カテゴリ:作曲活動関連( 20 )

CD発売から一週間

昨日で、CDの発売日からちょうど1週間が経ちました。

正直、このCDが製品の形になって、一般に発売されることは、
私にとってすごく怖いことでした。



自分の心の中に浮かんできた情景やイメージをそのまま表した、
「裸のままの私自身」ともいえる曲達、

その曲達が、私にはもったいないような沢山の素晴らしいスタッフの方々のお陰で、
ひとつのCD作品になっていく過程に立ち会わせて頂きながら、

それは凄く光栄なことで、嬉しいことである半面、
やっぱり実際に発売されるまでは、不安な気持ちの方が強かった。




発売から一週間、今私の心の中にあるのは、
恐れよりも、不安よりも、
皆の力を合わせて懸命に生み出した作品が、
実際に誰かの手に渡って、聴いて頂けているという喜びと感謝、
そしてそれが、実際こんなにも嬉しいものなんだという驚きでした。


メールや、SNSのコメントで頂いた感想や、「聴きました〜」とか「〇〇の曲が好きでした〜」とか、そんなちょっとしたコメントでも、嬉しくて嬉しくて、何度も読み返しました。

聴いて下さった方々、感想を下さった皆様、本当に、本当に有り難うございました。

そして、まだ聴いていない方で、ご興味を持って下さっている方がいらっしゃいましたら、是非聴いて頂けたら嬉しいです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(下記のサイト、どちらでも無料試聴ができます)

Amazon.co.jp 「朝岡さやか Morning Star〜暁〜」

 http://www.amazon.co.jp/dp/B008OYA8UG

楽天ブックス「朝岡さやか Morning Star〜暁〜」
http://books.rakuten.co.jp/rb/11869495/

Virgo Music 直売サイト(Amazon等で在庫切れでもこちらは常時確実に在庫有) http://www.virgomusic.com/shop/index.html

「朝岡さやか CD発売記念ライブ 12月6日(木)銀座ヤマハホール」

先行予約受付中 http://www.virgomusic.com/artists/asaoka/
by sayaka-blmusic | 2012-10-03 23:04 | 作曲活動関連 | Comments(4)

いよいよ本日発売 「Morning Star 〜暁〜」

e0030586_17335772.jpg

「朝岡さやか Morning Star 〜暁〜」いよいよ本日発売になりました!!!

Amazon.co.jp、楽天、Tower Record online、HMV ONLINEなどでもご購入頂けます。

Virgo Musicのサイトでは全曲試聴も可能です。また、Virgo Musicの直販サイトから購入頂くと、特典としてアルバムジャケットの原画(by Chieko Kamei, Yongen) のポストカードが付いてきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝岡さやか「Morning Star 〜暁〜」
2012年9月26日発売  販売価格:¥1500(税込)
レーベル: Alfabetti
発売元:BounDEE (スペースシャワーネットワーク)

1. Morning Star
2. Pulsus
3. 帰郷
4. 風光る
5. Cosmo
6. Summerland
7. 花鈴道
8. うたかた  
(全曲作曲・演奏 朝岡さやか)


↓こちらからお買い求め頂けます

Amazon.co.jp 「朝岡さやか Morning Star 〜暁〜」

http://www.amazon.co.jp/dp/B008OYA8UG

Virgo Music直販サイト
(Amazonなどで在庫切れの場合でも、こちらからは常時確実に発送されます。ジャケット原画ポストカード特典付き。)
http://www.virgomusic.com/shop/


※イギリス等、日本国外への発送をご希望の方はこちらまでメールでご連絡下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のアルバムは「太陽」をテーマにした8曲です。イギリスに居た頃から作りためてきた曲の数々は、イギリスの情景や日本への想い、沢山の気持ちが詰まっています。

数年前イギリスで、まだクラシックオンリーで演奏活動をしていた頃、何故だか自分でも説明の付かない衝動に突然駆られて、一気に泉が湧き上るように溢れ出てきたメロディの数々。その頃は、まさかこのようにCDの形になるとは夢にも思っていませんでした。デモテープを聴いて「さやかさん、これでアルバムを作ろう!」と背中を押して下さり、ここまで導いて下さったプロデューサーのYongenのお二人には、本当に感謝してもしきれません。

今回のアルバムが出来上がるまでに、本当に沢山の方々のご協力がありました。Yongenのお二人はじめ、Virgo Musicの皆様や、関わって下さった全ての方に、そして聴いて頂ける方々おひとりおひとりに、感謝のきもちでいっぱいです。

これが、日本での私の新しい第一歩目です。
是非、多くの方に聴いて頂けたら嬉しいです。


(上の写真でCDの後ろに置いてあるのは、このアルバム内で最初に作った「帰郷」を作曲した時の五線紙メモ。全てはここからスタートでした。)
by sayaka-blmusic | 2012-09-26 13:29 | 作曲活動関連 | Comments(2)

朝岡さやかCD「Morning Star 〜暁〜」先行予約開始!!

e0030586_190738.jpg


e0030586_18533722.jpg


朝岡さやかオリジナルピアノソロ集 前編
「Morning Star ~暁~」
2012年9月26日(水)リリース 予約開始!

