カテゴリ:日本での生活( 13 )

誕生日

e0030586_1681585.jpg

e0030586_168153.jpg

お陰さまで、無事に今年も元気に誕生日を迎えることができました。
写真は、息子がたててくれたロウソク&誕生日の本人の私よりケーキを大喜びしている息子・・。

e0030586_1681416.jpg

当日は、3歳の息子と夫、ロンドン時代からのお友達親子と一緒に、トッキュウジャーショーへ。
北豊島園自動車学校で行われていた、地域感謝祭です。

e0030586_1681660.jpg

その後、郵便局員さんの格好をさせてもらって、郵便車の乗車体験。

e0030586_1681667.jpg

機動隊、消防車、郵便車など、色々な車が来ていました。

e0030586_1681762.jpg

その後は、交通公園に移動して、生まれて初めて自転車に挑戦。三輪車も持っていないのでペダルの踏み方が分からず、最初は全くこげなくて苦戦していましたが、コースを数周回るうちにこげるようになってきて途中からは夢中になって喜んでこいでました!

目をきらきらさせながら日々新しいことを吸収して成長していく息子を見ていたら、私もただ年を重ねるだけじゃなくて毎年少しずつでも成長・進化していきたいなぁ・・と、そんなことを思わされた誕生日の一日でした(^ー^)
by sayaka-blmusic | 2014-11-04 16:17 | 日本での生活 | Comments(0)

黄パプリカその後

先日写真を載せた、緑色の黄色パプリカのその後ですが、
ようやく緑から黄色に色づいてきました!
e0030586_12541100.jpg

左はまだ緑のもの、右は完熟、そして真ん中は、半分色づき始めたマーブル状の黄パプリカです。

e0030586_1254344.jpg

黄色になるのをずっと待っていた颯太も大喜びで一つ収穫!
by sayaka-blmusic | 2013-09-28 12:07 | 日本での生活 | Comments(0)

黄パプリカとオレンジパプリカ

e0030586_11232353.jpg

e0030586_11232831.jpg


はて。

私の植えたのは確か黄パプリカとオレンジパプリカの苗だったはずが・・なぜゆえに緑のピーマンがごろごろと生っているのでしょう・・。

まさかお隣に植えていた緑ピーマンと交配しちゃった?!

と思って調べてみたら、パプリカは最初は緑で、綺麗に熟して色が付く迄に、1〜2ヶ月ほどかかるとのこと。知らなかった〜!!気長に待ってみようと思いますが、その間に虫に食べられちゃわないか心配・・(^ー^;)
by sayaka-blmusic | 2013-09-11 11:25 | 日本での生活 | Comments(0)

「八丈オクラ」初収穫!

4月に植えた八丈オクラが、ようやく花を咲かせ、一つ目の実が結実しました!

e0030586_1840475.jpg

オクラの花って、こんなにも上品で可憐なのですね〜!
実際育ててみるまで知りませんでした。
ちなみに、まだ試していませんが花びらも食べれるのだとか。

e0030586_1840487.jpg

八丈オクラは、普通のオクラの倍以上のサイズ(15〜20センチ)の巨大な実になるそうなので、
このあと実がどんどん大きくなるのが楽しみ!



そして、上の写真の5日後。

e0030586_18392720.jpg

順調に20センチ以上の巨大な実に成長し、無事に収穫!!

e0030586_18392817.jpg

颯太の顔より長いです・・!!

e0030586_18392857.jpg

上の写真は普通のオクラと並べた図。2.5倍近くあります!
味も甘くて美味しかったです。

しかし、オクラをバーベキューの具の一つにしたのは失敗でした(笑)
やっぱりオクラは茹でた方が断然美味しい!
ちなみに八丈オクラは、生でも食べられるのだそうです。

現在も新たな実がどんどん生っているので、しばらく八丈オクラ三昧ができそうです(^o^)
by sayaka-blmusic | 2013-08-23 18:46 | 日本での生活 | Comments(0)

東京観光 with ナターシャ

ロンドン時代の友達ナターシャが、ロシアから遊びに来てくれて、
週末三日間我が家に泊まりながら一緒に東京や葉山を観光しました!

ナターシャは、ロンドンにいた頃、ピアノとロシア語の交換レッスンをしていて、私のピアノの生徒でもあり、ロシア語の先生でもありました。当時から「日本が大好き」と言ってくれていた彼女ですが、日本を実際に訪れるのは今回が初めて。半年間必死に働いてお金を貯めて、来てくれたそうです!


