カテゴリ:未分類( 17 )

Amazonプライムで「Morning Star〜暁〜」全曲配信中

e0030586_13484448.jpg

アマゾンのPrime Musicでは現在、2012年に発売した1枚目のピアノソロアルバム「Morning Star〜暁〜」を全曲無料でストリーミング再生することができます(スマホではAmazon Musicのアプリから)。

Amazonプライム会員の方、寝る前のおやすみミュージックや、ご旅行中やお部屋でのピアノBGMなどとして、気軽にぜひ聴いてみて頂けたら嬉しいです。

リンクはこちらから

Amazonプライムミュージック(Amazon Prime Music)
朝岡さやかオリジナルピアノソロアルバム「Morning Star〜暁〜」
(プライム会員限定全曲無料ストリーミング)
https://www.amazon.co.jp/dp/B009IY53YM/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_-YjyybTY8QQDZ
by sayaka-blmusic | 2016-12-26 14:19 | Comments(0)

おすすめ本ご紹介!「ダメ母」の私を変えたHAPPY子育てコーチング

e0030586_15063912.jpg


今日は子育てにまつわるおすすめ本のご紹介です。NPO法人マザーズコーチジャパンの、青木理恵コーチ、佐々木のり子コーチによる『ダメ母』の私を変えたHAPPY子育てコーチング。青木理恵先生は、ロンドンでも活躍されていたコーチで、今はニューヨークのマンハッタンを拠点に、経営者や教師、アーティスト、子育て中のママなど幅広いクライエントさんのコーチ・セラピストとして大活躍されています。

子育てハウツー本はこれまで何冊も読んできましたが、大抵の場合、読み終わった後は、早くこれをきちんと実践しないと・・という「あせり」や、こんな風には私にはできないかも・・という「落ち込み」が残ってしまうことが多かったように思います。

ところがこの本は、読んだ後に、本当に幸せな気持ちで満たされます。自分にとっての子育ての軸や、自分自身の人生の軸を見つける後押しをしてもらっている気持ちになり、「大丈夫」「頑張れる!」という前向きな自信が自然と湧いてきます。


・テーマごとに区切られたケーススタディなので、子育ての合間に少しずつ読み進めやすい

・コーチ二人の対話形式であるので、一方的な感じがせず、会話に参加させてもらっているような感覚になる

・決して上から目線でなく、筆者のコーチ達自身の子育て失敗談もさらけだして下さっている



以上の3ポイントのお陰か、本を読んでいるということを忘れて、まるで凄く信頼しているママ友に相談して全て受け止めてもらい、今の自分に最適なアドバイスをもらったような感覚になります。

例えば私が特にハッとさせられたのは、子供に「早く早く!」と急がせたりイライラしたりしがちな時、まずは自分自身のタイムマネジメントを見直してみる、ということ。私自身、5歳長男プラス1歳双子の幼稚園や保育園の準備、3人分のお弁当の準備で、朝は戦争状態だったのですが、この本を読んで、朝をスムーズにするために前夜のうちにできることを見直したところ、朝の時間が、劇的に平和になりました。

また、テーマ8の仕事復帰にまつわる悩みの章は、今私自身ちょうど子供達の保育園開始や仕事復帰のの時期と重なっているため、一つ一つのメッセージが心に響いて励まされ、思わず涙が出そうになってしまいました。


どうしたら良い子が育つか・・というポイントに留まらず、子供の関係、ママ友との関係、家族や親戚との関係、それらを両者にとってよりハッピーなものに改善していくためのヒントが満載です。

可愛いイラスト入り、対話形式、一見さらさらっと読めそうな小さな文庫本の中に、驚く程の充実した中身と、ユーモアや温かさが詰まっています。

全てのママにおすすめしたい一冊です。

Amazon.co.jp 「ダメ母」の私を変えたHAPPY子育てコーチング (PHP文庫)
by sayaka-blmusic | 2016-06-06 15:09 | Comments(0)

