<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

携帯ひったくり事件その後

そういえば私、昨年秋にロンドンで銀行口座を開いた時に、オプションの携帯電話保険を強く勧められ、イギリスには「携帯電話保険」なんてあるんだ・・・??と物珍しさに釣られて申し込んでいたのでした。

保険ってホントに役立つ時もあるんだなーと思いながら、銀行付属の保険会社に申請の申し込みの電話をかけると、まずポリスステーションに行って被害届の報告をして、crime reference numberというのをもらってきて下さいとのこと。

携帯電話盗まれた位じゃ、まともに警察で取り合ってもらえないんじゃないかと思いつつ、レファレンスナンバーをもらうために、仕方なく最寄のポリスステーションへ。
ロンドンで警察署に行くのはこれが初めて。
入り口から入ると、窓口の手前に、どどーんと大きな張り紙が!

「携帯電話盗難の被害届をしにきた皆様へ」

( ̄口 ̄;)

こんな張り紙が入り口の一番目立つところに貼られてる位、携帯電話盗難が頻繁に起きてるということらしい。全盗難の中でトップの割合を占めるという噂は本当だったようです。
張り紙には携帯電話盗難の被害届をする際に必要な書類や確認事項などが、箇条書きで書かれている。

窓口で、携帯ひったくりの被害届をしにきた旨を伝えると、
警察署員は「ああハイハイハイ携帯電話盗難ねー」と慣れた口調で、事情聴取のためのPC画面を用意し始めた。

事情聴取では、犯行現場、時刻、犯人の服装や人種、推定年齢はもちろん、何をしている時にどんな手口で、どんな姿勢で盗られたのか、どのくらい抵抗してどうやって振り切られたのか、挙句の果てに、犯人の目の色、髪のカール具合、まゆげの形、歯並び(!)まで、こと細やかに質問される。そんなに全部ちゃんと覚えてる位なら、冷静に取り返してるってばさ。。。

あとは、周囲にCCTVは(ロンドン中にある監視カメラ)はあったかとか、携帯電話自体の個別番号やネットワークについて答えたあと、ようやくレファレンスナンバーを発行してくれた。

家にかえって、早速保険会社に再び電話し、レファレンスナンバーを伝える。
この保険システム、携帯電話分の金額を振り込んでもらえるという保証ではなく、前の機種と同じ新しい携帯電話を保険会社が送ってくれるというシステムらしい。
でもタダではなく余分に30ポンドかかる。うーーん。でも新しく買ったらもっと高いから保険つかっちゃった方がよさそう。

で、翌日、
保険会社から申請書類が届いた。携帯電話盗難「専用」の申請書類。
ちなみに昨日中にネットワーク会社と警察が連絡を取り合ったらしく、ネットワーク会社から新しいSIMカード(新しい携帯で前の番号を使う為のカード)も同時に届いた。

なんていうかシステムがしっかり出来上がっちゃってるんですね。携帯電話盗難にまつわる一連のシステムが。

そのシステムのお世話になっておいて、こんなこと言える立場じゃないのですが、
よくよく考えてみると、これってすっごい奇妙な現象なような気が・・・・・。

街をうろつくひったくり不良達、
ボーっとしてて携帯電話をひったくられる、私のようなうっかり者の被害者達、
ひったくり少年達から盗難携帯電話を買い取り白ロムとして販売する違法商店の数々、
携帯電話保険を主力事業の一つとする保険会社の数々、
それを食い止めているのかサポートしているのか分からないネットワーク会社&警察、

そこには、「携帯電話盗難市場」という表には見えない巨大市場が、ロンドンには確かに存在していることを感じて
なんだか不気味にぞぞーーっとした気持ちになりました。
by sayaka-blmusic | 2006-03-29 17:57 | 事件&ハプニング

ひったくられました・・・

携帯電話。

ついさっき。
しかもうちのマンションの入り口ゲートのすぐ目の前で。

友達にテキスト(携帯メール)を送ろうと、
ドアの前で立ち止まって携帯をいじってたら、
20代前後の黒人男性が、すごい勢いで突然近づいてきて
ぐわしっと私の手を掴み、携帯電話をひったくろうとしてきた。
2,3秒叫びながら必死に取り返そうともがいたんだけど、
かなうはずもなくあっけなく振り切られ、