一日目は三鷹のジブリ美術館へ。
e0030586_1315335.jpg

ロシアでは、日本のアニメやドラマなどが大人気とのこと。ナターシャは、特にジブリの映画や映画音楽が大好きで、ロンドンの音楽学校で私と同じ映画音楽のコースを取っていて、そこで知り合ったのが最初の出会いでした。なので、ジブリは私達を引き合わせてくれたきっかけでもあるのです。

e0030586_1315361.jpg

ジブリ美術館、屋上庭園にて。ナターシャは私よりも何倍もジブリに詳しいので、美術館を端から端まで満喫していました(^ー^)ジブリ美術館限定上映の短編映画「くじらとり」も、ほのぼのしていてとても良かったです。

意外だったのは、ジブリ美術館に、バーバヤーガの人形(ロシアの伝説の魔女)など、沢山のロシアに関する展示があったこと。ジブリ美術館のスタッフの方にナターシャが質問したところ、ロシアアニメ界の巨匠ユーリ・ノルシュテインやロシアンアニメーションは、宮崎駿氏にも大きな影響を与えたのだそうです。大好きなジブリアニメと自国ロシアの思わぬ繋がりに、ナターシャは声をあげて喜んでいました。



2日目は逗子や葉山のエリアへ。

e0030586_1315457.jpg

葉山のしおさい公園。葉山御用邸付属邸跡地に開設された、日本庭園式の公園です。すぐ横に広がる海から潮騒が聴こえてきて、本当に気持ちが良かったです。

e0030586_1315576.jpg

葉山の海岸にて。松林に囲まれたのんびりした素敵な海岸でした。
ロシアと海というとあまりイメージが湧きませんが、実は川や湖での水泳愛好家がものすごく多いのだそうです。(日常的に寒中水泳する人もいるのだとか!) この日は遊泳時間を過ぎてしまっていて泳げませんでしたが、ナターシャも泳ぎたくてうずうずしてました。




3日目は浅草、両国エリアへ。

e0030586_1315622.jpg

東京観光の鉄板! 浅草雷門。

e0030586_1315686.jpg

仲見世にて。ナターシャ、けんだま挑戦中。

e0030586_1315756.jpg

浅草、仁王様の大わらじ。触ると健脚になれるのだそうです。

e0030586_1315774.jpg

ナターシャと一緒にお香の煙を浴びる颯太。

e0030586_1315850.jpg

両国の駅前にて、ちょうど阿波踊りをやっていました。颯太、初めて見る阿波踊りにきょとーん。ちなみにナターシャは、来週、本場徳島に向かって、本当の阿波踊り祭りを見るそうです!


e0030586_1315875.jpg

その後、両国駅前の江戸東京博物館へ。 日本人にとっても見応え満点。
駕籠が気に入った颯太、この後「おりたくない〜」とごねてました(笑)

e0030586_131599.jpg

大正時代のだるま自転車に乗って颯太ごきげん。



e0030586_132010.jpg

上の写真は、ナターシャがロシアからはるばる持って来てくれたおみやげの数々。ロシアのテキスタイルのテーブルウェア、とっても素敵です!

e0030586_132086.jpg

颯太に持って来てくれた、ロシアのアニメのDVD。チャイコフスキーやリムスキーコルサコフなどのロシア作曲家の音楽も満載で、むしろ私の方が興味津々!


あっという間の3日間でしたが、ナターシャにとって初めての日本旅行で東京を紹介できたのも嬉しかったし、颯太がお腹にいた頃から見ていた彼女に、久しぶりに颯太の成長を見てもらえたのも嬉しかったです!


イギリスにいた時にも感じたけど、外国人に日本を紹介したり説明したりする時って、自分が日本人であることを改めて実感するすごく良い機会。その度に、相手にももっと日本を好きになってもらいたいし、自分の母国のことをもっと知りたい!と思わされます。
by sayaka-blmusic | 2013-08-05 13:16 | 日本での生活 | Comments(0)

かえる農園

e0030586_14513136.jpg

我が家のミニミニ家庭菜園「かえる農園」。
なぜカエルかというと、ところどこにカエルの番人さんがいます・・。
上の写真は、メロンの葉っぱの陰で涼むカエルさん・・。

e0030586_14513024.jpg


オクラ、ミニトマト、ガーデンメロン、パッションフルーツ、ピーマン、なす、パプリカ、など計10種類のお野菜たち。今春から始めたので、完全素人で分からないことだらけですが、颯太と毎日楽しく水やりして成長を見守っています。