ピースサインと涙

双子の話が続いていましたが、久しぶりに4歳のお兄ちゃんについての話です。

現在4歳9ヶ月、幼稚園年中のお兄ちゃん颯太。

2歳の時に「写真の時にはピースのポーズをする」ことを覚えたため、写真の時には自分の年齢を示すものだと信じて疑わず、

2歳の時には「2」を、

e0030586_21524774.jpg




3歳の時には「3」を、

e0030586_21525248.jpg



そして4歳になると「4」を、

e0030586_21525525.jpg

集合写真の中でもほぼ必ずポーズし続けてきました。

訂正してあげようかとも思ったのですが、本人信じ込んでるし、かわいいし、そのうち周り見て自分で気づくだろうし、まあいっかぁ〜と思って3年間そのままにしていたのですが・・・。


昨日、幼稚園のお迎えの際、廊下の掲示板に貼ってある年長さんの幼稚園行事の写真を見て颯太がぽつり。

「あれれ、ママーー。この写真、年長さんだからみんな5さいか6さいのはずなのに『2』ってやってるよ〜。どうして〜??」

「ああ、それはね、写真の時は何歳でも2って出せばいいんだよ〜。ピースのサインだもん。」

と、深く考えずにサラっと教えてあげました。

そしていつもの通り幼稚園の玄関の下駄箱の方に行くと・・。

あらら?なぜか颯太が付いてこない。

ふと後ろを振り返ると、颯太、廊下の掲示板の前に立ち尽くしたまま、目にいっぱい涙を貯めて、ひくっひくっと嗚咽しはじめたと思ったら・・。


「う、うわぁあああああああん」

と号泣し始めてしまった!!!

「ママ、どうして、どうしていままで教えてくれなかったの???どうして???」

私のことをぽかぽか叩きながら、涙は収まらず。。

3歳の時も、4歳の時も、周りのみんなは「2」を出していたのに、自分だけ3とか4を出していたんだと思ったら、もう耐えられないくらい恥ずかしく悲しくなってしまったようです・・。


「ごめんね、ママ、もっと前に教えてあげればよかったね。颯太は年齢を出すと思ってたんだね。ごめんね。本当にごめんね」

と謝り続けたのですが、

普段、大抵のことならすぐ泣き止む颯太が、この日はしばらく時間がたっても急に思い出し泣きをしていました。

ーーーーーーーーー

正直もう記憶にないのですが、もしかしたら私、最初に「ピース」を教えてあげた時、「2歳だから2を出そうね〜」と教えてしまっていたのかもしれません。そしてそれを颯太はずっと律儀に信じ込んでいたのかもしれません。

昔、「こどものおもちゃ」という漫画の中で、登場人物の男の子羽山くんが、お父さんからガスタンクを恐竜の卵と教わってずっと信じていたこと、ある日それが嘘だと分かって子供ながらに本気で傷ついてしまったエピソードを思い出しました。


ずっと信じていたことが違った、しかも一番信頼しているママやパパから教わって信じていたことが違っていた、という時の子供のショックって、大人には想像がつかないくらい大きいのかもしれません。


子供だしいっかぁと思っていわゆる「子供騙し」を教えてあげたり、分かりやすいようにと思ってちょっとした嘘を交えて教えてあげたりって子育てしている中で良くあること。でも、子供の側にしたら、いつだって本当のことを知りたい訳ですよね。

「ほら。うさちゃんがおいでおいでって言ってるよ」
「お腹出して寝ると雷さまにおへそ取られちゃうよ」
「いい子にしてたらサンタさん来るからね」

乳幼児の子育ては、言ってみれば小さな嘘の連続。
そんな中、本当のことを教えてあげるタイミングって、難しいなぁ・・と思った出来事でした。

ーーーーーーーーーーーーー

その後の颯太の様子ですが、一晩たって朝になったら、けろっとして元気に遠足に出かけていきました。

今日の遠足の集合写真では、ちょっと複雑な気持ちで「ピース」してるのかなぁ。

遠足日和の青空を見ながら、少し心配な母でした。
by sayaka-blmusic | 2015-10-30 21:57 | Comments(0)

