わらず温かい拍手を頂き、
ああ・・これこそ「ボーダレスミュージック」だな・・と、感激してしまいました。


そしてアンコールには、出演者4人全員による演奏で、
ピアノ連弾+ドラム+チェロによる、トルコ行進曲スローバラードバージョン(あすか編曲)でした。あのトルコ行進曲が、珠玉のバラードに・・・。
この曲、あすかのクラシックアレンジシリーズの中でも一番好きかも・・・。超名アレンジです。
弾きながら、曲に感動したのと、コンサートが無事終わった嬉しさで、泣きそうになっていました(笑)





そして31日のコンサートは、25日の「松本さやかピアノリサイタルMistral」の追加公演でした。
親子向けコンサートということでお知らせさせて頂いていたのですが、
実際この日、お客様の3分の1ほどは、小中学生の皆さんが占めていて
とっても和やかな雰囲気の中でのコンサートとなりました。
25日の本公演よりはやや短めのプログラムでしたが、
本公演では演奏しなかった「かごめ変奏曲 あすか&さやかのグルグル交替演奏バージョン」や、ロンドンで好評頂いた鍵盤ハーモニカ&ピアノでのチャルダシュなども、演奏させて頂きました。






お客様は、
ピアニストの技術を聴きにくるのではなく、
演奏者と一緒に、音楽を楽しむために来て下さっている。
お客様と一緒に、音楽をただまっすぐ見上げて一緒に楽しむつもりで、演奏しよう。


今回の一連の演奏会の前、心に誓ったことが、

無理するわけでもなく、
不思議と「自分が演奏している」という意識もなく、

自然と、お客様と一緒に、音楽を心から感じて楽しむことができたのは、
いらして頂いたお客様、応援して下さった方々、
そして繰り返しになりますが、やっぱり「音楽そのものの力」だな・・と思います。



一連のコンサートを終えて、くたくたになるかと思いきや、
逆にエネルギーを沢山頂いて、日本に到着した時よりも元気になった気がして、
ロンドンに帰っても、また新しい気持ちで、頑張れそうな気がします。


今日からイギリス帰国までの3日間は
「お疲れ様旅行」ということで、
東北&日光の温泉に、家族と一緒に行ってきます!
by sayaka-blmusic | 2007-11-02 10:48 | コンサート関連