私の手に残ったのは、前の日記(2月25日)でご紹介したあのサボテンストラップだけ。

私の叫び声を聞いて、
近くにいた通行人の何人かも犯人を呼び止めようと叫んでくれたのですが、
犯人は私の携帯電話を手にするや否や、すごい勢いで爆走して逃げ去ってった・・・・。


あああああああ。。。
ショックと悔しさでまだ力が入らない。


家に帰って即効でカスタマーセンターに電話して
番号はストップしてもらったからいいものの、
最近新しく変えたばかりの携帯だったから
すんごい悔しい・・・。

ちなみにロンドンは携帯電話盗難発生件数が非常に多く、全盗難の中でトップの割合を占めているそうです。


でも、これがお財布とかバッグじゃなくて、携帯電話だけで良かったのかもしれない。
殴られたりしたわけでもないし。

それにしても怖かった・・。
未だ、突然手ごと鷲掴みにされた感触が右手に残ってる。
メールをしながら夜立ち止まったりするのはホント厳禁だな。
この国で生きていくのは全てが自己責任だということを改めて思い知りました。気をつけるようにします。うー。



ちなみにこのサボテンストラップ、
ロンドンの乾燥に耐え切れなかったのか、
2週間ほど前から突如どんどん縮み始め、最近ではとうとう全長5ミリくらいになってしまいました。
やっぱりちゃんと水あげなきゃだめだったのかも・・・。
by sayaka-blmusic | 2006-03-26 08:36 | 事件&ハプニング

ランドセル女性発見

e0030586_22475458.jpg

ロンドンの街中でランドセル女性を発見!!
20代後半らしき白人女性。

ちゃんとランドセルのサイドに
あの「体育袋かけ」(はたまた「給食袋かけ」?)
がついているので、
正真正銘ニッポンのランドセルです。

ファッションの一環なんだろうけど、
こういう形で日本のファッションが輸入(?)されてると
なんだかすごい不思議な感じです。

ちなみに、
赤色にも色々あるけど、
ランドセルの赤って、
ロンドンバスの赤色とほぼ同じ色なんですね。

そのせいか、このランドセル、
妙にロンドンの風景にも自然に溶け込んで見えました。

それにしてもどこで売ってたんだろう・・。


>追記

この記事を見た妹あすかがチャットで教えてくれたんだけど、
最近やってた日本のバラエティ番組で、
日本のアイテムを20コ位並べて、
「この中でどれが一番欲しいですか?」
と外国人アンケートを採ったところ、
ランドセルが一位だったそうな。
あの丸っこい形と鮮やかな赤に惹かれるのかしら。
意外ー。
by sayaka-blmusic | 2006-03-14 22:51 | ロンドンでの日常生活

最古のエレベーター!

e0030586_23124437.jpg

この古い巨大な木のドアー、一体何かというと、

うちの学校、ロイヤルアカデミーのエレベーター(イギリスではLift)なんです。
しかも中央校舎にある、れっきとしたメインのエレベーター。

初めて見たときは倉庫のドアかなんかだと勘違いしてたから、
中からわさわさ人が出てきた時は本当にびっくりした!

このドアー、見てお分かりのように、
「取手」がついてます。
つまり、自分で手動でドアを開けなきゃいけないんです。

エレベーターがとてつもない遅さで自分の階までやっと到着すると、
まず「チーン」と、いかにもアナログな音が鳴ります。
手動で「ぎぎぎーー」っとドアを開けてエレベータに乗り込み、行き先の階のボタンを押す。

のろのろのろと上がっていき、
降りる階に着くと、
「チーン」と音が鳴り、
内側のドアが開いて、
写真のように外側の木のドアが出現します。
e0030586_2314868.jpg

このドアをまた手で押して開け、
無事、目的の階に到着。

私が今までの人生で体験してきたエレベーターの中では
紛れもなく最古です。アンティーク(?)です。

1週間に1度くらいの頻度でしょっちゅう壊れ、
「Sorry, out of order!」の紙が貼られているこのエレベーター。
安全面では大丈夫なんでしょうか・・・。。
by sayaka-blmusic | 2006-03-09 23:15 | ロイヤルアカデミー学校生活