MUZIKAIR(ムジークエア)「今週のリスナビ」スタート!

e0030586_2246649.jpg

(MUZIKAIRトップページスクリーンショット)

いつでもどこでも、PCやスマフォで、好きな時にクラシック曲を無料で楽しむことができるMUZIKAIR(ムジークエア)。オーケストラ曲やピアノ曲など、5万曲のクラシック曲が聴き放題です。

このサイト内の「今週のリスナビ」コーナーにて、DJナビゲーターを務めさせて頂くことになりました。

毎週金曜日に、季節に応じたオススメ音源を、曲にまつわる裏話と共にご紹介させていただきます。

ラジオのDJは、かれこれ15年ほど前からずーーーっとやりたかったことで、日本帰国後は某テレビ局のアナウンススクール研究科にもコソコソ通っていた程だったので、今回夢が叶って本当に嬉しいです(涙)

第一回目の今回は、先月行われたPTNA特級でグランプリを受賞された篠永紗也子さん演奏によるシューマンの「謝肉祭(抜粋)」をご紹介させていただいています。

今後のラインナップも、ラフマニノフの名曲や、あの有名小説家にまつわる曲など、幅広い選曲でお届け予定。通勤通学の2〜3分の隙間や、仕事の合間にほっと一息つきたい時などに、ふと気軽に聞いて頂ける、そんなコーナーを目指しています。

ぜひ聞いて頂けましたら幸いです。

MUZIKAIR 〜クラシックを持ち歩こう〜
http://muzikair.com/jp

MUZIKAIRの詳細(PTNAサイト内)
http://www.piano.or.jp/enc/news/2015/09/25_20229.html
by sayaka-blmusic | 2015-09-25 22:52 | Comments(0)

楽譜浄書基礎コース修了!

e0030586_157434.jpg

ICS(国際コンピュータ楽譜センター)の楽譜浄書の基礎コース、前期後期無事終了!作曲やピアノの仕事と直接的には関係がないけれど、今後の作曲の仕事に少しでも役立てば・・と思って、妊娠中から通信コースで初めていたのですが、実際本当に勉強になりました。

楽譜浄書とは、手書きなどの楽譜を、出版譜仕様に美しく整える作業のことです。今までFinale(楽譜作成ソフト)は自己流でいじっているだけだったけど、これを機会にイチから学べて本当に良かったです。強弱記号やスラーなどの位置はもちろんのこと、符尾や連桁(8分音符や16分音符をつなぐ横棒)の角度や長さにも、こんなに細かいルールがあるとは、驚きでした。物心ついた時から当たり前に接していた「楽譜」にこんなに奥深い世界があること、初めて知りました。

私が受講した基礎コースでは、ピアノ譜はもちろんのこと、合唱譜や管合奏譜の作成の実践も含まれていて、浄書のプロを目指す人の他にも、私のようにピアニストや作曲家、音楽の先生などで、それぞれの仕事に役立てる為にこの浄書コースを受講する人たちも多くいるそうです。

今回受講してみて、浄書が音大の授業で全専攻で必修になったらいいのに・・と心から思いました。楽譜を「作る」側に立ってみて初めて分かることが沢山。浄書の勉強を始めてから、初見でピアノの楽譜を見て演奏する時にも、びっくりするくらい隅々まで強弱記号や演奏指示が目に飛び込んでくるようになりました。作曲に関しても、今まで即興で直接Logicに打ち込みながら作るのがメインだったのですが、同時にFinaleにも楽譜として別途入力して視覚化しながら作ると、完成図がイメージしやすかったり、和声的に不自然な場所を発見できたり、「木を見つつ森を見つつ」のようなことがしやすかったりと、今までとはまた違う感覚で作曲できるようになったのも良かったです。