Produced by YONGEN
全曲作曲・演奏 朝岡さやか

全8曲入り 税込価格¥1,500 (税抜価格¥1,429) 



2012年9月26日発売予定の全曲オリジナル曲のCDアルバム、
いよいよ本日より、先行予約がスタートしました!

この記事一番下部リンクのページのフォームより予約できます。ヴァーゴミュージックのオンラインフォームからの先行予約限定の特典付きです。また、先行予約をして頂くと、発売日の9月26日にCDがお手元に届くよう発送されます。

前編となる今回のアルバム「Morning Star 〜暁〜」は、
「太陽」をテーマにした8曲です。

対となる後編「Midnight Sun 〜夕桜〜」は、「月」をテーマにした8曲。
こちらは近日追って発売予定です。


ーーーーーーーーーーーーーー

今回のアルバム前編「暁」と、後編「夕桜」には、クラシックの曲は含まれておらず、全曲が私の自作オリジナルの曲です。と書くと、もしかしたら昔から私のクラシックの活動を見守って下さっていた方々の中には「えええー!?どうして?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ラフマニノフを初めとするクラシック曲も、もちろんこれからもずっと弾き続けていきたいと思っていますが、ロンドン時代に作曲を始め、自分自身の中からどうしようもなく溢れて来たこれらのメロディ。32歳の今の私の、大切な表現のひとつです。


小さなことで毎日あれこれ悩んだり、感動したり、
友達や家族と思いっきり笑ったり、
1歳の息子と格闘したりしながら、
こうしてブログで日々の想いをつづっているのと良く似た、
そのままの私、な気がします。


そして、アルバムプロデュースして下さったYongenはじめ、ヴァーゴミュージックの皆様、スペースシャワーネットワークBounDEEの皆様、撮影やミックス、マスタリング、デザインをして下さった方々、励まし支えてくれた友達や家族、本当に多くの方達のお力によって出来上がった1枚です。


太陽をテーマにした8つのメロディ。

クラシックが大好きな方にも、
ポップスが大好きな方にも、

是非皆様に聴いて頂けたら嬉しいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
e0030586_1941978.jpg
朝岡さやかオリジナルピアノソロ集 前編
「Morning Star ~暁~」

ヴァーゴミュージックオンラインショップ限定特典付き、
先行予約はこちらから

(試聴もできます)
http://www.virgomusic.com/artists/asaoka/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

by sayaka-blmusic | 2012-09-05 19:26 | 作曲活動関連 | Comments(4)

CDマスタリングも無事終了!

e0030586_1142155.jpg

火曜日のジャケット撮影に続き、CDのマスタリングも本日無事に終了しました。
本日、マスタリング終了後に、エンジニアの阿部充泰さん(写真中)と、プロデューサーYongenの亀井登志夫さん、知永子さん(写真両脇)と一緒に。

マスタリングとは、ミックスダウンされた複数の曲を、最終的な音質や音圧、音量の仕上げなどを行ってバランスを取る、いわばCDの音部分の総仕上げ作業。

今回マスタリングをして下さったSony Music Studiosの阿部充泰さんは、「Yuki」や「Superfly」など、数多くのアーティストのマスタリングを手がけていらっしゃるベテランのエンジニアでいらっしゃいます。今日のマスタリングには私自身も立ち会わせて頂いたのですが、ひとつひとつ思い入れのある曲達が、マスタリングによって、更に音の輝きを増したり、色づいたりしながら、一つの「絵の具箱」に収まっていく様子は、私も見ていて感激でした。

これで、いよいよCD本体の仕上がりを待つばかりとなりました。

9月26日発売予定の全曲オリジナルアルバム「Morning Star 〜暁〜」
早く皆様に聴いて頂きたい気持ちで一杯です!
by sayaka-blmusic | 2012-08-24 01:31 | 作曲活動関連 | Comments(4)

ジャケット撮影終了!

