双子用授乳クッション(双子育児便利グッズ紹介その1)

双子が産まれてから、一番重宝したのがなんといってもこれ、

e0030586_1530571.jpg


ベラミ社の双子用授乳クッション、その名も「はんぶんこっこ」!

重宝というか、これがなかったら双子育児無理だったかもしれない・・という位、私にとって必須アイテムでした。

e0030586_1530672.jpg


左が普通の授乳枕、右が双子用授乳枕、
普通の授乳クッションに比べて、2回りほど大きなサイズです。

どうやって使うのかというと、
この真ん中の部分に私が入り…

e0030586_1530685.jpg


双子をこんな風に順番に設置して、左右同時授乳する感じです。
夜中の授乳も、約10秒でセッティング完了!抜群の安定性。抜群の使い心地です。

我が家の双子は、34週で産まれたので、最初の1週間は経管チューブからの栄養、その後少しずつ哺乳瓶の訓練を始め、直接母乳の訓練をNICUで始めたのは生後3週間位経ってからでした。

生後5週で双子がNICUから退院した時も、まだまだ直截母乳を吸うのは下手でした。くわえて吸い始めてくれるまでに何分もかかり、やっと吸い出したと思っても5分も吸うと疲れて寝てしまうので、ましてや二人同時に授乳なんて無理・・と思っていたのですが・・。

この授乳クッションのおかげで、劇的に同時授乳がラクになり、5ヶ月になる今に至るまで、就寝前にミルクを足すのと外出時以外、母乳メインで来ることができました。

以下、この授乳クッションの良かった点。双子出産準備品の検索でブログにいらした方、少しでもご参考になれば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベラミ双子用授乳クッション「はんぶんこっこ」の良かった点

◎表面が丸くなくて平らになっている。一人目をセッティングしたあと、二人目を乗せる為に体勢を少し崩しても、一人目が落ちません(←これ重要ポイントです。このおかげで、誰かの手を借りずに、一人で双子を授乳体勢にセッティングすることが可能です)

◎両手が空く! あまりに安定性が良いため、軽く両手を離しても双子が落ちません。なので、双子に授乳しながら、4歳の長男に絵本を読み聞かせて、3人同時寝かしつけ・・なんていう荒技も可能!

◎表面に細かい凹凸のでこぼこがある。双子に授乳してると、1平方メートルあたり3人という物凄い人口密度により、凄まじい熱気が発生し、親子ともども汗だくになります。この凹凸のおかげで、多少風通しがよくなり、授乳クッションに汗がべっとり・・というような事態を防げます(ちなみに、カバーは外して洗えます)

◎二人同時にあやしてあげることができる 首が座るまでは、二人同時に膝の上であやしてあげるのは難しいですが、このクッションを装着して二人を載せれば、同時に近距離からあやしてあげることが可能!



このクッションを開発してくれた、双子育児専門店ベラミに大感謝の思いです・・。いやー繰り返しになりますが、このクッションがなかったら双子育児、スタートからへこたれていたかもしれません。

もちろん、実家に帰る時も、旅行時にも、この授乳クッションは必ず持っていきます。現在5ヶ月で二人を乗せると足がはみ出てしまい、それぞれ足からずり下がってしまったりはするものの、まだまだ大活躍中。卒乳までお世話になろうと思っています。

ベラミ 双子用授乳クッション「はんぶんこっこ」

http://twins.bel-ami.net/item/btz-015.html
by sayaka-blmusic | 2015-09-01 15:34 | 双子育児0歳 | Comments(0)
<< ソレイアードの授乳クッション×... 双子用抱っこひも「ウィーゴツイン」 >>