それに何より、このFinaleでポチポチ入れていく作業が、私はやたら好きみたいで、入力作業していると不思議なほど心が落ち着く・・。写経が心の安定に繋がるのと同じような感覚かもしれません。双子が寝ている間にポチポチ音符やら休符やらを打ち込むのは、束の間の安らぎのひとときです。

今回は基礎コース前期後期のみの受講ということで、まだまだ浄書の世界の入り口を覗いただけですが、時間に余裕ができたら応用コースも受講して、フルオケのスコアも作れるようになりたいなと思っています。ちなみに、ICSは、カリキュラムや教材、先生の添削指導など、何から何まで物凄く良かったので、浄書のスクールを探している方、ICSは本当にオススメです。通信コースがあるので私のように子育て中でも可能です。ICS国際コンピューター楽譜センター→http://www.ics-j.com/

修了記念に、取り敢えずまずは手書き譜で山になっているこれまでの自分のオリジナル曲を、一つ一つFinaleに入力してみようと思っています♫
by sayaka-blmusic | 2015-08-11 23:05 | Comments(0)

祝!映画「燦燦」モントリオール世界映画祭出品決定

e0030586_072189.jpg

妹と二人で音楽を担当させて頂いた映画「燦燦〜さんさん〜」(外山文治監督、吉行和子主演)、第38回モントリオール世界映画祭(2014年8月21日~9月1日開催)のフォーカス・オン・ワールド・シネマ部門への出品決定とのことです!

外山監督、吉行さん、本当におめでとうございます!
私もスタッフの一員として、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。

<記事はこちら>
Yahooニュース 吉行和子が主演、高齢者の婚活を描いた『燦燦 -さんさん-』がモントリオール世界映画祭へ出品

<映画「燦燦」公式サイトはこちら>
http://sansan-eiga.com/
by sayaka-blmusic | 2014-05-30 00:12 | Comments(0)

月刊Pianoにて連載「さやかのピアノソラ」開始!

e0030586_18301373.jpg

月刊Piano(ヤマハミュージックコミュニケーションズ発行)にて、今日発売の今月号より、朝岡さやか新連載「さやかのピアノソラ」が始まりました。第一回目はインタビューです。宜しければ是非読んでみて頂ければ嬉しいです。
http://www.ymm.co.jp/magazine/piano/
by sayaka-blmusic | 2013-06-20 18:31 | Comments(0)

勝沼ぶどう狩り

先週末、実家と合同で山梨・長野に旅行に行ってきました。
一日目は勝沼インターで高速を一度下りて、ぶどう狩り。

e0030586_23394328.jpg

勝沼インターから1分ほどのところから、右も左も、ひたすらぶどう農園!!どこでぶどう狩りをするか、迷ってしまうほどです。なんと勝沼だけで130軒もの観光ぶどう園があるのだそうです。

e0030586_23391755.jpg

色々迷った末、私達が行ったのは「みはらしの千果園」という4000坪の敷地を有するという広大なぶどう園。除草剤をいっさい使用せず、低農薬による有機栽培を取り入れているとのことです。

e0030586_23391284.jpg


e0030586_23391527.jpg


最初に15種類ものぶどうを試食でき、穫りたい種類のぶどうを決めた後、一組に一人ずつ案内の方が付いて下さって、のどかな農道を一緒に歩きながら、各種のぶどう畑を回って穫っていきます。おじさんのお話を聞きながら、ひとつのぶどうが作られるまでにどれだけの年月と手間と愛情が注がれているのか、初めて知る話ばかりで感動と驚きの連続でした。

e0030586_23391655.jpg

最近ぶどうのことを「ぶじょ」と言えるようになってきて、ぶどう大好きの颯太も、大はしゃぎで初体験。写真でもぎとっているのは「ピッテロビアンコ」という種類。

e0030586_23391673.jpg

この他、東京にはなかなか流通しないという(粒が落ち易いのだそうです)「藤稔」という巨峰に似たぶどうも、絶品の美味しさでした!

