映画【燦燦】本日11/16日全国公開

e0030586_8133146.jpg

映画「燦燦-さんさん-」(監督:外山文治、出演:吉行和子、宝田明、山本學)、いよいよ今週末11月16日(土)より全国順次公開です。全ての年代の方々に観て頂きたい、温かくて優しくて前向きな気持ちになれる本当に素敵な映画です。

外山文治監督は、老老介護を描いた前作の短編映画「此の岸のこと」で、モナコ国際映画祭短編映画部門5冠を達成した大注目の33歳若手精鋭。今回の「燦燦」が長編映画デビューにあたります。ストーリー原案〜脚本、監督を全て監督ご自身が担当されていらっしゃいます。(ユナイテッド・シネマ主催 第6回シネマプロットコンペティション2011でプロット『燦燦』がグランプリとSKIPシティ賞をダブル受賞。)

「燦燦」のストーリーは、吉行和子さん演ずる主人公が、家族の反対を受けながらもなんと77歳で「婚活」をする、というお話。共演者に宝田明さん、山本學さん。また蜷川幸雄氏が率いる、55歳以上の団員による演劇集団「さいたまゴールド・シアター」のメンバーが多数出演されています。

e0030586_8274389.jpg

朝岡さやか&松本あすか(妹)の姉妹で、映画のメインテーマ曲含む劇中曲全曲を、作曲・演奏させて頂きました。音楽担当の他、実はこの映画の中で、あすかも私も、それぞれエキストラとしてもちょこっとずつ出演させて頂いております。多分「ウォーリーを探せ」位見つけるのは難しいですが・・(笑) エキストラとして現場を拝見させて頂きながら、撮影現場や、吉行さんや宝田さんの演技からインスピレーションを受けて、浮かんできたメロディから生まれた楽曲もいくつもありました。

吉行和子さん、宝田明さん、山本學さんという、日本映画史が誇る名優の方々が、「燦燦」の脚本を読んで、出演を快諾されたとのことですが、最初に脚本を読ませて頂いた時の衝撃は、私も今でも忘れられません。

こんなに温かな、素晴らしい作品を担当させて頂いたこと、本当に幸せに思っています。是非みなさまも、劇場に足を運んで観て頂けたらと思います。

「燦燦-さんさん-」
http://sansan-eiga.com/


監督と主演俳優陣の方々による初日舞台挨拶のある会場は以下になります。
★11月16日 初日舞台挨拶★
<舞台挨拶実施劇場>
ヒューマントラストシネマ有楽町
品川プリンスシネマ
ユナイテッド・シネマ浦和
京成ローザ⑩

他上映会場についてはホームページをご覧下さいませ。
by sayaka-blmusic | 2013-11-16 08:27 | 映画音楽 | Comments(0)
<< 映画「燦燦-さんさん-」音楽制... セブンスピリットのフィリピン台... >>