2012年9月26日に発売予定の全曲オリジナル曲のピアノソロアルバム「朝岡さやか Morning Star 〜暁〜」のCDジャケットの写真撮影が昨日無事に終了しました。

e0030586_23594765.jpg

都内撮影スタジオにて、撮影終了後に皆様と一緒に一枚。

写真左から撮影をして下さったカメラマンの久保田光一氏、久保田さんは、「日本の風景」をテーマに、日本全国のパワースポットを廻って写真を撮影されている「聖地写真家」でもいらっしゃいます。

そして私の活動のプロデュースをして下さっているYongenの亀井知永子さん、今回のCDジャケットのアートも知永子さんの絵が原画となっています。

右はジャケットデザインをして下さっているDesign Wolfのアートディレクターながしま明氏、数々のアーティストや大手企業等のデザインを手がけていらっしゃり、YongenのGreen Coronaのアルバムのジャケットデザインもながしまさんの手によるものです。

颯太は、撮影の間マネージャーの重岡さんに電車や車のおもちゃで遊んで頂きながら何とかいい子で待っていてくれました。その分終わった後、目一杯ちょこまか走り回ってましたが・・・笑




本当に、沢山の素晴らしい方々の力が結集して、オリジナル曲アルバムがひとつの形になりつつあります。

CD発売の詳細、また発売記念コンサート等については、近日中にアップさせて頂きます!
by sayaka-blmusic | 2012-08-23 00:04 | 作曲活動関連 | Comments(2)

オリジナル曲「Open Your Eyes」動画

先日のイギリス緑内障学会(UKEGS)のレセプションの為に作曲した「Open Eyes」の改題 「Open Your Eyes」の動画のアップです。


この曲は、緑内障学会での演奏用ということでの作曲でしたが、
私の中では、お腹の赤ちゃんへのメッセージの気持ちも込めて作った曲です。

この曲を作っている時に、ちょうど胎動がどんどん元気になっている頃で、
前の日記にも書いた通り、お腹の赤ちゃんが何故か3拍子や3連符が大好きなので、
3連符をモチーフにして作りました(^ー^)




「Open Your Eyes」 作曲・演奏 朝岡さやか(松本さやか)







動画の写真は、妊娠判明した頃からのエコー写真の変遷と、
この10ヶ月間(春〜冬)でお腹の赤ちゃんと一緒に見てきた景色です。

春のロンドン・ハムステッドヒースとHailing、夏の南仏カシス、
秋のリッチモンドパーク、冬のロンドン雪景色、などなど・・。





ーーーーーーーーーーーー

その他、以前ピグミー支援イベントのために作曲したオリジナル曲のうちの4曲を、以下のURLで試聴できます。
http://www.youtube.com/user/sayasayapple?feature=mhum

ーーーーーーーーーーーー

<2012年追記>
私のピアノソロオリジナル曲集を収録したCDアルバムがいよいよ発売になりました。
「太陽」をテーマにした8曲です。
是非聴いてみて頂けたら嬉しいです。
こちら→朝岡さやか「Morning Star 〜暁〜」
Amazon.co.jp、楽天、HMVオンラインなどで購入できます。
by sayaka-blmusic | 2010-12-29 00:20 | 作曲活動関連 | Comments(6)

<お知らせ>オリジナル曲、期間限定で一部分試聴できます

先日の日記にも書いたばかりの、オリジナル曲のCDですが、
今回のプロジェクトのProducerであるYongenのウェブサイトのトップページにて、
今日から期間限定で、ほんの一部ですが試聴できるようになっています。

試聴できるのは、今回録音した17曲中の3曲の、それぞれ出だしの数秒部分のみのダイジェストですが、是非聴いてみて頂けたら嬉しいです。

さらに、ワガママを承知でお伝えさせて頂くと、もし可能であればPCにイアフォンなどをつないで聴いてみて頂くと、ファツィオリ・ピアノの音質がもっと鮮明に伝わるかなと思います・・・ m(_ _)m

Yongen のウェブサイト
http://www.yongen.com/
(右下に浮遊しているSayaka Matsumoto Samplerと書いてある石の再生マークボタンをクリックすると流れます。)

Yongenのブログ
http://www.yongen.sakura.ne.jp/html/blog.php
(レコーディングの時の様子なども日記に書いて下さっています)
by sayaka-blmusic | 2009-10-05 23:38 | 作曲活動関連

オリジナル曲CD ミックス終了!

e0030586_20465954.jpg

先日日本でレコーディングした自作の17曲のオリジナル曲たち。

日本でミキシング作業が終わった音源がプロデューサーのYongenのお二人から届き、
さっそく聴かせて頂きました。Yongenによる仮ミックス後、更にとある名エンジニアの方がミキシングして下さったとのことです。

