我が家の双子移動方法3パターン(0〜6ヶ月編)

双子のお風呂方法に並んで、双子妊娠中の懸念事項だったこと、それは双子(プラス4歳の長男)を一人でどうやって運ぶのかという問題。あれこれ試行錯誤の結果、最初の半年に行っていた3つの方法をご紹介したいと思います。


<方法その1 双子用ベビーカー(横型)>

e0030586_16223046.jpg


なんといっても一番便利だったのはやっぱり双子用ベビーカー。いっぺんに二人運べて、しかも、あわよくば二人ともそのままスヤスヤ寝てくれます。ああスバラシイ。

以下、双子用ベビーカーに関して私自身妊娠中疑問だったことのQ&A。検索でこのブログにたどり着いた方にご参考になれば・・。

Q.電車の自動改札は通れるの?
A.各改札口で、車椅子用に少し広くなっている自動改札が1〜2箇所あると思いますが、そこは横型双子用ベビーカーでも楽に通れます。今のところ、東京近郊の地下鉄、JR、私鉄しか乗ったことはありませんが、改札を通れなくて困ったことはありません。

Q.電車やバスに乗れるの?
A.電車はシルバーシートの前にある、車椅子用に椅子がなくなっているコーナーであれば、他の方にあまり迷惑をかけずに乗ることができます。もちろん混んでいる時間は避けた上でですが・・。ホームで電車を待っている時点で車椅子マークのあるドアを探しておくとスムーズです。

バスは一度どうしても乗らなくてはいけなくて乗ったのですが、畳んで二人抱っこが不可能で広げたままだったため、かなり周囲にご迷惑をおかけしてしまったので、以来乗っていません・・m(_ _)m 


Q.通れない場所は?

A.我が家で使っているタイプは幅74.5センチ。一般的な車椅子(幅55〜70センチ位)より少し広めの幅といった感じなので、コンビニやスーパーの出入り口など、バリアフリー化された今では基本的にはどこでも通れるのですが、今までで通れなくて困った場所といえば、小さなエレベーター(4人乗りなど)と、マンションなどの入り口ドアでドアが半分しか開かない場合など。


ちなみに、うちで使用しているのはコサット(COSATTO)の双子用ベビーカーBIG SIS LITTLE SIS。タイヤの走行もよく、開閉も慣れれば2〜30秒ほどでできるので個人的にはとても使い易いです。自立しない(畳んで壁などに立てかけるのは可)のと、重さが約14.5キロあるのが難点ですが、そもそも双子の場合、ベビーカーを畳んで二人とも抱っこしたり、ベビーカー担いだり・・という状況にはあまりならない、というかそもそも不可能(笑)なので、その点あまり不便は感じていません。雨が降っても専用のレインカバーがガッシリガードしてくれるので安心です♫


e0030586_1622929.jpg


幌を下ろすとすっぽり隠れるので日よけもバッチリ。ただし足は出るので、この状態で道を歩いていると「あ、足が四本・・!」とびっくりされます(笑)




<方法その2 一人用ベビーカー&抱っこ紐>

e0030586_16221061.jpg


普通の一人用ベビーカーに双子1を乗せ、エルゴの抱っこ紐で双子2を抱っこ、という方法。日々の長男の幼稚園送迎の際は、いつもこの方法です。なぜなら途中に階段(狭めのスロープ)があるため・・(T▽T)  

ルートの途中に階段や狭い道があったり、完全バリアフリーで行けるかどうか定かでない初めての場所などは、念のためこのスタイルで行くようにしています。

これだと、片手でベビーカーを押して、片手で長男の手を繋いで行くこともできるので、3人の子供を一度に連れて歩くには一番安全な気がします。




<方法その3 双子用抱っこ紐>


e0030586_16231533.jpg


以前もご紹介した、双子用抱っこ紐ウィーゴツイン(Weego Twin)。これは方法その3というか最後の手段というか・・。

便利なのですが、双子の重みが一気に前面にかかるため、どうしてもの時(長男の幼稚園行事や、タクシーに一人で双子を乗せなくてはいけない時など)のみ使用していました。

二人合わせて14〜15キロ近くになってしまって、私の腰が壊れそうなので、もうこの方法は卒業です・・(^o^;)

ーーーーーーーーーーーーーー

以上、我が家での生後6ヶ月までの双子の移動方法でした!この先、もっと重くなったり、歩くようになってきたら、どうやって子供達を一気に移動させるか、未知の世界です・・。
by sayaka-blmusic | 2015-10-02 16:33 | 双子育児0歳 | Comments(0)
<< 双子6ヶ月 STOKKEの折り畳みベビーバ... >>