e0030586_23391768.jpg

最後に、私達を案内して下さった農園の方と一緒に記念撮影。

こうやって果物狩りをしていると、イギリスに居た頃によくPick your ownに行っていたことを思い出して、すごく懐かしくなります。イギリスの野菜狩りは完全セルフサービスで、あれはあれで色々な意味でワイルドで良かったけれど(笑)、こんな風に人と人の触れ合いや出会いを感じながらじっくり回れるのは、日本ならではで本当に良いなぁと思います。

勝沼ぶどう郷でのぶどう狩り、10月初旬頃までがシーズンだそうです。ワイナリーも沢山あり、オススメです!
by sayaka-blmusic | 2012-09-20 00:06 | Comments(0)

tokyo baby cafe 2周年イベントに参加させて頂きました

4月26日、tokyo baby cafeの2周年記念イベントに息子と二人で参加させて頂いて来ました。

e0030586_053484.jpg


東京、表参道の駅近くに位置するtokyo baby cafe。
普段、赤ちゃんがいると、なかなか落ち着いてお茶やランチができませんが、こちらのカフェでは7歳未満の子供連れもしくは妊婦さん専用のカフェとなっていて、子供を遊ばせながらゆっくりお茶を楽しむことができます。

しかも、カフェのインテリアデザインは、東京とミラノに拠点を持つ「nendo」が担当、更にこの巨大ソファーや授乳室の椅子はイタリア家具ブランド「カッシーナ・イクスシー」の特注品とのこと。

e0030586_0534847.jpg


さらになんとオムツ替えコーナーの台までカッシーナ製!!うーん、こんな素敵な台の上でホントにオムツ代えるのは少々気が引けますねー(笑)


e0030586_0534932.jpg


また、おもちゃはオーナーの岡崎さんが特別に買い付けていらっしゃるというフランスの玩具で主に揃えていらっしゃるとのことです。

e0030586_0534794.jpg


キッズスペースというとどうしても原色の嵐!になりがちですが、
ここはすごく優しい色の空間でとても居心地がよかったです。
カフェであると同時に、空間そのものアート!なのだなぁと思いました。

子育て中の家での日常は、それこそ優雅さは微塵もなく脇目もふらずに必死!な毎日だからこそ、外に出てお茶する時くらいは、こんな風にとびっきり優雅でお洒落な空間に浸るのも、いいなぁと思います。



さて、この日は、2周年記念イベントということで、様々な催し物が。

e0030586_0534654.jpg


こちらは、『音の教室カリヨン』さんによる、親子で楽しめるミニコンサート。颯太、初めて見るサックスに興味津々。

e0030586_0534669.jpg


そして、参加者全員が参加できる、ファッション雑誌VERYの撮影もされているなぎしおフォトグラフィー神楽坂さんによる親子フォト撮影会もありました。

そしてこの日、ロンドンに居た頃からずっとお会いしたかった、とある方に初めてお会いすることができました!

e0030586_0534988.jpg


それは、以前ブログでもご紹介した、颯太の大のお気に入りのおもちゃ「キリンのソフィーちゃん」の日本総代理店の社長さんでいらっしゃる守さん。今までもメールなどでやりとりさせて頂いていたのですが、直接お会いできたのはこの日が初めてでした。

e0030586_053505.jpg


守さんご自身も4歳の息子さんがいらっしゃいます。この日、守さんやtokyo baby cafeオーナーの岡崎さんや、妊娠出産情報雑誌ninps発行人の高沖さんなど、子育てをしながらご自身も本当に輝いてお仕事をされていらっしゃる方に沢山お会いして、とても励まされました。

守さんのブログはこちら
キリンのソフィーちゃんの日本公式サイトはこちら

e0030586_14274978.jpg


tokyo baby cafeでは、5月より毎週金曜日に先着5名様、、キリンのソフィーちゃんに、子供達が楽しくアレンジを加えて、オリジナルのアートを作るイベントが行われるそうです。