校内ミュージアムでのアルバイト

e0030586_22304846.jpg

ロイヤルアカデミーでは、奨学金を受けている生徒は学校内での様々な仕事を無償アルバイトで規定時間こなさなければいけないという決まりがあります。
学校主催のコンサートのチケットもぎり、図書館での返却業務など、色々と仕事の種類はあるのですが、私の選んだのは、学校内ミュージアム(楽器博物館のようなところ)での受付担当。ただじっと座って、人が来た時や質問を受けた時だけ対応すれば良いのでとっても簡単。


今まで学校のミュージアムって、一体誰が見に来るんだろうと思ってたんだけど、
こうやって受付をしていると
意外にも、地元の方たち始め色々な方が訪れていることに気づく。

2年前にこのミュージアムで見た文献資料の一部分をもう一度見たくて久しぶりに訪ねてきたおじさん。

通りがかりでふらっとやってきた親子。

パガニーニが実際に使っていたという伝説のバイオリンを見る為に遠方からいらした夫婦。

どう見ても「ジョギングがてら来ました!」というような半袖Tシャツ半ズボン、
しかも汗びっしょりという出で立ちで息せき切って現れ、
「ハロー!このミュージアムで17時から無料コンサートがあるって聞いたんだけど、どこにも表示がないんだよね」
今日の無料コンサートは19時からのはずですが・・と伝えると
「じゃ、家に帰ってチェックしてまた来るよ!ありがとう!がははははは」
と豪快に笑って走り去っていったおじさん。

いかにもクラシックを研究していそうな人から、
上のおじさんのように一見クラシックには縁のなさそうな人まで、
訪れる人は本当に様々。

なんていうか、
音楽大学自体が、とても地域に対してオープンだなぁと思う。


ロイヤルアカデミーでは、学校内のホールにて、
ほぼ毎日のようにランチタイムコンサートや夜のコンサート、ワークショップなどが行われ、
その殆どは、無料、もしくはほんの僅かの入場料で一般に公開されています。

出演者はロイヤルアカデミーの学生や卒業生、教授などなど。
お客さんはガラガラの時も満席の時もあって様々だけど、
誰もそんなこと気にしない。
本当に気軽でオープンな場。

生徒にとっても、演奏の機会を多く得られるチャンスだし、
地元の方たちにとっても、
これからのクラシック界を担っていくともいえる若い音楽家達の演奏を
無料でいつでも気軽に聴けるので、
両者にとって本当にメリットのあることだと思う。

ロンドン内にあるもう一つの音楽大学、ロイヤルカレッジオブミュージックでも
同じように一般公開のコンサートは連日行われているようだし、
前にニューヨークに遊びに行った時には、
ジュリアード音楽院でも、生徒による無料の一般公開コンサートが毎日行われていて、
地元の人のみならず音楽好きの観光客多く訪れていた。

日本の音楽大学でももちろん一般公開のコンサートはあるけど、
その殆どは「成績優秀者による発表会」であったり、
半年に一度の定期演奏会であったりして、
結局は、生徒と両親、その関係者で埋めつくされてしまっている気がする。

日本は、
「改まった形で、恥ずかしくないものをきちんと聴かせないと大学の名に恥じる!!」
とか思いすぎてしまっているのかしら・・・。

日本でもこんな風に、音楽大学が主催する、
学校のホールやギャラリーを使った気軽な無料ミニコンサートが
日常的に自然な形で行われていると
クラシック音楽が決して敷居の高いものではなく、
身近に楽しめるものとして社会に根付いていくのではないかなと思う。


ちなみに学校内のミニコンサートを訪れる人たちは
「義理でチケット買っちゃったからしょうがなく来た」
というパターンは殆どなく、
本当にただ純粋に音楽を楽しみたかったり、
若い人たちに演奏に興味があって訪れる人ばかり。

しかも無料。

つまり裏を返せば、
演奏がつまらなかったり期待はずれだったら
コンサートの途中だろうといつでも出て行けちゃうんです。

そう考えると、演奏家にとっては
むしろ一番シビアな演奏の場といえるかもしれません。

(写真はロイヤルアカデミーオブミュージック校舎全景)
by sayaka-blmusic | 2006-03-03 22:38 | ロイヤルアカデミー学校生活