17曲全曲が、私が思っていたイメージの更に先をいくかのように、
それぞれ違った質感、光沢を帯びて、生まれ変わっていました。

そしてファツィオリの楽器の素晴らしさが、ますます引き出されていてびっくり。

自分の作った曲が、ファツィオリのピアノで弾いた瞬間に新たないのちが吹き込まれて、
さらにそれがエンジニアさんのミックスによって絶妙な音量バランスや音質で、更に生まれ変わって・・・・。

今まで、コンサートでは、本番のその瞬間に向けて用意し、その瞬間に全て出し尽くして終了していたのですが、レコーディングは、時間をかけて用意し、何度も納得いくまで取り直したものが、更にその後ミキシングなどそれぞれのプロフェッショナルの方々の手によって生まれ変わっていき、最終的に、聴いて下さる方のお手元に届くという長い長いプロセス。

今回作っている作品は、プロデューサーやエンジニアー、FAZIOLIの皆様はじめ、色々な方々とのコラボレート作品であって、私が担ったのは、作って弾くという、ほんのわずかな一端だったのだなぁ・・・と実感しています。

関わって下さっている全ての方に感謝すると同時に、
CDが出来るのが本当に楽しみです。
そして、早く皆さんにも聴いて頂けたらという気持ちで一杯です。

-----

先日のレコーディングの様子の日記はこちら
by sayaka-blmusic | 2009-10-01 19:17 | 作曲活動関連

レコーディング無事終了! その2 


「その1」の続きです。

今回のレコーディングは、東京・田町にあるファツィオリピアノ日本総代理店のショールームで録音させて頂きました。

e0030586_1722151.jpg


「FAZIOLI(ファツィオリ)」は、イタリア発の新しいピアノブランドとして、ヨーロッパでは既にかなりの地位を確立し、ブーニンやアンジェラヒューイット等数々のピアニストに絶賛され愛用されている名器です。

手作りにこだわったピアノということで、まだ絶対数が少ないらしく、特に日本ではまだ希少な存在のファツィオリピアノ。私自身は昨年5月にロンドンでのラフマニノフリサイタルでファツィオリのピアノに出会って以来(あの時演奏したSt.James Church, Piccadillyのピアノは、なんとファツィオリのフルコンだったのです!)、すっかりその魅力のとりことなってしまい、いつかまた演奏できたら・・、と強く強く願っていました。

なので今回、Fazioliピアノの中でも最上級モデルのフルコンが、最高の状態で置いてあるこのファツィオリ・ジャパン・ショールームでレコーディングできるというのは、私にとって夢のような経験でした。

e0030586_1722532.jpg


録音セッティング後。ピアノはFazioliのフルコンサートグランドピアノ、F308です。
このショールームに本格的な録音機材を運び入れてのレコーディングは異例とのことだったのですが、Fazioli Japanの社長アレックワイル氏や、技術氏の越智氏にご協力頂いて、実現することができました。本当に感謝です。

レコーディングは合計二日間。
その間、楽器の素晴らしさに触発され、録音の真っ最中にも色々なインスピレーションが湧き上がって来ました。

深い深いベース音から、眩しく光る高音、限りなく優しい鈴のような音まで、「こんな音色が弾きたい」とイメージした時に、その期待の何倍もの魅力を持つ音で答えてくれる、魔法のようなピアノでした。

そしてもう一つ特筆すべきは、ペダル!

e0030586_17244369.jpg


ファツィオリピアノには通常のピアノに付いている三本のペダルに加えて、一番左側に「四本目のペダル」があります。ソフトペダルは、ハンマーの位置が横にずれて、音色が変わるのに対し、この4本目のペダルは、ハンマー全体が上がり近くから弦を打つことで、音色はそのままに音量だけ落とすことができます。音色は変えずに、ピアニシモを出したい場合や、特に速いピアニシモのパッセージなどに重宝します。
今回のオリジナル曲でも、ソフトペダルに加えて、この4本目のペダルも、さまざまな箇所で使用させて頂きました。

またソフトペダルの方も素晴らしくて、普段は音が変にこもるのが嫌であまり使わないのですが、このファツィオリピアノは、ソフトペダルをフルに踏んだ状態から、半分踏んだ状態、薄く踏んだ状態まで、まるでグラデーションのように様々な音色が可能で、ソフトペダルに対する意識が覆されました。