また、こちらのカフェは、大人向けメニュー、キッズ向けメニューに加え、なんと離乳食メニューも大充実とのこと。

この日はこの後13日のコンサートのリハーサルがあり、ランチ前に帰ってきてしまったのですが、コンサートが終わった頃に、また改めて颯太と一緒にゆっくりランチをしに、tokyo baby cafeを訪れてみたいなぁと思っています。

e0030586_14275265.jpg

上の写真は、イベントのお土産の中の一つとして参加者全員に頂いたミニソフィーちゃんのキーホルダー。私も颯太も、親子で大好きなソフィーコレクションがまたひとつ増えました(^ー^)
by sayaka-blmusic | 2012-04-28 15:20 | Comments(2)

ハムステッドでのチャリティセールのお知らせ

e0030586_833295.jpg

ロンドン在住の料理家の金澤みずえさんが中心となって活動されている被災地支援のグループ「club59」さん主催の、東北支援チャリティバザーが、今日と明日、北ロンドンのハムステッドで行われています。私も今日伺わせて頂きました^^

可愛いベビー服が沢山あるだけでなく、ご自身がお料理教室の先生でいらっしゃるみずえさんお手製のコロッケや、私も大好きなケーキ店「LANKA」のケーキなどなども出品されています。

主催者の皆様のご厚意で、なんと今日の収益の中からなんと500ポンドを、モスリンスクエアプロジェクトに寄付して下さいました!! 心より感謝です。

また、明日のセールでは、オリジナルモスリンスクエアもチャリティグッズ商品として置かせて頂けることになりました(club59の皆様、本当にありがとうございます!)。
先日のジャパン祭りと同じく、「Buy one, send one free!」で、モスリンスクエアを1パック買って頂くごとに、被災地に1パックお贈りすることができます。

明日も引き続き、セールが行われます。
以下、主催者の金澤さんからの詳細の転送です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時: 9月20日(火)&21日(水) 午前10時~午後5時まで
場所: Ground Floor 59 fitzjohn’s avenue NW3 6PH (地下鉄Finchley Road,
  Hampsteadから徒歩10分弱。入り口は建物に向って右手のドア、階段を降りる地下のドアではないので、お間違えのないように。5台分駐車場有り)

新生児から3歳(サイズ100cm)までの女の子用子供服。ファミリア、バーバリー、ベビーディオール、Bonpoint(ボンポアン)、ファミリア、ジャカディーのみ約200着程度。ほとんどが£5~10、最高£50(バーバリーのコート)。中古品が多いですが、新品もあります。

お惣菜風の味付けビーフコロッケ、おにぎり、Lankaのケーキ、紅茶、the Wineryよりワイン、ヘアーサロンshogoよりシャンプー、スタイリング剤、アンパンマン、不二やのチョコレート
(※21日はモスリンスクエアも商品として加わります。一つ買って頂く毎に一つ被災地に贈られます)

【 お願い】
  ご自分でお会計をしていただき、募金箱に入れて頂く方式にする予定です。こちらで計算したり放送したりは致しません。 紙袋などは各自ご用意して頂けますよう、お願い申し上げます。なお、食べ物の包装はこちらで行います。

  主催者: club 59

ーーーーーーーーーーーーーーー

明日は私自身もお手伝いとして終日居させて頂く予定です。
是非沢山の方々のお越しをお待ちしております!


震災から半年たった今だからこそ、ロンドンを拠点として活動している支援団体同士みんなで、このように横の連携を取りながら皆で頑張っていけること、本当に嬉しく思っています。

世界中で、東北応援の為に動いている沢山の活動が、支援のともしびが、
本当に東北の復興が完了するその日まで、
どうかいつまでもいつまでも続きますように・・。
by sayaka-blmusic | 2011-09-21 08:27 | Comments(4)