e0030586_14512916.jpg

水やりは僕の役目ー。「おおきくなーれーー」と、呪文(?)をかけながら毎日水やりしています。

e0030586_14513236.jpg

ちっちゃなピーマンの実が出来て来ました。日に日に少しずつ大きくなってきています。向こうに見えるのは傘さした番人さん。

e0030586_14513374.jpg

ミニトマト、こちらは「アイコ」の品種。細長くて可愛いです。

e0030586_14513293.jpg

2メートル位の丈になるという八丈オクラ。手のひらサイズの大きな実ができるんだそうです。しかし今の所一番成長が遅くて心配・・。

e0030586_14513022.jpg

オレンジパプリカとイエローパプリカ。私の大〜好物です!
パプリカって、あらゆる野菜や果物の中で、ビタミンC含有量ナンバー1だとか。

e0030586_14513192.jpg

パッションフルーツ。凄まじい勢いで毎日ツルを伸ばしています。

e0030586_14513311.jpg

昨日初めて咲いたパッションフルーツの花。噂通りのグロ〜〜い花でした!人口授粉させてあげると良いとのことなので、はじめて授粉作業してみました。結果は授粉後3〜4日後には分かるのだとか。成功して実がなるといいなぁ。

e0030586_14512922.jpg

颯太の、ぞうさんじょうろコレクション。青がパパで、ピンクがママで、オレンジが颯太なんだそうです。その日の気分によって使い分けている様子・・。


どれも、1ヶ月前には手の平サイズの小さな苗だったのが、あっという間にこんなに大きくなって、朝お庭に出る度に、いのちのパワーを感じさせてもらっています。
by sayaka-blmusic | 2013-06-07 15:05 | 日本での生活 | Comments(0)

4世代温泉の旅@岩手

e0030586_2355474.jpg

我が家では二代目の「キリンのソフィちゃん」@大雪の岩手にて。

1代目ソフィはイギリスに住んでいた頃買ったのですが、それはそれは愛用しすぎて(笑)、当時0歳の息子によって、家の中でも外出先でも、握られ舐められ噛まれ振り回され・・・可哀想なお姿になり、2代目ソフィちゃんにその座を譲りました・・。(我が家の1代目キリンのソフィちゃんについて書いた以前の日記はこちら



e0030586_2361550.jpg

さて、そのソフィーちゃんも連れて、私の祖母、息子にとっての「ひいおばあちゃん」に会いに、両親と一緒に岩手に行ってきました。前日から急に積もったという大雪と吹雪で大変でしたが、なんとか花巻温泉に到着。

e0030586_2355446.jpg

祖母は10年以上前から、私や妹の名前もなかなか思い出せない位なのですが、何故か息子の名前はしっかり覚えてくれて、

「そうた、そうた」

と言いながら、キリンのソフィちゃんをキューキューならして、颯太と遊んでくれました。





e0030586_2355420.jpg

さて、物心ついた頃から祖父母に会いに、家族で毎年訪れていた岩手ですが、私が「つらら」の存在を知ったのは、恐らく岩手に来た時がきっかけだったと思います。「つらら」といえば岩手のおばあちゃんのところで見れるもの、だと子供心に思っていました。

ロンドンでも東京でも、殆ど目にすることのなかった立派な「つらら」を、久しぶりに見て感動!!

ちなみに「雪」の存在をまだ良く知らない颯太は、ひっきりなしに降る雪を見ながら、しきりと「雨ねーーー、雨ねーーー」 と言っていました(笑)


「ひ孫」って、私にとっては颯太の孫・・、
まだまだ全く想像つかないなぁ・・。


息子、私、父母、祖母、4世代揃って、こうやって岩手の温泉で皆で過ごせている幸せを噛み締めながら、祖母にもできるだけ長く、颯太の成長を見守ってもらいたいなぁと、心から思った2日間でした。
by sayaka-blmusic | 2012-12-28 23:19 | 日本での生活 | Comments(2)

世界でひとつのクリスマスツリー

e0030586_16375415.jpg

今年のクリスマスイブは、十年振り位に八王子の私自身の実家で過ごしました。

上の写真で、後ろにうつっているのは、おじいちゃん(私の父)が、颯太が来るからとサプライズで庭に用意してくれたクリスマスツリー!乾杯の後に、父がカーテンをばばばーっと開けて「じゃーん」と見せてくれて、一同「おおおおーっ!」と感動!

e0030586_1637537.jpg

しかしこのクリスマスツリー、実はなーーんと、家にある洗濯物干しと、竹ぼうきと、緑色の毛布と、BOOKOFFで80円で買ったという中古電球でできています!費用合計80円!! 私達の到着前に、父が昼間から密かにセッティングしてくれていたそうです(笑)


e0030586_16375388.jpg

翌朝、明るい状態で撮ってみた図。

e0030586_16375489.jpg

しかも、後ろからみると「おぼっちゃまくん」状態です(笑)


父は昔から、毎年クリスマスには、こういうサプライズやちょっとしたいたずら(?)で、いつも家族みんなを楽しませていてくれたのだけど、あの頃から30年近くたった今でもパパのサプライズ健在!で、妹と「やっぱりパパはパパだね〜!」と尊敬するやら大笑するやら・・。