二日間のレコーディング風景より。

e0030586_17251645.jpg


技術師の越智氏、調律中。本当に素晴らしい調律・調整をして頂きました。

e0030586_17253613.jpg


セッティング中。プロデューサーのYongenのお二人です。

e0030586_17255644.jpg


17曲を2日間で一気に録音・・というのは、まさに集中力との戦い・・! でも、録音したものをその場で聴き直しながら、少しでも良い物を目指して徐々に作り上げていくというのは、一発勝負のコンサートとはまた違った醍醐味でした。

e0030586_1727508.jpg


自分自身の作曲した曲が、ファツィオリピアノで演奏することによってまた全く新しいイマジネーションを伴って誕生する瞬間は、身震いする程エキサイティングな時間でした。

e0030586_17281044.jpg


レコーディング2日目無事終了後、ファツィオリピアノ日本総代理店の社長アレックワイル氏と技術師の越智氏、プロデューサーのYONGENのお二人(亀井登志夫氏・亀井知永子氏)と一緒に。

---------------

このブログを読んで下さっている方や、今までコンサートにいらして下さっていた方には、私のこれまでのラフマニノフ弾きとしての活動を応援して下さっている方々が多かったので、その皆様に「オリジナルの作曲も始めました!」とお伝えすることは、私にとって正直かなり不安もあり、勇気のいることだったのですが、ファツィオリピアノやプロデューサーのお二人始め、多くの方々のご協力のお陰で、きっととても良いアルバムに仕上がると確信しているので、今は、このブログを読んで下さっている皆様にも、早く出来上がったアルバムを聴いて頂きたい気持ちで一杯です。 

ちなみに、ラフマニノフの演奏の方は、ロンドンで春に、またローマで夏に、コンサートを予定しています(もしかしたらラフマニノフに加えてオリジナル曲もプログラムに含めるかもしれません)。

CDに関しても、コンサートに関しても、また詳細が決定しましたらこのブログ上でお知らせさせて戴きます!
by sayaka-blmusic | 2009-08-18 17:31 | 作曲活動関連

レコーディング無事終了! その1 


今回の一時帰国の重要な目的であるレコーディングが無事に終了し、
先週末無事にロンドンに戻ってきました。

今回のレコーディングの収録曲は、
実はラフマニノフの曲ではなく、全曲自分自身の作曲したオリジナル曲です。


昨年11月末の再渡英後しばらくして、念願のピアノが家に到着し、
嬉しくて嬉しくてずっとピアノを触っていた年末頃に、ふと自分の曲を作ってみたくなり、
心の中に湧き上がってきたシンプルなテーマを元に5分位のピアノソロ曲を一曲作ったことがきっかけでした。

そして1曲目が完成した次の日には、早速2曲目に取り掛かり・・・と、
自分でも不思議な位止まらなくなり、その後、ブリストルのコンサート準備などと平行してオリジナル曲の作曲を続け、5月位までにピアノソロ曲約20曲が出来上がりました。 

私にとっては、作曲の作業というよりも、
新たなロンドン生活の中で、イギリスや日本、そして自分自身を見つめ直したりしながら感じたことを、そのまま音にしている感じで、丁度このブログを綴るのと同じような感覚だった気がします。

オリジナル曲を書き始めてから、
私の中で長年抱いていた「音楽」への概念がガラガラと音をたてて変わっていきました。

表現したいイメージがまずあって、その為にメロディや和声やリズムがあり、それを表す為にテクニックがある。作曲を自分自身でしてみると、当たり前過ぎる位当たり前のその大前提を、26年間もピアノを弾きながら、こんなにも痛感したことは初めてでした。 
今までは、ともすると、「まず音を譜読みして、弾ける様にして、余裕があれば和声分析をして、余裕があれば曲のイメージを考える・・」などという正反対の順番で音楽と向き合ってしまうことも多かった気がします。

以来、ブリストルのコンサートなどの為にラフマニノフの曲等を練習していても、全く楽譜の見方が代わり、ラフマニノフはどうしてこの音を書いたのだろう、どんな音色や気持ちをイメージしていたのだろう、というところから自然と向き合うようになり、和声や曲の作りに対する見方も日に日に変わっていった気がします。

当初は、オリジナル曲でCDレコーディングをするなどとは夢にも思わず、
ただただ夢中になって書き溜めていっただけだったのですが、
そんな中、コンポーザー・プロデューサーとして長年世界的に活躍されているYONGENのお二人(亀井登志夫氏・亀井知永子氏)がCDプロデュースをして下さることになり、
春頃から打ち合わせを重ねながら準備をし、冬から約20曲作曲したうちの17曲を今回レコーディングさせて頂くことになりました!


その2に続く。
by sayaka-blmusic | 2009-08-18 17:17 | 作曲活動関連