この年になってみて改めて、実家の有り難さ、温かさ、楽しさ、身に染みてます。

ちなみに、一番上の写真をよーーーーく見ると、ツリーの上のあたりに、人の顔が浮かび上がってうつっておりますが、これは心霊写真・・ではなく、写真を撮ってくれた私の夫の顔が奇跡的にツリーのてっぺんに写り込んだものです(笑)
by sayaka-blmusic | 2012-12-25 16:41 | 日本での生活 | Comments(2)

大凧、無事に揚がりました!!

e0030586_16462954.jpg


ご報告が遅くなりましたが、5月4日に、颯太の初凧が、無事に浜松の青空高く揚がりました!!!

初めて参加させて頂いた浜松祭りでしたが、大空いっぱいに揚がる初子の大凧の数々、華やかな御殿屋台、力強いエネルギーに溢れた練り、などなど、驚きと感動の連続でした。

街中あげて、その地に産まれた赤ちゃん達の誕生を祝う、
こんなにも素敵でエネルギッシュな伝統行事に家族揃って参加させて頂けたこと、
今でも感動の余韻が残っています。

すぐにでも、沢山の写真と共に、浜松祭りの感動体験をブログでレポートしたい気持ちで一杯なのですが、先週末東京に帰って来てから、5月13日の六本木STBでのコンサートに向けてラストスパート練習中!!((((((((((っ・ω・)っ  なので、まずは13日のコンサートが終わったら、ゆっくり写真をご紹介させて頂ければと思っております。
by sayaka-blmusic | 2012-05-10 16:51 | 日本での生活 | Comments(0)

六義園のしだれ桜

先週末は東京都内はどこも桜満開ピーク!私も六義園(東京都文京区)に、家族3人でしだれ桜を観に行ってきました。

e0030586_03326100.jpg


e0030586_0332636.jpg

満開マーク5つ!!


e0030586_0332749.jpg

入り口をすぐ入ったところに、一番大きなしだれ桜がありました。高さ15メートル、幅20メートルもあるのだそうです。

e0030586_0332668.jpg

時間は午後17時過ぎ。昼の陽光をたっぷりと浴びた後、夜のライトアップまでしばし休憩中(?)の夕桜さん。


e0030586_0332877.jpg

秋にリリース予定の私自身のオリジナル曲CDアルバムの中に、「夕桜」というタイトルの曲があるのですが、これはイギリスにいた頃に、日本の桜を思い出して作った曲でした。

今こうやって約7年ぶりに日本の桜を見ていると、やっぱり日本の桜はため息がでる程本当に綺麗。イギリスにも桜に良く似たアーモンドの木があり春になると開花するのですが、日本の桜の美しさには敵いません。


e0030586_0332791.jpg


e0030586_0332816.jpg


六義園の大名庭園。徳川五代将軍・綱吉の側用人であった柳沢吉保が元禄15年(1702)に築園した「回遊式築山泉水」の庭園だそうです。

e0030586_0333010.jpg


e0030586_0332979.jpg


e0030586_0333173.jpg

日本庭園のはずなのに、こうやって歩いていると何故か、ロンドンのリージェンツパークやゴルダーズヒルパークをすごく思い出すね・・と夫と意見が一致。日本庭園とイギリス庭園、コンセプトや形式など全く違っても、根本的なところで、どこか共通するところがあるのかもしれません。


e0030586_0332964.jpg

庭園の奥には、見たこともない位高く長くそびえ立つ、もう一つのしだれ桜が、夕空に打ち上がる花火の残光のような独特の姿で咲き誇っていました。



さて。

お花見といえば、やっぱり・・。


e0030586_0333233.jpg

おだんご!


e0030586_0333295.jpg

おだんご!!!


e0030586_0333314.jpg

味噌だんご〜!!!

六義園の花見だんご、大きくて柔らかくて、めちゃくちゃ美味しかったです。


e0030586_0333121.jpg

お団子屋さんの周りも大盛況!

普段人ごみって苦手なのに、お花見だけは、人が沢山いることがむしろ嬉しかったりもするから不思議。お花見の宴は奈良時代から存在していたというし、やっぱり満開の桜の美しさは、皆でワイワイ共有したいっていうのは日本人の遺伝子に組み込まれているのかも(??)



e0030586_0385821.jpg

一周まわって入り口に戻ってきたら、最初に観た大きなしだれ桜、ライトアップが始まっていました。

夕桜が夜桜に変わっていく瞬間はまるで、まだあどけない少女が、美しい着物とお化粧をまとって艶やかに変身していくような感じがして、ドキドキしました。
by sayaka-blmusic | 2012-04-08 17:59 | 日本での生活 | Comments(2)